[トップページ] [この人のこの1枚] [ジャズのよもやま話] [メッセージボード]

[ドラ流目立たないけどいいアルバム] [ドラ盤演奏者リスト] [ドラ盤曲目リスト] [紹介したアルバムリスト]

[ライブ・レポート] [最近の愛聴盤] [最近購入したアルバム] [今週のジャケット]



Dragon' Jazz Corner

ドラ流目立たないけどいいアルバム


ようこそいらっしゃいました。
ここはすでに紹介済の作品の中から厳選した、
「ドラ流目立たないけどいいアルバム」のコーナーです。
もちろん独自の見解ですので、余りアテにはならないけれど、
この10年間位の新しいCDです。
出来ることなら皆さんにも是非聴いてほしいなあと願っています。
もうすでに入手困難なものもあるかも知れませんので、
もしも入手出来ないようなら勘弁して下さい。
ちなみに私はジャズ関係の雑誌は、ほとんど読んでおりません。
別に理由はありません、ただ面倒なだけです。
ですから、本当に目立っていないかどうかも分かりません。


--dora--


注1:SJ誌選定「ゴールド・ディスク」は、一応目立っていますので、対象外にしています。
注2:購入紹介順に並んでいます、独自のコメントは下をご覧下さい。


1-60 61-120 121-180 181-240 241-300
301-360 361-420 421-480 481-540 541-600
601-660


PLAYER(演奏者) TITLE(アルバム名)
 (792) JESPER LUNDGAARD(b)  2016 2016
 (791) DAVID GILMORE(g)  TRANSITIONS 2017
 (790) GERRY MULLIGAN (bs)  NATIONAL JAZZ ENSEMBLE 1977
 (789) DOMINICK FARINACCI(tp)  SOUND IN MY LIFE 2006
 (788) LORENZO TUCCI (ds)  SPARKLE 2016
 (787) RYAN KISOR (tp)  BATTLE CRY 1997
 (786) RUSSELL MALONE(g)  LOVE LOOKS GOOD ON YOU 2015
 (785) CHARLES McPHERSON (as)  LOVE WALKED IN 2015
 (784) 辛島文雄FUMIO KARASHIMA(p)  ジャズに生きる 2015 
 (783) GIOVANNI MAZZARINO (p)  RETRATO 2013
 (782) MATTEO REGGI (ts)  DREAM DANCING 2016 
 (781) MIKE MELITO (ds)  NEW YORK CONNECTIONS 2016
 (780) THE COOKERS QUINTET (grp)  MEETS JOHNNY O'NEAL 2016
 (779) TERELL STAFFORD (tp) FORGIVE AND FORGET 2016
 (778) ALESSIO MENCONI (g)  PLAYS ELLINGTON & STRAYHORN 2016
 (777) RAY McMORRIN(ts)  RAY MACK 2016
 (776) ERIC ALEXANDER (ts)  JUST ONE OF THOSE THINGS 2016
(775) BILL MOBLEY(tp) HITTIN' HOME 2016
(774) ELIANE ELIAS(vo,p) BOSSA NOVA STORIES 2009
(773) 大林武司TAKESHI OHBAYASHI(p) MANHATTAN 2016
(772) BRAD MEHLDAU(p) BLUES AND BALLADS 2016
(771) OLEGARIO DIAZ(p) ALEPH IN CHROMATIC 2016
(770) THE COOKERS(grp) THE CALL OF THE WILD AND PEACEFUL HEART 2016
(769) HARRY ALLKEN(ts) SOMETHING ABOUT JOBIM 2015
(768) TERRASSON(p) & BELMONDO(tp) MOTHER 2016
(767) DUSKO GOYKOVICH(tp) & SCOTT HAMILTON(ts) SECOND TIME AROUND 2015
(766) VITTORIO GENNARI(ts) THE SOUND 2007
(765) ERIC ALEXANDER(ts) SECOND IMPRESSION 2016
(764) JERRY BERGONZI(ts) SPOTLIGHT ON STANDARDS 2016
(763) HARRY ALLEN(ts) THE CANDY MEN 2016
(762) CHRIS CHEEK(ts) SATURDAY SONGS 2016
(761) MATT KANE(ds) ACKNOWLEDGEMENT 2015
(760) 小林陽一YOICHI KOBAYASHI(ds) NO! NO! NO! NO! 2015
(759) SEAMUS BLAKE(ts) & CHRIS CHEEK(ts) LET'S CALL THE WHOLE THING OFF 2016
(758) 熊谷泰昌YASUMASA KUMAGAI(p) J-STRAIGHT AHEAD 2015
(757) GEORGE COLEMAN(ts) A MASTER SPEAKS 2016
(756) DOMINICK FARINACCI(tp) LOVERS, TALES & DANCES 2009
(755) VINCENT HERRING(as) NIGHT AND DAY 2015
(754) HEADS OF STATE(grp) SEARCH FOR PEACE 2015
(753) RYAN KISOR(tp) POWER SOURCE 2001
(752) JOEL PRESS(ts) LIVE AT SMALLS 2014
(751) DONATELLA LUTTAZZI(vo) I LOVE YOU CHET 2016
(750) MARIKO KAJIWARA(vo) PITTER PATTER 2016
(749) BILL CHARLAP(p) NOTES FROM NEW YORK 2016
(748) CHRISTIAN WINTHER(ts) REFUGE in SOUND 2016
(747) LOGAN RICHARDSON(as) SHIFT 2015
(746) LOU DONALDSON(as) LIVE IN BOLOGNA 1984
(745) STEVE KALDESTAD(ts) NEW YORK AFTERNOON 2015
(744) HARRY ALLEN(ts) LONDON DATE 2016
(743) KEN FOWSER(ts) STANDING TALL 2016
(742) ALASTAR LAURENCE(p) TIME REMEMBERD 1999
(741) FABRIZIO BOSSO(tp) DUKE 2015
(740) RYAN KISOR (tp) A NIGHT IN TUNISIA 2004
(739) JANCY KOROSSY(p) & NICOLAS SIMION(ts) LIVE IN BRASOV 2001
(738) BERNT ROSENGREN (ts) BALLADS 2015
(737) HACKE BJORKSTEN (ts) TOP THREE 2014
(736) DMITRY BAEVSKY (ts) SOMETHIN' SPECIAL 2015
(735) B-EDGE(grp) EASY LOVING YOU 2015
(734) WES MONTGOMERY(g) ONE NIGHT IN INDY 2015
(733) MICHAEL DEASE(tb) LET'S GET REAL 2015
(732) JESPER LUNDGAARD(b) 60 OUT OF SHAPE 2015
(731) NICOLAS SIMON (ts) LIVE IN GRAZ & BRASOV 2001
(730) ANDREAS HERTEL(p) KEEPIN' THE SPIRIT 2015
(729) NEW CENTURY JAZZ QUINTET IN CASE YOU MISSED US 2015
(728) SCOTT HAMILTON(ts) & JEFF HAMILTON(ds) LIVE IN BERN 2015
(727) ISABELLA LUNDGREN(vo) SING THE TREASURES OF HAROLD ARLEN 2015
(726) KLAS LINDQUIST(as) THE SONG IS YOU 2015
(725) ED BICKERT(g) ED BICKERT 1975
(724) PEREZ(p)/PATITUCCI(b)/BLADE(ds) CHILDREN OF THE LIGHT 2015
(723) RUBY BRAFF(cor) & GEORGE BARNES(g) SALUTES RODGERS & HART 1975
(722) CHRISTIAN McBRIDE(b) LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 2015
(721) RYAN KISOR(tp) LIVE AT SMALLS 2010
  AWAKENING 2002
(720) BOB McCHESNEY(tb) SCHEZ SEZ 2015
(719) 大石学MANABU OHISHI(p) JUST TRIO 2015
(718) GRAHAM DECHTER(g) RIGHT ON TIME 2009
(717) BENNY SHARONI(ts) SLANT SIGNATURE 2014
(716) MIKE MURLEY(ts) LIVE AT THE SENATOR 2000
(715) ADAM HARRIS(ts) LIVE AT THE JAZZ ATATION 2014
(714) PETER(ts) AND WILL ANDERSON(as) DEJA VU 2015
(713) PAUL MEYERS(g) FEATURING FRANK WESS 2009
(712) ELIANE ELIAS(vo,p) MEDE IN BRAZIL 2015
(711) DOMINICK FARINACCI(tp) DAWN OF GOODBYE 2012
(710) DAYNA STEPHENS(ts) TODAY IS TOMORROW 2012
(709) LEE KONITZ(as) AT THE VILLAGE VANGUARD 2009
(708) BILL CROW(b) FROM BIRDLAND TO BROADWAY 1996
(707) CORY WEEDS(as) CONDITION BLUE 2015
(706) FRANCESCO CAFISO(as) & RICCARDO ARRIGHINI(p) CONCERTO FOR MICHEL PETRUCCIANI 2004
(705) HARRY ALLEN(ts) &
JAN LUNDGREN(p)
QUIETLY THERE 2014
(704) NIKOLETTA SZOKE(vo) I THOUGHT ABOUT YOU 2015
(703) ALBERT HEATH(ds) PHILADELPHIA BEAT 2015
(702) GIANNI BASSO(ts) QUARTET 2007
(701) DON MENZA(ts) VERY LIVE AT GROOVY 1983
(700) DAYNA STEPHENS(ts) PEACE 2014
(699) TOMMY SMITH(ts) SPARTACUS 2000
(698) BJORN SOLLI(g) AGROW 2014
(697) YANCY KOROSSY(p) INDETIFICATION 1969
(696) 後藤輝夫TERUO GOTO(ts) & 佐津間純JUN SATSUMA(g) BUT BEAUTIFUL 2014 
(695) MAX IONATA(ts) DIECI 2011
(694) GEORGE MRAZ(b) & DAVID HAZELTINE(p) YOUR STORY 2013
(693) JIMMY COBB(ds) THE ORIGINAL MOB 2014
(692) 出口優日YUKA DEGUCHI(vo) JUST FROM NOW 2014
(691) LOUIS HAYES(ds) RETURN OF THE JAZZ COMMUNICATORS 2014
(690) YELENA ECKEMOFF(p) A TOUCH OF RADIANCE 2014
(689) NIR NAAMAN(ts) iINDEPENDENCE 2014
(688) WALT WEISKOPH(ts) OVERDRIVE 2014
(687) VIKTORIA TOLSTOY(vo) BLAME IT ON MY YOUTH 2001
(686) 広瀬潤次JUNNJI HIROSE(ds) GRATITUDE 2012
(685) JOHNATHAN BLAKE(ds) GONE,BUT NOT FORGOTTEN 2014
(684) STEVE GROSSMAN(ts)  LOVE IS THE THING 1985
(683) JAKOB DINESEN(ts)  P.S.I LOVE YOU 2014
(682) 西村千恵 CHIE NISHIMURA(vo) MY IDEAL 2014
(681) HARRY ALLEN(ts)  LIVE AT RENOUF'S 1996
(680) SOPHIE MILMAN(vo) IN THE MOONLIGHT 2011
(679) ART FARMER(tp) THE TIME AND THE PLACE 1967
(678) EDDY LOUISS(org) & MICHEL PETRUCCIANI(p) CONFERENCE DE PRESSE Vol.2 1995
(677) RICHARD GLASER(p) MEETS CLARENCE WEBB 2013
(676) ATTILA ZOLLER(g) GYPSY CRY 1969
(675) MAX IONATE(ts) INSPIRATION LIVE 2014
(674) NEW CENTURY JAZZ QUINTET(grp) THIS IS NOW 2014
(673) JEFF HACKWORTH(ts) SOUL TO GO ! 2013
(672) CEDAR WALTON(p) SECOND SET 1977
(671) 大隈寿男 TOSHIO OSUMI(ds) CARRY ON 2014
(670) STEVE KALDESTAD(ts) STRAIGHT UP 2014
(669) SILVANO BAZAN(p) I WISH I KNEW 2003
(668) ELVIN JONES(ds) MIDNIGHT WALK 1966
(667) AVISHAI COHEN(b) & NITAI HERSHKOVITS(p) DUENDE 2012
(666) ALEXIS COLE(vo) CLOSE YOUR EYES 2013
(665) IRIO DE PAULA(g) LEMBRANDO WES MONTGOMERY 2003
(664) ERIC ALEXANDER(ts) CHICAGO FIRE 2014
(663) MAX ROACH(ds) THE LEGENDALY HASSAN 1964
(662) RED MITCHELL(b) & GEOTGE CABLES(p) LIVE AT PORT TOWNSEND 1992
(661) NAT ADDERLEY(tp) LIVE AT MEMORY LANE 1966
(660) ENRICO ZANISI TRIO(p) KETWORDS 2014
(659) 小泉高之 TAKAYUKI KOIZUMI(ds) MY MAN'S GONE NOW 2011
(658) 国貞雅子 MASAKO KUNISADA(vo) WONDERFULL LIFE 2012
(657) FRANCESCO CAFISO(as) & DINO RUBINO(p) TRAVEL DIALOGUES 2010
(656) JEREMY PELT(tp) FACE FORWARD, JEREMY 2014
(655) EDDIE HARRIS(ts) THE IN SOUND 1965
(654) TIM HEGARTY(ts) TRIBUTE 2014
(653) ALESSANDRO SCALA(ts) VIAGGIO STELLARE 2013
(652) 竹田一彦 KAZUHIKO TAKEDA(g) I THOUGHT ABOUT YOU 2013
(651) CHICKEN SHACK(grp) Z 2013
(650) AARON GOLDBERG(p) YES ! 2011
(649) CHICK COREA(p) TRILOGY 2013
(648) STEPHEN RILEY(ts) LOVER 2013
(647) DAVE HOLLAND(b) PRISM 2013
(646) GARY BARTZ(as) COLTRANE RULES 2011
(645) MATT DUSK(vo) MY FUNNY VALENTINE 2013
(644) DAVID NEWMAN(ts) STRAIGHT AHEAD 1960
(643) DEWEY REDMAN(ts) MUSICS 1978
(642) JIM ROTONDI(tp) HARD HITTIN' AT THE BIRD'S EYE 2013
(641) STEWY VON WATTENWYL(p) LIVE AT MARIANS 2009
(640) CEDRIC CAILLAUD(b) SWINGIN' THE COUNT 2013
(639) BYARD LANCASTER(as) IT'S NOT UP TO US 1966
(638) PHILIP DIZACK(tp) SINGLE SOUL 2013
(637) FRANCESCO CAFISO(as) MOODY'N 2011
(636) JIMMY SCOTT(vo) THE SOURCE 1969
(635) THOMAS ENHCO(p) JACK & JOHN 2013
(634) HARRY ALLEN(ts) I WALK WITH MUSIC 2013
(633) 森山浩二 KOJI MORIYAMA(vo) & 山本剛 TSUYOSHI YAMAMOTO(p) SMILE 1977
(632) RUSSELL MALONE(g) TRIPLE PLAY 2010
(631) CECILE McLORIN SAVANT(vo) CECILE 2011
(630) ELIANE ELIAS(vo,p)/[★2013 Best3] I THOUGHT ABOUT YOU 2013
(629) ERIC ALEXANDER(ts)/[★2013 Best3] TOUCHING 2013
(628) JIM ROTONDI(tp) 1000 RAINBOWS 2011
(627) CHARLES EARLAND TRIBUTE BANND(grp) KEEPERS OF THE FLAME 2002
(626) 清水秀子 HIDEKO SHIMIZU(vo) MIGHT AS WELL 2012
(625) JARED GOLD(org) INTUTION 2013
(624) ERIC ALEXANDER(ts)/[★2013 Best3] ALEXANDER THE GREAT 2000
(623) KAREN SOUZA(vo) HOTEL SOUZA 2012
(622) MARIANO LOIACONO(ts) WHAT'S NEW 2011
(621) PAUL GRABOWSKY(p) & BERNIE McGANN(as) ALWAYS BALLADS 2006
(620) AMBROSE AKINMUSIRE(tp) WHEN THE HEART EMERGES GLISTENING 2011
(619) STANLEY TURRENTINE(ts) DON'T MESS WITH MISTER T 1973
(618) FERENC NEMETH(ds) TRIUMPH 2012
(617) 小池純子 JUNKO KOIKE(p) UH HUH ! 1999
(616) ELVIN JONES(ds) WHEN I WAS AT ALSO MOUNTAIN 1993
(615) NIKOLAJ BENTZON(p) TRISKELOS 1991
(614) MICHAEL RODRIGUEZ(tp) REVERENCE 2013
(613) STAN KILLIAN(ts) EVOKE 2013
(612) HAROLD MABERN(p) MR. LUCKY 2012
(611) BILLY TAYLOR(p) ONE FOR FUN 1959
(610) 鈴木良雄 YOSHIO SUZUKI(b) DANCING LUNA 2012
(609) THOMAS CLAUSEN(p) FOR BILL 2003
(608) RICARDO CAVALLI(ts) HEART TO HEART 2012
(607) NAJPONK(p) THE REAL DEAL 2012
(606) MARC JOHNSON(b) & ELIANE ELIAS(p) SWEPT AWAY 2012
(605) CHICO HAMILTON(ds) A DEFFERENT JOURNEY 1963
(604) ENRICO PIERANUNZI(p) PERMUTATION 2012
(603) MEL TORME(vo) SUNDAY IN NEW YORK 1964
(602) ALEX RIEL(ds) FULL HOUSE 2012
(601) ERNIE WATTS(ts) OASIS 2011
(600) ERIC ALEXANDER(ts) GENTLE BALLADS V 2011
(599) 酒井俊 SHUN SAKAI SHUN 1977
(598) CHICO FREEMAN ELVIN 2012
(597) GRAHAM DECHTER(g) TAKIN' IT THERE 2012
(596) BRAD MEHLDAU(p)/[★2012 Best3] WHERE DO YOU START 2012
(595) MICHEL(p) & TONY(g) PETRUCCIANI CONVERSATION 2001
(594) CHANO DOMINGUEZ(p)/[★2012 Best3] FLAMENCO SKETCHES 2012
(593) HARRY CONNICK JR(vo) YOUR SONG 2009
(592) BERT SEAGER(p)/[★2012 Best3] OPEN BOOK 2012
(591) JIMMY GIUFFRE(cl,ts,bs) TRAV'LIN' LIGHT 1958
(590) MICHAEL BUBLE(vo) CRAZY LOVE 2009
(589) SONNY STITT(as,ts) SONNY STITT 1958
(588) 宮哲之 TETSUYUKI MIYA(ts) & 吉田桂一 KEIICHI YOSHIDA(p) I'LL BE SEEING YOU 2012
(587) BUDDY DeFRANCO(cl) THE ARTISTRY OF B.DeFRANCO 1954
(586) PHIL BROADHURST(p) DELAYED REACTION 2011
(585) DADO MORONI(p) QUIET YESTERDAY 2012
(584) JOHNNY HODGES(as) BLUE A-PLENTY 1958
(583) DAMON BROWN(cor) THIS TIME THE DREAM'S ON ME 2012
(582) TAL FARLOW(g) AUTUMN IN NEW YORK 1954
(581) FRANCESCO CAFISO(as) A TRIBUTE TO CHARLIE PARKER 2005
(580) EDDIE COSTA(vib) GUYS & DOLLS like VIBES 1958
(579) JOHN ELLIS(ts) IT'S YOU LIKE 2012
(578) TEDDY WILSON(p) I GOT RHYTHM 1956
(577) BRICE WINSTON(ts) INTRODUCING 2010
(576) 小林陽一 YOICHI KOBAYASHI(ds) KIZUNA/絆 2012
(575) PAT METHENY(g) UNITY BAND 2012
(574) OSCAR PETERSON(vo,p) EOMANCE 1952
(573) RICK GERMANSON(p) LIVE IN SMALLS 2012
(572) STEVE KUHN(p) WISTERIA 2012
(571) ADRIAN IAIIES(p) MELANCOLIA 2012
(570) 渋谷毅TAKESHI SHIBUYA(p)
&清水秀子HIDEKO SHIMIZU(vo)
SONGS 2009
(569) 松本茜 AKANE MATSUMOTO(p) PLAYING N.Y 2010
(568) SHIMRIT SHOSHAN(p) KEEP IT MOVIN' 2010
(567) JOE MARTIN(b) NOT BY CHANCE 2009
(566) HAKUEI KIM(p) SHADOW OF TIME 2007
(565) JONATHAN KREISBERG(g) SHADOWLESS 2011
(564) JOAO GILBERTO(g,vo) JOAO GILBERTO 1973
(563) S.HARRIS(vib)/D.SANCHES(ts)/C. SCOTT(tp) NINETY MILES 2011
(562) JOE PASS(g) & PAULINHO DA COSTA(per) TUDO BEM ! 1978
(561) PAT MARTINO(g) FOOTPRINTS 1975
(560) ANTONIO CARLOS JOBIM(p.g) WAVE 1967
(559) MICHEL PETRUCCIANI(p) & N-H ORSTED PEDERSEN 2009
(558) 関根敏行 TOSHIYUKI SEKINE(p) DANCING 舞 2011
(557) FRANCESCO CAFISO(as) ANGELICA 2009
(556) ERIC ALEXANDER(ts) DON'T FOLLOW THE CROWD 2011
(555) DIANA PANTON(vo) TO BRAZIL WITH LOVE 2011
(554) FRANCESCO CAFISO(as) SEVEN STEPS TO HEAVEN 2006
(553) FERIT ODMAN(ds) AUTUMN IN NEW YORK 2011
(552) MIKE WOFFORD(p) & HOLLY HOFMAN(fl) TURN SIGNAL 2012
(551) ERIC ALEXANDER(ts) SPRIME TIME 2008
(550) SOLID(grp) & SEAMUS BLAKE(ts) VISITOR 2011
(549) MARCUS PRINTUP(tp) HOMAGE 2012
(548) OMER AVITAL(b) LIVE AT SMALLS 2011
(547) FRANCESCO CAFISO(as) HAPPY TIME 2006
(546) ERIC ALEXANDER(ts) CHIM CHIM CHEREE 2010
(545) CARL ALLEN(ds) & RODNEY WHITAKER(b) WORK TO DO 2009
(544) ALLEN TOUSSAINT(p) THE BRIGHT MISSISSIPPI 2009
(543) CARMELL JONES(tp) THE REMARKABLE CARMELL JONES 2011
(542) FRANCESCO CAFISO(as) NEW YORK LULLABY 2006
(541) STEVE GROSSMAN(ts) HOMECOMING 2011
(540) OPUS 5(grp) INTRODUCING OPUS 5 2011
(539) NANCY WILSON(vo) BUT BEAUTIFUL 2010
(538) BEN WOLFE(b) LIVE AT SMALLS 2011
(537) MELISSA ALDANA(ts) FREE FALL 2010
(536) GIGI GRYCE(as) & DONALD BYRD(tp) JAZZ LAB 2010
(535) NGUYEN LE(g) SONG OF FREEDOM 2011
(534) FRANCESCO CAFISO(as) 4 OUT 2010
(533) ONAJE ALLAN GUMBS(p) JUST LIKE YESTERDAY 2011
(532) DAVID BUDWAY(p) A NEW KISS 2011
(531) SEAMUS BLAKE(ts)/[★2011 Best3] LIVE AT SMALLS 2010
(530) PAT METHENY(g) WHAT'S IT ALL ABOUT 2011
(529) ALDO ROMANO(ds) INNER SMILE 2011
(528) LEE KONITZ(as)/BRAD MELDAU(p)/[★2011 Best3] LIVE AT BIRDLAND 2011
(527) MIKE CUOZZU(ts) WITH THE COSTA-BURKE TRIO 2011
(526) PAT MARTINO(g) LIVE AT BLUES ALLEY 2011
(525) 藤陵雅裕 MASAHIRO FUJIOKA(as,ss) MINDSCAPE 2008
(524) 後藤浩二 KOJI GOTO(p) QUIET THRILL 2009
(523) 纐纈歩美 AYUMI KOKETSU(as) DAYBREAK 2011
(522) 田鹿雅裕 MASAHIRO TAJIKA(ds) TAHJI 2011
(521) PRYSM FIVE(grp) LIVE AT OPERA DE LYON 2011
(520) ALAN ZIMMERMAN(p) TRIO 2010
(519) BRUCE BABAD(as) A TRIBUTE TO PAUL DESMOND 2011
(518) BILL McBIRNIE(fl) MERCY 2010
(517) HIGH FIVE(grp) SPLIT KICK 2010
(516) 矢野眞道 MASAMICHI YANO(vo) LIKE A LOVER 2011
(515) ROY AYERS(vib) WEST COAST VIBES (1963Rec) 2011
(514) AARON DIEHL(p)/[★2011 Best3] LIVE AT THE PLAYERS 2010
(513) TOKU(vo,flh) A BRAND-NEW BEGINNING 2006
(512) YAKOV OKUN(p) NEW YORK ENCOUNTER 2011
(511) ROZSNYOI PETER(p) AUTUMN WITCH 2010
(510) 斉田佳子 YOSHIKO SAITA(vo) BON VOYAGE 2007
(509) BENJAMIN DRAZEN(as) INNER FLIGHTS 2010
(508) RUFUS REID(b) HUES OF A DEFFERENT BLUE 2011
(507) 稲葉國光 KUNIMITSU INABA(b) BASSIN' 2010
(506) ENRICO PIERANUNZI LATIN JAZZ QUINTET LIVE AT BIRDLAND 2010
(505) 竹内直 NAO TAKEUCHI(bcl) OBSIDIAN 2010
(504) 原朋尚 TOMONAO HARA(tp) HOT RED 1997
(504) 松島啓之 KEIJI MATSUSHIMA(tp) THE SONG IS YOU 1997
(503) HELEN SUNG(p) GOING EXPRESS 2010
(502) WOLFGANG MUTHSPIEL(g) DRUMFREE 2010
(501) DOUG WEBB(ts) RENOVATIONS 2010

