メールマガジン21−25号

ネット被害対策室に戻る


過去ログ集に戻る
 
第21号  エステ・デ・ミロード自己破産関連
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
△▼△ エステ・デ・ミロード自己破産関連 △▼△
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 今回は、「サポートはつらいよ−後編−」を送信する予定でしたが、エステ・デ・ミロード自己破産に関連して、今後このような事態が起きたときの注意点を述べておきたいと思います。

まず、当該企業に問い合わせるのが先決ですが、当然電話が殺到して細かい対応が取れなくなっている
可能性が高いでしょう。 従って、自己防衛として、下記の手続きを進めてください。

………………………………………………………
1.クレジットの支払い停止

(1)クレジットの支払い途中または支払い開始前ならカード会社に連絡して、クレジットの支払い停止を申し出てください。

(2)但し、口座振替の場合、カード会社の手続きが間に合わず、料金が引き落とされる可能性があります。

 従って、以下のいずれかの手続きもしてください。

 ・振替日の前日までに、該当口座の預金を下ろし、口座を空にしておくか、または、

 ・振替中止を銀行に申し出る。

<注>

現在クレジットカード会社は、契約者の状況を調査しています。契約者側としては、このカード会社からの調査報告を受けて、精算手続きをすることになります。
 例えば、エステを申し込んだが、まだエステをしてもらっていないときは、返金請求できます。(下記3.参照)逆に、エステをしてもらっていたのに、代金が未払いの時は追加で支払いをしなければならないときもあります。

…………………………………………………………………
2.代替サービスについて

クレジットカード会社の一部では、契約者にアンケート調査し、他のエステ業者に移るかどうかの意思確認を行っているようです。

この場合、契約者側としては、以下のいずれかの手続きができます。

(1)紹介されたエステ業者のサービスを受けることに同意し、クレジット契約を継続する

(2)代替サービスは拒否し、クレジット契約を解約する。

 *この場合は、必ず、アンケート用紙に、他のサービスを受ける意志は無く、契約を解約したい旨を明記しましょう。また、後日のトラブルに備えて、コピーを保存しておきましょう。

<注>
クレジットカード会社が、アンケート調査を行っていない場合は、クレジットカード会社に「支払い停止の抗弁書」を送付してもらい、必要事項を記入して返送してください。

…………………………………………………………………
3.債権届けの提出について

今後、破産手続きが進むと、裁判所から契約者に「債権届」の用紙が送られてきます。要するに、返金請求だと思ってください。
・現金で前払いしたが、まだエステのサービスを受けていない場合
・すでに受けたエステサービスや、購入した商品の金額以上に、クレジットで支払っている場合
等に、過払い金額を記入して提出します。

 しかし、会社が破産しているわけですから、当然、請求金額全額が返金される可能性は極めて少ないと思います。また、返金されるまでは、かなり時間がかかることも覚悟しておいてください。

………………………………………………………………………
4.その他

詳しい点で疑問・質問があれば、各地の消費者センターに問い合わせるのが1番確実だと思います。

*各地の消費生活センター連絡先一覧*
http://www.kokusen.go.jp/link/_pref.html

*なお、今回の内容は、朝日新聞阪神版10/23掲載記事を参考にまとめました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◇◆◇「特選お薦めサイト」◇◆◇
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 今週のお薦めは、【IPドメイン基礎講座】です。
http://www.mse.co.jp/ip_domain/

IPアドレス・ドメイン名・ホスト名・DNSシステムについてもう詳しく説明してくれています。また、同サイト内には「IPドメインサーチ」や「IPドメインシャッター」など非常に役立つページがありますので、是非参考にして下さい。

第22号  サポートはつらいよ−後編−
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  △▼△ サポートセンター利用法 △▼△
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 今回は、サポートセンターを上手に利用するための注意点をいくつか述べたいと思います。
………………………………………………………
1.電話をかける前に

(1)サポート時間やサポート内容をまず確認する。

(2)知りたい、訊きたい、わからないことを整理しておく

(3)環境をメモしておく。

  もちろん「部屋は西向きで、夕日がまぶしいなぁ」 とかじゃ  ないですよ(^◇^;)
 使用OS・メモリー量・使用ソフト名・シリアルナンバーバージョンナンバー等々です。

