国際電話対策の部屋
ネット被害対策室(別館)へ

ネット被害対策室(本館)へ


*下記の内容でも不明な点がある場合は、当サイト内の「ネット被害相談室」の「国際電話関連」の過去ログをお読みください。ほとんどの疑問は解決できるはずです。
    ↓↓↓
ネット被害相談過去ログ集
 
KDDIからのお知らせ
(1) 怪しげなホームページ・サイトは利用しな いことが最も大切なことです。怪しげなサイトには国際電話料金が発生するプログラムの他、クレジ ットカード、ユーザーアドレス等が悪用される仕組み、あるいはユーザーの個人情報が漏洩する仕組みも数多く存在しているようです。
(2) 覚えの無いアイコン、プログラムがパソコン上に取りこまれた場合には、直ちに削除して下さい。
(3) 弊社の「国際電話番号・ダイヤルQ2検知ソフト=ダイヤルアップチェッカー」をインストール することをお勧めします。 この検知ソフトは全てのケースに対応している訳ではありませんが、アクセス番号が国際電話番号あるいはダイヤルQ2になっているソフトがパソコンに取り込まれていれ ば、ほとんどの場合「作動」する機能を有しています。

ダイヤルアップチェッカー(129KB) 〜ダウンロードはこちら〜
※ Windows 2000、 NT 4.0、95, 98, Me,XP対応。Macintoshには対応しておりません。

(4) 画像型の海外情報提供サービスの番号には、概ね音声ガイダンスを挿入していますので、ガイダンスが聞き取れるよう「モデムの音量」を意図的に絞り込まぬようにして下さい。

(5)日頃、国際電話を利用されない方には、国際電話の利用休止制度をお勧めします。手続きについては音声型における「お客様へのアドバイス」項目を参照して下さい。

NTT問い合わせ先

平成14年1月23日(水)より、インターネット接続番組にはパスワードの申し込みが必要になりました。逆に言えば、ユーザー自身がNTTに対してQ2利用の申し込みをしてパスワードを設定していない限りQ2に接続しません。当サイトでも、1月以来Q2被害の相談は無くなりました。

http://www.ntt-west.co.jp/q2/
http://www.ntt-east.co.jp/q2/

FAQ集・・・「トラブル掲示板」の過去ログより

Q1:「情報料無料!!」「Now クリック!」と言う文句に踊らされてアダルトに電話してしまいました。クレジットカードだけは注意していたのですが、突然何処かわからん海外に接続されてしまうなんて・・・。KDDIの請求がきてはじめてわかりました。このような請求はもう来ないのか教えていただきたいのですが。
A:
現在の日本の電話サービスの契約関係では,通話料は加入契約者が支払いの義務を負っ ています。他人が勝手に掛けてもその料金は支払わなければならないのです。したがって,知 らない間に海外につながってしまったとしても,その通話料の支払いを拒否することはできませ ん。「どこの国際電話会社にも利用申し込みをしていないのに,勝手に請求されるのはおかしい」 と思われるかもしれませんが,NTTの約款では,NTTの加入契約者は,国際電話会社各社とも 契約をしていることになっています。ですから,突然,国際電話会社から請求書が送ってくること になるのです。国際電話会社の方も,通話に入る前にアナウンスを入れたり,高額のときはすぐに請求書を発行したりなどの対応を行っていますが,それだけでは被害は防ぐことができません。自分で防止する手段は次のとおりです。

1 ホームページでむやみに表示されている指示に従って操作しないこと。
2 接続の設定をチェックする。
3 国際電話の利用契約を休止する。

国際電話不取扱受付センター  〒141-8790 東京都品川区西五反田2-19-3 五反田第一生命ビル本館
電話 0120-210364 (取扱時間:平日の9時から17時 )
FAX:0120-210-535 
国際電話停止の申し込み用紙は、下記の愛媛県警のサイトからもダウンロード可能です
http://www.iyo.ne.jp/ensa/bohan/011108-1.htm

*参考

主な国際電話会社の連絡先一覧>
001→KDDI    0077-7181(無料)   e-mailによるお問合わせ atx-info@kddi.com
0041→日本テレコム  0088-41(通話料無料/9:00-21:00/年中無休)
0033→NTTコミュニケーションズ  0120-540033(通話料無料) 
0061→Cable&Wireless IDC(ケーブル&ワイヤレスIDC) 0066-11 または 0120-03-0061(通話料無料/9:00-20:00/年中無休) 
東京電話  dup-support@ttcn.ne.jp  0081-1582(無料) 0120-719-019 

