ここに掲載の作品の他まだ未発表の読み物として

お花の綺麗な色はどこから来たの?と素朴な疑問に答える「虹の花火は花の色」

告井土暖の絵を描く気持ちを散文的に面白く綴った・・・・・・「描き書きなるままに」

花言葉を墨彩詩書で描く自作品の背景を描いた・・・・・・・・「一墨一言」 などがあります。

ダジャレ仙人と修行する水族館の魚たち
「ダジャレの海の水族館」

このサイトに掲載の文章および画像の無断転用を禁止します。
Copyright (C) Dodan.T All Right Reserved.

その他の著作物
何分初めてのことでありつたない絵と文章ですが、苦手意識の克服と自分への挑戦としての記念碑です。
以降、下のような作品を数点の作品を「土暖作の手作り本」として残すことができました。
機会がありましたら是非ご一読いただけましたら嬉しく思います。

石絵とミニ地蔵

トップページに戻る

お問い合わせメールは下のバナーをクリックください。

土暖初めて文章中心の物語(表紙共40頁)
まん丸小石に夜何が起こったのか・・・
「空想は想像の赤ちゃん」

文章中心の物語を絵本風に仕上げた読んで
聞かせる子供版絵本(表紙共40ページ)
「空想は想像の赤ちゃん」子供版

原画から編集印刷装丁まですべて手作り
したもので、仕上がりは各自バラバラ。
手張り表紙の布もそれぞれです。

気弱なインなの事金魚が友達に・・
「出目はすごいよ

10ページ

9ページ

6ページ

7ページ

8ページ

3ページ

4ページ

5ページ

2ページ

1ページ

表紙文字

暖は欲張り。どういうわけか自分でもよく分からないけれど、絵本を書いてみようと思いついた。
文章作りは苦手中の苦手の部類だけれどやってみることに意義があると考えて挑戦してみたのが下の絵本。

その第一作目となる手作り絵本のタイトルは「袋に入ったホーホさん」

普通、文章と絵は別々に書いて後での編集となると思うが、この場合墨彩で文章まで手描きで完成させようと
試みた初めての手作り絵本。何はともあれご一読のほどよろしくお願いいたします。

何かご意見とかご感想がございましたら、こちらのメールにてお寄せいただければ幸いです。

■うふふ美術館の各展示室   ■土暖作品の見どころ   ■伊豆高原情報   ■展示のお知らせ   ■お問い合わせ

告井土暖・うふふ美術館へようこそ
つげい どだん・うふふ美術館
各展示室には下記をクリックして入場ください。
      トップページ
第0室  美術館概要と見学の詳細説明室
第1室  絶対見ないと損する作品の展示室
第2室  まねできないだろうと自慢の展示室
第3室  少し恥ずかしいかも的作品展示室
第4室  見せたくないが見せちゃう展示室
第5室  やりすぎ土暖の余分な仕事展示室
第6室  うふふ美術館の名前由来展示室
第8室  少し勉強「土暖講座」の勉強部屋
第9室  館内展示風景
第10室 ボケ防止インテリア工夫展示室
第7室 ちょっと一休み      読書室