(4)以下のようなメモも用意する

  ・現在 どのような状況か 
  ・どのようなときに問題が起きたか 
  ・その時どのような対処をしたか 
  ・どの程度の頻度で発生するか

(5)マニュアルやQ&A集を見ておく

 あまりに当然のことなのですが、これをしていない人が、どれだけ多いことか・・・(ー_ー;)

(6)できれば、電話の近くにパソコンやマニュアルも用意しておくと、極めて便利です

……………………………………………………………
2.電話での話し方

電話で会話をしてはいても、サポーターはあなたのパソコンの画面や操作状況が見えている訳ではないということを常に頭に置いてください。

(1)できる限り詳しい状況を伝えてください。「動かない」、「わからない」、「できない」というだけでは適切なアドバイスを受けられません。『何をどうした時に何がどうなったのか』を簡潔に伝えて下さい。 

(2)サポーターが話した用語や、説明内容が分からない場合は、知ったかぶりをせず、遠慮無く質問しましょう。そのままにすると、次の説明が理解できなくなり、解決不能になります。

(3)事前に目を通した説明書や、試した操作があれば伝えましょう。

(4)自分の勝手な判断はしないことが極めて大切です。省略する事なく状況を正確に客観的に伝えて下さい。 またサポーターが確認のため操作をお願いした時は言われた通りやって下さい。 もちろん、その操作の結果も正確に伝えましょう。

(5)できれば、サポーターの説明をメモしながら、電話しましょう。耳で聞いただけでは、忘れてしまいます。
説明メモを見ながらパソコンを操作したり、不明な点は改めて聞き直せば、解決しやすくなります。

(6)自分の勝手な用語や略語は使わないようにしましょう。専門家気取りで専門用語を使っても恥をかくだけです。ごく一般的に使われている用語を使って話をしましょう。  

……………………………………………………
3.念のために

恥ずかしい思いをしないためにも、以下のことを絶対確認しておきましょう。 

(例)電源が抜けている
   ケーブルやコードやプラグが抜けている
   接続するところが違っている
   電池切れ(ノートパソコンの場合)

また、酔っぱらって電話したり、サポーターのお姉ちゃんをナンパしたり、パンツの色を聞いたりしないのは当然です・・・(ー_ー;)(でも、実際にいるから恐い・・・{{ (>_<) }})
   
……………………………………………………

 上記のことは「ネット被害対策室」を初め、質問や疑問を受け付けてくれるサイトに書き込みされる時にも概ね当てはまることです。どうか質問されるときには、上記の点に十分ご留意下さい。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◇◆◇「特選お薦めサイト」◇◆◇
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 今週のお薦めは、【セクハラについて】です。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/hogaku-3-sekuhara.htm

セクハラ関連の膨大なリンク集です。何がセクハラになるかは微妙な問題です。現実にセクハラに泣いている女性もいる一方、何でもセクハラだと主張する女性に泣かされる男性もおられると思います。このようなサイトをじっくり熟読して、両者とも勉強して欲しいと思います。

第23号     ネット刑法各論
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  △▼△ ネット刑法各論 △▼△
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

私は大学で刑法を専攻したので、比較的刑法についての基礎知識はあるのですが、一般の人の場合、刑法について誤解されている場合も多いようです。
 そこで、インターネットで問題にされる代表的な犯罪について、いくつか解説したいと思います。

……………………………………………………………
     名誉毀損罪・侮辱罪
……………………………………………………………
第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

第231条 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。
 

【解説】

掲示板で誹謗中傷を発言があった場合等に、この罪が問題になります。ポイントは、「公然性」にあります。「公然性」とは、不特定または多数の人に、知られる状態だと思ってください。したがって、掲示板で誹謗中傷した場合は、これらの犯罪の可能性はありますが、メールでの誹謗中傷は、公然性が無いため、これらの犯罪になりません。

 名誉毀損罪と侮辱罪の違いは、事実を適示したかどうかです。
例えば「A子は売春している女だ」と言えば、事実を適示していることになり、「A子は性格が悪い女だ」
と言えば、事実を適示していないことになります。

 ネット犯罪で問題になるのは、実名を挙げて誹謗中傷した場合で、ハンドルネームを挙げただけでは犯罪にされないのが現状です。但し、そのハンドルネームによって、ある個人が特定される場合は、犯罪になります。