*上記以外の国際電話会社もあります。(ドイツテレコムフュージョンコミュニケーションズ九州電話)

*東京電話に確認する必要があるのは関東地方・山梨県・静岡県富士川以東の地域にお住まいの人です。

Q2:昨夜、主人がHなネットに接続していたらしく、今朝いつもどおりインターネットにアクセスしたら、全て国際電話接続になっていました。接続の設定を確認すると、アクセスポイントが全然見たことのない番号になっていました。
A:1.アクセスポイントについて
・・・前回のパソコン終了時にアクセスした電話番号が 標準設定になったものと考えられます。例えば、IE5.0の場合でしたら、「ツール」→「インターネットオプション」→「接続」をクリックして、普段お使いのアクセスポイントを「標準設定」にして、国際電話番号の設定は削除してください。恐らく、ご主人がダウンロードしたソフトが、アクセスポイントを自動的に書き直したものと思われます。かなり悪質なソフトでしょうね。なお、アクセスポイントが何回起動しても変わらない場合は、スタートアップメニューに、そのソフトのショートカットが入っていないかをチェックしてみて下さい。(もし入っていれば、削除して下さい)
(画面左下のスタートボタン→プログラム→スタートアップをクリックしてください。削除するには、画面下のツールバーの何も書いてないところで右クリック→プロパティー→スタートメニューの設定→「削除」ボタンをクリックして、そのソフトのショートカットを削除して下さい)

<参考>
 「修復方法」 
  http://www002.upp.so-net.ne.jp/dalk/syufuku.html

2.Hなネットについて
 .接続用のソフトをダウンロードしなければならない見られないページの場合は、法外な国際電話料金を後日請求されることになります.。カード引き落としの場合は、かなりトラブルが発生していますので、 カード使用のページはお避け下さい 

3.参考(別の相談者への回答より)

 国際電話への接続ソフトを勝手にダウンロードさせる仕掛けがそこら中に埋め込まれているので、どこもクリックしなくてもマウスを重ねただけで接続ソフトがダウンロードされ、勝手にハードディスクにインストールされたりすることがあります。従って、無意識のうちにそのソフトをダウンロードして、そのことに気付かずにいるとインターネットへの接続の度に国際電話へ接続してしまうのです。マイコンピューター→ダイアルアップネットワークを開けてみて、「簡単接続」なる設定が作られていないか確かめて下さい。もしそういう物があれば早急に削除して下さい。

Q3:アクセスポイントが自動的に変えられてしまった場合、支払いを拒絶できるでしょうか?
まず、国際電話会社と相談することが大切です。事情次第では、ある程度の対応をしてもらえることもあります。請求された料金については自分の意志ではなく接続させられたので支払いの拒否をしたいとに言ってください。なお、直接行くときは、印鑑と身分証明書と支払い明細書を必ず持参してください。 

参考(国際電話被害に関して、貴重な体験談を頂きました)
ケーブルアンドワイヤレスから約70,000円の請求書が届きました。まず、消費生活センターに電話をしてみたところ、総務省の電気通信消費者相談センターTel.03-5253-5900に相談するようにすすめられました。センターに電話してその経緯を話すと、センターからケーブルアンドワイヤレス社に連絡を取ってくれ、折り返しケーブルアンドワイヤレス社から謝罪と請求書は破棄して、支払いはしなくてもよいとの連絡が入りました。私の認識では、アダルトサイトを見なければ被害に遭うことはないと思っていたのですが、ケーブルアンドワイヤレス社の話しでは、今やどんなところからもダウンロードされ大学の合格発表のサイトからでもあるそうです。

Q4:アダルトサイトに行く前の予防策や事後処理法を教えてください。
ActiveXを悪用した例が最近急増しています

ActiveXを利用して国際電話へ接続を書き換えてしまうサイトが増加している。主に、新しい接続を作るのではなく現在利用しているプロバイダの電話番号の設定だけを書き換えてしまうタイプが多いので、ダイヤルアップネットワークのプロパティを見ないと書き換えられていることに気が付きにくい。

仕組み

1.ページの読み込みが完了するとActiveXのダイアログが出てくる。例えば、「これより先はアダルト情報が含まれています。18歳以上の人は”はい”をクリックしてください」というようなダイアログが表示されます。
 
2.証明書付きのActiveXなので、「はい」「いいえ」「詳細情報」を選ぶことになる。
(1)「詳細情報」を選んでもActiveXの基本事項ヘルプが出るだけで意味は無い。
(2)「いいえ」を選んでも、同じダイアログがまた出るだけである。
(3)したがって、「はい」を押さなければならない   (但し、Ctrl+Alt+DeleteでIEを終わらせることは可能)

