プレゼント

 空も見えない。僕は暗闇の中。寒さや暑さは判らないけれど、こたつ布団が外に出されたから、たぶん今は冬なんだと思う。
 ミーちゃんは今年も、僕のことを忘れているんだろうか。
 いま出してもらえなかったら、またずっと押入れの中。そうしてすっかり忘れられて、僕は、終わりだ。
 僕はだんだん自分でなんにも考えられなくなってきている。ミーちゃんに付けてもらった名前も思い出せないし、前に一緒にいた仲間も思い出せない。
 怖い、怖い。


 今日は珍しく、押入れの中に光が射している。戸が、少しだけ開いているみたいだ。
 僕はぼんやりと隙間からもれる灯りを見つめた。
 もしもクリスマスが過ぎていたら、もう、僕にチャンスはない。どうか、まだ過ぎていませんように。
 灯りが消えて、再び暗闇になった。
 僕は戸の方を見ながら、まだ祈っていた。
 とつぜん、まぶしい光が輝いて、僕を照らした。
 朝?
 大きな白い手がぬっと僕のほうへ差し伸べられた。
 低い温かみのある声が言った。
「おおぅ。立派なツノと鼻じゃのぅ。どれどれ、いいものをやろう」
 いいもの?
 僕はまばゆい光に包まれる瞬間に、白いひげを生やしたお爺さんの顔を見た。
 夢?
 ミーちゃんの腕の中にいる僕。
 一緒に車ででかけて、布団に入って、ベッドの棚に飾ってもらって……。
 誰だかわからない人に「ボロボロ」「季節外れ」って言われて、ミーちゃんは僕をここへ押しこめた。
 ああ、これが最後なのかな。ヒトは最後にいろんなことを思い出すんだって……いつかミーちゃんが言っていたっけ。


「あったぁ!」
 ミーちゃんの声だ。
 柔らかい手が僕を包みこんで、眩しい明かりの元へ連れ出した。
「せっかくトナカイの縫いぐるみなんだから、もっと早く飾れば良かったのに」
 ママの声。
 ミーちゃんは僕の背負っている白いプレゼント袋をなでた。
「いいよ、ずっと飾っておくもん。ね」
 ミーちゃんは、僕をぎゅっと抱きしめた。僕は首の鐘をリンリンと鳴らせて、ミーちゃんに答えた。

−end− 

BACK

24.Dec.2001 UP
やっぱり富士がみたい!! SSS Special!!12月 テーマ「クリスマス」に投稿
Copyright 天青石 All Rights Reserved