(500) MARIANE BITRAN(fl) & MAKIKO HIRABAYASHI(p) GREY TO BLUE 2008
(499) NNENNA FREELON(vo) HOMEFREE 2010
(498) HAKUEI KIM(p) TRISONIGUE 2011
(497) DAVE HOLLAND(b) PATHWAYS 2009
(496) ABE RABADE(p) ZIGURAT 2010
(495) MAGNUS HJORTH(p) PLASTIC MOON 2010
(494) ERIC HARLAND(ds) VOYAGE LIVE IN NIGHT 2010
(493) KEITH JARRETT(p) & CHARLIE HADEN(b) JASMINE 2010
(492) GIOVANNI MIRABASSI(p) LIVE @THE BLUE NOTE TOKYO 2010
(491) FRED HERSCH(p) WHIRL 2010
(490) KRISTER ANDERSSON(ts) LIVE 2010
(489) YARON HERMAN(p) FOLLOW THE WHITE RWBBIT 2010
(488) 多田誠司 SEIJI TADA(as) LUMINESCENCE 2010
(487) 山中千尋 CHIHIRO YAMANAKA(p) FOREVER 2010
(486) EDEN ATWOOD(vo) LIKE SOMEONE IN LOVE 2010
(485) LARS JANSSON(p) WHAT'S NEW 2010
(484) CELSO FONSECA(vo) SLOW MOTION BOSSA NOVA 2008
(483) 大石学 MANABU OHISHI(p) WISH 2010
(482) KARL OLANDERSSON(tp) PLAYS STANDARDS 2010
(481) 川上さとみ SATOMI KAWAKAMI(p) DIAMONDS 2010
(480) HARRY ALLEN(ts) MEETS TRIO DA PAZ 2007
(479) ERIC ALEXANDER(ts) SUNDAY IN NEW YORK 2005
(478) 嶋津健一 KENICHI SHIMAZU(p) THE COMPOSERS U 2009
(477) 嶋津健一 KENICHI SHIMAZU(p) THE COMPOSERS T 2009
(476) ERIC ALEXANDER(ts) TEMPLE OLYMPIC ZEUS 2007
(475) 小林陽一 YOICHI KOBAYASHI & J. J. M(grp) A NIGHT IN TUNISIA 2010
(474) FAR EAST JAZZ ENSEMBLE(grp) LIVE AT STAR EYES 2010
(473) MARK SOSKIN(p)/[★2010 Best3] MAN BEHIND THE CURTAIN 2009
(472) WALTER SMITH V(ts) LIVE IN PARIS 2009
(471) AARON GOLDBERG(p)/[★2010 Best3] HOME 2010
(470) EMIL VIKLICKY(p) LIVE IN VIENNA 2010
(469) 増田ひろみ HIROMI MASUDA(as) MAYBE SEPTEMBER 2010
(468) DON MENZA(ts) BILEIN 1998
(467) SCOTT HAMILTON(ts) NOCTURNES & SERENADES 2006
(466) JOHN FEDCHOCK(tb) LIVE AT THE RED SEA JAZZ FES 2010
(465) MARC CARY(p)/[★2010 Best3] LIVE 2009 2010
(464) MIKE MELITO(ds) IN THE TRADITION 2008
(463) SCOTT HAMILTON(ts) LIVE AT NEFERTITI 2009
(462) MYRON WALDEN(ts) MOMENTUM 2009
(461) GLADYS KNIGHT(vo) BEFORE ME 2006
(460) 鈴木良雄 YOSHIO SUZUKI(b) MY DEAR PIANISTS 2009
(459) DAVID KIKOSKI(p) LIVE AT SMALLS 2009
(458) JON IRABAGON(as) THE OBSERVER 2009
(457) KURT ROSENWINKEL(g) REFLECTIONS 2009
(456) 富樫雅彦(ds) BALLAD COLLECTION MY WONDERFUL LIFE 2009
(455) MAGNUS HJORTH(p) SOMEDAY Live in Japan 2010
(454) STEVE KUHN(p) MOSTLY COLTRANE 2009
(453) 池田篤 ATSUSHI IKEDA (as) HERE WE ARE 2009
(452) DONNY McCASLIN(ts) RECOMMENDED TOOLS 2008
(451) QUARTETTO TREVI & MAX IONATA(ts) NIGHT WALK 2009
(450) STEVE DAVIS(tb) ELOQUENCE 2009
(449) 与世山澄子 SUMIKO YOSEYAMA(vo)/[★2009 Best3] INTERLUDE 2005
(448) FREDRIK LINDBORG(ts) THE ONE 2009
(447) MANUEL VALERA(p) CURRENTS 2009
(446) HEATH BROTHERS(grp) ENDURANCE 2009
(445) MARCUS PRINTUP(tp) BIRD OF PARADISE 2007
(444) ARI AMBROSE(ts) & STEPHEN RILEY(ts) TENER TREATS TWO 2009
(443) MEETING POINT(grp) SQUINTESSENCE 2008
(442) MATTIAS SVENSSON(b) HEAD UP HIGH 2009
(441) 久米雅之 MASAYUKI KUME(ds) 21 2009
(440) 田中武久 TAKEHISA TANAKA(p) TOO YOUNG 2008
(439) 高橋知己 TOMOKI TAKAHASHI(ts) FEELING GOOD 2009
(438) 岩根直樹 NAOKI IWANE(as) DESERTED ISLAND 2007
(437) JOHN TCHICAI(as)/[★2009 Best3] IN MONK'S MOOD 2009
(436) CHRISTIAN HERLUF PEDERSEN(ts) ALLIANCE 2009
(435) ANDREA MARCELLI(ds) SUNDANCE 2008
(434) CAROL KIDD(vo) DREAMSVILLE 2009
(433) JAMES PEARSON(p) SWING THE CLUB 2009
(432) TED NASH(ts) THE MANCINI PROJECT 2008
(431) MARCUS PRINTUP(tp) LONDON LULLABY 2009
(430) ELIANE ELIAS(p) PLAYS LIVE 2009
(429) RONNIE CUBER(bs) RONNIE 2009
428) 片倉真由子 MAYUKO KATAKURA(p) INSPIRATION 2009
(427) THE MONTEREY QUARTET(grp) LIVE AT THE 2007 MONTEREY 2009
(426) REUBEN WILSON(org) AZURE TE 2009
(425) BOB ALBANSE(p) & IRA SULLIVAN(sax.fl) ONE WAY/DETOUR 2009
(424) CARSTEN DAHL(p) IN OUR OWN SWEET WAY 2009
(423)DONAVAN MURADIAN QUINTET(grp) STRAIGHT AHEAD VOL.2 2009
(422)PETER BEETS(p) FIRST DATE LIVE 2009
(421)大西順子 JUNKO OHNISHI(p) MUSICAL MOMENTS 2009
(420)EDEN ATWOOD(vo) TURN ME LOOSE 2009
(419)COREY WILKES(tp) & ABSTRAKT PULSE CRIES FROM THE GHETTO 2009
(418)渋谷毅(p)&松風鉱一(sax) SHIBUYA TAKESHI&
MATSUKAZE KOICHI
BLUE BLACKの階段 2009
(417)春日宏美 HIROMI KASUGA(p) NEW YORK CALLIN' 2009
(416)KENT LANGTHALER(p) HEAD IN 2009
(415)椎名豊YUTAKA SIINA(p) WALKIN' IN THE CLOUDS 2008
(414)ERIC REED (p) STAND ! 2009
(413)近藤和彦 KAZUHIKO KONDOH(as) SUBSTANCE 2009
(412)MISHA PIATIGORSKY(p) 17 ROOMS 2009
(411)小杉敏 SATOSHI KOSUGI(b) BASS ON TIMES 2009
(410)MAGNUS HJORTH(p)/[★2009 Best3] OLD NEW BORROWED BLUE 2009
(409)RODNEY JONES(g) DREAMS AND STORIES 2005
(408)ERIC ALEXANDER(ts) IT'S ALL IN THE GAME 2006
(407)西山瞳 HITOMI NISHIYAMA(p) MANY SEASONS 2007
(406)Q いしかわ Q ISHIKAWA(ts) IN MY LIFE 2007
(405)KEVIN HAYS(p) YOU'VE GOT A FRIEND 2009
(404)HARRY ALLEN(ts) HERE'S TO ZOOT 1997
(403)HELIO ALVES(p) IT'S CLEAR 2009
(402)CHARLES DAVIS(ts) PLAYS THE MUSIC OF BENT JAEDIG 2008
(401)MONICA BORRFORS(vo) & SWEET JAZZ TRIO REMEMBERING BILLIE 2004

(400)FREDDY COLE(vo) LOVE MAKES THE CHANNGES 1998
(399)ごめんね GO.MENNE(grp) TOKYO NIGHT BEAT 2004
(398)K J B TRIO(grp) NEAR AND FAR 2008
(397)安富祖貴子 TAKAKO AHUSO(vo) MABUI NO UTA 2007
(396)MADS VINDING(b) BUBBLES & BALLADS 2008
(395)平賀マリカ MARIKA HIRAGA(vo) MORE ROMANCE 2008
(394)SCOTT HAMILTON(ts) & BUCKY PIZZARELLI(g) THE RED DOOR 1998
(393)小山太郎 TARO KOYAMA(ds) DRUMGENIC 2005
(392)T M D(grp) CRY ME A RIVER 2006
(391)LONNIE SMITH(org) RISE UP ! 2008
(390)FREDDY COLE(vo) IN THE NAME OF LOVE 2003
(389)赤松敏弘 TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) STREAM OF LIFE 2008
(388)LUIS PERDOMO(p) PATHWAYS 2008
(387)JIMMY McGRIFF(org) & HANK CRAWFORD(as) RIGHT TURN ON BLUE 1994
(386)MISHA PIATIGROSKY(p) HAPPENIN' 2009
(385)JACOB YOFFEE(ts) DEAD RECKONING 2008
(384)越智順子 JUNKO OCHI(vo) I WANT YOU 2005
(383)土岐英史 HIDEHUMI TOKI(as) THE GOOD LIFE 1996
(382)NNENNA FREELON(vo) LIVE 2003
(381)JORIS ROELOFS(as) INTRODUCING 2008
(380)AARON PARKS(p) INVISIBLE CINEMA 2008
(379)DIANNE REEVES(vo) WHEN YOU KNOW 2008
(378)JOHN BUNCH(p) PLAYS IRVING BERLIN 2008
(377)CASSANDRA WILSON(vo) LOVERLY 2008
(376)PATRICIA BARBER(vo,p) THE COLE POTER MIX 2008
(375)BRIAN BLADE(ds) SEASON OF CHANGES 2008
(374)越智順子JUNKO OCHI(vo) JESSE 2001
(373)HARVIE S(b) & KENNY BARRON(p) NOW WAS THE TIME 2008
(372)KENNY WERNER(p) & JENS SONDERGAARD(as) A TIME FOR LOVE 2008
(371)HARRY ALLEN(ts) & JOE COHN(g) STOMPIN' THE BLUES 2008
(370)JAVON JACKSON(ts) ONCE UPON A MELODY 2008
(369)佐々木昭雄 AKIO SASAKI(org) FLY BY NIGHT 2007
(368)SCOTT HAMILTON(ts) ACROSS THE TRACKS 2008
(367)MONTY ALEXANDER(p) IN TOKYO 2004
(366)HARRY ALLEN(ts) & JOE COHN(g) GUYS AND DOLLS 2008
(365)井上陽介 YOHSUKE INOUE(b) STRAIGHT AHEAD 2007
(364)FRANCO CERRI(g) E VENIA DA CAMPI CHE DI CERRI 2008
(363)KENNY WERNER(p) WITH A SONG IN MY HEART 2008
(362)小川高生(as) & 吉田桂一(p)
TAKAO OGAWA(as)&KEIICHI YOSHIDA(p)
INTO SOMEWHERE 2002
(361)ALEX RIEL(ds) LIVE AT STARS 2008
(360)J.A.M.TRIO(grp) JUST A MAESTRO 2008
(359)DENIS DEBLASIO(bs) WHERE THE JADE BUDDHA LIVES 2007
(358)Q.いしかわ Q.ISHIKAWA(ts,vo) Q'S GROOVE 2003
(357)HENRIK GUNDE(p) COMES LOVE 2008
(356)OLIVIER ANTUNES(p) ALICE IN WONDERLAND 2008
(355)MIKE LeDONNE(p) FIVE LIVE 2008
(354)ARI HOENIG(ds) BERT'S PLAYGROUND 2008
(353)土濃塚隆一郎 RYUICHIRO TONOZUKA(flh) TOP GEAR 2008
(352)JOHN HICKS LEGACY BAND(grp) MIND WINE 2008
(351)ALEX GRAHAM(as) BRAND NEW 2008
(350)後藤浩二 KOHJI GOTO(p) HOPE 2007
(349)HIGH FIVE QUINTET(grp) FIVE FOR FUN 2008
(348)牧野竜太郎 RYUTARO MAKINO(vo) RM 2008
(347)TOM HARRELL(tp) LIGHT ON 2007
(346)浅川太平 TAIHEI ASAKAWA(p) TAIHEI ASAKAWA 2007
(345)大隈寿男 TOSHIO OHSUMI(ds) NEW DEAL 2007
(344)海野俊輔 SYUNSUKE UMINO(ds)/[★2008 Best3] BEAUTIFUL FRIENDSHIP 2008
(343)CLAUDIO RODITI(tp) IMPRESSIONS 2008
(342)南博 NIROSHI MINAMI(p) LIKE SOMEONE IN LOVE 2008
(341)JIMMY HEATH(ts) YOU OR ME 1995
(340)DANIELE SCANNAPIECO(ts) LIFE TIME 2008
(339)WHAT'S UP(grp) LOST & FOUND 2008
(338)JUNIOR COOK(ts) ON A MISTY NIGHT 1990
(337)ROB SCHNEIDERMAN(p) GLASS ENCLOSURE 2008
(336)IGNAZ DINNE(as) THE NEXT LEVEL 2008
(335)MARCUS PRINTUP(tp) & EMIL VIKLICKY TRIO 2007
(334)森山浩二 KOHJI MORIYAMA(vo) LIVE AT MISTY 2007
(333)FRANCO AMBROSETTI(tp) THE WIND 2007
(332)FRANCOIS DE RIBAUPIERRE(sax,cl) SHADE OF SILENCE 2007
(331)SUMI TONOOKA(p) LONG AGO TODAY 2005
(330)AHMAD JAMAL(p) IT'S MAGIC 2008
(329)石田幹雄 MIKIO ISHIDA(p) TURKISH MAMBO 2008
(328)ENRICO PIERANUNZI(p) AS NEVER BEFORE 2008
(327)BOBBY WATSON(as) YOUNG AT HEART 2007
(326)5人の女 5 FEMALE VOCALISTS(vo) BODY & SOUL 2007
(325)CHARLES LLOYD(ts) RABO DE NUDE 2008
(324)PIERRICK PEDRON(as)/[★2008 Best3] DEEP IN A DREAM 2006
(323)TOM SCOTT(as) CANNON DE LOADED 2008
(322)HERBIE HANCOCK(p) RIVER the joni letters 2007
(321)PETER CINCOTTI(vo) EAST OF ANGEL TOWN 2007
(320)ASEN DOYKIN(p) MEANDERING ROAD 2007
(319)北川潔KIYOSI KITAGAWA(b) I'M STILL HERE 2007
(318) BOB DEVOS(g)/[★2008 Best3] PLAYING FOR KEEPS 2007
(317) OVE INGEMARSSON(ts) HEART OF THE MATTER 1995
(316) MICHAEL COCHRANE(p) RIGHT NOW 2007
(315) 太田朱美 AKEMI OHTA(fl) RISK FACTOR 2007
(314) JOHN LAW(p) THE ART OF SOUND VOL.1 2007
(313) ANDREAS GIDLUND(ts) PRESS PLAY PLEASE 2007
(312) KAREL BOEHLEE(p) AT THE BEAUFORTHUIS 2007
(311) STEFANO DI BATTISTA(sax) TROUBLE SHOOTIN' 2007
(310) 出口誠MAKOTO DEGUCHI(p) WILL 2005
(309) WILL BOULWARE(p) SUMMERTIME 2007
(308) DAVID SILLS(sax) GREEN 2007
(307) ANTONIO SANCHEZ MIGRATION 2007
(306) IDEA 6 STEPPIN' OUT 2007
(305) DAG ARNESEN(p) NORWEGIAN SONG 2007
(304)KALMAN OLAH(p) ALWAYS 2007
(303)BENN CLATWORTHY(ts)&THEO SAUNDERS(p) LIVE AT CHARLIE O'S JAZZ CLUB 2007
(302)MUNUEL ROCHEMAN(p) DANCE CACTUS 2007
(301)GEORGE GARZONE(ts) NIGHT OF MY BELOVED 2007

(300)MARINANO DIAZ(p)/[★2007 Best3] PLAN B 2007
(299)鈴木良雄 YOSHIO SUZUKI(b) FOR YOU 2007
(298)FREDRIK KRONKVIST(as)/[★2007 Best3] IGNITION 2007
(297)STEVE KUHN(p) LIVE AT BIRDLAND 2007
(296)MICHAEL BRECKER(ts) PILGRIMAGE 2007
(295)AVISHAI COHEN(b) AS IS...LIVE AT THE BLUE NOTE 2007
(294)LARRY HAM(p) CAROUSEL 2007
(293)BILL CHARLAP(p) LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 2007
(292)MARTIN BEJERANO(p)/[★2007 Best3] EVOLUTION/REVOLUTION 2006
(291)ZSOLT KALTENECKER(p) WINTER'S TALE 2007
(290)ANDY MARTIN(tb) / JAN LUNDGREN(p) HOW ABOUT YOU ? 2006
(289)FRANK MORGAN(as) A NIGHT IN THE LIFE 2007
(288)HAL GALPER(p) FURIOUS RUBATO 2007
(287)BRUCE JACKSON(ds) DON'T SLEEP ON YOUR DREAMS 2006
(286)ROBERT GLASPER(p) IN MY ELEMENT 2007
(285)MICHEL BISCEGLIA(p) INNER YOU 2007
(284)ADAM ROGERS(g) TIME AND THE INFINITE 2007
(283)JOE LA BARBERA(ds) NATIVE LAND 2005
(282)PAT METHENY(g) & BRAD MEHLDAU(p) QUARTET 2007
(281)CHANO DOMINGUEZ(p) ACERCATE MAS 2006
(280)WYNTON MARSALIS(tp) LIVE AT THE HOUSE OF TRIBES 2005
(279)CHARLES TOLLIVER(tp) BIG BAND WITH LOVE 2006
(278)SERGI SIRVENT(p) & SANTI CARETA(g) ANACRONICS 2006
(277)ANDREW HILL(p) TIME LINES 2006
(276)ALAN BARNES(as) & SCOTT HAMILTON(ts) WITH THE DAVID NEWTON TRIO 2006
(275)EDWARD SIMON(p) UNICITY 2006
(274)DONAVAN(ds) & MURADIAN(b) QUINTET(grp) DMQ LIVE 2006
(273)BOB MINTZER(ts) IN THE MOMENT 2006
(272)SEBASTIEN JARROUSSE(ts)&OLIVIER ROBIN(b) TRIBULATION 2005
(271)DAVE HOLLAND(b) CRITICAL MASS 2006
(270)THE GREAT JAZZ TRIO HANK JONES(p) STELLA BY STARLIGHT 2006
(269)GEORGE BENSON(g,vo) & AL JARREAU(vo) GIVIN' IT UP 2006
(268)DAVID BINNEY(as) CITIES AND DESIRE 2006
(267)大野エリ ERI OHNO(vo) SWEET LOVE 2006
(266)JED LEVY(ts) GATEWAY 2006
(265)DANNY GRISSETT(p) PROMISE 2006
(264)BRANFORD MARSALIS(ts) BRAGGTOWN 2006
(263)JOE LOCKE(vib) & GEOFFREY KEEZER(p) LIVE IN SEATTLE 2006
(262)KASPER VILLAUME(p) FOOTPRINTS 2006
(261)DAVID KIKOSKI(p) LIMITS 2006
(260)CHRISTIAN McBRIDE(b) NEW YORK TIME 2006
(259)HANK JONES(p) & FRANK WESS(ts,fl) HANK & WESS 2006
(258)PAT METHENY(g) & BRAD MEHLDAU(p)/[★2006 Best3] METHENY & MEHLDAU 2006
(257)BILLY HART(ds)/[★2006 Best3] QUARTET 2006
(256)池長一美・K J B TRIO(grp) A CLOSER LOOK 2006
(255)RUUD BRINK(ts) & IRV ROCHILIN(p) WHERE OR WHEN 2003
(254)FIVE PLAY(grp) FIVE PLAY...PLUS 2004
(253)SONNY FORTUNE(as) GREAT FRIENDS 2003
(252)CHRISTIAN JACOB(p) CONTRADICTIONS 2006
(251)BOB REYNOLDS(ts) CAN'T WAIT FOR PERFECT 2006
(250)OMER AVITAL(b) THE ANCIENT ART OF GIVING 2006
(249)RALE MICIC(g) SERBIA 2006
(248)EDDIE HENDERSON(tp) PRECIOUS MOMENT 2006
(247)MATT PENMAN(b) THE UNQUIET 2002
(246)MARCUS STRICKLAND(ts) TWI-LIFE 2006
(245)JACQUES SCHOLS(b) WHAT IS THERE TO SAY 2002
(244)JORIS TEEPE(b) GOING DUTCH 2004
(243)MARIELLE KOEMAN(vo) & JOS VAN BEEST(p) BETWEEN YOU AND ME 2004
(242)鈴木道子 MICHIKO SUZUKI(vo) SWEET & BITTER 2004
(241)PIM JACOBS(p) & RUUD BRINK(ts) JUST FRIENDS 2006
(240)AVISHAI CHOEN(b) CONTINUO 2006
(239)BRAD MEHLDAU(p) HOUSE ON HILL 2006
(238)KEVIN HAYS(p) FOR HEAVEN'S SAKE 2006
(237)JERRY BERGONZI(ts) TENOR OF THE TIMES 2006
(236)HELGE LIEN(p) TO THE LITTLE RADIO 2006
(235)江藤良人 YOSHITO ETOH(ds) RAY 2005
(234)DON FRIEDMAN(p) MY FOOLISH HEART 2003
(233)MACIEJ SIKAFA(ts) ANOTHER ONE FOR ... 2003
(232)BOB ROCKWELL(ts) BLACK JACK 2006
(231)RYAN KISOR(tp) ON THE ONE 1993
(230)RALPH MOORE(ts) 'ROUND TRIP 1985
(229)BUNKEY GREEN(as) ANOTHER PLACE 2006
(228)STEPHANE FURIC(b) MUSIC FOR 3 2003
(227)HELEN SUNG(p) HELENISTIQUE 2005
(226)KELLY JOHNSON(vo) MUSIC IS THE MAGIC 2005
(225)CARLO MILANESE(ds) INTERMISSION 2005
(224)GEOFFREY KEEZER(p) TRIO 1993
(223)MICHAEL CARVIN(ds)/[★2006 Best3] MARSLIS MUSIC HONORS SERIES 2006
(222)BARBARA CARROLL(p) SENTIMENTAL MOOD 2006
(221)GEORGE ESSIHOS(p) EXTRAORDINARY MEASURES 1995
(220)ANTONIO FARAO(p) TAKES ON PASOLINI 2005
(219)VICTOR GOINES(ts) NEW ADVENTURES 2006
(218)KLEMENS MARKTL(ds) OCEAN AVENUE 2005
(217)RANDY BRECKER(tp)&MICHAEL BRECKER(ts) SOME SKUNK FUNK 2005
(216)FERNANDO HUERGO(b) JAZZ ARGENTINO 2002
(215)DAVID LIEBMAN(ts) LIEB PLAYS WILDER 2005
(214)KASPER VILLAUME(p) HANDS 2005
(213)RICK GERMANSON(p) YOU TELL ME 2005
(212)GORDON BECK(p) SEVEN STEP TO HEAVEN 2005
(211)GERARD HAGEN(p) FAR HORIZONS 1998
(210)CHRIS CHEEK(ts) BLUE CRUISE 2005
(209)GIOVANNI MIRABASSI(p) PRIMA O POI 2005
(208)北川潔KIYOSHI KITAGAWA(b) PRAYER 2005
(207)GERALD WILSON ORCHESTRA IN MY TIME 2005
(206)PETER FESSLER(vo,g) LOVERS, FOOLS & DREAMERS 2004
(205)三輪洋子 YOKO MIWA(p) CANOPY OF STARS 2005
(204)SONNY ROLLINS(ts) WITHOUT A SONG 2005
(203)MARC JOHNSON(b) SHADES OF JADE 2005
(202)BRAD MEHDAU(p) DAY IS DONE 2005
(201)ROBERT GLASPER(p) CANVAS 2005