3.「はい」を押すと、レジストリを書き換えて、国際電話へのダイアルアップ接続を作り、そのダイアルアップ接続をデフォルトにすることによって、次回の接続から国際電話へ掛けることになる。

対応策としては、
(1)アダルトサイトに行く前に、ActiveXは無効にすること
*ツール→インターネットオプション→セキュリティ→レベルのカスタマイズ
(2)証明書付きのActiveXのダイアログが出てきたら、Ctrl+Alt+DeleteでIEを終わらせること
(3)ネットスケープをブラウザーにすること等が考えられます。

 この手のページには必ず読みにくいところに規約があって、そこに「国際電話に、・・」となってい ます。大変読みにくいというより事実上読めない場所に規約があります。
 まず一番上に「必ず中央テーブル内規約をお読み下さい。」と大変小さい字で書かれています。確かにこ のページの中の下あたりに小さい字で規約があります。スクロールしないととても見えない位置です。しかし、ActiveXのダイアログが繰り返し出てくるため、スクロールできず規約を読もうにも読むことが出来 ないのです。つまり規約を読んでから「はい」を押すのではない、全く逆の犯罪行為としか思えない仕組みになっています。

事後処理法
以下の処理をしてください。但し、ちょっと専門的な知識が必要ですので、もしよく分からないようなら、身近な人で、パソコンに詳しい人に頼んでください。もし適当な人がいないなら、重要なデータはバックアップした上で、パソコンをリカバリーされることをお勧めします。
(1)C:\windows\Downloaded Program Filesの中のActiveXの一覧を調べる。 
(2)接続書き換えソフトは「AButton Class」と言う名前で登録されている可能性が高い。 
(3)上記ファイルのプロパティを開き、依存関係という項目を調べる。 
(4)そこを見るとActiveXの本体のファイルが分かる。
(例:DialX4.OCX、DialX5.OCX、rasactive.ocx rasbbs.exe bbsicon.dll rasactive.inf rasactive.class) 
(5)C:\WINDOWS\SYSTEM』などにインストールされた上記本体ファイルの***.OCXやINFを削除すれば書き換えプログラムは完全に削除される。 
(6)ダイヤルアップネットワークの設定を元に戻す。
・・・通常は以上の処理で修復可能だと思います

<参考>
 「修復方法」 
  http://www002.upp.so-net.ne.jp/dalk/syufuku.html
 

<参考>トラブル掲示板
投稿者:nayato 投稿日:11月11日(日)09時48分19秒 
いろんなところの過去ログ調べてみました。似たような症状の直し方がのっていたので実行したところ、ホーム変えられるようになりました。参考までに(yahooの掲示板でのってました) 
手順: 
1)不正プログラムの自動起動設定を削除します。 
 Windowsのレジストリエディタ(regedit.exe)などを使用して以下の値を削除してください: 

 場所:\HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\ Microsoft\Internet\Explorer\Restrictions 
  値:NoBrowserOptions = "1" 

2)検知したファイルは「削除」してください
 

アダルトサイトに行く前の予防策

1.IE(インターネットエクスプローラ)の場合。
ツール→インターネットオプション→セキュリティ→レベルのカスタマイズをクリックする。→Java、Javaスクリプト、ActiveXと書いてあるところの設定は全て「無効」にする
2.ネットスケープの場合。
編集→設定→詳細→Javaと書いてあるところの設定は全てチェックを外す。

Q5:悪質サイトから国際電話で海外にいってしまった場合、国際電話料金の支払い請求はいつごろくるものなのですか?それと海外にダイヤルされる前はいったん接続が切れ、再ダイヤルされるそうですが、その場合「ぴ、ぽ、ぱ」とか「じりじり」とかいったダイヤル音はするんでしょうか?接続が解除された場合、「解除された」という警告等はでてこないのですか?
A:1.国際電話料金の支払い請求はKDDI等の国際電話会社から来ます。時期的には通常の電話料金の請求とそう変わりません。したがって、利用後おおむね1〜2ヶ月後に請求が来ます。但し、普段国際電話を利用していないのに、短期間で高額(数万円)の利用が発生した場合は、通常の請求の締め日を待たずにかなり早い段階で請求されるときがあります。