……………………………………………………………
     脅迫罪・強要罪・恐喝罪
……………………………………………………………
すべて「きょう」で始まるので、混同されやすい犯罪です。

第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下
の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

第223条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。

第249条 人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
 

【解説】

第222条の脅迫罪は、いわゆる「おどし」です。ある害悪を、他人の「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し」加えることを告知すれば足ります。「殺してやる!」「レイプしてやる!」等が代表例ですが、かなり適用範囲は広いです。
 ただし、害悪の発生を犯人が現実に左右できると一般人が感じるものでなければならないとされていますので、実行不可能と思われることを告知しても脅迫罪にはなりません(吉凶禍福・天変地異の予告等)

第223条の強要罪は、暴行・脅迫によって、他人に義務のないことを行わせたり、他人の権利の行使を妨害した場合の罪です。例えば、メールで脅かして、一方的な謝罪文を相手に書かせたりする行為です。

第249条の恐喝罪は、いわゆる「カツアゲ」です。相手を脅かして、金銭等の財物を巻き上げる行為です。例えば、「月夜の晩だけじゃねぇぞ。」などと脅かして、お金を自分の銀行口座に振り込ませたりする場合です。

単に脅かすだけなら脅迫罪、脅かしただけではなく財物も移転したら恐喝罪、脅かして他人に何かを
させたら強要罪・・・と思ってください。

……………………………………………………………
     詐欺罪・電子計算機使用詐欺罪
……………………………………………………………
第246条 人を欺いて財物を交付させた者は10年以下の懲役に処する

第246条の2 人の事務処理に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与えて財産権の得喪若しくは変更に係る不実の電磁的記録を作り、又は財産権の得喪若しくは変更に係る虚偽の電磁的記録を人の事務処理の用に供して、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者は、10年以下の懲役に処する
 

【解説】

他人を騙して、財物を移転させた場合の罪です。
騙すのではなく、暴行・脅迫を用いれば、恐喝罪になります。
 例えば、
1.アダルトサイトで無料画像が見られると言いながら実はダイヤルQ2に接続させた
2.オークションで入金させたのに、品物を送らない。あるいは、表示してあったものとは違う品物を送る。
3.自然食品のモニターになれば報酬を払う言いながら、結局は1円も払わなかった
・・・等々、具体例は無数にあります。
 

電子計算機使用詐欺罪の条文は、非常に分かりにくいですね(^◇^;)
読んだだけで頭が痛くなりそうな条文ですが、要するに「パソコンを不正使用して詐欺行為をした」場合だと思って下さい。例えば、他人のユーザーID、パスワードを盗用してプロバイダーにアクセスしたり、自分宛に品物を送らせたりする行為です。

……………………………………………………………
        傷害罪
……………………………………………………………
第204条 人の身体を傷害した者は、十年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

【解説】

「傷害」と聞くと、他人の体を刃物等で傷つける行為を想像するかと思いますが、他人の精神を傷つけ、その結果精神的な病気や内臓の病気になって入院した場合は傷害罪が成立します。例えば、メールや掲示板等で誹謗中傷された人が入院する事態になった場合です。
 まだ、問題になったことはありませんが、精神的ショックを受けた人が、心臓麻痺で死亡した場合等は、殺人罪が成立する可能性もあります。

……………………………………………………………
      わいせつ物頒布罪
……………………………………………………………
第175条 わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。

【解説】

違法なアダルト画像を見るだけでは処罰されません。また、特定・少数の友人に渡しても処罰されません。しかし、自分のサイトに、その画像を置いた場合は、「公然と陳列した」ことになり、処罰されます。
また、「希望者にあげるよ」と掲示板やメールで告知した場合は「頒布」したことになり、これも処罰されます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◇◆◇「特選お薦めサイト」◇◆◇
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 今週のお薦めは、【ネット最前線】です。
http://www.asahi.com/tech/index.html

朝日新聞のサイトの一部ですが、ネット被害だけでなく、インターネット関連の最新情報も掲載されていて、普段からよく拝見し参考にしています。

第24号  ネットの出会いは危険な香り
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  △▼△ ネットで出会いを △▼△
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 最近、NHKとフジTV系列で、相次いで、出会い系サイトの特集番組を見た。
 NHKの方は、1人の女子高生を取材し、携帯での出会いサイトを扱い、フジTVでは、人妻の不倫を中心に扱っていた。番組によると、インターネットでの出会いサイトは2万以上あるらしい。
 