(200)JIMMY HALPERIN(ts) EAST OF THE SUN 2005
(199)ERIC ALEXANDER(ts)&VINCENT HERRING(as) THE BATTLE LIVE AT SMOKE 2005
(198)AD COLEN(ts) BITTER BUT SWEET 2005
(197)JAKOB DINESEN(ts) LADY WITH A SECRET 2005
(196)辛島文雄 FUMIO KARASHIMA(p) IT'S JUST BEGINNING 2004
(195)FRANK MORGAN(as) RAISING THE STANDARD 2005
(194)FABRICE ALLEMAN(sax) LOOP THE LOOP 1998
(193)ALEX RIEL(ds) WHAT HAPPENED ? 2005
(192)PETER PEUKER(as) SKYLARK 2003
(191)RONNY JOHANSSON(p) TENDERLY 2004
(190)HAN BENNINK(ds) HOME SAFELY 2003
(189)JOE LOVANO(ts) JOYOUS ENCOUNTER 2005
(188)ALDO ROMANO(ds) THE JAZZPAR PRIZE 2004
(187)RALPH REICHERT(ts) REFLECTIONS 2004
(186)STEFANO BOLLANI(p) GLEDA 2004
(185)池長一美(ds) KJB TRIO OPENINGS 2004
(184)澤田一範 KAZUNORI SAWADA(as)&小川高生 TAKAO OGAWA(as) COOL BLUES 2005
(183)CHARLES LLOYD(ts) JUMPING THE CREEK 2005
(182)KURT ROSENWINKEL(g)/[★2005 Best3] DEEP SONG 2005
(181)KASPER VILLAUME(p) 117 DITMAS AVENUE 2004
(180)SAM RIVERS(ts) PURPLE VIOLETS 2005
(179)McCOY TYNER(p) ILLUMINATIONS 2004
(178)ROY HAYNES(ds)/[★2005 Best3] FOUNTAIN OF YOUTH 2004
(177)DON BYRON(cl) IVEY-DIVEY 2004
(176)HIGH FIVE QUINTET(grp) JAZZ DESIRE 2004
(175)MIKE LEDONNE(org) SMOKIN' OUT LOUD 2004
(174)FRANK MORGAN(as) CITY NIGHTS 2004
(173)BENJAMIN HERMAN(as) HETEROGENEITY 2004
(172)URI CAINE(p)/[★2005 Best3] LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 2004
(171)LARS MOLLER(ts) JAZZPAR CONCERTS 2003 2004
(170)DENNY ZEITLIN(p) SLICKROCK 2004
(169)CHRISTIAN JACOB(p) STYNE & MINE 2004
(168)GIOVANNI MIRABASSI(p) & ANDRZEJ JAGODZINSKI TRIO 2004
(167)DAVID SANBORN(as) CLOSER 2004
(166)OLIVIER ANTUNES(p) INTRODUCING 2003
(165)TRIOSCOPE(grp) TRIOSCOPE 2004
(164)JOSE ALBERT MEDINA(p) FIRST PORTRAIT 2004
(163)JOE LOCKE(vib) & GEOFF KEEZER(p) SUMMER KNOWS 2004
(162)BRANFORD MARSALIS(sax) ETERNAL 2004
(161)ARI HOENIG(ds) THE PAINTER 2004
(160)MARC COPLAND(p) HAUNTED HEART & OTHER BALLADS 2002
(159)JESSICA WILLIAMS(p) LIVE AT YOSHI'S 2004
(158)JESPER BODILSEN(b) MI RITORNI IN MENTE 2003
(157)PHAROAH SANDERS(ts)/[★2004 Best3] THE CREATOR HAS A MASTER PLAN 2003
(156)HARRI IHANUS(g) EYE OPENER 2004
(155)ALBERT SANZ(p) LOS GUYS 2004
(154)THIERRY LANG(p) REFRECTIONS V 2004
(153)DON FRIEDMAN(p) TIMELESS 2004
(152)KAREL BOEHLEE(p) DEAR OLD STOCKHOLM 2004
(151)MULGREW MILLER(p) LIVE AT YOSHI'S 2004
(150)ROBERT GLASPER(p) MOOD 2003
(149)MONCEF GENOUD(p) TIME IN CAROUGE 2004
(148)CHRIS POTTER(ts)/[★2004 Best3] LIFT 2004
(147)三輪洋子 YOKO MIWA(p) FADELESS FLOWER 2003
(146)ALAN PASQUA(p) BODY & SOUL 2004
(145)RODNEY WHITAKER(b) WINTER MOON 2004
(144)JACKY TERRASSON(p) SMILE 2002
(143)JOS VAN BEEST(p) SWINGIN' SOFTLY 2004
(142)THIERRY LANG(p) REFLECTIONS U 2004
(141)BRAD MEHLDAU(p) ANYTHING GOES 2004
(140)JOE SAMPLE(p) THE PECAN TREE 2002
(139)MOUTIN REUNION QUARTET(grp) RED MOON 2003
(138)EUGENE MASLOV(p) THE FUSE IS LIT 2002
(137)MICHAEL BUBLE(vo) MICHAEL BUBLE 2003
(136)土濃塚隆一郎 RYUICHIRO TONOZUKA(fhn) RUSH TONE 2003
(135)JEAN-MICHEL PILC(p) WELCOME HOME 2002
(134)上原ひろみ HIROMI UEHARA(p) ANOTHER MIND 2003
(133)CHARLES McPHERSON(as) COME PLAY WITH ME 1995
(132)PERICO SAMBEAT(as,ss)/[★2004 Best3] FRIENDSHIP 2003
(131)JAMES CARTER(sax.cla) GARDENIAS FOR LADY DAY 2003
(130)RICARDO BELDA(p) MY IDEAL 2003
(129)JOHN HARRISON(p) ROMAN SUN 2001
(128)THIERRY LANG(p) REFLECTIONS T 2003
(127)JAN LUNDGREN(p) LANDSCAPES 2003
(126)JOHN TROPEA STANDARD INFLUENCE 2003
(125)JURAJ STANIK(p) SHAKEN NOT STIRRED 2003
(124)MILLER.PETRUCCIANI.LAGRENE..WHITE..GARRETT DREYFUS NIGHT IN PARIS 2003
(123)SERGE FORTE(p) LA VIE EN BLEU 2001
(122)JOCHEN BALDES(ts) SUBNODER OSMOTIC JAZZ 2003
(121)RANDY PORTER(p) EIGHT LITTLE FEET 2000
(120)CHRISTIAN LAVIGNE(p) FLOWING 2000
(119)AD COLEN(ts) EYES WIDE OPEN 2000
(118)渡辺貞夫 SADAO WATANABE(as) WHEEL OF LIFE 2003
(117)BILL MAYS(p) GOING HOME 2003
(116)TED BROWN(ts) PRESERVATION 2003
(115)PETER BERNSTEIN(g) HERT'T CONTENT 2002
(114)ANTONIO FARAO(p) FAR OUT 2003
(113)川嶋哲朗 TETSURO KAWASHIMA(ts) TRUE EYES 2003
(112)TORD GUSTAVSEN(p) CHANGING PLACES 2003
(111)山中千尋CHIHIRO YAMANAKA(p) WHEN OCTOBER GOES 2002
(110)IVAN PADUART(p) LIVE 2001
(109)WAYNE SHORTER(sax) ALEGRIA 2003
(108)JOEL WEISKOPF(p)/[★2003 Best3] CHANGE IN MY LIFE 2002
(107)GEORGE GARZONE(ts)&BEN BESIAKOV(p)/[★2003 Best3] HEY WHY DON'T WE PLAY 2002
(106)JAKOB DINESEN(ts)&KURT ROSENWINKEL(g)/[★2003 Best3] EVERYTHING WILL BE ALL RIGHT 2002
(105)IVAN PADUART(p)&RICK MARGITZA(ts) STILL 2002
(104)CUES TRIO&DAVID LIEBMAN(sax) FEEL 2002
(103)MONCEF GENOUD(p) THE MEETING BOB BERG 1999
(102)STEFANO DI BATTISTA(as) 'ROUND ABOUT ROMA 2002
(101)MULGREW MILLER(p) THE SEQUEL 2002

(100)CHARLES LLOYD(ts) LIFT EVERY VOICE 2002
(99)DAVE PECK(p) OUT OF SEATTLE 2002
(98)JOE MARTIN(b) PASSAGE 2002
(97)CURTIS LUNDY(b) PURPOSE 2002
(96)GEORGE COLLIGAN(p) ULTIMATUM 2002
(95)CODY MOFFETT(ds) MY FAVORITE THINGS 2002
(94)CHRIS CHEEK(ts)/[★2002 Best3] GUILTY & LAZY AFTERNOON 2002
(93)SONNY SIMMONS(as) MIXOLYDIS 2002
(92)RUSSELL GUNN(tp)/[★2002 Best3] BLUE ON THE D.L 2002
(91)DOMENICO CAPEZZUTO(p) PICCOLA LUCE 2001
(90)BILLY COBHAM(ds) THE ART OF THREE 2001
(89)DAVE HOLLAND(b) NOT FOR NOTHIN' 2001
(88)CHARLIE HADEN(b) NOCTURNE 2001
(87)DAVID BENOIT(p) GREAT COMPOSERS OF JAZZ 2001
(86)JOS VAN BEEST(p) EVERYTHING FOR YOU 2001
(85)KURT ELLING(vo) FLIRTING WITH TWILIGHT 2001
(84)KENNY BARRON(p)&REGINA CARTER(vln) FREEFALL 2001
(83)ANTONIO HART(as) AMA TU SONRISA 2001
(82)PETER BEETS(p) NEW YORK TRIO 2001
(81)BENNIE WALLACE(ts) MOODSVILLE 2001
(80)HARRY ALLEN(ts) COLE POTER SONGBOOK 2001
(79)LARRY SCHNEIDER(ts) JAZZ 2001
(78)三輪洋子 YOKO MIWA(p) IN THE MIST OF TIME 2001
(77)BILL CHARLAP(p) BLUES IN THE NIGHT 2001
(76)川嶋哲朗 TETSURO KAWASHIMA(ts) YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS 2001
(75)BEN BESIAKOV(p) AVIATION 2001
(74)ARTHUR BLYTHE(ts) BLYTHE BYTE 2001
(73)MARK TURNER(ts) DHARMA DAYS 2001
(72)JOHN PIZZARELLI(vo,g) LET THERE BE LOVE 2001
(71)CARLA COOK(vo) DEM BONES 2001
(70)TERENCE BLANCHARD(tp) LET'S GET LOST 2001
(69)WARRENVACHE(co)&BILL CHARLAP(p) 2GETHER 2001
(68)ERIC REED(p) HAPPINESS 2001
(67)JACKY TERRASSON(p) A PARIS... 2001
(66)RAY BROWN(b) LIVE AT STARBUCKS 2001
(65)RYAN KISOR(tp) KISOR U 2001
(64)川嶋哲朗 TETSURO KAWASHIMA(sax) EMOTION 2001
(63)MARLENE ROSENBERG(b) PIECES OF ・・・ 2000
(62)THE WINNERS(grp)/[★2001Best3] LIVE AT THE DOLDER GRAND HOTEL 2000
(61)DAWN THOMSON(vo,g) A TRIBUTE TO A.C.JOBIM 2000
(60)BOBBY WATSON(as)/[★2001Best3] IN THE GROOVE 2000
(59)大野智子 TOMOKO OHNO(P) NATURAL WOMAN 2000
(58)STEFANO DI BATTISTA(as,ss) STEFANO DI BATTISTA 2000
(57)DAVID SANBORN(as) INSIDE 2000
(56)DIDIER LOCKWOOD(vln) TRIBUTE TO STEPHANE GRAPPELLI 2000
(55)KEITH JARRETT(p) WHISPER NOT 2000
(54)THE ALEX BLAKE (b) NOW IS THE TIME 2000
(53)寺井尚子 NAOKO TERAI(vln) PRINCESS T 2000
(52)CHET BAKER(tp) THIS TIME THE DREAM'S ON ME 2000
(51)川嶋哲朗 TETSURO KAWASHIMA(ts,ss) MY SOUL 2000
(50)MARION BROWN(as)/[★2000 Best3] ECHOES OF BLUE 2000
(49)BILLY HARPER(ts) SOUL ON AN ANGEL 2000
(48)RON CARTER(b) WHEN SKIES ARE GREY... 2000
(47)RICK MARGITZA(ts,ss) HEART OF HEARTS 2000
(46)FLEURINE(vo) & MEHLDAU(p)/[★2000 Best3] CLOSE ENOUGH FOR LOVE 2000
(45)RUSSELL GUNN(tp) SMOKINGGUN 2000
(44)JIMMY SCOTT(vo) MOOD INDIGO 2000
(43)THE JAZZTIMES SUPERBAND(grp) THE JAZZTMES SUPERBAND 2000
(42)JOEY CALDERAZZO(p) JOEY CALDERAZZO 2000
(41)ROY HARGROVE(tp)/[★2000 Best3] MOMENT TO MOMENT 2000
(40)ケイ赤城 KEI AKAGI(p) VIEWPOINT 2000
(39)JIMMY SCOTT(vo) HOLDING BACK THE YEARS 2000
(38)SARAH JANE CION(p) MOON SONG 2000
(37)DAVE DOUGLAS(tp) SOUL ON SOUL 2000
(36)GREG OSBY(as,cl) THE INVISIBLE HAND 2000
(35)BRAD MEHLDAU(p) ELEGLAC CYCLE 1999
(34)KENNY WHEELER(cr) STILL WATERS 1999
(33)GEORGE GARZONE(ts) MOODIOLOGY 1999
(32)JACOB CHRISTOFFERSEN(p) JAZZXPERIENCE 1999
(31)大野智子 TOMOKO OHNO(p) AFFIRMATION 1999
(30)TOM HARRELL(tp) TIME'S MIRROR 1999
(29)大野雄二 YUJI OHNO(P) LUPIN THE THIRD 1999
(28)秋吉敏子 TOSHIKO AKIYOSHI(P)/[★1999 Best3] SKETCHES OF JAPAN 1999
(27)寺井尚子 NAOKO TERAI(vln) PURE MOMENT 1999
(26)NEW DIRECTIONS(grp) NEW DIRECTIONS 1999
(25)川島哲郎 TETSURO KAWASHIMA(grp) DO IT 1999
(24)MICHEL PETRUCCIANI(p) TRIO IN TOKYO 1999
(23)RODNEY WHITAKER(b) BALLAS AND BLUES 1999
(22)DUSKO GOYKOVICH(tp) EUROPEAN DREAM 1999
(21)STEVE GROSSMAN(ts) QUARTET  1999
(20)寺井尚子 NAOKO TERAI(vln) THINKING OF YOU 1999
(19)MADS VINDING(b) DADDIO DON 1999
(18)CHARLES LLOYD(ts) VOICE IN THE NIGHT 1999
(17)MICHEL PETRUCCIANI(p) SOLO LIVE 1998
(16)BOB ROCKWELL(ts) AFTER HOURS 1998
(15)PHILIP CATHERINE(g) GUITAR GROOVE 1998
(14)JAZZ WORKSHOP(grp) PANDORA 1998
(13)KEVIN MAHOGANY(vo) MY ROMANCE 1998
(12)SPIRIT OF LIFE ENSEMBLE(grp) SONG FOR MY FATHER  1998
(11)KENNY BARRON(p) SPHERE 1998
(10)LEE KONITZ(as) JAZZ NOCTURNE 1998
(9)岡安芳明 YOSHIAKI  OKAYASU(g) GENTLE MOODS 1997
(8)DAVE McCKENNA(p)&BUDDY DeFRANCO(cl) YOU MUST BILEIVE IN SWING 1997
(7)JOE LOVANO(ts) CELEBRATING SINATRA 1997
(6)MATRIX(grp) IN THE MIDNIGHT 1997
(5)ケイコ・リー KEIKO LEE(vo) BEATIFUL LOVE 1997
(4)GARY BARTZ(as) THE GOES THE NEIGHBORHOOD 1997
(3)BOB BERG(ts) ANOTHER STANDARD 1997
(2)MIKE STERN(g) GIVE AND TAKE 1997
(1)ED THIGPEN(ds) THREE IMPACTS 1997


1-60 61-120 121-180 181-240 241-300
301-360 361-420 421-480 481-540 541-600
601-660


くつろぎ系 初心者の人や、疲れ気味の人におすすめです。
まじめ系 ジャズをしっかりと聴きたい人におすすめです。
中間系 そのどちらでもない人とそのどちらかの人向きです。


注:発売年順に並んでいます。

PLAYER(演奏者)          TITLE(題名)




(792) JESPER LUNDGAARD TRIO / 2016


jesper lundgaard(b), hans ulrik(ts), niclas knudsen(g)
2016/Storyville/


 1  K.B.Blues (J.Lundgaard)
 2  Walking In Circles (H.Urlik)
 3  The Meeting (H.Urlik)
 4  The Meaning Of The Blues (B.Troup)
 5  Three Birds In Paris (H.Urlik)
 6  Doug (J.Lundgaard)
 7  Stafet (H.Urlik)
 8  Vals Fra Norrebro (N.Knudsen)
 9  Naima(J.Coltrane)
 10  Waltz For K (J.Lundgaard)


イェスパー・ルンゴーはデンマークを代表するベーシストです。
特にアレックス・リール(ds)とのコンビには定評があってこの二人の共演は間違いありません。
昨年のベスト3にはエンリコ・ピエラヌンチ(p)とのトリオ盤を上げました。

さてハンス・ウーリック(ts)とニクラス・クヌーセン(g)とのこのトリオは2004年に結成されたようです。
もう10年以上になるのでお互いの気心は知れています。
ベース、テナー・サックス、ギターの組み合わせは珍しいかもしれませんね。
ルンゴーは柔らかくフレキシブルな奏法でどんなサウンドにも自在に反応します。
ウーリックとクヌーセンはゴリゴリの硬派なプレイヤーなので「どんなもんか?」と手が伸びました。

全10曲はメンバーのオリジナル8曲とその他2曲の構成です。
全体的に強いブルース・フィーリングが漂っています。
3人3様に「これでもか!」とグイグイとくるところがあって3者のぶつかり合いが刺激的です。
トリオにしては至極重厚な仕上がりになっています。
強靭なベース・プレイを聴かせるルンゴーはアルコ・プレイも凄いです。
これほど豪快なルンゴーを初めて見ました。
まず聴きどころはよく知られたボビー・トループの(4)とジョン・コルトレーンの(9)になると思います。
オリジナルではウーリックの(5)とルンゴーの(6)がお気に入りになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(791) DAVID GILMORE QUINTET / TRANSITIONS


david gilmore(g), mark shim(ts),
victor gould(p), carlo derosa(b), e.j.strickland(ds),
gregoire maret(harmonica)(4), bill ware(vib)(8)
2017/Criss Cross/


 1  End Of Daze (D.Gilmore)
 2  Beyond All Limits (W.Shaw)
 3  Blues Mind Matter (B.Hutcherson)
 4  Blusette (T.Thielemans)
 5  Both (A.Peacock)
 6  Spontanuity (D.Gilmore)
 7  Kid Logic (V.Bailey)
 8  Farralone (B.Hutherson)
 9  Nem Un Talvez(H.Pascoal)


デヴィッド・ギルモア(g)はM-Base派ですね。
スティーヴ・コールマン(as)&ファイブ・エレメンツの一員でした。
共演のマーク・シム(ts)もその流れのサックス奏者です。
ちなみにその一派で重要なのは前述のスティーブ・コールマン(as)、グレッグ・オスビー(as)、
ジェリ・アレン(p)、ゲイリー・トーマス(ts)、カサンドラ・ウィルソン(vo)らがいます。
私が一番好きなのはゲイリー・トーマスです。

久々にM-Base派のジャズを聴きましたが面白かったです。
未だに新鮮さは失っていないと同時に聴き易くなっていると思います。
先進的で頭でっかちなところもあったけれどだいぶ丸くなってきています。
最近は聴き易いものばかりを聴いていたのでもの凄く新鮮で毎日愛聴していました。
今週のもう一枚もサム・リバース(ts)なのでジャズにどっぷり浸かった気がします。
待望の春を迎えて気分も元気になっているのかもしれません。

どの曲も良かったけれど好みではボビー・ハッチャーソン(vib)の(3)と(8)が出色でした。
展開やリズムに工夫が見られる(6)や(7)もお気に入りになりました。
ゲストがハーモニカとヴァイブというのもよく考えられた選択だと思います。
アルバムの流れに変化が出て曲想も多彩で飽きさせません。
演奏内容も素晴らしく構成もよく考えられている・・・今年聴いた中では一番いいかな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(790) GERRY MULLIGAN / NATIONAL JAZZ ENSEMBLE
Directed By Chuck Israels


conducter & music director: chuck israels
guest soloist: gerry mulligan(bs)
reeds: arnie lawrence, lawrence feldman, greg herbert, dennis anderson, kenny berger
trumpets: jimmy maxwell, wayman reed, mike lawrence, david berger
trombones: jimmy knepper, rod levitt, sam burtis
rhythm section: steve brown, bill dobbins, steve gilmore, bill goodwin
vocal: margot hanson

2016(1977Rec)/Dot Time Records/


 1  Back At The Barn (Mulligan)
 2  Walkin' Shoes (Mulligan)
 3  Israel (Carisi)
 4  Evidence (Monk)
 5  Bird Tapestry (Parker)
 6  Creole Love Call (Ellington)
 7  Thruway (Mulligan)
 8   Idol Gossip (Mulligan)
 9  Ballade (Mulligan)


1977年録音の発掘音源盤です。
チャック・イスラエル(b)が率いた「ナショナル・ジャズ・アンサンブル」にジェリー・マリガン(bs)が客演したもの。
イスラエルが録音していたので日の目を見ることが出来ました。
正直、いまさらという思いもしましたが結局マリガンという名前に引かれました。

私はジェリー・マリガンからモダン・ジャズの世界に入ったのでマリガンには特別の思い入れがあります。
16歳の高校2年生・・・マリガンからウエスト・コースト・ジャズにどっぷりとハマりました。
2年くらいは東方面のレコードは買わなかったほどです。
そんなこともあってマリガンのLPとCDを合わせると個別プレイヤーでは一番多いと思います。
マリガンは1927年生まれ、17歳ですでにクロード・ソーンヒル楽団に楽曲やアレンジを提供していて、
当時のジャズ・天才少年の一人です。
1940年代末にはマイル・デイビス・コンボで名盤「クールの誕生」に参加しています。
先進のジャズメンの一人だったわけですね。
1950年代には西海岸に移りチェット・ベイカー(tp)とのピアノレス・カルテットで大人気になりました。
映画「真夏の夜のジャズ」のマリガンは本当にカッコ良かったです。
それまでは裏方だったバリトン・サックスを表舞台に出した功績もあります。
マリガンは1996年、68歳で亡くなっています。

さて今作はマリガンが50歳の時の録音でまさに脂がのっている時の作品です。
マリガン自身が5曲を提供していて水を得た魚のように堂々と演奏しています。
マリガン自身がビック・バンドを結成したほどマリガンのビック・バンドに対するこだわりは凄い。
まぁ〜、お手のものというか、この時とばかりにという感じですかね。
(2)「Walkin' Shoes」はマリガン初期の傑作で手慣れたプレイを聴かせてくれました。
ソロはもちろんですが絶妙なバッキングにも注目しました。
マリガン抜きの(4)、(5)、(6)の3曲は斬新なアレンジが聴きどころになります。
ビル・エバンス(p)・トリオで名を上げたチャック・イスラエルの才能も大したものです。
ビック・バンド・ファンにもお勧めです。
録音はちょっとこもるというか遠い感じがしました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(789) DOMINICK FARINACCI QUARTET & QUINTET / SOUNDS IN MY LIFE


dominick farinacci(tp)
,
片倉真由子(p), 中村恭士(b),
carmen intorre jr(ds)
stacy dillard(ts)(1,4,7,10)

2006/M&I/


 1  The Thing To Do (J.Heath)
 2  Flamenco Sketches (M.Davis)
 3  What Is This Thing Called Love (C.Poter)
 4  The Pursuit (D.Farinacci)
 5  I Can't Get Started (V.duke)
 6  Visions (D.Farinacci)
 7  Peyote (B.Maupin)
 8   My Funny Valentine (R.Rodgers)
 9  Memories (C.Intorre.Jr)
 10  Mona's Mood (J.Heath)


ドミニク・ファリナッチ(tp)も収集対象です。
ライアン・カイザー(tp)と対で聴くことが多いかな。
ちょうどテナー・サックスにおけるエリック・アレキサンダーとハリー・アレンのような関係。
片方を聴くとなぜかもう一方も聴きたくなります。
Hot&Cool、硬と柔、動と静、暴れん坊と優等生・・・みたいな感じで興味深いです。

ファリナッチは抜群のテクニックの持ち主で柔らかく高らかに鳴り響く音色が素晴らしいです。
ここでのファリナッチも相変わらず実に端正で真面目です。
キッチリと一音も外していない感じがしました。
良くも悪くもこれがファリナッチの持ち味で個性と言えます。
そんなリーダーの意向を汲んでメンバーも確実にプレイしています。

演目を見てみると最初と最後にジミー・ヒース(ts)の曲を配しているのが目に付きました。
なんかこれだけで「いいアルバムに違いない」と思ってしまいました。
ファリナッチにはバラードがよく似合う・・・(8)「My Funny Valentine」のミュート・プレイに痺れた。
(4)「What Is This Thing Called Love」も良かった。
随所で輝きを見せる片倉真由子さんのピアノにも注目です。

