インターネットの世界には、マスコミの報道でも
ご存知の通り、数多くの危険が潜んでいます。

 これは、インターネットの世界においては
警察のような取り締まりの機能を持った
組織が存在しないことによります。

 従って、もちろん大半は善良な人達なのですが、
その中に悪意のある人間が入ってくることも当然
避けられません。

 それがインターネットの世界なんだということ
についての認識が甘かったり、個人の自己防衛が足らない、
ことが多いようにも思います。

 例えば、道ばたで襲われたとしましょう。
その時に自分しかいなかったらどうします?
 警察を呼んでも来てくれない以上、
自分で自分の身を守るしかありません。

 無論、叫び声を上げれば、だれかが
助けに来て下さるかもしれません。
 しかし、助けに来てくれても、その時は
すでに手遅れだという可能性も非常に高いのです。

 もし誰かに狙われ始めたら対策を練って下さい。
実生活のストーカー問題と同じです。
ハンドル名やメールアドレスを変えたりして下さい。

本当のアドレスは公開しないで、転送サービス
を利用するなどの方法もあります。

このHPでも、出来る限り皆様のお役に立つ
情報を提供していきます。
 しかし、基本は「自己防衛」だということは
忘れないで下さい。



<参考>−−ある友人へのメール−−
掲示板の場合は、削除するしかありません。もし何回も
削除しても、それでも書き込みされる場合は、
掲示板のアドレスを変更するしか方法は無いと思います。
(相手のメルアドが分かれば、相手のプロバイダーに対策を
お願いすることもできますが・・)
 HPというのは、いわば路上でお店を開いているようなものと
考えます。ですから、常連さんや仲の良い人も来れば、
お初の人も来るし、中には冷やかしや悪意の人もやってきます。
 残念ながら、ネット上の被害を完全に防ぐことは出来ません。
自己防衛するしかないのがネットの現実なのです。
 いくつか、それでも対策をあげるなら・・。
1.出来る限り、HPやメルアドは公開しない。
2.特に顔写真などは、隠しページにして、親しい人にのみ
  そのURLを連絡する。
3.親しい人専用のHPやメルアドを設定する。
4.その他、私のHP内の「ネット被害対策室」の
  各ページを参考にして下さい

戻る