 そんなに、みんな出会いを求めているのかなぁという率直な驚きもあるが、私の周りでも、インターネットを通して、恋愛関係が始まったり、不倫になったり、中には、結婚まで行き着いた人もいることを思えば、これからの社会では、「インターネットでの出会い」が、かなり大きな比重を占めるようになるかもしれないと予測できる。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞   
  □■□ 危険を避けるために □■□
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【1.まず、自己責任での行動であることを、しっかり自覚すること。】

 例えば、出会った相手と、肉体関係を持った結果、妊娠したり、性病にかかったりしても、いわば自業自得である。事後の損害賠償や慰謝料にしろ、匿名で付き合っている場合は、相手の身元が分からず、泣き寝入りせざるをえないことも多い点は覚悟する必要があるだろう。

【2.最低限、相手とやり取りしたメールその他、何か問題が起きたときに、証拠となりうる物は
保存しておくこと。】

 特に女性の場合、妊娠した場合を考えると、相手のたばこの吸い殻や、髪の毛等でもいいから、DNA判定可能な物は、保存しておく方が良いだろう。

【3.なるべく評判の良いサイトを使うこと。】

 男女の出会いを扱うサイトだけに、トラブルの多発は当然予想される。そういうトラブルの時に親身に相談に乗ってもらえるサイトを選ぶことが肝要だろう。
 ポイントとしては、
1.会員数が多いこと
2.女性比率が高いこと
3.会員規約が明示されていること
4.登録の際に個人情報をきちんと書かせること
5.サイトの主催者の連絡先が明記されていること
6.会員からの質問を受け付ける掲示板があること等があげられる。

【4.自動登録、自動書き込みで利用できるサイトは危険】

 利用者にはプライバシーの関係上、個人情報を極力伝えない方が良いが、サイトの主催者は利用者の本名、住所、電話番号等を把握しておくべきだろう。但し、このようなサイトは、非常に少なく、現実は、野放し状態であるが・・。

【5.出会いに名を借りた行為に注意】

 例えば、若い女性に誘いに応じて、男性が出かけたところ、違法な商売の勧誘だったり、宗教の勧誘だったということもある。逆のケースの場合、出かけた女性が、売春組織や風俗に誘われたり、麻薬を打たれたりする場合もある。そこまで、犯罪的ではなくとも、個人情報が闇から闇へと売買されることもあろう。

【6.詐欺に注意】

 入会金を払ったものの、交際相手を全然紹介してくれない等の詐欺行為の相談も多い。
 入会前に必ず以下の点はチェックしておくこと。
1.連絡先の確認(住所・電話番号・代表者名等)
2.退会方法、登録削除方法
3.日本のドメイン(・・.co.jp等)であるかどうか。(アメリカ等の海外ドメインの場合は、かなり危険)

なお、もし詐欺にあった場合は、消費者センターまたは地元のハイテク警察に相談するのが最良である。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◇◆◇「特選お薦めサイト」◇◆◇
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今週のお薦めは、【出会い系掲示板利用の注意点 】です。
http://m-stock.vis.ne.jp/tyui1.html

「私の掲示板をはじめとしてすべての掲示板は善良な掲載者ばかりではありません。 この種の人間は自分の目的達成のためあらゆる手段を使いますので完璧な排除は無理です。(^^;・・・
  掲示板を利用してセールス、自己PR、売春、詐欺、いやがらせをする悪質利用者が後を絶ちません。送信者も『悪徳掲載者がいる』という認識を持ち利用することが大切です。」
・・・という前提の元に、具体的な被害や注意点が述べられています。

  なお、実際の出会い系サイトの中では、
「出会いのネットワーク」
http://www.deai.co.jp/menu.html
が、1番システム的には、しっかりしているかなという印象を持ちました。

第25号  アングラサイトの歩き方
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  △▼△ アングラサイトの歩き方 △▼△
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 ”攻撃は最大の防御なり”という言葉があります。しかしながら、ネットの世界では、この言葉は通用しません。攻撃を掛ければ、数倍の反撃を食う可能性があるからです。  特にアングラサイトの場合、相手方は、どんな仕掛けや罠を張って待ちかまえているか分かりません。
 したがって、ネットの世界においては、まず【専守防衛】を心がけるようにしてください。