余談ですがジャケットの片倉さんの名前が「Miyako Katakura」になっています。
先日ライブ・ハウスで片倉さんに聞いてみたところ単なる間違いだそうです。
日本人なら「まゆこ」を「みやこ」に間違えないけど外人には同じように聞こえるのかもしれませんね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)


ちなみに先日のオフ会「CD聴きの会」にファリナッチを持っていきました。

*DOMINICK FARINACCI QUARTET & QUINTET / DAWN OF GOODBYE (2012)



柔らかなトランペットの音色が素晴らしくて癒されます。
ジャズ仲間の評判も上々でした。




(788) LORENZO TUCCI TRIO & QUARTET / SPARKLE


lorenzo tucci(ds), luca mannutza(p), luca Fattorini(b),
flavio boltro(tp)(3,6,9,10), karima(vo)(10)
2016/Jando/


 1  Sparkle Suite
 2  Past
 3  So One
 4  Grow
 5  Keep Calm
 6  L & L (A Sorgini)
 7  Two Years
 8  Seven Days (Sting)
 9  Tari
 10  E Po' Che Fa (P.Daniele)


ロレンツォ・トゥッチは「ハイ・ファイブ」のドラマーとして知られているかな。
そんな関係でファブリジオ・ボッソ(tp)のアルバムでもよく名前を見ます。
ピアノのルカ・マヌッツアもそうですね。
そんなドラマーの作品も面白いかもと思って手が伸びました。
フラヴィオ・ボルトロ(tp)も参加しています。

全10曲は自身のオリジナル7曲にその他3曲の構成です。
ハード・バップ・テイストの「ハイ・ファイブ」とはまったく違った顔を見せてくれました。
ヨーロッパ・ドラマーの一つの行き方である特徴的なドラミングを聴かせています。

これが現在のヨーロッパの流行りのサウンドになんでしょうね。
ドラム、ピアノ、ベースが一体になって曲を盛り上げていく感じがします。
一種独特のリズムとサウンドを持っていて不思議感があります。
多重録音方式を取っているせいで音の厚みに違和感が出てきます。
最初はピアノを録音して次はそのピアノを聴きながらドラムを足していく。
最後にそれを聴きながらベースというように音を積み上げていく方法です。
もちろん順番は色々とあるし、同じ楽器を重ねるということもあると思います。
この方法はミュージシャンがよく使いますが、ライブではこれが出来ないので物足りなくなってしまうのです。
CDとライブが違う・・・CDの方がずっといいとの評価にもなります。

シャシャシャっと細かくリズムを刻んでパタパタと多弁なドラミングはメロディも感じさせる。
このスイング感がなんとも心地いいんですよ。
ジャズの発展性を見ているようで面白いと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(787) RYAN KISOR QUARTET / BATTLE CRY


ryan kisor(tp),
sam yahel(org), peter bernstein(g), brian blade(ds)

1997/Criss Cross/


 1  Battle Cry (R.Kisor)
 2  It Happens (R.Kisor)
 3  Falling In Love With Love (Rodgers/Hart)
 4  I'm Old Fashioned (Kern/Mercer)
 5  Birdlike (H.Hubbard)
 6  Sweet Pumpkin (R.Bright)
 7  If Ever I Would Leave You (Lerner/Loewe)


ライアン・カイザー(tp)は収集対象です。
のんびりと集めているので見かけた時に買っています。

今作はオルガン・トリオをバックした作品でトランペットでは珍しいかもしれません。
カイザーにしても異色の編成といえます。
オルガン入りはよりソウル色が強まって泥臭くなるのは自明の理ですね。
カイザーがここでどんな演奏を聴かせてくれるのか?・・・興味津々でした。

カイザーの魅力は突っ込んでくる鋭い音色にあります。
いかにもジャズっぽい音とスタイルの持ち主です。
オルガン・トリオだとそれが十分に生かされました。
サム・イエール(org)、ピーター・バーンステイン(g)、ブライアン・ブレイド(ds)も好演。
いかにも現代的なオルガン・トリオでスマートなのも幸いしました。
カイザーは瑞々しく水を得た魚・・・面目躍如の演奏を聴かせてくれました。
(3)「Falling In Love With Love」〜(4)「I'm Old Fashioned」の流れが素晴らしいです。
ベストは鋭く突き抜けたフレディ・ハバードの(5)「Birdlike」かな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(786) RUSSELL MALONE QUARTET / LOVE LOOKS GOOD ON YOU


russell malone(g),
rick germanson(p), gerald cannon(b), willie jones V(ds)
2015/Highnote/


 1  Soul Leo (M.Miller)
 2  Love Looks Good On You (R.Malone)
 3  The Elder (T.Jones)
 4  Ellie's Love Theme (I.Hayes)
 5  Your Zowie Face (L.bricusse/J.Goldsmith)
 6  Mirrors (J.Chambers)
 7  Amsterdam After Dark (G.Coleman)
 8  Lift Ev'ry Voice And Sing (J.W.Jhonson/J.R.Jhonson)
 9 Suite Sioux (F.Hubbard)


ラッセル・マローンは現在のギタリストでは一番好きです。
オーソドックスなスタイルで尖がったところがなくて安心感があります。
ギタリストに関してはロック系よりもジャズ系、ソウル系の方がしっくりきます。
これは私の好みや年齢が影響していると思います。
聴くジャズも先鋭的で過激なものより安らぎを求める保守的なものになってしまったから。
疲れそうなものは避けて通っています。

ここはまたメンバーや選曲もシブいです。
いかにもマローンの好みが表れているようで微笑ましく思いました。
リック・ジャーマンソン(p)、ジェラルド・キャノン(b)、ウィリー・ジョーンズ(ds)の起用はセンス抜群です。
今ひとつ地味な感じがするメンバー構成ですが彼らなら確実にスイングしてくれますから。
隠れたモダン・ジャズの名曲にも陽を当てていますね。
マルグリュー・ミラー(p)、サド・ジョーンズ(tp)、ジョー・チェンバース(ds)、ジョージ・コールマン(ts)、フレディ・ハバード(tp)など。
個人的にはアイザック・ヘイズの(4)「Ellie's Love Theme」は嬉しかった。
(5)、(8)もめったに聴けない曲だけどマローンのこだわりを感じます。
表題曲になった(2)「Love Looks Good On You」はマローンのオリジナルです。
これがまた凄くいいんだなぁ〜・・・やさしくて柔らかくて美しい・・・私は一発で参ってしまいました。
落ち着いたギター・カルテットでお勧めです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(785) CHARLES McPHERSON QUARTET / LOVE WALKED IN


charles mcpherson(as),
bruce barth(p), jeremy brown(b), stephen keogh(ds)
2015/Quadrant/


 1  Love Walked In (G.Gershwin/I.Gershwin)
 2  The Song With You (J.Kern/O.Hammerstein)
 3  I'll Take Romance (B.Oakland/O.Hammerstein)
 4  Nature Boy (E.Abhez)
 5  Someone To Watch Over Me (G.Gershwin)
 6  Bud Like (C.Mcpherson)
 7  Embraceable You (G.Gershwin)
 8  Lover (R.Rodgers/L.Hart)
 9  Dancing In The Dark (A.Swartz/H.Dietz)


チャールス・マクファーソン(as)の新譜を見つけました。
珍しいスペイン盤です。
マクファーソンはチャーリー・ミンガス・バンドで腕を磨いたジャズ・レジェンドの一人です。
今年で78歳になりますがまだ現役で頑張ってくれているのが嬉しいです。
チャーリー・パーカー直系のアルト奏者としては最後の年代になるかな。
ミンガス出身者としては比較的穏やかな演奏スタイルを持っているけどもちろん単純じゃありません。
1960年代から現在まで第一線で活躍していて、激動のジャズの世界を潜り抜けてきています。
「衣の下から鎧が見える」というか、「牙を隠している」というか、そんな感じですね。

ベテラン・サックス奏者のスタンダード作品集を買うのは私の病気なので止まるわけがありません。
マクファーソンならなおさらです。
聴いていると一音一音が心に沁みてきます。
体に馴染んでるというか、懐かしい音色なのでしっくりとくるんです。
若い頃の元気や鋭さは望むべきもないけれど年齢に熟成された切ない音がたまりません。
刺激的なフレーズとかすれたような泣きアルトにジーンとしてしまいました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(784) FUMIO KARASHIMA QUINTET / ジャズに生きる


辛島文雄(p)
, 楠井五月(b), 小松伸之(ds),
池田 篤(as,ss), 岡崎正典(ts,ss)

2015/ats-music/


 1  Brilliant Darkness
 2  I Should Care
 3  Open The Gate
 4  Riverside Nobody
 5  'Round Midnight


名実共に日本を代表するジャズ・ピアニストの辛島文雄さんが亡くなりました。
2月24日、膵臓がん、68歳でした。
辛島さんはエルヴィン・ジョーンズが率いる「ジャズ・マシーン」に起用されて一気に人気ピアニストになりました。
ジャズの荒波を超えてきた顔付きというか、一見天才的な容貌で近寄りがたい感じがします。
でも実際は気さくな人でとてもファンを大事にする人でした。
私も何度か話をする機会がありましたがホントにやさしく接してくれたものです。
そんな辛島さんですが一旦ピアノに向けば物凄い圧倒的な演奏を聴かせてくれました。

私が一番好きだったのは2000年代初めのピアノ・トリオです。
天才ドラマーの呼び声が高かった奥平慎吾さんと実力ナンバー・ワン・ベーシストの井上陽介さんの組み合わせ。
このトリオが素晴らしかったです。

さて今作は闘病中の辛島さんを支援するために急遽作られたCDです。
収益金は全て辛島さんの治療費に充てられるというものです。
そういうことならと私もお付き合いさせてもらいました。
老舗ライブ・ハウスのピットインの2013〜2014におけるライブ盤です。

メンバー編成には特にうるさい辛島さんが選んだジャズ・メンに間違いはありません。
急ごしらえとはいえ充実した内容が詰まっていました。
たった5曲ですがトータル73分にも及ぶ熱演です。
各メンバーの好演もあり、辛島さんの気を抜くところがなく、いつでも全力投球の姿勢が垣間見えます。
熱烈なファンも数多くいる本当に素晴らしいミュージシャンでした。
カムバックしてつい最近まで演奏されていたので復活を期待しましたが残念ですね。
ご冥福をお祈りいたします。

涙なくしては聴けないアルバムになるかもしれません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(783) GIOVANNI MAZZARINO LATIN SEXTET / RETRATO
feat. Francesco Cafiso


giovanni mazzarino(p), francesco cafiso(as,fl), dino rubino(tp,flh),
riccardo fioravanti(b), stefano bagnoli(ds), mimmo cafiero(per)
2013/Jazzy Records/


 1  Cansado
 2  Descanso
 3  La Vida y la Muerte Bailan con la Cerveza en la Mano
 4  Fiesta, Vida y Suerte
 5  Beatriz (Edu Lobo) / Obilivion (A.Piazzolla)
 6  Pablo (D.Rubino)
 7  Mehace el Faver _Pues
 8  Laguna de Cocha
 9  Retrato
 10  Una Noche a Medellin
 11  Besame Mucho (C.Velasquez)


イタリアのベテラン・ピアニストのジョバンニ・マッツァリーノは初見です。
フランチェスコ・カフィーソ(as)の名前に引かれました。
カフィーソは収集対象ですがラテン・セクステットも面白そうです。

全11曲はマッツァリーノのオリジナル8曲とその他3曲の構成です。
アフロ・キューバン・サウンドですが全体的にちょっと硬いかなと思いました。
アフロ・キューバンのバラードは甘く切なくロマンティックなサウンドです。
でもイタリアのラテンは明るく爽やかな感じがします。
もっとやさしくやわらかな色気が欲しかったです。

もっとも録音時22歳のカフィーソでは仕方がないかもしれませんね。
ないものねだりというか、そこまで望むのは酷かな。
いかんせん、まだ若いですから。
でもそれを考慮してもカフィーソのソロは素晴らしいと思います。
鋭く突っ込んでくる音色は彼独自のもので、まるでキリのように鋭利なんだよね。
緩急自在な表現力も凄いです。
カフィーソには何としてもリー・コニッツを継ぐ存在になって欲しいと願っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(782) MATTEO RAGGI TRIO / DREAM DANCING


matteo raggi(ts), davide brillante(g), aldo zunino(b)
2016/Music Center/


 1  Prospecting (C.Wayne)
 2  Isn't Romantic (R.Rodgers)
 3  Mr.George (A.Cohn)
 4  Dream Dancing (C.Poter)
 5  Doodle Oodle (B.Byers)
 6  Wonder Why (N.Brodszky)
 7  Singin' The Blues (J.R.Robinson/C.Conrad)
 8  Take Four (A.Cohn)
 9  Awful Lonely (ACohn)
 10  Tangerine (V.Schertzinger)


マッテオ・ラッギ(ts)は初見・・・イタリア盤です。
最初はジャケットが気になり、次にドラムレス、ピアノレスの組み合わせに興味を惹かれました。
さらに選曲を見てみるとアル・コーン(ts)が3曲も入っていてラッギのスタイルも一目瞭然ですね。
これで決まりです。

テナー・サックス、ギター、ベースのトリオです。
予想通り、ウエスト・コーストの香りがする、上品な雰囲気を持つアルバムでした。
クールで爽やかなジャズ・テイストを持っていてリラックスするには最適だと思います。
表題曲の(4)「Dream Dancing」の粋でソフトなサウンドがたまりません。
でも、このトリオの神髄は最後の曲にありました。
(10)「Tangerine」がなんとも素晴らしかった。
この心地良いノリとスイング感にはいつまでも浸っていたいと思ってしまいました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)




(781) MIKE MELITO QUINTET AND QUARTET / NEW YORK CONNECTIONS


jerry weldon(ts)(except3,9), peter bernstein(g)(1,3,4,6,10,11),
jeb patton(p), neal miner(b), mike melito(ds),
2016/Weebop Records/


 1  Jet Stream (P. Bernstein)
 2  Theme For Ernie (F.Lacey)
 3  Wives And Lovers (B.Bacharach/H.David)
 4  Five Will Get You Ten (S.Clark)
 5  Up Over And Out (H.Mobley)
 6  I Wished I Knew (B.Smith)
 7  If Ever I Would Leave You (A.J.Learner/F.Loewe)
 8  Indian Summer (V.Herbert)
 9  Bolivia (C.Walton)
 10  The Knife (O.Roberts)
 11  Blues Okura (N.Miner)


ニューヨークで活躍中のマイク・メリト(ds)の新譜作品です。
メリトを聴くのは2枚目です。
前作はグラント・スチュアート(ts)とジョン・スワナ(tp)のフロント2管でした。
オーソドックスなハード・バップをやっていたのでここも手が伸びました。
メリトは特にフィリー・ジョー・ジョーンズ、ビリー・ヒギンス、アート・テイラーに影響を受けたとありました。
狙いが50〜60年代のブルー・ノート盤となれば明らかにジャズ・メッセンジャーズのラインだと思います。

今作はテナー・サックスとギターのフロントで新味を出しています。
近年はこのようにピアノとギターの2コード楽器をぶつける編成も多いですね。
ぶつからないようにするのが腕の見せどころにもなりますね。
選曲を見ても分かるようにハード・バップ路線は歴然としています。
ソニー・クラーク(p)、ハンク・モブレイ(ts)、シダー・ウォルトン(p)が選ばれていました。
(2)、(5)、(7)、(8)はテナー・カルテット、(3)はギター・カルテット、(9)はピアノ・トリオです。

安心感のある4ビート・ジャズはリズムもハッキリしているので聴き易いです。
ピーター・バーンステイン(g)とジェブ・パットン(p)は安定感十分です。
テナーのジェリー・ウェルドンは新人かな・・・まだやや甘い所もあるけれど精進を期待しています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)




(780) THE COOKERS QUINTET / MEETS JOHNNY O'NEAL


ryan oliver(ts), tim hamel(tp),
johnny o'neal(p,vo), alex coleman(b), joel haynes(ds)
2016/Do Right Music/


 1  Meridian (R.Oliver)
 2  Dream Blues (Traditional)
 3  Honeycomb Soul (T.Hamel)
 4  These Foolish Things (E.Maschwitz/J.Strachey/H.Link)
 5  Deed I Do (F.Rose)
 6  Whisle Stop Hop ) (A.Coleman)
 7  The More I See You (H.Warren/M.Gordon)


「Cookers」といえば、あのもの凄いメンバーの「Cookers」だと思っていました。
「Cookers」にジョニー・オニールなら面白い。
でも違っていました。
こちらはカナダの「Cookers Quintet」で今作は3枚目になります。
紛らわしいですね。
ゲストにジョニー・オニール(p,vo)を迎えて新味を出しています。
オニールは70年代から活躍、レイ・ブラウン(b)やミルト・ジャクソン(vib)などと共演、
ジャズ・メッセンジャーズにも在籍したそうですが私は聴いたことがないと思います。
アート・テイタム(p)、オスカー・ピーターソン(p)系の名手ですがここではその上手さを感じさせません。
体調がいまひとつだったのかもしれませんね。
4曲で渋いボーカルも披露してくれています。

スマートなカナダのジャズ・クインテットにソウルフルなオニールのコラボが聴きどころになります。
全体的にオニールの存在感が大きくて引き締まった作品になったと思います。
ブルージーなオニールの魅力がいっぱい詰まっています。
寡作なオニールなので貴重です。
ただ収録時間の7曲で37分はいかにも短か過ぎて物足りません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(779) TERELL STAFFORD QUINTET / FORGIVE AND FORGET


terell stafford(tp), tim warfield(ts),
kevin hays(p), greg williams(b), rodney green(ds)
2016/Herb Harris Music/


 1  No,No,No (That Ain't The Way It Go)
 2  A Two-Per To Fill
 3  Forgive And Forget
 4  The Owl Express
 5  The Tint Train
 6  Please Rest My Soul
 7  No,No,No (That Ain't The Way It Go) Take 2
 8  The Owl Local (No Passengers)
 9  Some Many Second Chances


テレル・スタッフォード(tp)のリーダー・アルバムを買うのも久し振りです。
ジャズ仲間のGAKOさんが一押しだったので知るのは案外早かったと思います。
その後何枚かのシブい作品で聴いているし、日本公演のライブで見たこともあります。
真面目、端正、クールな佇まいですがラッパはよく鳴っていました。

そんなスタッフォードの王道をいくテナーとのフロント2管のクインテット作品です。
ここでの最大の興味は時代を担うピアニストの一人、ケヴィン・ヘイズの参加にありました。
先進のヘイズがストレートなネオ・ハード・バップでどんな演奏を聴かせてくれるのか?ってね。

ところで今作はハーブ・ハリス・レーベルで全曲ハーブ・ハリス作曲・アレンジになっています。
ハーブ・ハリスって誰?
ウィントン・マルサリス一派のサックス奏者でマーカス・ロバーツ(p)やリンカーン・センター・オーケストラの一員でした。
で、このハーブ・ハリスの作曲が素晴らしかったです。
多彩な曲想を持つ印象的な曲が続いたので「恐れ入り谷の鬼子母神」っていう感じで作曲能力に秀でています。
自分でやらないで人にやらせるところがいかにも自信ありげですね。
ウェイン・ショーター(ts)並みと言ったら大げさだけど、このハーブ・ハリスの曲って面白いです。

スタッフォードやティム・ワーフィールド(ts)も生き生きとして飛ばしています。
それにも増してやはりヘイズが素晴らしかったです。
ひと味違うバッキングとピアノ・ソロが聴きどころになりました。
ヘイズのリーダー作はいまひとつと思っている方々にも是非聴いてもらいたいと思います。
バップ・ピアニストとしての実力も確かで抜群の存在感を示しています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(778) ALESSIO MENCONI TRIO / PLAYS ELLINGTON AND STRAYHORN


alessio menconi(g), alberto gurrisi(org), alessandro minetto(ds)
2016/Abeat Records/


 1  Upper Manhattan Medical Goup (B.Strayhorn)
 2  Lush Life (B.Strayhorn)
 3  It Don't Mean A Thing (D.Ellington)
 4  Sophisticate Lady (D.Ellington)
 5  Isfahan (B.Strayhorn)
 6  Day Dream (B.Strayhorn)
 7  Things Ain't What They Used To Be (D.Ellington)
 8  Chelsea Bridge (B.Strayhorn)
 9  Caravan (D.Ellington/J.Tizol)


アレッシオ・メンコニ(g)は初見です。
イタリア人ギタリストによるエリントン&ストレイホーン作品集です。
ジャケットに惹かれたのと馴染みの曲が多かったので手が伸びました。
初めて聴く人でヨーロッパのオルガン・トリオなのでどうかなと半信半疑だったです。
でもね、聴いてみると意外に良かったです。
パソコンをやりながらずっとBGMで聴いていたけどすんなりと耳に馴染んできました。
ベタベタ感が全くなくて、クリアなギターの音色に滑らかな音色のオルガンがピタリと合っていました。
オルガン入りでも無理にソウル色を演出していないのが良かったと思います。
反面、オルガンに粘っこさを求める人には向いていません。

フランスのエディ・ルイス(org)盤もそうでしたがヨーロッパのオルガンは一般的にスマートなのかも。
スイング感に溢れるストレートな演奏なので安心して聴くことが出来ました。
安定感のあるギタリストですが(3)「It Don't Mean A Thing」における速弾きは見事です。

私はほとんどの場合、CDショップで実際に目で見て手に取って買う作品を選んでいます。
それが私の聴き方ですが今作は落ち着いた作風で当たりでした。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(777) RAY McMORRIN QUARTET & QUINTET / RAY MACK


ray mcmorrin(ts), josh evans(tp)(1,2,4),
david bryant(p), dezron dougras(b), curtis torian(ds)
2016(2012Rec)/Truth Revolution/


 1  All Of A Sudden
 2  Bald Head
 3  Genki's Groove
 4  Procrastination
 5  For My Brother Andy
 6  Only By The Grace
 7  Teers
 8  Komuro Blues


レイ・マクモーリン(ts)は現在東京を中心に活躍中です。
私も何度か見ています。
生きのいい期待の若手サックス奏者が日本を地盤にするって珍しいですね。
もちろん、奥さんが日本人です。

全8曲は全てレイさんのオリジナルです。
組み合わせや曲想が変化に富んでいて飽きませんでした。
カルテットが4曲、クインテットが3曲、最後の(8)はドラムとのデュオです。
最初に聴いた時にスタイルが誰かに似ていると思いました。
聴き馴染んだサウンドだったんですね。
「そうだ、ビリー・ハーパーだった」

ビリー・ハーパー系って案外珍しいんじゃないですかね。
ストレートでエネルギッシュに熱くパワフルにグイグイと迫ってきます。
レイさんは個性的で刺激的な音色を持っています。
ここはリズム・セクションも素晴らしかったです。
デズロン・ダグラス(b)は先週のエリック・アレキサンダーに続き登場です。
ぶっといベース音は物凄い存在感でドラムスとカーティス・トリアンと共に暴れまくります。
全員が元気いっぱい、強烈なネオ・ハード・バップ・サウンドが聴けました。
聴き応えあり、今作は良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(776) ERIC ALEXANDER TRIO / JUST ONE OF THOSE THINGS


eric alexander(ts), dezron dougras(b), neal smith(ds)
2016/Venus/


 1  You'd Be So Nice To Come Home (C.Poter)
 2  Just One Of Those Things (C.Poter)
 3  Wise One (J.Cortrane)
 4  Beahutiful Love (V.Young)
 5  You Say You Care (J.Styne/L.Robin)
 6  We've Only Just Begun (P.Williams)
 7  Stardust (H Carmichael)
 8  Russian Lullaby (I.Berlin)
 9  Bessie's Blues (J.Cortrane)


新年の初聴きはこれに決めていました。
私が知る限りエリック・アレキサンダーのピアノレス・トリオは初めてです。
これを知った時に早く聴いてみたいと思いました。
年末に入手して年が明けるまで聴くのを我慢していました。

メンバーがまたいいですね。
デズロン・ダグラス(b)にニール・スミス(ds)というフレッシュな組み合わせです。
1曲目を聴いた時の感想はジョン・コルトレーンにそっくりだと思いました。
エリックはやはりコルトレーンの影響が大きいです。
このままでは今一つかなと思っていましたが聴き続けていると段々良くなってきました。
曲が進むにつれてエリックらしさが出てきたからです。
何といっても(5)「You Say You Care」が素晴らしかった。
続く(6)「We've Only Just Begun」〜(7)「Stardust」」のバラードも良かった。
(8)「Russian Lullaby」の超高速な展開も聴きどころになりました。
エリックの豊かな音色、刺激的なフレージングが冴えわたり、
初共演の緊張感が漂う3人のコンビネーションにも注目です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(775) BILL MOBLEY DUO/TRIO/QUARTET / HITTIN' HOME


bill mobley(tp,flh),
kenny barron(p)(1,4), steve nelson(vib)(2,3,7,10,11), russell malone(g)(3,5,9),
essiet okon esiiet(b)(2,3,5,7,9,10,11), phil palombi(b)(6,8),
heather bennett(p)(7), clint mobley(per)(10), kevin norton(marimba)(8)
2016/Space Time/


 1  The Very Thought Of You (R.Noble)
 2  Walkin' (M.Davis)
 3  Hittin' Home (B.Mobley)
 4  My Romance (R.Rogers/L.Hart)
 5  Jewel (B.Watson)
 6  Old Milestones (M.Davis)
 7  Lil' Red (H.Bennett)
 8  Apex (M.Miller)
 9  Peace (H.Silver)
 10  Scene On Seine (X.Felgeyrolles)
 11  Waltzin' Westward (H.Mebern)