2.海外に接続するときも通常のモデム接続と同じです。普通にネットに接続している限り、海外接続に自動的に切り替わることはありません。アダルトサイト等から、特別の接続ソフトをダウンロードして、それを使用して接続した場合に限り、海外に接続されます。
 なお、上記のソフトを使って接続する場合、パソコンの画面上に「○○○に接続中です」(例えば「アメリカに接続中です」)というような表示がされた場合は、それに注意していれば、被害を最小限にとどめることも出来ます。ただ、現在のWindowsでは「ダイヤルアップ接続」時に接続先の電話番号表示が必ずしも表示されず、悪意による接続先の変更の発見が困難です。
  そこで、モデムの状態やダイヤルアップの状態を監視して、日本以外に国際電話、またはダイヤルQ2電話に接続しようとした場合に警告メッセージを表示してくれるソフトがあります。→  No!国際電話またはDial Saver

Q6:閲覧中にいつのまにか自動的に接続先を変えられてしまうことがあるのですか?
A:国際電話接続の手口を解説します

1.インターネット上に無料でアダルト情報を提供すると称するホームページを設ける。

2.このホームページの中に、国際電話を使ってパソコン通信する通信ソフトをダウンロードできる箇所を設けておく。

3.利用者が、インターネット上の当ホームページを見ている間に、画面上に「この続きを見ますか?」「画像のビデオを再生しますか?」等の表示を出し、これを見るためには「ハードディスクにソフトをダウンロードして・・・・・」と指示を出す。

4.利用者がこの指示通りにしていくと、利用者のハードディスクに通信ソフトが取り込まれ、指示に従って取り込んだファイルを実行させると、自動的にインストールされて、画面に専用のアイコンが表示される。

5.このアイコンをクリックすると、通信ソフトが実行されて、インターネットの回線が切断され、予め設定されている国際電話番号の海外のアダルト情報サービス会社のコンピュータに接続されて、情報が送られてくる。   という仕組みになっています。
http://www.pref.ehime.jp/ecc/attend/claim12.htmから引用しました)

Q7:Q2や国際電話によって、業者が儲かる仕組みを教えてください。
詳しくは、右をご覧下さい→アダルトサイトの仕組み
Q8:この前、アダルトサイトにはいってしまったのですが、ダウンロードするときに ***.exe。 というのが出てきたんです、これは国際電話になったのですか?接続先の電話番号が見知らぬところに変わっているのはどうやったらわかるのでしょうか?
A:ダウンロードしただけで、実行していないなら(ダブルクリックしていないなら)大丈夫です。もし、実行してしまっていれば、以下をチェックしてみてください。

1.マイコンピューター→ダイアルアップネットワークを開けてみて、見知らぬ接続設定が作られていないか確かめて下さい。もしそういう物があれば削除して下さい。

2.IEの場合でしたら、「ツール」→「インターネットオプション」→「接続」をクリックして、1.と同様の処理をすることが出来ます。

3.スタートボタン→プログラム→スタートアップをクリックしてダウンロードしたソフトのショートカットが入っていないかを チェックして、もし入っていれば、削除して下さい

4.Windowsフォルダーを開いて、win.iniを見つけてください。このwin.iniをワープロかエディターで開いて、「load= run= 」 という箇所に、ダウンロードしたソフトの「***.exe」という記述があれば、その部分だけ削除してください。

Q9:国際電話には、ケーブル回線だと繋がらないと聞いたのですが?
原則的には繋がりません。しかし、パソコンの内蔵モデムに電話線を繋いだままで、ケーブル回線に変更された場合は、国際電話に繋がる可能性があります。また、ケーブルテレビ会社の設備によっては、国際電話に接続する可能性があります。したがって、これらの点については、ご加入のケーブルテレビ会社まで問い合わせてください。
Q10:ISDNを使っていても国際電話につながる可能性があると聞いたのですが?
基本的には、国際電話には繋がりませんが、例外的に以下の場合には接続されてしまう場合があります。
1.パソコンモデムとと電話回線が繋がっている場合
2.相手業者がISDN(国際ISDN)の同期通信をサポートしている場合
これによる被害を避ける最良の方法は、国際電話の利用休止を申し込むことですが、その他、TAではなく、ルータを使用する方法もあります。

リンク集

身に覚えのない国際電話の請求

国際電話の手口

PPP接続における被害の事例

えっ?と驚く前に―国際電話・Q2からの事前防御策―

気づかないうちに国際電話がかけられてしまう仕組み(びわ湖キャプテン)

戦慄!アダルトサイトの悪夢 愉快なお話(投稿編)掲載の実話


ネット被害対策室(別館)へ

ネット被害対策室(本館)へ