 では、トラブルに巻き込まれないために、気を付けるべきことを話したいと思います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞   
  □■□ 事前予防 □■□
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
……………………………………………………………
1.IE(インターネットエクスプローラ)の場合  
……………………………………………………………
ツール→インターネットオプション→セキュリティ→レベルのカスタマイズをクリックする。  →Java、ActiveXと書いてあるところの設定は全て「無効」にする 。Cookieも無効にした方が安全です。 

……………………………………………………………
2.ネットスケープの場合。  
……………………………………………………………
編集→設定→詳細→Javaと書いてあるところの設定は全てチェックを外す。 
*画像の自動読み込み、スタイルシートのチェックも外した方が、より安全です

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞   
  □■□ 被害の種類と対策 □■□
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
……………………………………………………………
1.ウィルス送付
……………………………………………………………

 「このMP3は自由にダウンロードしていいよ」とか「ワレズだけど、あげるよ」とか「無修正の
エロ画像!」と言ったような言葉に騙されて、ソフトをダウンロードしてみたら、しっかりウィルス
入りのファイルだった・・ということは、よくあります。  ウィルスの中には、あなたのパソコンに侵入して、自由自在に操作してしまう悪質な物もありますので、要注意です。

 対策としては、怪しいファイルはダウンロードしないのが1番ですが、万一に備えて、「ノートンアンチウィルス」「ウィルスバスター2001」等のウィルス対策ソフトをインストールしておきましょう。

*MP3=音楽ファイル。歌手のCDから勝手にMP3ファイルを作成して、自分のサイトに置いてある場合が多い。著作権法違反の可能性が高い。

*ワレズ=違法コピーソフトのこと。市販の高価なソフトが無料で入手できるが、もちろん著作権法違反である。 

……………………………………………………………
2.ブラクラ(ブラウザクラッシャー)
……………………………………………………………

ブラウザやメールソフトが無数に起動し、メモリー不足やリソース不足によって、再起動が必要な状態にさせられることが多くあります。
 そのため、作成中のデータの保存が出来なかったり、最悪のケースでは、システム自体が破壊されることもあります。

 対策としては、上記の「事前予防」を守ってください。また、ブラウザのURL記入欄のところに、 view-source:URLと記入すれば、アクセスする前に、そのサイトのソースを見ることも可能です。

例 view-source:http://www.so-net.ne.jp/

……………………………………………………………
3.攻撃ソフト
……………………………………………………………
 いきなり画面がフリーズし、インターネットから強制切断されたような場合、攻撃ソフトによって
誰かから攻撃されている可能性があります。(例:WINなら、WinNuke、MACなら、Ping of deathなど) 

対策としては、 
1.OSを最新バージョンにすること 
2.プロキシサーバーでつなぎ、相手にIPアドレスを知られないようにすること
・・・等があります。

……………………………………………………………
4.パスワード解析ソフト
……………………………………………………………

アングラサイトでは、パスワード解析ソフトもよく公開されています。もし、パスワードを解析されてしまえば、相手は、あなたになりすまして、あなたのプロバイダーを利用できますし、あなたのメールも全て見られてしまいます。

対策としては、 
1.パスワードは分かりにくいものにすること。
英語と数字と記号を混ぜること。ユーザーIDと同じにしないこと。等があげられます。
2.また、数ヶ月に一度でいいですから、パスワードを変更しましょう。
 

*いろいろ述べてきましたが、最良の防衛策は怪しいサイトには近寄らないことです(^◇^;)
 アングラサイトは黒と赤を基調にしていることが多く、大抵は見た瞬間に「怪しい!」と分かります。(チューリップの壁紙で、「ようこそ♪私の部屋へ♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪ルンルン」という名前のアングラサイトもあるかもしれませんが・・(ー_ー;))

 一応対策は述べましたが、アングラサイトでどんな被害に遭っても、基本的には自己責任だと
いうことは肝に銘じて置いてください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◇◆◇「特選お薦めサイト」◇◆◇
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
今週のお薦めは、【野口悠紀雄Online2000】です。
http://www.noguchi.co.jp/

野口氏は「超整理法」等の著書で有名な経済学者ですが、上記サイトではITについてのエッセイや役立つリンク集があって、参考になると思います。



過去ログ集に戻る