ビル・モブレイ(tp)は初見、久々に新しいトランぺッターを聴いてみたいと思いました。
共演者にケニー・バロン(p)、スティーヴ・ネルソン(vib)、ラッセル・マローン(g)が名を連ねているのも興味を惹かれた。

全11曲は自身のオリジナルは1曲だけで選曲もかなり凝っています。
マイルス・デイビスが2曲含まれていることは彼がマイルスに傾倒していることを意味していますね。
聴いてみると確かにマイルスの影響も大きいけれど、感じとしてはチェット・ベイカーに近いのではと思いました。

ピアノ、ヴァイブ、ギターの三者三様のバッキングが楽しめ、さらにデュオ、トリオ、カルテットの演奏が楽しめます。
大徳用盤と言えます。
特にベース・ラインを重要視しているのか、ベーシストの存在感が大きく目立つ仕上がりになっています。
ベース・ラインが強調されているのでこれもまた今作の魅力の一つだと思います。
曲想豊かで変化に富んでいるので飽きずに一枚を聴き通すことが出来ました。
ビル・モブレイの音色はちょっとかすれるところがあって、暖かく、やさしい感じがします。
聴いていて疲れないのがいいです。
中々にシブいトランペット作品で隠れた名盤といえると思います。
「Space Time」というレーベルも初めてかも。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(774) ELIANE ELIAS / BOSSA NOVA STORIES


eliane elias(vo)
2009/Blue Note/


 1  The Girl From Ipanema (A.C.Jobim)
 2  Chega De Saudade (A.C.Jobim)
 3  The More I See You (H.Warren)
 4  They Can't Take That Away From Me (G&I.Garshwin)
 5  Desafinado (A.C Jobim)
 6  Estate (summer) (B.Martino)
 7  Day In Day Out(R.Bloom)
 8   I'm Not Alone (Who Loves You ?) (I.Lins)
 9  Too Marvelous For Words (R.Whiting)
 10  Superwoman (S.Wonder)
 11  Falsa Baiana (G.Pereira)
 12  Minha Saudade (J.Donato)
 13  A Ra (The Frog) (J.Donato)
 14  Day By Day (A.Stordahl)


私はイリアーヌ・イリアスの歌が好きです。
重くもなく軽くもなく声質も好みで感性にピッタリと合うんです。
聴いているとなんか、ほっとしますよ。

近年よく古いスタンダードをユーチューブで聴いています。
ここでは色んな歌手やプレイヤーの聴き比べが出来るからです。
以前なら聴き比べるのにLPやCDを買うか、聴かせてもらうしかなかった。
それが今ではユーチューブで簡単に聴くことができます。
ジャズの聴き方も変わってきますね。
つくづくCDが売れなくなるはずだと思いました。

そんな中の1曲の「Too Marvelous For Words」を検索した時にこのアルバムを見つけました。
2009年のイリアーヌ作品・・・なんで見逃したのか不思議でした。
やっぱりどっか抜けてるんでしょうね。
気になる曲の「The More I See You」や「Day By Day」も入っています。
好きなスタンダードを心地良いボサノバのリズムで聴く・・・文句なしの癒し系です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(773) TAKESHI OHBAYASHI TRIO / MANHATTAN


takeshi ohbayashi(p,synth), yasushi nakamura(b), nate smith(ds), (1,5,6,7)
takeshi ohbayashi(p,synth), tamir shmerling(b), terrilyne carrington(ds), (2,3,4,8)
2016/Somethin'cool/


 1  World Peace
 2  Cill My Landlord
 3  Heart
 4  Cyclic Ridge 2
 5  In Walked Bim
 6  One For Sonny
 7  Untitled Bossa
 8  Steal Heel


注目の若手ピアニストの一人、大林武司さんの作品です。
大林さんは「ニュース・ステーション」のテーマ曲でお馴染みですね。
ここの「ニュー・センテュリー・ジャズ・クインテット」をユリシス・オーエンス・Jr(ds)と共に率いています。
そんな彼が初めて出したトリオ作品ということで手が伸びました。

全8曲は全て自身のオリジナルです。
中村恭士(b)さんとネイト・スミス(ds)&タミール・シュマーリング(b)とテリリン・キャリングトン(ds)の2組。
4曲づつ2セットのトリオが聴ける徳用盤です。
今作は大林さんがアメリカで生活した10年間のまとめ的作品と位置付けられています。
それだけに多種多様な音楽的要素が含まれていて興味深く聴くことが出来ました。

あくまで中心は大林さんでそのピアノの音が際立つように録音されています。
クリアで鋭い音色を持っています。
私は弾き過ぎないのがいいと思いました。
私のお気に入りは(5)「In Walked Bim」と(6)「One For Sonny」と続く2曲です。
最もジャズっぽい雰囲気が味わえました。
ここの「Sonny」はソニー・クラーク(p)をイメージしたとのことです。
その他にも聴きどころが満載でお勧めの一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(772) BRAD MEHLDAU TRIO / BLUES AND BALLADS


brad mehldau(p), larry grenadier(b), jeff ballard(ds)
2016/Nonesuch/


 1  Since I Fell For You (B.Johnson)
 2  I Concentrate On You (C.Poter)
 3  Little Parson (J.Brion)
 4  Cheryl (C.Parker)
 5  These Foolish Things (J.Strachey/H.Marvell)
 6  And I Love Her (J.Lennon/P.McCartney)
 7  My Valentine (P.McCartney)


現代ジャズ・ピアノ・トリオの最高峰を聴く。
気になっていたブラッド・メルドー(p)の新作をようやく入手しました。
スタンダード作品集ですがさすがにメルドー・トリオはひと味、ふた味違います。
3人のコンビネーションが絶妙で文句なしに素晴らしいと思います。
特にパーカーの(4)「Cheryl」が気に入って何度も繰り返し聴いてしまいました。
ゆったりとしたテンポで展開するビートルズの(6)「And I Love Her」も良かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(771) OLEGARIO DIAZ QUINTET & SEXTET / ALEPH IN CHROMATIC


alex sipiagin(tp), bobby franceschini(ts,fl),
olegario diaz(p), james genus(b), nate smith(ds),
nene quintero(per)(1,3,7,8)
2016/Smoke Sessions/


 1  Glolnick (O.Diaz)
 2  Run Tino Fun (O.Diaz)
 3  Aleph (O.Diaz)
 4  Ivonne (O.Diaz)
 5  Yours Is My Heart Alone (F.Lehar)
 6  Samba Ghandi (O.Diaz)
 7  Broadway And 96th (O.Diaz)
 8  Pra Vose (O.Diaz)
 9  Thinking Of You (H.Ruby / B.Kalmar)


オレガリオ・ディアス(p)は初見、ベネズエラ出身のラテン・ジャズ・ピアニストです。
CDショップではラテン系ハード・バップの大推薦盤とありました。
面白そうだと手が伸びましたが聴いてみると予想以上に聴き応えがありました。
全体を覆う切れ味鋭くスピード感溢れる演奏はまさにラテン系ハードバップの好盤です。
今作はディアズのスティープルチェースにおける4枚目のアルバムだそうです。

全9曲は自身のオリジナル7曲とその他2曲の構成です。
ラッパ&テナーのフロント2管はモダン・ジャズの王道で私が一番好きな組み合わせです。
アレックス・シピアギンはお馴染みのトランぺッターですがボビー・フランチェスチーニ(ts)は初見。
これが中々に新鮮な組み合わせでコンビネーションも良く聴き耳を立ててしまいました。
ディアスのピアノはゆったりとしたスイング感を持ち重量級で安定感があります。
ネイト・スミスの存在感のあるドラミングにも注目しました。

私的ベストはパーカッションが入りのいかにもラテン系の曲想を持つ(3)「Aleph」です。
同系統の(8)「Pra Vose」も良かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(770) THE COOKERS / THE CALL OF THE WILD AND PEACEFUL HEART


eddie henderson(tp), david weiss(tp),
donald harrison(as), billy happer(ts),
george cables(p), cecil mcbee(b), billy hart(ds)
2016/Smoke Sessions/


 1  The Call Of The Wild And Peaceful Heart (B.Harper)
 2  Beyond Forever (G.Cables)
 3  Third Phase (C.McBee)
 4  Teule's Redemption (B.Hart)
 5  If One Could Only See (B.Harper)
 6  Blackfoot (G.Cables)
 7  Ocearn Of Time (B.Hart)
 8  Thy Will Be Done (B.Harper)


「THE COOKERS」の2枚目のアルバムです。
1枚目は見逃してしまいました。
超ベテラン7人のセプテットです。
エディ・ヘンダーソン(tp)、デヴィッド・ウェイス(tp)、
ドナルド・ハリソン(as)、ビリー・ハーパー(ts)、
ジョージ・ケイブルス(p)、セシル・マクビー(b)、ビリー・ハート(ds)です。
みんな現役で元気に頑張っているのが嬉しいです。

メンバーを見ただけでお腹がいっぱいになる感じがしましたが予想通りでした。
全8曲は全てメンバーのオリジナルでトータル74分の長丁場です。
アレンジャーはハーパーとウェイスの二人・・・重厚なサウンドです。
最も気合が入っているのは表題曲の(1)だけど今の私には少々重たい感じがした。
全体的にほぼ同じような傾向の曲目が続くので疲れてしまいました。

私的ベストは(5)のバラードでここでのヘンダーソンとケイブルスが素晴らしい。
次点はストレートでスマートに展開する(6)でケイブルスとハートが聴きどころになりました。
(7)ではウェイスの突き抜けるトランペットとモーダルなソロを聴かせるハリソンが良かった。
最初と最後の曲でハーパー節が満喫出来ました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(769) HARRY ALLEN QUARTET / SOMETHING ABOUT JOBIM

harry allen(ts),
helio alves(p), odolfo stroeter(b), tutty moreno(ds)
guest:joyce (vo,g) (2,5,10)
2015/Stunt/


 1  Dinzi
 2  Chovendo Na Roseira
 3  Captain Bacardi
 4  Sue Ann
 5  Theme For Jobim
 6  Mojave
 7  Falando De Amor
 8  Antigua
 9  Angela
 10  Voce Vai Ver
 11  Tema Jazz


ずっと気になっていたハリー・アレン(ts)の作品です。
加えて鮮やかな黄色のジャケットも印象に残っていました。
共演にヘリオ・アルヴェス(p)、ゲストはジョイス(vo,g)、とくればどうしても聴いてみたかった。
ジョビンを取り上げた作品ですが聴き易いボサノバ盤とは一線を画してそう甘くないです。
ハリーの上手さが際立つ硬質なジョビン作品集に仕上がました。
ゲストのジョイスは3曲に参加してしていて独特の味をを持つヴォーカルが心に響きます。
さらに特筆すべきは才人ヘリオ・アルヴェスのピアノが各所で輝きを放ちます。
特に(6)「Mojave」におけるプレイが聴きどころでハリーとのコラボレーションも素晴らしいです。
ハリー、ヘリオ、ジョイス・・・3人の名手が織りなす究極のジョビンが聴けました。
名盤だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(768) TERRASSON & BELMONDO / MOTHER

jacky terrasson(p), stephane belmondo(tp,flh),
2016/Impulse/


 1  First Song (C.Heden)
 2  Hand In Hand (J.Terrasson)
 3  Lover Man (J.Davis/R.Ramirez/J.Sherman)
 4  La Chanson D'he'le'ne (P.Sarde/J-L.Dabadie)
 5  In Your Own Sweet Way (D.Brubeck)
 6  Pic Saint-Loup (J.Terrasson/S.Belmodo)
 7  Mother (J.Terrasson)
 8  Fun Keys (J.Terrasson)
 9  Les Valseiuses (S.Grappelli)
 10  Souvenirs (S.Belmondo)
 11  You Don't Know What Love Is (D.Raye/G.Depaul)
 12  Pompignan (J.Terrasson/S.Belmondo)
 13  You Arev The Sunshine Of My Life (S.Wonder)
 14  Que Reste-T-Il De Nos Amours (L.Chauliac/C.Trenet)


ジャッキー・テラソン(p)を聴くのも久し振りです。
ベテラン・トランぺッターのステファン・ベルモンドとのデュオ作品に興味を惹かれました。
トランペット&ピアノはルビー・ブラフ(cor)とエリス・ラーキンス(p)以来気になる組み合わせです。

内容はほぼ予想が付きました。
予想通り、しっとりとした落ち着いた流れです。
全14曲は多彩な選曲で1分前後が3曲、長くても5分ほどで変化に富んでいて飽きさせません。
テラソンとベルモンドの濃密なコラボレーションが聴きどころになりました。
秋の夜長にじっくりと聴くには最適なアルバムだと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(767) DUSKO GOYKOVICH & SCOTT HAMILTON / SECOND TIME AROUND

dusko goykovich(tp', scott hamilton(ts),
bernhard pichi(p), rudi engel(b), michael keul(ds)
2015/Oganic/


 1  A Baptist Beat (H.Mobley)
 2  Recardo Bossa Nova (D.Ferreira)
 3  You're My Everything (H.Warren/J.Young/M.Dixon)
 4  Lotus Blossom (K.Dorham)
 5  I Faall In Love Too Easily (J.Styne/Sammy Cahn)
 6  Blues For Gianni B (D.Goykovich)
 7  Pra Machucar Meu Coracao (A.Brroso)
 8  Love For Sale (C.Porter)
 9  Luicy Lucy (H.Silver)


ダスコ・ゴイコビッチ(tp)とスコット・ハミルトン(ts)の共演は2枚目になるようですね、
この二人の共演となれば内容はほぼ予想がついてしまいます。

予想通り、全編を覆うゆったりとしたノリはまさに大人の味です。
全9曲は二人の共演が7曲、ゴイコビッチとハミルトンのワン・ホーンが各1曲づつ。
つまり1枚で3度美味しい優れものに仕上がりました。
ベストはハミルトンのワン・ホーンのバラード(7)でこれが実に素晴らしい。
2番手がゴイコビッチのワン・ホーンのバラード(5)です。
この2曲の為に買っても惜しくないと思います。
他にも魅力的な曲が並んでいるのでベテランの味を楽しむには最適のアルバムです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(766) VITTORIO GENNARI QUARTET / THE SOUND

vittorio gennari(as),
rroberto bachi(p), massimiliano tonelli(b), joe pagnoni(ds)
2007/Red/


1 Bye Bye Blackbird (M.Dixson/R.Henderson) 2 Tangerine (J.Mercer/V.Schertzinger)
3 Lullaby Of Birdland (G.Shearing) 4 Old Folks (W.Robinson)
5 Out Of Nowhere (Green/Heyman) 6 Everything Happen To Me (T.Adair/M.Dennis)
7 In Cerca Di Te (E.Sciorilli/G.C.Testoni) 8 I Ricordi Della Sera (A.V.Savona)
9 Softly As A Morning Sunrise (S.Romberg/O.Hammerstein) 10 There's No You (H.Hopper)
11 Bachi's Blues (R.Bachi) 12 Nostalgia In Times Square (C.Mingus)
13 I Don't Know (V.Gennari)    


「楽器は言葉、サックスが歌っている」
そんな感じのベテランの味、イタリアのアルト・サックス奏者、ヴィットリオ・ジェンナーリの作品です。
スタンダード中心ですがイタリアの曲も混じっていて楽しめます。

イタリアのジャズ・シーンも奥が深いですね。
先進のジャズメンが活躍していると思えばジェンナーリのような小粋で洒落たベテランも健在です。
クラシカル・スタイルは郷愁を感じさせて安心感と安定感は抜群です。
まさにアルト・サックスの「Sound」を楽しむアルバムです。
(4)「Old Folks」は絶品の味わい。
じっくりと聴き込むには少々軽いですが癒しのジャズ聴きにはピッタリだと思います。
小唄風サックス作品の逸品です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(765) ERIC ALEXANDER QUARTET / SECOND IMPRESSION

eric alexander(ts),
harold mabern(p,fender rhodes), bob cranshaw(b), joe Farnsworth(ds)
2016/HighNote/


 1  Second Impression (E.Alexander)
 2  So Many Stars (S.Mendez)
 3  Blues For Mo (E.Alexander)
 4  Jennie's Dance (J.Farnsworth)
 5  Secret Love (S.Fain/P.Webster)
 6  T-Bone Steak (J.Smith)
 7  Frenzy (E.Alexander)
 8  Everything Happens To Me (T.Adair/M.Dennis)
 9  Full House (W.Montgomery)


エリック・アレキサンダー(ts)の出たばかりの新譜です。
私はエリックが大好きで収集対象の一人です。
正直なところ、この2、3年はエリックに突き抜けたところがなくてイマイチと思っていました。
今作はベーシストにボブ・クランショウを迎えて、久々にエリック節を堪能出来る快作になりました。
全9曲は自身のオリジナル3曲、盟友ファーンズワーズ1曲、その他5曲の構成です。
演目も好きな(8)「Everything Happens To Me」をはじめ、メンデスの(3)「So Many Stars」、
ウェスの(9)「Full house」と申し分ありません。
目先を変えるハロルド・メイバーンのフェンダー・ローズ使用は(4)、(5)、(9)の3曲です。
ここではクランショウもエレクトリック・ベースを使用しているか。

表題曲の(1)「Second Impression」を聴けば今のエリックの実力がよく分かると思います。
伸びのある艶やかな音色、よどみない魅力的なフレージング、文句なしの快演です。
ボブ・クランショウといえばソニー・ロリンズ(ts)のお気に入りベーシストとして知られていますね。
ベーシストが替わるだけでこれだけサウンドの切れが良くなるとは・・・。
メイバーンのピアノもファーンズワーズのドラムスも絶好調です。
全体を通して「もう、素晴らしい〜!」のひと言です
エリックはやはり現代テナー・サックス奏者の最高峰の一人だと断言します。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(764) JERRY BERGONZI TRIO / SPOTLIGHT ON STANDARDS

jerry bergonzi (ts), renato chicco(org), andrea michelutti(ds)
2016/Savant/


 1  Witchcraft (C.Coleman/C.Leigh)
 2  Bi-Solar (J.Bergonzi)
 3  Blue Cube (J.Bergonzi)
 4  First Lady (J.Bergonzi)
 5  Gabriella (J.Bergonzi)
 6  Dancing In The Dark (A.Schwartz/H.Dietz)
 7  Out Of Nowhere (E.Heyman/J.Green)
 8  Come Rain Or Come Shine (J.Mercer/H.Arlen)
 9  Stella By Starlight (N.Washington/VYoung)


ゴリゴリ・テナー・サックス奏者の代表格、ジェリー・バーゴンジの新譜です。
ベテランサックス奏者の「スタンダード作品集」収集は病気なので見逃すわけにはいきません。
テナー、オルガン、ドラムスのトリオ編成にも興味がありました。
全9曲は自身のオリジナル4曲とスタンダード5曲の構成です。
もっともオリジナル曲といっても聴いたことのあるテーマばかりなのでパクリに近いと思う。

強烈で個性的なバーゴンジにはオルガンがしっくりときています。
オルガン入りのコテコテジャズ路線とは一線を画しますが相性は悪くありません。
レナト・チッコはイタリアのオルガン奏者ですがスマートなスタイルの持ち主です。
ベトベトしたコッテリ感には欠けます。
でもその分、バーゴンジがまとわりつくようなファンキー&ソウル感を持っています。
ビック・トーンで実に味わい深い演奏・・・このブルージーなグルーブ感が凄くいいです。
聴けば聴くほどに味が出てくるスルメ盤です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(763) HARRY ALLEN NEW YORK SAXOPHONE BAND / THE CANDY MEN

harry allen(ts), gary smulyan(bs), eric alexander(ts), grant stewart(ts)
rossano sportiello(p), joel forbes(b), kevin kanner(ds)
2016/Arbors/


 1  Four Brothers (J.Jiuffre)
 2  The One For You (H.Allen/J.Carmichael)
 3  How Are Things In Glocca Morra ? (E.Y.Harburg/B.Lane)
 4  After You've Gone (H.Creamer/T.Layton)
 5  I Wished On The Moon (D.Parker/R Rainger)
 6  Blues In The Morning (H.Allen)
 7  I Can See Forever (H.Allen/J.Carmichael)
 8  The Red Door (G.Mulligan/Z.Sims)
 9  The Candy Man (L.Bricusse/A.Newley)
 10  So There (H.Allen)
 11  Nobody's Heart (L.Hart/R.Rodgers)
 12  The Party's Over (B.Comden/A.Green/J.Styne)


私は常々ハリー・アレン(ts)とエリック・アレキサンダー(ts)の共演が聴きたいと言ってきました。
それが図らずもこんな形で実現するとは思わなかったです。
ゲイリー・スマリアン(bs)とグラント・スチュアート(ts)を加えたサックス4本の作品。
狙いは明らかに1940年代に人気を博したウディ・ハーマン楽団の「Second Herd」です。
ウェスト・コースト・ジャズのクール・サウンドをビックバンドで演奏した。
4人のサックス奏者はスタン・ゲッツ(ts)、ズート・シムズ(ts)、ハービー・スチュワード(ts)、サージ・チャロフ(bs)。
テナー・サックス3本にバリトン・サックス1本の組み合わせ。
それを現代に再現しようという試みです。

内容は申し分ありません。
それぞれが実力者なので安定した仕上がりです。
スマリアンのバリトン・サックスが決め手になってアンサンブルやハーモニーが重厚になりました。
私的ベストは何といっても(8)「The Red Door」です。
ジェリー・マリガンのビック・バンドにズート・シムズが客演したのが初演で思い入れが深いです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(762) CHRIS CHEEK QUINTET / SATURDAY SONGS

chris cheek (ts), steve cardenas (g)
david soler (pedal steel g), jaume llombard (b), jorge rossy (ds,vib&marimba)
2016/Sunny Side/


 1  String Finger
 2  Ginger Something
 3  Eye Factory
 4  Bucky's Blues
 5  Either Way
 6  Slow Ships
 7  Saturday Song
 8  Alhambros
 9  Foreever Green (A.C.Jobim)
 10  Strawberry Jam
 11  While You Sleep
 12  Windmill Hill


先日聴いた「シーマス・ブレイク&クリス・チーク」が良かったのでもう一枚チークを聴いてみようと思いました。
全12曲、1曲を除いてはチークのオリジナルです。
前作とはだいぶイメージが違う作りになっています。
まずはスティール・ギターの起用が新鮮でした・・・多分、ジャズで聴くのは初めてじゃないかな。
私にとってスティール・ギターといえばハワイアンで、「和田弘とマヒナスターズ」しか思い浮かびません。
これが新しい感覚のサウンドを生み出している。

聴いてみると独特のリズム感を持つ楽曲が並んでいました。
リズム感重視でポップス、ロック、カントリー、民族音楽、現代音楽などの要素などが含まれています。
ある意味ロバート・グラスパー(p)らが提唱するジャズとヒップ・ホップやロックを融合させる試みに似ているかも知れません。
どの曲も従来のジャズの感覚からずれていてつかみどころがなく面白いです。
ただ新しいだけじゃない良き古さを合わせ持っている・・・温故知新。
チークの異色作ということになるのかな、とてもジャズの範疇には収まり切れない。
こういう枠にとらわれない幅広い音楽性が魅力で、一筋縄ではいかないチークの才能を感じました。
好みがハッキリと分かれると思うので肌に合わない人も多いかも・・・聴く人を選ぶアルバムだと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(761) MATT KANE & THE KANSAS CITY GENERATION SEXTET / ACKNOWLEDGEMENT

matt kane(ds), ben leifer(b), andrew oullette(p),
michael shults(as), steve lambert(ts), hermon mehari(tp)
2015/Bounce-Step/


 1  In Case You Missed It (B.Watson)
 2  Timeline (For Elvin) (P.Metheny)
 3  The Burning Sand (A.Alaadeen)
 4  ASR' (A.Alaadeen)
 5  And The Beauty Of It All (A.Alaadeen)
 6  Wheel Within A Wheel (B.Watson)
 7  Midwestern Nights Dream (P.Metheny)
 8  Jewel (B.Watson)
 9  Question And Answer (P.Metheny)


マット・ケーン(ds)は初見、メンバーも知られていないのでローカル・ミュージシャンだと思います。
カンサスは東西の融合地で「カンサス・シティ・ジャズ」と呼び名があるほどにジャズの盛んな所です。
全9曲は現存のカンサス出身の3人の名プレイヤーの曲を演奏しています。
キッチリと3曲づつです。
ボビー・ワトソン(as)とパット・メセニー(g)はジャズ・ファンならもちろん知っていますね。
でもアーマッド・アラディーン(ts)は初めて聞いた・・・カンサスからほとんど出なかったと思われます。
地元のジャズ・シーンでは良く知られたミュージシャンで尊敬されている人物。
どんなプレイヤーかと検索したらYouTubeで何曲か聴けました。
コルトレーン派・・・バラード奏法に独特の雰囲気を持ったテナー奏者でした。
けれど作品はほとんど入手不可能のようです。

3管編成のハード・バップ・アルバムです。
内容はやはりこの地方が持つ独特の風土があります。
粘っこく絡みつくというか、土の香りがするブルース色の強い演奏が聴けました。
ベストは音の広がりを持つ曲、メセニーの(7)で分厚いアンサンブルが魅力です。
アラディーンの(4)の曲想も面白かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(760) YOICHI KOBAYASHI JAPANESE JAZZ MESSENGERS / NO! NO! NO! NO!

