全国ハイテク警察(サイバー警察)リンク集


ネット被害対策室へ


 
・・・対応が良い警察(私自身の体験と、実際にハイテク警察に相談した方の体験を基にしています) ・・・メール相談できない警察(但し、どこの警察であれ、電話相談は可能です)


警察庁ハイテク犯罪対策 全国からの問い合わせを受け付けます
警視庁ハイテク犯罪対策総合センター

警視庁投稿フォーム

東京都関係の問い合わせを受け付けます

*表のリンクをクリックしてもアクセス出来ない場合は、下記の警察庁のページで、調べてみてください
「都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧」
 
北海道警

メール相談窓口

青森県警

メール相談窓口

岩手県警

メール相談窓口

宮城県警

メール相談窓口

秋田県警

メール相談窓口

山形県警▲▲

メール相談窓口

福島県警▲▲▲

メール相談窓口

茨城県警

メール相談窓口

栃木県警

意見・要望窓口

群馬県警

メール相談窓口

埼玉県警

メール相談窓口(トップページ左下)

千葉県警▲▲

メール相談窓口

神奈川県警

(メールでは情報提供のみ受付)

山梨県警

メール相談窓口

新潟県警

意見・要望窓口

長野県警

電話相談

静岡県警▲▲

意見・要望窓口

富山県警

メール相談窓口

石川県警

メール相談窓口

福井県警

メール相談窓口

岐阜県警

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

愛知県警

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

三重県警

意見・要望窓口

奈良県警

意見・要望窓口

京都府警

意見・要望窓口

大阪府警

メール相談窓口

兵庫県警▲▲

メール相談窓口

滋賀県警

意見・要望窓口

和歌山県警

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

岡山県警▲▲

メール相談窓口

島根県警

意見・要望窓口

山口県警

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

広島県警▲▲

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

鳥取県警

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

徳島県警

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

香川県警

意見・要望窓口

愛媛県警

情報窓口

高知県警▲▲

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

福岡県警▲▲

情報窓口

大分県警

メール相談窓口(ハイテク犯罪専用)

熊本県警▲▲

意見・要望窓口

長崎県警

相談窓口

佐賀県警

相談窓口

宮崎県警

相談窓口

鹿児島県警

意見・要望窓口

沖縄県警

意見・要望窓口



2001年
 
3/7 長崎県警から、「警察署が発行するミニ広報紙や本県ハイテク犯罪対策室のホームページへリンクをはらしていただきたい」とのメールをいただきました。もちろんOKしましたが、大変嬉しく思っています(*^o^*) 

2000年
5/16  兵庫県警からお電話をいただきました。内容としては、当方の相談室の内容を聞かれた上で、「大変素晴らしいHPであるし、今後、もし何か有れば警察に協力して欲しい」とのことでした。正直言って、大変嬉しかったです(∩.∩) 当然、私の希望は、ネット被害者が1人でも少なくなることであり、警察にも喜んで協力したいと思っていますので、全国の警察の皆さん、よろしくお願いします。
5/22 山形県警からも同様の大変ご丁寧なお電話をいただきました(∩.∩)
6/12 高知県警から丁寧なお電話をいただきました。深く感謝しています。
6/25 宮城県警からチェーンメールの件で連絡をいただきました。詳細は、「悪質メール対策の部屋」をご覧下さい。
7/12 福井県警さんから丁寧なお電話をいただきました。福井県警では、特別のハイテク警察用メールアドレスは無いものの、総合相談窓口にメールで問い合わせしていただければ、県警内のハイテク犯罪担当部署に、そのメールが回されますので、安心してご相談下さいとのことでした。
11/8 福島県警から、URL変更と励ましのメールをいただきましたホームページ(特にネット被害に関するもの)拝見させていただいています。いろいろ参考になることが多いので、助かっています。今後もがんばってください。」と言われ感激しました(*^o^*) 。ところで、福島県警のサイトは、すっかりリニューアルされ、恐らく全国の警察サイトの中でも屈指のサイトだと思います。皆さんも一度、ご覧いただければと思います。
11/16 青森県警から、URL変更と励ましのメールをいただきました。「インターネットを利用する人にとっては、本当に頼りになるホームページだと思いますし、私どもにとっても非常に参考になります。これからも参考にさせていただきたいと思います」と暖かい激励の言葉を頂きました(*^o^*) 
福岡県警からは以下のようなメールをいただきました。感謝!!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
インターネット上でのトラブルが増加する中、ダルクさんのようなホームページが存在することは、私どもとしても大変うれしく思います。 なお、弁護士法のことはご承知とは思いますが弁護士でなければできないような法律相談、アドバイスを無資格者、が行えば、同法違反(同法72条 非弁活動)に問われることがありますので、くれぐれもご注意ください。 今後とも、健全なインターネット社会の実現のために、ご理解、ご協力をお願いします。 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(ダルク注)弁護士法72条「弁護士でない者は、報酬を得る目的で、・・・法律事件に関して、鑑定、代理、仲裁、和解その他の法律事務を取り扱うことが出来ない」
 当方の相談は無料なので上記には該当しないですね(∩.∩)
警視庁から電話をいただき、警察庁と警視庁が似ているので、区別に注意してもらうよう、お願いされました。そこで、分かりやすく上記の表を書き換えました。確かに、名前が極めて似ているので、間違える人も多いだろうなぁと納得した次第です。
某県警のハイテク警察からメールをいただいたのですが、その書式がリッチテキスト形式(html形式)になっていました。(しかも全く同一内容のメールが4通も届きました・・・)
 ご存じの通り、この形式のメールは、これに対応していないメールソフトで受信すると、文字化けしたり、意味不明の添付書類が付いたりするので、原則としては、設定してはいけない形式です。
 また、このことは、初心者向きのメールの使い方の解説書にすら掲載されていることで、まさかハイテク警察から、このようなメールが来るとは思いませんでした。
 こういうメールを送ると、「ハイテク警察と言っても、その程度のものか」と受信者に舐められる可能性すらありますので、全国のハイテク警察担当の方は、そういう点まで十分注意してもらいたいと思います。



ネット被害対策室へ