谷殿明良(tp)、原川誠司(as)、
田窪寛之(p)、金森もとい(b)、小林陽一(ds)

2015/MKY/


 1  Grand Central (J.Coltrane)
 2  Social Call (G.Gryce)
 3  Coisa n'10 (M.Santos)
 4  Take Your Pick (H.Mobley)
 5  Between The Devil & The Deep Blue Sea (H Arlen)
 6  Simple Pleasure (C.Walton)
 7  Dat Dere (B.Timmons)
 8  Blues For Kesennuma (Y.Kobayashi)
 9  NoNoNoNo (Y.Kobayashi)
 10  Day Dream (D.Ellington)


先日のライブ会場(ライブ・レポート参照)で入手しました。
小林陽一・JJMの作品です。
オリジナル・クインテット結成39周年とありましたが40周年といってもいいと思います。
小林陽一・クインテット〜グッドフェローズ〜ジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズと続く。
消長の激しいジャズ・シーンのおいて長い間自己のクインテットを継続していることにただただ頭が下がります。
谷殿明良(tp)さんと原川誠司(as)さんのフロント2管、田窪寛之(p)さんと金森もとい(b)さんのリズム・セクション。
才能溢れる若手4人を小林さんが引っ張る構図になっています。

内容は小林さんの終始一貫変わらないハード・バップ路線。
だからいつ聴いても気持が良いです。
全10曲は自身のオリジナル2曲にその他8曲の構成です。
コルトレーン、グライス、モブレイ、アーレン、ウォルトン、ティモンズ、エリントンは文句ありません。
全員が一丸となって軽快に飛ばします。
どれを聴いても小林陽一さんのジャズ・スピリットが叩き込まれているような気がする。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(759) SEAMUS BLAKE & CHRIS CHEEK QUINTET / LET'S CALL THE WHOLE THING OFF

seamus blake(ts), chris cheek(ts),
ethan iverson(p), matt penman(b), jochen rueckert(ds)
2016/Criss Cross/


 1  Let's Call The Whole Thing Off (G.Gershwin)
 2  Choro Blanco (S.Blake)
 3  Lunar (C.Cheek)
 4  La Cancion Que Falta (G.Klein)
 5  Limehouse Blues (P.Braham)
 6  Surfboard (A.C.Jobim)
 7  Count Your Blessings (J.Berlin)
 8  A Little Evil (Snook)


シーマス・ブレイク(s)とクリス・チーク(ts)の競演盤です。
CDショップでこれを見た時、聴き逃せないと思いました。
特にチークを聴くのは久し振りなので興味津々でした。
後で調べてみるとこの二人の共演盤は何枚かあるようですね。
エリック・アレキサンダーとグラント・スチュアートの2テナー・ユニットの「Reeds & Deeds」の
向こうを張ってブレイク&チークの「Reeds Ramble」を結成するつもりかな。

聴いていてふと思いました。
これはブラッド・メルドー(p)やカート・ローゼンウィンケル(g)のテナー版ではないかと。
かすれるような音色、浮揚感のある超クールなサウンド、細かく音をつなぐ奏法。
変拍子、一瞬タイミングを外して半音を多用する・・・それが緊張感を生んでいます。
古典の(5)「Limehouse Blues」を聴くとよく分かります。
(6)「Surfboard」における二人の掛け合いにも注目しました。
ボサノバ・テイストはどこかに吹っ飛んでしまいました。
バラードの(7)「Count Your Blessings」における二人の表現力も素晴らしいです。
面白いですね。
今までにはない感じがします・・・やはり新感覚のテナー奏者はちょっと違う。
サックスを自在に操る・・・二人のテクニシャンぶりも凄いです。
たまには現代の先進主流派テナー奏者を聴かないといけませんね。
やはりジャズは現在進行形です。
二人はいつの間にかマイケル・ブレッカー(ts)を超えていた。

バックの3人にも注目しました。
随所できらめくピアノを聴かせるイーザン・イヴァーソンの存在感は十分です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(758) YASUMASA KUMAGAI TRIO / J-STRAIGHT AHEAD

熊谷ヤスマサ(p)、井上陽介(b)、大坂昌彦(ds)

2015/Jazzy Bear/


 1  Draft Beer
 2  Moonlight
 3  Eternity
 4  Chill Out
 5  Sunset
 6  Thank You Load Word Up !
 7  Summer Vacation
 8  Perfidia (Alberto Dominguez)


熊谷泰昌(p)さんとの最初の出会いは小林陽一(ds)・カルテットのライブでした。
2009年だったのでもう7年前になりますね。
当時は29歳だったか、新進期待の若手ピアニストでした。
それからも何回か小林陽一・J.J.Mで演奏を聴く機会がありました。

今作は先日、鈴木道子(vo)さんのライブで見かけました。
手に取ってみると共演が井上陽介(b)さんと大坂昌彦(ds)さんという日本を代表するジャズ・メン・・・。
これはどうしても聴いてみたいと思いました。
今作が4枚目のリーダー作のようです。
熊谷さんは1979年生まれの現在37歳、出身は茨城県水戸市です。
1998年渡米、2000年にバークリーを卒業後、ニューヨークでロバート・グラスパー(p)に師事したとのこと。
グラスパーは今や最も影響力のある先進のピアニストの1人です。
熊谷さんは切れ味よりもメロディ・メーカーとして勝負するタイプです。
美しいメロディ・ラインが特徴ですがグラスパー流のトリッキーな一面を持ち、そのスタイルに魅力があります。
全8曲は1曲を除いて全て自身のオリジナルです。
(1)、(7)がアップ・テンポの曲で疾走感があり3人の絡みがより刺激的に聴こえました。
(2)は最も現代風なテーマと雰囲気を持っていて井上さんのソロ、続く熊谷さんのソロが素晴らしいです。
(4)では熊谷さんのピアノと大坂さんのドラムスとのコンビネーションが聴きどころになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(757) GEORGE COLEMAN QUARTET / A MASTER SPEAKS

george coleman(ts),
mike ledonne(p), bob cranshaw(b), george coleman jr(ds)
peter bernstein(g)(3)
2016/Smoke Sessions Records/


 1  Invitation (B.Kaper)
 2  The Shadow Of Your Smile (J.Mandel)
 3  Blues For B.B (G.Coleman)
 4  Blondie's Waltz (G.Coleman)
 5  You'll Never Know What You Mean To Me (M.LeDonne)
 6  Darn That Dream (J.V.Heusen)
 7  Sonny's Playground (G.Coleman)
 8  These Foolish Things (J.Strachey/H.Link)
 9  Time To Get Down (G.Coleman)


ジョージ・コールマン(ts)のリーダー作を買うのも久しぶりです。
コールマンはジャズ・シーンを代表する名コンボ「マイルス・デイヴィス・クインテット」に在籍しました。
別格のジョン・コルトレーン(ts)とウエイン・ショーター(ts)の間に挟まれ損をしていますが、
超一流のジャズ・マンであることは間違いありません。
1964年の在籍時に吹き込んだ「My Funny Valentine」と「Four And More」はマイルスの代表作です。
私にとっても「My Funny Valentine」には特別の思い入れがあります。
それこそレコード盤が擦り切れるほど聴きました。

コールマンは1935年生まれなので現在81歳、今作録音時は80歳です。
自身のオリジナル4曲に共演のマイク・ルドン(p)が1曲、その他スタンダード4曲の構成です。
ソニー・ロリンズ(ts)・コンボで活躍したボブ・クランショウ(b)の名前が見えるのも嬉しい。
クランショウも元気なんですね・・・録音時は82歳でした。
1曲だけピーター・バーンステイン(g)が参加しています。

80歳でこれだけ吹ければもう十分です・・・余りの元気さに驚きました。
刺激的なフレージングと力強く艶のある音色はとても80歳とは思えません。
まずは(1)「Invitation」でぶっ飛びました。
12分超の一番の長丁場ですがコールマンの面目躍如たる演奏を聴かせてくれました。
ボサノバの(2)、バラードの(6)と(8)のスタンダードも聴きどころになります。
オリジナルではワルツの(4)、ブルース奏法が聴ける(3)、印象的なテーマを持つルドンの(5)に注目です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(756) DOMINICK FARINACCI / LOVERS, TALES & DANCES

dominick farinacci(tp,fhn),
kenny barron(p), james genus(b), lewis nash(ds), jamey haddad(per),
joe locke(vib), marc johnson(b), hilary cole(vo), etc
2009/Koch/


1 Don't Explain (A.Herzog/B.Holiday) 2 Libertango (A.Piazzolla)
3 Estate (B.Martino) 4 Vision (D.Farinacci)
5 Ne Me Quitte Pas (J.Brel) 6 E Lucevan Le Stelle (G.Puccini)
7 Erghen Diago (P.Lyondev) 8 Silent Cry (D.Farinacci)
9 Love Dance (I.Lins) 10 Bibo No Aozora (R.Sakamoto)
11 Lonely Woman (O.Coleman) 12 The Theme From The Pawnbroker (Q.Jones)


現在私には収集対象のトランぺッターが二人います。
一人はライアン・カイザーで、もう一人はこのドミニク・ファリナッチです。
カイザーは1973年生まれの今年42歳、ファリナッチは1983年生まれの32歳です。
10歳差があるのでライバルとは言えないけれど対照的な持ち味を持っています。
不良っぽいのがカイザーで優等生がファリナッチかな。
テナー・サックスのエリック・アレキサンダーとハリー・アレンにもそんな感じがしています。

ファリナッチはジュリアード出身の逸材で実に上手いです。
技術的には文句なし、端正でキッチリとしたトランペット奏法を聴かせてくれます。
ウィントン・マルサリス系統。
マルサリスと同様に余りに上手過ぎて面白くないという評価もあると思います。

さて今作はそんなファリナッチが歌い上げた究極のロマンティック・バラード集です。
ケニー・バロン・トリオがバックで、曲によりオーケストラやストリングスが加わる一大抒情歌です。
ファリナッチならではの上品でクールで穏やかな世界が広がっています。
「Libertango」、「Estate」など、スムーズなフレージングと柔らかな音色が素晴らしいです。
こういう企画構成はファリナッチ以外には無理かもしれませんね。
プロデューサーが見事・・・ファリナッチにとっても異色作品になったと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(755) VINCENT HERRING QUARTET & QUINTET / NIGHT AND DAY

vincent herring(as), jeremy pelt(ts)(1,3,4,6,8,10),
mike ledonne(p), brandi disterheft(b), joe Farnsworth(ds)
2015/Smoke Sessions Records/


 1  Grind Hog's Day (G.Fisher)
 2  Night And Day (C.Poter)
 3  The Adventures Of Hyun Joo Lee (V.Herring)
 4  Walton (M.LeDonne)
 5  The Gypsy (B.Reid)
 6  Fly, Little Bird, Fly (D.Byrd)
 7  Wabash (C.Adderley)
 8  Theme For Jobim (C.Walton)
 9  There Is Something About You (A.Allen)
 10  Smoking Paul's Atash (V.Herring)


久々にヴィンセント・ハーリング(as)のリーダーアルバムを買ってみました。
共演はジェレミー・ペルト(tp)とマイク・ルドン・トリオです。
ハーリングはストリート・ミュージシャン出身で力強いアルトの音色が特徴です。
自他共に認めるキャンボール・アダレイ(as)の崇拝者です。

突き刺さるようなアルトの音色は健在でハーリングは鋭さを増しています。
ペルトとは共演の機会も多くいわば盟友の関係にあります。
力強く鳴り響くトランぺッターのペルトとは似たもの同士といえるでしょうか。

ここはワン・ホーンの出来が良いと思います。
ベストはテーマが印象的な(9)「There Is Something About You」です。
ルドンはエレピを使用、ハーリングとルドンのソフトな演奏が聴きどころになりました。
アップテンポで強烈にスイングする(2)「Night And Day」は新鮮でした。
バラードの(5)「The Gypsy」も良かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(754) HEADS OF STATE / SEARCH FOR PEACE

gary bartz(as), larry willis(p), buster williams(b), al foster(ds)
2015/Smoke Sessions Records/


 1  Impressions (J.Coltrane)
 2  Uncle Bubba (G.Bartz)
 3  Search For Peace (McCoy Tyner)
 4  Capuchin Swing (J.McLean)
 5  Soulstice (G.Bartz)
 6  Crazy She Calls Me (C.Sigman/B.Russell)
 7  Summer Serenade (B.Carter)
 8  Lotus Blossom (B.Strayhorn)
 9  I Wish I Knew (H.Warren/M.Gordon)


「HEADS OF STATE」・・・あれ〜、こんなグループがあるのかと思いました。
ゲーリー・バーツ(as)、ラリー・ウィリス(p)、バスター・ウィリアムス(b)、アル・フォスター(ds)がメンバーです。
私にとっては懐かしい名前と顔です・・・ちょっと重たい気もするけど・・・
裏を見てみると「Impressions」が最初に入っていたので決まりです。
私はコルトレーンのこの曲が入っていると必ず買うことになります。
もっともこのメンバーなら間違いないと思いましたが・・・。

全9曲はトレーン、マッコイ、マクリーン、ベニー・カーターの曲が取り上げられていました。
その他バーツが2曲、スタンダード3曲の構成です。
予想通り、がっちり、ずっしりとした重厚なサウンドを聴かせてくれました。
バーツの枯れてかすれた感じのアルトの音色がいいです。
ウィリスのマッコイライクなピアノ、バスターはエレキとアコースティック・ベースの両刀遣いか、
フォスターの堅実かつ確実なドラミングも聴きどころになりました。

ベストはオリジナルの(5)「Soulstice」かな・・・バーツ、ウィリスが軽快に飛ばします。
マクリーンの(4)「Capuchin Swing」(お猿ジャケで有名)も面白かったです。
手慣れている感じで、これを聴いているとコルトレーン〜マクリーン〜バーツの流れもあったと思います。
スタンダードの(6)「Crazy She Calls Me」ではバーツのバラード奏法が満喫出来ました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(753) RYAN KISOR QUARTET / POWER SOURCE

ryan kisor(tp), chris potter(ts),
james genus(b), gene jacson(ds)
2001(1999Rec)/Criss Cross/


1 Power Source (R.Kisor) 2 Salome's Dance (C.Potter)
3 Duke Ellington's Sound Of Love (C.Mingus) 4 New Picture (J.Heath)
5 Boogie Stop Shuffle (C.Mingus) 6 Pelog (C.Potter)
7 Bird Food (O.Coleman)


ライアン・カイザー(tp)は収集対象です。
今作は最も気になっていた一枚でカイザーの代表作との呼び声も高かった。
入手が遅れたのはクリスクロス・レーベルは比較的入手し易く急ぐことはないと思ったからです。
もう15年も前になるんですね。

カイザーとクリス・ポッター(ts)のフロント2管のガチンコ勝負。
それもピアノレス・カルテットなら見逃せませんね。
もちろん、熱い演奏が聴けるのは十分予想していました。

演目は全7曲、二人のオリジナル3曲とその他4曲の構成です。
チャーリー・ミンガス(b)やオーネット・コールマン(as)の曲を取り上げています。
やはり意欲作だと思います。
二人の息もピッタリ・・・演奏は滑るように滑らかで変幻自在に変化する。
切れ味鋭いフレージングを聴いているとここに一つのピークがあったような気がします。
カイザーは1973年生まれなので弱冠26歳、ポッターは1971年生まれの28歳。
若いだけに創造力は豊かで体力も十分、突っ込んでくる勢いがあります。
オーネットの(7)「Bird Food」は名演です。

ジャズの魅力を満喫できる名盤の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(752) JOEL PRESS QUARTET / LIVE AT SMALLS

joel press(ts),
michal kanan(p), chris haney(b), fukushi tainaka(ds):(1,3,4,6,8,9,10)
spike wilner(p), boots maleson(b), steve little(ds):(2,5,7)
2014/Smalls Live/


 1  There Will Never Be Another You (H.Warren)
 2  I Never Knew (Merkin/Schwartz)
 3  All Of Me (G.Marks/S.Simons)
 4  I Hear A Rhapsody (G.Fragos/J.Baker/D.Gasparre)
 5  Lover Man (J.Davis/R.ramirez/J.Sherman)
 6  All The Things You Are (J.Kern)
 7  On A Slow Boat To China (F.Loesser)
 8  That Old Feeling (S.Fain)
 9  Sunrise (J.Press)
10  It's You Or No One At All (S.Cahn/J.Styne)


ジョエル・プレス(ts)は初見、ジャケ買い、シブい佇まいに引かれました。
熟年のサックス奏者のスタンダード作品集に手が伸びるのはもう病気だと思っています。

ベテランの良さは自己のスタイルが確立されていること。
人まねではない自分の歌い方を持っていることだと思います。
このジョエル・プレスもそうでした。
とつとつとした独特のノリ、ゆったりとしたスイング感、雰囲気抜群でなんともたまりません。
演目はよく知られたスタンダードばかり、実に味のある歌い方で「いいなぁ〜」と思いました。

ベストは唯一のオリジナル、(9)「Sunrise」です。
このバラードが素晴らしくて一発でノックアウトされてしまいました。
プレスの円熟のバラード奏法と続くマイケル・カナンのピアノに参った。
もう最高!・・・この1曲のために買っても惜しくないと思います。

マイケル・カナンとスパイク・ウィルナーの二組のトリオが楽しめるのもお徳用です。
スモールズの音楽監督でもあるウィルナーの存在感のあるピアノも聴きどころになりました。


「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(751) DONATELLA LUTTAZZI & AMEDEO TOMMASI TRIO / I LOVE YOU CHET

donatella luttazzi(vo),
amedeo tommasi(p), giovanni tommaso(b), marco valeri(ds)
2016/Donatella Lutazzi/


 1  I Love You Chet (D.Luttazzi)
 2  Body And Soul (Heyman/Sour/Eyton/Green)
 3  All The Things You Are (Kern/Hemmerstein)
 4  My Funny Valentine (Rogers/Hart)
 5  Like Someone In Love (Van Heusen/Burke)
 6  Angel Eyes (Dennis/Brent)
 7  My Romance (Rogers/Hart)
 8  Stella By Starlight (V.Young)
 9  Just Friends (Klenner/S.M.Lewis)
10  I Fall In Love Too Easily (Styne/Washington)
11  My Foolish Heart (Young/Washington)
12  Alone Together (Schwartz/Dietz)
13  The Touch Of Your Lips (R.Noble)


Donatella Luttazzは初見、イタリアの自主制作盤、ジャケ買いです。
迷ったんですが結局表題の「I Love You Chet」に惹かれました。
チェット・ベイカー(tp,vo)の中性的な声質は男性よりも女性ヴォーカリストに多くの影響を与えたと思います。
特に有名な「My Funny Valentine」の唱法は古典的なバイブルになっているかもしれませんね。

聴いてみるとけっこう面白かったです。
なんていうのかな?・・・意外性がありました。
ジャケットのイメージと違って可愛らしい声で端正に歌っています。
タイミングがちょっとずれる独特のノリで、一見ヘタウマ風なんだけどなんか心に響いてくるんですよ。

トリオのバックが7曲、オーケストラのバックが6曲の構成でバランスはいいです。
シットリとしたトリオの演奏も聴きどころになりました。
超有名曲ばかりなので安心して聴いていられます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(750) MARIKO KAJIWARA / PITTER PATTER

梶原まり子(vo)、
橋本信二(g)、大口信一郎(p)、小杉敏(b)、村上寛(ds)
2016/Gate One/



 1  When Sunny Gets Blues (J.Segal/M.Fisher)
 2  Good Morning Heartache (E.Drake/E.Drake, D.Fisher, I.Higginbotham)
 3  Exactry Like You (D.Fields/J.McHugh)
 4  East Of The Sun (B.Bowman)
 5  Bewitched (L.Hart/R.Rodgers)
 6  Come Rain Or Come Shine (J.Mercer/H.Arlen)
 7  I Fall In Love Too Easily (S.Cahn/J.Styne)
 8  Everything Happens To Me (T.M.Adair/ M.Dennis)
 9  The Way We Were (A.Bergman, M.Bergman/M.Hamlisch)
 10  Everytime We Say Goodbye (C.Poter)


現在私には好きな3人の日本人女性ジャズ・ヴォーカリストがいます。
鈴木道子さん、清水秀子さん、とこの梶原まり子さんです。
3人の持ち味は違いますがそれぞれに個性的で素晴らしい歌手です。
道子さんはソウル、秀子さんはポップ、まり子さんはジャズ度が一番高いと思っています。
3人共に若い女性ヴォーカリストに人気があるのも共通しています。
今までまり子さんのCDだけ持っていなかったので今回入手出来て嬉しかったです。

さて今作の共演者は現在「昭和子供バンド」としてライブ活動を行っています。
私も何度か見に行っています。
遊び心があるやんちゃな「大人のジャズ」で聴きながらつい微笑んでしまうことも多い。
付き合いも長く気心が知れている、いわば盟友のジャズ・マン達なので阿吽の呼吸です。
まり子さんと夫君の橋本信二(g)さん、まり子さん&大口純一郎(p)さん、まり子さん&小杉敏(b)さん、
まり子さん&村上寛(ds)さんのコンビネーションも聴きどころになります。

以前、まり子さんのライブ・レポートで私はこう書いています。

「やっぱり梶原まり子(vo)さんのグルーブ感とスイング感は凄かったです。
強弱や緩急が微妙に変化するのでまるでアドリブを聴いているようなボーカル。
だからこそ大口さんとの掛け合いも面白かったです。
独特の間とタイミングは梶原さん独自のものでしょうね。
誰にも似ていない個性と味わいがあります。
グイと心に踏み込まれる感じもその通りでした。
これは麻薬みたいなもので時々は聴きたくなると思います。
梶原さんの「インプロビゼーションの世界」はそのままジャズの魅力でもあります。
やっぱり自分の世界を持っているのは最大の強みです。」

ベストは(5)「Bewiched」でまり子&信二の夫婦ならではのコンビネーションが聴けました。
(7)「I Fall In Love Too Easily」の絶妙なノリにも注目
その他の曲も安定感十分、聴き味が良くて聴きどころも多いです。
現在私のお気に入りの曲「Everything Happens To Me」」と「Everytime We Say Goodbye」が入っているのも良かった。

まり子さんは今でも歌うたびに「ドキドキ」すると言っていました。
それで題名をそのまま「Pitter Patter」にしたそうです。
まり子さんと信二さんのお店、高田馬場のライブ・スポット「Gate One」へ是非足を運んでみて下さい。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(749) BILL CHARLAP TRIO / NOTES FROM NEW YORK

bill charlap(p), peter washington(b), kenny Washington(ds)
2016/Impulse/


 1  I'll Remember April (G.Depaul/P.Johnston/D.Raye)
 2  Make Me Rainbows (J.T.Williams/A.Bergman/M.Bergman)
 3  Not A Care In The World (V.Duke/J.Latouche)
 4  There Is No Music (H.Warren/I.Gerswhin)
 5  A Sleepin' Bee (H.Arlen/T.Capote)
 6  Little Rascal On A Rock (T.Jones)
 7  Too Late Now (B.Lane/A.J.Lerner)
 8  Tiny's Tempo (L.Grimes/C.Hart)
 9  On The Sunny Side Of The Street (J.McHugh/D.Fields)


先日リニー・ロスネス(p)を聴いたので今度は夫君のビル・チャーラップを選びました。
幾何学的でアヴァンギャルドなジャケットにも惹かれました。
実にチャーラップを買ったのは久し振りで9年振りです。
イメージがだいぶ変わっていると思いました。

ロスネスとはピアニスト同士ということもあり互いに影響しあっているでしょうね。
ロスネスは独特のタッチとタイミングの持ち主でカチッとした硬派のピアニストで個性的です。
そんなところがチャーラップの味わいとして加わったと思います。

結論から言えばこれは素晴らしいアルバムです。
贅肉をそぎ落として一音一音を際立てる、引き締まった硬質な演奏を繰り広げています。
90年代から20年以上続くこのピアノ・トリオは稀有な存在です。
ピーター(b)&ケニー(ds)の両ワシントンとのビル・チャーラップ・トリオはなお現在進行形。
その完成度の高さに驚きました・・・凄いです。
現在、世界最高クラスのレギュラーのジャズ・ピアノ・トリオではないかな。

まぁ〜、どれを聴いても非の打ちどころがない感じがします。
まずは1曲目の「I Remenber April」を聴いてみて下さい。
聴き慣れている曲ですがグイと引き寄せられてしまいました。
ベストは(2)「Make Me Rainbows」かな、このノリ、絶妙なタッチとタイミングに参りました。
(3)はアップ・テンポで(4)はスロー・バラードで演奏されます。
(5)「A Sleepin' Bee」の三位一体となったスイング感も凄いです。
超スロー・テンポで演奏される(9)「On The Sunny Side Of The Street」は斬新です。
ピアノ・ソロですがまったく別の曲に聴こえます。

久々に背筋がゾクゾクした一枚です。
ジョン・コルトレーン(ts)で名を上げた再生インパルス・レーベルも久しぶりでした。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(748) CHRISTIAN WINTHER QUARTET / REFUGE in SOUND

christian winther(ts),
allyn Johnson(p), reuben rogers(b), billy williams jr(ds)
guest:mike moreno(g)(1,2,4), christie dashiell(vo)(3)
2016/Sound Perspective Music/


 1  Refuge In Sound
 2  Looking Back
 3  On For Mulgrew
 4  Outsider
 5  Tell Me Your Truth
 6  Blues Life
 7  The Sleeping Giant
 8  Tune For Trane


クリスチャン・ウィンザー(ts)は初見です。
ウィンザーはデンマーク生まれで現在はニューオリンズを中心に活動しているようです。
表題曲の「Refuge In Sound」もそんなところに起因しているのかもしれません。
全8曲は全て自身の「オリジナルです。
(4)にマルグリュー・ミラー、(8)にジョン・コルトレーンの名前が見えますね。
つまりここいら辺がウィンザーのルーツになると思われます。
マイク・モレノ(g)が3曲にヴォーカリストが1曲にゲスト出演しています。
ただヴォーカリストはテーマのユニゾンに入るだけで歌は歌っていません。

聴き始めてまず特徴的なのはテナー・サックスのクリアな音色でしょうか。
端正に真面目にキッチリと音を出す・・・アルト・サックスに近い感触を持ちました。
よどみないフレージングと展開でウィンザーの能力は相当に高いです。
メンバーとの相性も良く、特にオーリン・ジョンソン(p)の好演が光ります。
モレノの味付けも効果的で完成度の高いアルバムに仕上がりました。
全体的にサウンドが大人しいので刺激的ではないけれど中身は相当に濃いです。
ベストはストレート・アヘッドに展開する(4)「Outsider」かな。
ウィンザーは中々いい感じのテナー奏者でもう一枚聴いてみたいと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(747) LOGAN RICHARDSON QUINTET / SHIFT

logan richardson(as), pat metheny(g),
jason moran(p), harish raghavan(b), nasheet waits(ds)
2015/Blue Note/


 1  Mind Free
 2  Creeper
 3  In Your Next Life
 4  Locked Out Of Heaven
(B.Mars/A.Levine/P.Lawrence)
 5  Slow
 6  When I Wake
 7  Imagine
 8  Alone
 9  In Between
 10  Time
 11  Untitled


ローガン・リチャードソン(as)は初見です。
2枚目のリーダー・アルバムになるのかな。
ジャケットもカッコいいしスタイルもヒップです。
もちろんローガンの評判は耳に入っていました。
このところ聴き易いものを選んで聴いていたのでたまには骨っぽいところを聴きたいと思いました。
共演がパット・メセニー(g)とジェイソン・モラン(p)なら申し分ありません。

全11曲は1曲を除いてローガンのオリジナルです。
現在のニューヨーク・ジャズ・シーンの主流はこういったサウンドなんでしょうか。
ダーク・アンド・ディープで音の広がりを持つ浮揚感のあるサウンド。
ジョージ・コールマン(ts)やグレグ・オズビー(as)が提唱したニューヨーク・Mベース派の流れを汲んでいます。
この系統にはゲイリー・トーマス(ts)やミゲール・ゼノン(as)、グレゴリー・ターディ(ts)などの名前も見えます。

エレクトリック・サウンドを効果的に使った刺激的なサウンドが聴けました。
やっぱりメセニーの存在感が凄いと思います。
この人の才能は底知れない。
強烈なオーラを放っていてさすがのモランも霞んでしまうほどです。
ローガンやモランも好演、メンバーが一丸となったニューヨーク最先端のジャズが聴ける一枚。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(746) LOU DONALDSON QUARTET / LIVE IN BOLOGNA

lou donaldson(as),
herman foster(p), jeff fuller(b), victor Jones(ds)
1984Rec/Timeless/


1 Stella By Starlight 2 Groovin' High
3 Summertime 4 Lou's Blues
5 St.Thomas 6 Star Eyes


ルー・ドナルドソン(as)は1926年、ノースカロライナ州生まれ。
50年代はチャーリー・パーカー直系のアルト奏者としてフレッシュな演奏を聴かせてくれました。
その神髄はアート・ブレイキーの名盤「バードランドの夜」で聴くことができます。
この日のクリフォード・ブラウン(tp)との2管はハード・バップの夜明けとして燦然と輝いています。
まさに歴史的名盤の一枚ですね。

その後R&B系の演奏が多くなって次第にソウル、ファンキー路線に転じていくことになります。
ルーはブルー・ノート・レコードの看板アーティストの一人で根強い人気がありました。
1967年に発売された大ヒット盤、「Alligator Bogaloo」がその頂点になるかな。
70年代まではBNに作品があるようです。

ルーは2010年代まで活躍している息の長いプレイヤーです。
「70年代、80年代のジャズ・低迷期にはどうしていたのかな?」と思っていました。
アメリカの多くのジャズ・メンがヨーロッパに渡っていたのでルーもその一人だったかもしれませんね。
今作はそんな時にオランダのタイムレス・レーベルに残した一枚です。
有名ジャズ・スタンダード作品集でルーの純ジャズ路線が聴けるのではと期待して入手しました。

録音時は58歳、ノリも良くスピード感も十分で艶のある音色は健在です。
実にリラックスしたプレイを聴かせています。
MCでくぐもったルーの肉声が聞けるのも貴重かな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(745) STEVE KALDESTAD QUARTET / NEW YORK AFTERNOON

steve kaldestad(ts),
renee rosnes(p), peter washington(b), lewis nash(ds)
2015/Cellar Live/


 1  Punjab (J.Henderson)
 2  O Bebado E A Equilibrista (J,Bosco/A.Blanc)
 3  Put On A Happy Face (C.Strouse)
 4  Wishful Thinking (R.Rosnes)
 5  Beatriz (E.Lobo/F.Buarque)
 6  Yeah ! (S.Kaldestad)
 7  I've Just Seen Her (C.Strouse/L.Adams)
 8  Icelight (R.Rosnes)
 9  Blues For David (C.Montgomery)


スティーヴ・カルデスタッド(ts)を聴くのは2枚目です。
前回聴いたのは「STRAIGHT UP」(2014)でバックは中堅のマイク・ルドン・トリオでした。
ブルーノート風のジャケットに惹かれたけど今回もジョー・ヘンダーソンの「ページ・ワン」のパクリです。
なんか狙いが分かり易くて1曲目にそのヘンダーソンの「Punjab」が入っています。

同時にここはメンバー構成に惹かれました。
久々のリニー・ロスネス(p)とピーター・ワシントン(b)、名手ルイス・ナッシュ(ds)の組み合わせ。
ロスネスは女性にしてはカチッとした硬派のピアニストで個性的です。
独特のタッチとタイミングの持ち主ですがここでもその特徴を十分に発揮しています。

カルデスタッドも柔らかい音色でクールに展開していて安定感は十分です。
まるでライブであることを忘れてしまいそうな落ち着きです。
究極のバラード(5)「Beatriz」はピアノとのデュオ、続く(6)「Yeah !」はピアノレス・トリオで聴かせる。
ボサノバの(2)、スピード感溢れる(8)など、構成も練られていて聴きどころも多いです。
改めてこの人は上手いと感じました。

オーソドックスで上品なテナー・サックスのワン・ホーン・アルバムに仕上がりました。
聴き味は最高でいつまでも聴いていたい気がします。
まさに「目立たないけどいいアルバム」の一枚です。

お詫びと訂正
リニー・ロスネスの夫君はビル・チャーラップ(p)で前夫はビリー・ドラモンド(ds)でした。
お詫びして訂正します。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(744) HARRY ALLEN QUARTET / LONDON DATE

harry allen(ts),
andrea pozza(p), simon woolf(b), steve brown(ds)
2016/Trio Records/


 1  This Is My Lucky Day (Allen/Carmichael)
 2  ATime For Love (Mandel/Webster)/You Are There (Mandel/Frishberg)
 3  June Song (Allen/Carmichael)
 4  Where No Man Has Gone Before (Theme From Star Trek) (Courage)
 5  Here's That Rainy Day (Van Heusen/Burke)
 6  (Back Home Again In) Indiana (Macdonald/Hanley)
 7  Our Love Is Here To Stay (Gershwin)


ハリー・アレン(ts)のライブ盤を聴くのは久し振りです。
アレンはエリック・アレキサンダーと対で聴くことが多いので一応収集対象ではあります。
でも数が多いので追いかけきれないでいます。
エリックほど思い入れがないのも事実ですが。

今作はしっとりとしたシックな仕上がりです。
余りの心地良さに私は眠くなってしまいました。
ゆるやかに流れるスイング感に包まれるような感じがします。

ライブということもあって1曲の時間が長いです。
その分、じっくりとアレンやメンバーの演奏を聴くことができました。
ピアノはイタリアの名手アンドレア・ポッザ、プロデューサーはベーシストのサイモン・ウールフです。
(2)のスロー・バラードではアレンの安定したサックスの音色が素晴らしい。
ゆったりとしたテンポをやわらかく吹き切る・・・この人は本当に上手いと思います。
逆にそれが仇になって器用貧乏に陥っていることがあるかもですね。
ボサノバのハリー・アレンという評価も片手落ちで純ジャズ路線でも十分聴き応えがあります。
そのボサノバは(4)で聴けるけど手慣れたものです。
(5)のビブラート奏法なんて現代テナーの最高峰が聴けます・・・正に絶品です。

私は常々「エリックと共演させたいなぁ〜」と思っています。
どういう展開になるんだろうか?
興味は尽きませんが誰か企画してくれませんかね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(743) KEN FOWSER QUINTET / STANDING TALL

ken fowser(ts), joshua bruneau(tp),
rick germanson(p), paul gill(b), jason tiemann(ds)
2016/Positone/


 1  Head Start
 2  Lucid Dreaming
 3  Filling InnThe Blanks
 4  Off The Path
 5  Mode For Red
 6  The Fade Away
 7  Patience And Optimism
 8   Standing Tall
 9  Hanging On
 10  Brick's Tune
 11  Timeless
 12  Somebody Got To Do


Ken Fowser(ts)は初見、ジャケットに惹かれました。
全曲自身のオリジナルなので迷いましたがテナーとラッパのフロント2管が決め手になりました。
聴いてみると全員一丸となった熱い演奏が詰まっていました。
ネオ・ハードバップの好盤というところでこれが中々良かったです。

全12曲、Fowserには作曲の才能があるようで、曲想も変化に富んでいて飽きさせません。
50〜60年代のジャズをよく研究していて、どれもどこかで聴いたことがある感じになっています。
それでもやはり全曲オリジナルは辛いと思うので1、2曲のスタンダードが欲しかったです。
ルーツは明らかにウエイン・ショーターだと思います。
こういうのを聴くと改めてショーターの存在は大きいと感じます。

メンバーには現在のニューヨークのハード・バップ・シーンの俊英が揃っています。
まとまりも良くスムーズかつスマートに展開されているのはその実力の現れです。
難曲をいとも簡単にやってのける・・・つくづく現代のジャズマンは凄いと思う。
Ric Germansonはこういったサウンドにはぴったりのバップ系ピアニストでシダー・ウォルトンを、
Josh Bruneauはリー・モーガンを、JasonTiemannはトニー・ウィリアムスをイメージしました。

ジャズ・メッセンジャーズ、マイルス・デイビス、ホレス・シルバーなどの黄金のジャズ・クインテットを彷彿とさせる。
1960年代の古き良き時代を思い起こさせる一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(742) ALASTAIR LAURENCE TRIO / TIME REMEMBERD

alastair laurence(p), arne brunvoll(b), trond gunderson stuve(per)
1999//


1 Time Remembered(B.Evans) 2 Blue Rond A La Turk(D.Brubeck)
3 Naima(J.Coltrane) 4 Skating In Central Park(J.Lewis)
5 Quiet Girl(B.Childs) 6 Black Orpheus(L.Bonfa)
7 Autumn Leaves(J.Kosma)


アレスター・ローレンス(p)は初見。
レア盤にはあまり興味がないけれどこれは気になりました。
CDの裏表を見ただけでは何を演奏しているのか、内容がまったく分からなかったから。

ローレンスは50年以上のキャリアを持つイギリスのピアニスト。
今作は激レア盤らしいです。
なぜそうなのか?・・・ジャケットを開けてみてすぐに納得しました。
まずは演目に目が向いた・・・日本人好みの超スタンダードが並んでいます。

加えて弾いているピアノが素晴らしいんです。
track1 Michael Rosenberger (1795)
track2 John Broadwood (1801)
track3-7 Erard (1866)
とありました。

クラシックのコンサートを彷彿とさせる品格の高い演奏が詰まっていました。
美しいピアノの音に浸るのも一興だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(741) FABRIZIO BOSSO QUARTET With Ensemble / DUKE

fabrizio boss(tp,flh),
julian oliver mazzariello(p), luca alemanno(b), nicola angelucci(ds)
with paolo silvestri ensemble
fernando brusco(tp), claudio corvini(tp), mario corvini(tb),
gianni oddi(as), michele polga(ts,ss), marco guidolotti(bs)
2015/Verve/


 1  I Let A Song Go Out Of My Heart
 2  Caravan
 3  In A Sentimental Mood
 4  It Don't Mean A Thing
 5  Medrey:
Black And Tan Fantasy
Jeep's Blues
 6  Solitude
 7  Perdido


久々にファブリジオ・ボッソ(tp)を買ってみました。
Paolo Silvestriのアンサンブルをバックにしたデューク・エリントン作品集です。
ボッソもキャリアを重ねてきてやりたいことはほとんどやってきていると思われます。
それで今回はこういった企画になったのかもしれませんね。
でもこれが大当たり・・・重厚なアンサンブルと斬新なアレンジが楽しめます。

自己のカルテットに6人のホーン奏者が加わります。
アレンジと指揮はPaolo Silvestriです。
このアレンジがまた素晴らしくてボッソの水を得た魚のような生き生きとしたソロがたまりません。
バックのプレイヤーも各々が実力者揃いでアンサンブルの為だけに集められたのではないのは明白です。
それが証拠にあちこちでソロ・パートが与えられています。

エリントンの代表作が並んでいてエリントン特有のジャングル・ムードは(5)で味わえました。
(3)や(6)のバラードを挟んで全体の構成もよく考えられています。
私的ベストは(7)かな、1曲だけエリントンじゃないけれどこの切れ味が凄いです。
ボッソもいつになく意欲的でこの編成に刺激を受けているのは間違いありません。
今作はいわばボッソの異色作なんですがこれが新鮮な余韻を残す作品になりました。

少し大きめの音量で鳴らすと良かった。
ビック・バンド・ファンにもお勧めです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(740) RYAN KISOR THE QUINTET / A NIGHT IN TUNISIA
Plays "A Night At Birdland"

ryan kisor(tp), grant stewart(ts),
sam yahel(p), james genus(b), victor lewis(ds)
2004/Videoarts Music/


1 Quick Silver (H.Silver) 2 A Night In Tunisia (D.Gillespie)
3 Confirmation (C.Parker) 4 If I Had You (J.Campbell)
5 Sprit Kick (H.Silver) 6 Mayreh (H.Silver)
7 Now's The Time (C.Parker) 8 Once in A While (D.Edwards)
9  Wee Dot (J.J.Johnson)


私には見つけたら買おうと思っているジャズ・マンが何人かいます。
ここのライアン・カイザー(tp)もその一人です。
グラント・スチュアート(ts)とのフロント2管、「ザ・クインテット」の2枚目の作品です
サム・ヤヘルはオルガンとの両刀遣いですがピアノにも注目しました。

今作はアート・ブレイキー・クインテットの歴史的名盤「バードランドの夜」(1954)の演目を再演したものです。
バップの名曲が並んでいますね。
スピード感溢れる切れ味鋭いハード・バップが聴けました。
気分は爽快・・・文句なしの快演だと思います。
つくづく現代のジャズ・メンの実力は凄いです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(739) JANCY KOROSSY & NICOLAS SIMION QUARTET / LIVE IN BRASOV

nicolas simion(ts,ss),
jancy korossy(p), james singteton(b), peter perfido(ds)
2014(2001Rec)/7dreams Records/


1 Blues For Garay (J.Korossy) 2 You Wouldn't Believe (R.Oschanitzky)
3 Shuffle In Graz (N.Simion) 4 For Oscar (J.Korossy)
5 Meditation (J.Korossy) 6 The Game With The Ball (J.Korossy)
7 Sweet Home (N.Simion) 8 Romanian Boogie(N.Simion)


ピアニストにヤンシー・キョロシーを迎えたニコラス・シミオン(ts)のワン・ホーン作品です。
先日のリー・コニッツ入りが良かったのでもう少し聴いてみたいと思いました。

全8曲は1曲を除いてシミオンとキョロシーのオリジナルです。
ジャズ王道をゆく重厚なカルテットが聴けました。
自由自在かつスムーズに展開するシミオンのサックスとトリッキーなキョロシーのピアノ、
野太い音色で存在感抜群のベースと堅実なドラムスが織りなすサウンドについ聴き惚れてしまう。
13分を超す長丁場の(3)「Shuffle In Graz」がベスト・プレイか。
(4)「For Oscar」はピアノ・トリオで、それこそオスカー・ピーターソン張りのピアノが聴けました。
ソプラノ・サックスとピアノの絡みが面白い(7)「Sweet Hopme」、
ピアノレス・トリオで演奏される(8)「Romanian Boogie」の凝った構成など聴きどころも多いです。

これがライブ盤ということを考えるとその完成度の高さに驚いてしまいます。
あっという間に時間が過ぎてしまった。
ルーマニア・ジャズの実力を示した一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(738) BERNT ROSENGREN QUARTET / BALLADS

bernt rosengren(ts),
stefan gustafson(p), hans backenroth(b), bengt stark(ds)
2015/Pb7/


1 Time Waits(B.Powell) 2 Lush Life(B.Strayhorn)
3 Crazy She Calls Me(C.Sigman/B.Russell) 4 If I Should Lose You(R.Rainger/L.Robin)
5 I Loves You Porgy(G&I.Gershwin) 6 God Bless The Child(A.Herzog/B.Holiday)
7 I'll Be Seeing You(S.Fain/I.Kahal) 8 The Things We Did Last Summer(J.Styne/S.Cahn)
9 'Tis Autumn(H.Nemo) 10 Spring Is Here(R.Rodgers/L.Hart)
11 A Nightingale Sang In Berkeley Square(M.Sherwin/E.Maschwitz) 12 Willow Weep For Me(A.Ronell)


先週に続いてスウェーデン発の熟年のスタンダード集です。
「Bernt Rosengren」は初見かな・・・名前は知っているのでどこかで聴いたかも。
先週はドラム・レス・トリオでしたが今週はピアノ・トリオがバックのカルテットです。
熟年のスタンダード作品集を見かけると、いつも「今更なぁ〜」と思います。
内容も雰囲気も分かっているから・・・。
でも馴染みのある曲を「どう演奏しているのか」が気になって結局買ってしまいます。

しごくオーソドックスなテナー・サックスのワン・ホーン・アルバムです。
題名はずばり「Ballads」と銘打ってきました。
手慣れた感じは落ち着いていてBGMで流すにはピッタリです。
選曲もシブい曲が並んでいて憎いですね。
しっとりとした演奏とスイング感がたまりません。
ワン・パターンではあるけれど、題名そのものの円熟のバラードが聴けました。
車のHDDに入れて聴きたいと思っています。

なおベーシストは先週と同じハンス・バッケンロスです。
こういった作品には欠かせないプレイヤーかもしれませんね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(737) HACKE BJORKSTEN TRIO / TOP THREE

hacke bjorksten(ts,ss), ulf johansson werre(p,vo), hans backenroth(b)
2014/Do Music Records/


1 Don't Get Around Much Anymore(D.Ellington) 2 After You've Gone(T.Layton/H.Creamer)
3 The Swan / Le Cygne(C.S.Saens) 4 Tricotism(O.Pettiford)
5 Don't Get Sloppy(U.Johansson) 6 Yesterdays(J.Kern)
7 Badinerie(J.S.Bach) 8 What Is This Thing Called Love(C.Poter)
9 Polska Fran Gemala(H.Bjorksten) 10 Fine And Dandy(K.Swift)
11 Adagio(T.Albinoni) 12 Come Rain Or Come Shine(H.Arlen)


スウェーデン発の熟年ドラムレス・トリオの作品です。
「Hacke Bjorksten」は何と読むのか、むずかしいですね。
コールマン・ホーキンスの流れを汲む骨太な音色を持つ中間派のテナー奏者です。
ノスタルジックな味わいを持つ、よく歌うトリオと言ったら良いでしょうか。
全12曲はジャズ・スタンダードが7曲、クラシックが3曲、オリジナルが2曲の構成です。

(2)「After You've Gone」ではピアニストのシブいヴォーカルも聴けます。
(6)「Yesterdays」はこのトリオにはピッタリの選曲か。
(8)「What Is This Thing Called Love」は凝ったアレンジで楽しめました。
サン=サーンスの(3)「The Swan/Le Cygne」では詩的な演奏が聴きどころ、
クラシックは他にバッハの(7)「Badinerie」とアルビノーニの(11)「Adagio」が入っています。

ずばり、安定感や安心感を味わう作品だと思います。
刺激は少ないですがじんわりと耳に馴染んできます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(736) DMITRY BAEVSKY QUARTET / SOMETHIN' SPECIAL

dmitry baevsky(ts),
fabio miano(p), ignasi gonzalez(b), joe strasser(ds)
2015/Blau Records/


1 Somethin' Special(S.Clark) 2 Fools Rush In(Mercer/Bloom)
3 Cheescake(D.Gordon) 4 Lament(J.J.Johnson)
5 Eclypso(T.Flanagan) 6 The End Of A Love Affair(E.Redding)
7 I Thought About You(J.V.Heusen)    


ドミトリー・バエブスキーの名前は知っていましたが聴いたのは今回が初めてです。
名前からロシア系ということは分かります。
予想したよりゴツゴツした感じのサックスだと思いました。
演目の中にある(3)のデクスター・ゴードンや(5)のカリプソを見て納得しました。
つまりバエブスキーのルーツはデックスやソニー・ロリンズにあるというわけですね。
現代のテナー・サックスの主流がコルトレーン派にあるとすればそれだけで個性的です。
バラードのJ.Jの名曲(4)「Lament」も端正にキッチリと吹き切っています。
音色もクリアでテクニックも申し分ありません。
軽い感じで飛ばす(2)「Fools Rush In」も聴きどころになりました。

男性的で豪快とはちょっと違うけれど独特のアクセントを持っていて面白いです。
もう一枚聴いてみたいと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(735) B-EDGE / EASY LOVING YOU

ウォーネル・ジョーンズ(b,vo)、後藤輝夫(ts,ss,fl,per)、
マーティ・ブレイシー(ds,cho)、羽仁知治(p,key)、西山HANK史翁(g)、
Guest: CHAKA(vo)

2015/Vivid Sound/


1 Take Out To Go(T.Goto) 2 Hama Love(T.Hani)
3 Ain't It Funky(J.Brown) 4 Sukiyaki(H.Nakamura)
5 When I Was A Boy(F.H.Nishiyama) 6 Tokyo 11(T.Hani)
7 Easy Loving You (W.Jones) 8  Piero/Crown(B-Edge)
9 Easy Loving You With Chaka  


B-EDGEの初アルバムです。
先日の大橋純子さんとの共演ライブで入手しました。
B-EDGEはソウル・フュージョン・バンド。
ウォーネル・ジョーンズ(b,vo)とマーティ・ブレイシー(ds)の強力なリズム・セクションが売りです。
そこに後藤輝夫(sax)さん、西山HANK(g)さん、羽仁知治(key)が乗ります。
熟年おじさんバンドなんだけどそのノリは強烈です。

ウォーネルさんは鬼才原田真二さんのグループ、羽仁さんは上田正樹さんのグループなどで活躍。
後藤さんは自己のソウル・ファンキー・バンドの「ごめんね」を率いています。
メンバーそれぞれが幅広い音楽性の持ち主でスタジオ・ミュージシャンとしての特性も高いと思います。
思うに60年代にジャズが行き詰まった時に現れたのがスタジオ・ミュージシャンを中心にした「クロスオーバー」でしたね。

ジャケットは鮮やかな浮世絵でドッキリ、日本在住のアメリカ人は日本人以上に日本の文化に親しんでいるかも。
内容は推して知るべしでソウル・ファンキー度満載で聴き易いです。
超グルービーなリズム感なんだけど、どこか控えめで上品な味わいがたまりません。
ストレートな若い人には出せない味です。
羽仁さんの(2)「Hama Love」、西山さんの(5)「When I Was A Boy」のバラードが素晴らしい。
タイトル曲の(7)、(9)の「Easy Loving You」も印象に残りました。
ライブ・ハウスでも「Easy Loving You」の大合唱が起こったのを思い出しました。

CDも良いけれど、あくまでこのグループの神髄はライブにあります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(734) WES MONTGOMERY QUARTET / ONE NIGHT IN INDY

wes montgomery(g),
eddie higgins(p), unknown(b), walter perkins(ds)
2015(Rec1959)/Resonance Records/


1 Give Me The Simple Life(H.Ruby/R.Bloom) 2 Prelude To A Kiss(Ellington/Gordon/Mills)
3 Stonpin' At The Savoy(Webb/Goodman/Sampson) 4 Li'l Darling(N.Hefti)
5 Ruby, My Dear(T.Monk) 6 You'd Be So Nice To Come Home To(C.Poter)


ウェス・モンゴメリー(g)の未発表、発掘盤です。
今頃になって発見、発売されるのは珍しいと思います。
ウェスがリバーサイドと契約するちょっと前の録音でオクターブ奏法はすでに完成されています。
観客がその驚異的な演奏に耳をそばだてているのがよく分かります。

まずは抜群の雰囲気を持つアルバムです。
ライブ・ハウス全体が熱気に溢れ、プレイヤーと聴衆の一体感が素晴らしい。
いかにもジャズが時代の先端を走っていた頃の感じが伝わってきます。

録音も良く、臨場感も十分なスタンダード作品集です。
4人が織りなすこのノリ、絶妙なスイング感はたまりません。
一音も聴き逃すまいとする聴衆の緊張感も感じさせます。
この頃のエディ・ヒギンスのピアノが聴けるのも嬉しいですね。
(5)「Ruby, My Dear」・・・格調高く上品で美しいピアノは変わっていません。
なおベーシストはノークレジットですがいずれ名のあるベースマンだと思います。

どの曲の演奏も楽しく聴きどころになりました。
ウェス・ファンはもちろんのこと、ヒギンス・ファンもギター・ファンも必聴だと思いますよ。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(733) MICHAEL DEASE QUARTET / LET'S GET REAL

michael dease(tb),
xavier davis(p), kengo nakamura(b), ulysses owens jr(ds)
2015/Spice Of Life/


1 Birdlike(F.Hubbard) 2 Broadway(W.H.Bird/T.McRae/H.Woodel)
3 Fuller Up(M.Dease) 4 My Funny Valentine(R.Rodgers)
5 Blues For Eijiro(M.Deease) 6 Say When(J.J.Johnson)
7 Entitlement(M.Deease)  8 You Are Not Alone(M.Ozone) 
9 Donna Lee(C.Parker)  10 Trinkle Tinkle(T.Monk) 
11 For Miles(M.Deease)


近年時々耳にしていた注目のトロンボーン奏者、マイケル・ディーズを買ってみました。
ジュリアード出身の逸材です。
衝撃のトロンボーンのワン・ホーン・アルバム。
いや、凄いですね・・・至難の楽器トロンボーンをいとも簡単に駆使しています。
稀にみるテクニシャンで全てがスムーズに展開します。
実はこれが良いのか悪いのかをどう判断するかで今作品の評価が決まると思います。

私はテクニックを表面に出した速い曲はいまひとつでバラード〜ミディアム・テンポに惹かれました。
バラードの(4)「My Funny Valentine 」、小曽根真さんの(8)「You Are Not Alone」、
ミディアム・テンポの(2)「Broadway」、自作では(7)「Entitlement」が聴きどころになりました。
特に(4)は名演だと思います。

ザビエル・デイヴィスのピアノ・プレイも各所で輝きを放っていました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(732) JESPER LUNDGAARD TRIO / 60 OUT OF SHAPE
feat. Enrico Pieranunzi & Alex Riel

jesper lundgaard(b), enrico pieranunzi(p), alex riel(ds)
2015/Storyville/


1 Autumn Leaves(J.Kosma) 2 All The Thing You Are(J.Kern)
3 I Can't Get Started(V.Duke) 4 My Funny Valentine(R.Rodgers)
5 What Is This Thing Called Love(C.Poter)
Everything I Love(C.Poter)
Round Midnight(T.Monk)
6 Oleo(S.Rollis)


ヨーロッパを代表するベーシスト、デンマーク出身のイェスパー・ルンゴーのライブ作品。
ドラマーは同じくデンマークの名手アレックス・リールでこの二人のリズムには定評があります。
それにイタリアの名ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンチの共演となればスッと手が伸びました。
CD裏の演目を見ると超スタンダードが並んでいて、これは聴き逃せません。

この3人なら悪かろうはずがないですが予想通りに素晴らしい演奏が詰まっていました。
1曲目の「枯葉」を聴いて驚いた・・・原曲のイメージがほとんどありません。
(4)「My Funny Valentine」もそうで即興の妙を味わうことが出来ます。
スイング感、テンポ、切れ味、まとまりも良く、3人が織りなす最高のピアノ・トリオが聴けました。
特にピエラヌンチの創造力が凄い・・・やはり現代を代表するピアニストの一人だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(731) NICOLAS SIMION GROUP / LIVE IN GRAZ & BRASOV
feat. Lee Konitz & Jancy Korossy

nicolas simion(ts,ss,bcl), lee konitz(as),
jancy korossy(p), james singteton(b), peter perfido(ds)
2014(2001Rec)/7dreams Records/


1 Concertino (N.Simion) 2 Body & Soul (J.Green)
3 Stella By Starlight (V.Young) 4 What's New (B.Haggart)
5 Impressions From Brasov (N.Simion/L.Konitz) 6 It's You (L.Konitz)
7 Thingin' (L.Konitz)


ルーマニアのニコラス・シミオン(ts)の名前は知っていたけど聴くのは今回が初めてです。
リー・コニッツ(as)とヤンシー・キョロシー(p)との共演とあっては見逃せません。
どんなサウンドが飛び出してくるのか?・・・久々に期待でドキドキしました。

全7曲はオリジナル4曲とスタンダード3曲です。
コニッツはきっちりとハマっていました。
というよりヨーロッパでのコニッツ・サウンドそのものと言っても過言ではありません。
それほどにコニッツがヨーロッパの先進ジャズ・メンに与えた影響が大きかったといえます。
(1)「Concertino」はピアノレス・カルテットで(4)「What's New」はコニッツのワン・ホーン・カルテットです。
バス・クラリネットは(1)と(6)で使用しています。
(2)「Body & Soul」でコニッツのソロからシミオンのソロへの繋がりはまったく違和感がありません。
続くキョロシーの緊張感をたたえたピアノ・ソロなど、もうたまりませんよ。
刻々と表情を変える(3)「Stella By Starlight」、コニッツのバラード・プレイが堪能出来る(4)「What's New」、
一番の長丁場15分強の(7)「「Thingin'」も聴かせます。

ピアノレス、ドラムスやベースとのデュオなど、各曲の中で編成が自在に変化していきます。
これが独特の表情を与えていて底辺には強力なスイング感もある。
各人の実力と相まって重厚かつスリリングな第一級のジャズ・アルバムに仕上がりました。
まったく素晴らしいと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(730) ANDREAS HERTEL TRIO / KEEPIN' THE SPIRIT
feat. Dusko Goykovich / Tony Lakatos

andreas hertel(p), lindy huppertsberg(b), jens biehl(ds)
dusko goykovich(tp,fhn)(1,2,4,5,7,8,12), tony lakatos(ts)(1,2,4,5,7,8,12)
2015/Laika/


1 Ratz-Fatz(A.Hertel) 2 Id Like To Know(A.Hertel)
3 Blues For H.G(O.Peterson) 4 Timelessness Remembered(AHertel)
5 Avanti(A.Hertel) 6 Waltz For Bill(A.Hertel)
7 Uh Muh(H.Mobley) 8 All My Life(A.Hertel)
9 Blues For Lindy(A.Hertel) 10 Never Let Me Go(R.Evans/J.Livingston)
11 One For Charlie(A.Hertel) 12 I'm Getting Sentimental Over You(G.Bassman)


アンドリース・ハーテル(p)・トリオは初見、ドイツ盤です。
ダスコ・ゴイコヴィッチ(tp)とトニー・ラカトス(ts)のフロント2管に惹かれました。
ゴイコヴィッチは久し振り、ラカトスは以前ライブで見たことがあります。

全12曲はハーテル自身のオリジナル8曲とその他4曲の構成です。
オスカー・ピーターソン(p)やハンク・モブレイ(ts)の曲が取り上げられてるのは今作の方向性を示しているか。
変幻自在に味わい深いピアノを聴かせるハーテルは名手、トリオも手慣れています。
端正で美しいゴイコヴィッチのトランペットとベニー・ゴルソン張りのラカトスのテナー・サックスが絡みます。
自作のバラード(8)「All My Life」、軽快な(1)「Ratz-Fatz」、(7)「Uh Muh」が聴きどころかな。
典型的なハード・バップ・アルバムで気持ちがいいです。
刺激には欠けるけれど、どこか郷愁を誘うサウンドで癒されました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(729) NEW CENTURY JAZZ QUINTET / IN CASE YOU MISSED US

benny benack(tp), tim green(ts),
takeshi ohbayashi(p), yasushi nakamura(b), ulysses owens jr(ds)
guest:braxton cook(as)
2015/Spice Of Life/


1 In Case You Missed Us(B.Watson) 2 Revolution
3 Swag Jazz 4 Upon Closer Look
5 Burden Hand 6 Kaze No Torimiti(久石譲)
7 Uprising 8 View From Above
9 Naima(J.Coltrane) 10 Light That Grew Amongst Us
11 Eleventh Hour(M.Miller) 12 Love's In Need Of Love Today(S.Wonder)


アメリカの若手ハード・バップ・バンド「New Century Jazz Quintet」の第二弾です。
ユリシス・オーウェンス(ds)と大林武司(p)さんをリーダーとする次世代バンド。
中村恭士(b)さんを加えた二人の日本人が参加しているのも嬉しいです。

デビュー作の「TIME IS NOW」ほどのインパクトはないけれどご機嫌な演奏を聴かせてくれました。
一番の聴きどころは天才の呼び声が高いユリシス・オーウェンスのドラミングになります。
特にアップ・テンポにおける突っ込んでくるドラミングが素晴らしいです。
オリジナルの(4)「Upon Closer Look」とマルグリュー・ミラー(p)の(11)「Eleventh Hour」が良かった。
久石譲さんの(6)「風の通り道」なども取り上げています。
全体的にリズム・セクションの健闘が目立ちます。
各曲におけるピアノ・トリオの演奏部分に耳が向きました。

今年も日本公演があったけれどタイミングが合わずに見逃してしまいました。
次回こそはと思っている。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(728) SCOTT HAMILTON & JEFF HAMILTON TRIO / LIVE IN BERN

scott hamilton(ts),
jeff hamilton(ds), tamir hendelman (p), christoph luty (b)
2015/Capri/


1 September In The Rain (A.Dubin/H.Warren)) 2 All Through The Night (C.Poter)
3 Watch What Happens (M.Legrand) 4 Soul Eyes (M.Waldron)
5 This Can't Be Love (R.Rodgers) 6 There'll Be Some Cjhanges Made (W.Benton)
7 Sybille's Day (J.Hamilton) 8 Key Largo (B.Carter)
9 Woody'n You (D.Gillespie) 10 The Champ (A.Hawkshaw)
11 Ballad For Very Tired And Very Sad Lotus Eaters (Strayhorn) 12 You And The Night And The Music (A.Schwartz)
13 Centerpiece (H.Edison)    


久々にスコット・ハミルトン(ts)を聴いてみようかと思いました。
それも西海岸屈指のドラマー、ジェフ・ハミルトンとの共演です。
スイスのBernのライブ盤。
もっともライブ盤にはなっていますがその雰囲気はほとんど感じることが出来ません。
私的な演奏会の録音という感じです。

スタンダード作品集。
二人のコラボレーションを中心にしたリラックスした演奏が聴けました。
スコットのこれほど穏やかな自然体の演奏を今まで聴いたことがないような気がします。
どこにも力が入っていないような感じで、その分、音に伸びがあり音色も美しいです。

ベストはバラード、ゆったりと流れるベニー・カーター(ts)の名曲(8)「Key Largo」が素晴らしい。
ミシェル・ルグランの(3)「Watch What Happens」も好きな曲で思い出深いです。
色んな人の歌や演奏を聴いていた時期があります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(727) ISABELLA LUNDGREN / ISABELLA SINGS THE TREASURES OF HAROLD ARLEN

isabella lundgren(vo),
peter asplund(tp), carl bagge(p), niklan fernqvist(b), daniel fredriksson(ds)
2015/Spice Of Life/


1 Last Night When We Were Young 2 That Old Black Magic
3 A Sleepin Bee 4 Let's Fall In Love
5 I'll Wind 6 Come Rain Or Come Shine
7 Over The Rainbow 8 Stormy Weather
9 As Long As I Live 10 The Man That Got Away
11 I've Got The World On A String 12 One For My Baby And One More For The Road


スウェーデンのイザベラ・ラングレン(vo)は初見。
2014年に発売された前作は2015年度アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞したとありました。
たしかにジャケットのイメージと違ってジャズ度は高いと思います。
歌声はクリアで若々しく美しく、歌も上手いですね。

今作は多くのジャズ・メンが愛奏しているハロルド・アーレン作品集です。
特に(7)「Over The Raibow」と(6)「Come Rain Or Come Shine」は必修曲といえるかな。
その(6)はベースとのデュオで聴かせてくれました。

イザベラは独特のジャズ・フィーリングを持っていて甘さは控えめです。
ただまだ若いので艶っぽさとかしっとり感には欠けます。
それだけにこれからどのように成長していくかが楽しみです。
バックのペーター・アスプルンドは雰囲気抜群・・・哀愁漂うトランペットの響きが心に沁みます。
加えてアスプルンドは(4)と(11)の2曲でデュエットしていて達者なヴォーカルも披露しています。
この2曲も聴きどころになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(726) KLAS LINDQUIST QUARTET / THE SONG IS YOU

klas lindquist(as,cl),
erik soderlind(g), svante soderqvist(b), jesper kviberg(ds)
2015/Do Music/


1 I Let A Song Go Out Of My Heart (D.Ellington) 2 Tangerine (V.Schertzinger)
3 I Got It Bat (D.Ellington) 4 At The Mambo In (M.Bauza)
5 Sweet Like You(K.Lindquist) 6 Broadway (B.Bird)
7 Doce De CoCo (J.D.Bandolim) 8 Grandmother's Dream (E.Soderlind)
9 Invitation (B.Kaper) 10 The Song Is You (J.Kern)
11 Nilsie (A.Babs) 12 Minha Saudade (J.Donato)


クラス・リンドクイストはスウェーデンのアルト奏者。
前に聴いたことがあるような気もしましたが初見でした。
ちょうどギター・トリオをバックにしたサックスのワン・ホーン・アルバムが聴きたかった。
そんなことでCDショップですっと手が伸びました。
スタンダード作品集なので安心感もありました。

実に落ち着いた心地良い作品です。
オーソドックスで端正な仕上がりは心に響いてきます。
いかにも北欧風のクールな透明感がありました。
リンドクイストの最大の魅力は美しく澄んだ音色だと思います。
加えてエリク・ソダーリンドのギターが抜群の効果を上げています。
微妙に絡み合うギターとサックスのコラボレーションが聴きどころになるでしょうか。
なおクラリネット使用は(5)、(7)、(9)の3曲です。

やはりバラードがいいと思います。
(8)「Grandmother's Dream」は感動的、(9)「Invitation」、(3)「I Got It Bad」が秀逸かな。
エリントンの(1)「I Let A Song Go Out Of My Heart」も良かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(725) ED BICKERT TRIO / ED BICKERT

ed bickert(g), don thompson(b), terry clarke(ds)
2013(1975Rec)/pm/


1 Come Rain Or Come Shine 2 Where Are You
3 When Sunny Gets Blue 4 It Might As Well Be Spring
5 Nancy With The Laughing Face 6 Manha De Carnaval


エド・ビッカート(g)の作品を探してみました。
寡作の上にどれも入手困難になっていて現在入手し易いのは今作品のみでした。
共演はカナダを代表するドン・トンプソン(b)とテリー・クラーク(ds)です。
この1975年作品はビッカートの代表作のようです。

シンプルなトリオ編成でスタンダードを演奏・・・トンプソンとクラークも好演しています。
「真夜中のビッカート」という副題が付いていてシブいギターを堪能するには最適のアルバムかな。
本当に独特の雰囲気を持っていてムード満点です。
これを言葉で表現するのはむずかしくて、はやり聴いてもらうのが一番の早道だと思います。
1曲目の「Come Rain Or Come Shine」を聴いただけできっと虜になりますよ。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



エド・ビッカートをポール・デスモンド(as)のCTI盤↓で知った人も多いと思います。
かくいう私もその一人です。

*PAUL DESMOND QUARTET / PURE DESMOND
Paul Desmond(as), Ed Bickert(g), Ron Carter(b), Connie Kay(ds),
1974/CTI/

ピアノレス・カルテットの軽い音調を活かした、優しさに満ちたデズモンドの淀みないフレージングが堪能できる作品。
テーマの歌わせ方ひとつを取ってみても、ニュアンスに富んでいて、清らかで美しい。
(CDジャーナル データベースより)

カルテット編成でポールの持味が生かされたCTI作品。
エド・ピッカート(g)のセンスの良さに注目。
(帯中よりの抜粋)

CTIのフュージョン盤の一枚です。
ポール・デスモンドはいつでもそのスタイルは変わりません。
名手エド・ビッカート(g)のプレイと珍しいMJQのコニー・ケイ(ds)にも注目です。



(724) PEREZ PATITUCCI BLADE / CHILDREN OF THE LIGHT

danilo perez(p,key), john patitucci(b,elb,cello), brian blade(ds,chekere)
2015/Mack Avenue/


1 Children Of The Light 2 Sunburn And Mosquito
3 Moonlight On Congo Square 4 Lumen
5 Within Everything 6 Milky Way
7 Light Echo/Dolores 8 Ballad For A Noble Man
9 Looking For Light 10 Luz Del Alma
11 African Wave    


ダニーロ・ぺレス(p)、ジョン・パティトゥッチ(b)、ブライアン・ブレイド(ds)のトリオ作品。
この3人はウェイン・ショーター(ts)・バンドのメンバーです。
ショーター抜きのトリオがどんな演奏をしているのかが最大の興味でした。
もちろん、各人の実力は折り紙付きです。

メンバーのオリジナル11曲にショーターの「Dolores」の構成です。
三位一体のトリオは素晴らしいコンビネーションを聴かせてくれました。
調和の取れた独特のサウンドは長い間の共演のたまものだと思います。
3人による広大、深遠な音の世界・・・現代の最高峰の演奏が聴けました。

面白いのはあちこちでもう一人いるような仕掛けがあります。
演奏はどれも素晴らしいですが一番のお気に入りは(4)「Lumen」かな。
エレピとピアノの絡みがなんとも新鮮でした。
多くを語ることもない・・・まぁ〜、文句なしのアルバムです。

ショーターも今年で82歳になりました。
チャーリー・パーカー(as)〜マイルス・デイビス(tp)〜ウェイン・ショーター(ts)〜・・・
こうしてジャズのスピリッツが受け継がれていきます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(723) RUBY BRAFF & GEORGE BARNES QUARTET / SALUTES RODGERS and HART

ruby braff(cornet), george barnes(g), wayne wright(b), michael moore(ds)
1975Rec/Concord/


1 Mountain Greenery 2 Isn't It Romantic
3 The Blue Room 4 There's A Small Hotel
5 Thou Swell 6 I Wish I Were In Love Again
7 Lover 8 You Took Advantage Of Me
9 Spring Is Here 10 The Lady Is A Tramp


最近図らずもシブいギタリストの作品を聴きました。
エド・ビッカートとポール・メイヤーズです。
それでふとジョージ・バーンズを思い出しました。
同じような感覚を持つギタリストです。

今作はコルネット奏者のルビィ・ブラフとの双頭カルテットで1970年代に人気を博しました。

ルビィ・ブラフは中間派のトランぺッター・・・1927年、ボストン生まれ、2003年に75歳で亡くなっています。
1950年代、ピアニストのエリス・ラーキンスと出したデュオ盤↓は名盤です。
80年代はスコット・ハミルトン(ts)との共演では好盤↓を連発しました。

*RUBY BRAFF AND ELLIS LARKINS / DUETS



ruby braff(cornet), ellis larkins(p)
1956/Vanguard/

*RUBY BRAFF AND SCOTT HAMILTON / A SAILBOAT IN THE MOONLIGHT
ruby braff(cor), scott hamilton(ts),
john bunch(p), phil flanigan(b), chuck riggs(ds), chris flory(g)
1986/Concord/


ラルフ・バーンズはチャーリー・クリスチャン系のよくスイングするオーソドックスなギタリスト。
1921年、シカゴ生まれ、1977年に56歳で亡くなっています。
以前はバーンズのジャズ・マンとしての情報はほとんどなかったです。
ソウル系歌手のバックやスタジオ・ミュージシャンとしての働きが長かったからだと思います。

さて、今作はリチャード・ロジャース&ロレンツ・ハート作品集・・・スイング感溢れる演奏は心地良いです。
私的ベストは(4)「There's A Smoll Hotel」で二人の息の合ったコラボレーションが素晴らしい。
(2)「Isn't It Romantic」と(10)「The Lady Is A Tramp」も好きな曲です。
全体を流れる端正で落ち着いた雰囲気を味わいたいアルバムです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(722) CHRISTIAN MCBRIDE TRIO / LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD

christian mcbride(b), christian sands(p), ulysses owens.jr(ds)
2015/Mack Avenue/


1 Fried Pies (W.Montgomery) 2 Band Introduction
3 Interlude (J.J.Johnson) 4 Sand Dune (C.Sands)
5 The Lady In My Life (R.Temperson) 6 Cherokee (R.Noble)
7 Good Morning Heartache (I.Higginbotham) 8 Down By The Riverside (Trad)
9 Car Wash (N.Whitfield)    


このクリスチャン・マクブライド(b)のニュー・トリオは気になっていました。
クリスチャン・サンズ(p)とユリシス・オーエンス・ジュニア(ds)との組み合わせはどうか。
前作の「Out Here」(2013)も買い物リストに入れていたんですが買いそびれてしまいました。

今作はヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ盤です。
1曲目の「Fried Pies」を聴いただけでぶっ飛んでしまいました。
このスピード感と切れ味は凄い・・・ライブとは思えないほど完成度は高いです。
全体を通してそれぞれのテクニックが聴きどころになるかな。
「これでもか、これでもか」と3人の技量がぶつかり合う音が聞こえる感じがします。

バラードよりアップ・テンポがいいです。
時に弾き過ぎのところもあるけどそれを超越する凄みがあります。
気分は爽快・・・圧倒的な疾走感を味わうことができました。

マイケル・ジャクソンの(5)「The Lady In My Life」やモータウン・サウンズの(9)「Car Wash」など。
エンターテイメント性も十分で、特に(9)では手拍子も入って聴衆との一体感もあります。
こういう楽しさはまさにアメリカ的ピアノ・トリオの神髄だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(721) RYAN KISOR QUINTET / LIVE AT SMALLS

ryan kisor(tp), sherman irby(as),
peter zak(p), carlos henriquez(b), ali jackson(ds)
2010/Small Live/


1 Cool And Hot (Kisor) 2 You Steped Out Of A Dream (Brown)
3 Enigma (Johnson) 4 Con Alma (Gillespie)
5 Blues For Worm (Kisor)


先日のドミニク・ファリナッチに続いてトランぺッターが聴きたくなりました。
今回選んだのがライアン・カイザーです。
カイザーを見出したのはジャック・ディジョネット(ds)でリーダー・デビュー作が18歳という天才児でした。
今作は2008年録音のライブ盤・・・カイザーは34歳になりました。

カイザーのラッパの音色はまろやかでやわらかな感じがします。
系統的にはクラーク・テリー〜アート・ファーマー〜ケニー・ドーハム〜ルー・ソロフの流れになると思います。
もちろん、ここでも演奏しているディジー・ガレスピーやクリフォード・ブラウンも大好きでしょうね。

シャーマン・アービー(as)とのフロント2管は十分刺激的です。
アービーを最初に聴いたのはロイ・ハーグローブ(tp)の作品でした。
ピーター・ザックはマッコイ・タイナー系のピアニストでカイザーの盟友ともいえる存在です。
アービーもザックもオーソドックスなスタイルを持ち合わせています。
カルロス・エンリケス(b)とアリ・ジャクソン(ds)のリズム・セクションもそつがありません。

J.J.ジョンソン(tb)が書いた美しく切ないバラード(3)「Enigma」が素晴らしいです。
めったに取り上げられることがない曲なので新鮮でした。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)


ちなみに今作品のちょっと前に↓が発売されています。

*RYAN KISOR QUINTET / CONCEPTION
ryan kisor(tp), sherman irby(as),
peter zak(p), john webber(b), willie jones
V(ds)
(2008/Birds)

1 Cool And Hot
2 Line For Lyons
3 Conception
4 You Stepped Out Of A Dream
5 Enigma
6 I Remember You
7 All The Things You Are


メンバーはライブ盤でも共演しているアービーとザック、それにジョン・ウィーバー(b)、ウィリー・ジョーンズV(ds)です。
演目には同じ「Cool And Hot」、「You Stepped Out Of A Dream」、「Enigma」などが含まれているので今ライブの前哨盤になりました。


カイザー捜索中にちょうどもう一枚気になるアルバムを見かけたので入手しました。

*RYAN KISOR QUINTET / AWAKENING
ryan kisor(tp), grant stewart(ts),
peter bernstein(g), sam yahel(org), willie jones V(ds)

2002/Criss Cross/

1 Awakening
2 Sioux City
3 UFO
4 Harlem Moon
5 Effing Blues
6 What Can I Say ?
7 Free As A Bird

こちらはオルガン・トリオをバックにグラント・ステュアート(ts)とのフロント2管です。
全7曲は全てカイザーのオリジナルで気合が入っています。
カイザー28歳、この頃ひとつのピークにあったと思います。
元気溌剌として鋭さ十分、やや間延びした感のあるスチュアートとの相性もいいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(720) BOB McCHESNEY QUARTET & QUINTET / SCHEZ SEZ

bob mcchesney(tb), bob mintzer(ts)(1,5,8,9,10),
larry goldings(p,org), derel oles(b), bill stewart(ds)
2015/Moco Records/


1 YOU MAY HAVE IT WRONG (B.McChesney) 2 NATURALLY (N.Adderley)
3 THE PREAKNESS (L.Goldings/B.McChesney) 4 YESTERDAYS (J.Kern)
5 CHEZ SEZ (B.McChesney) 6 AWARENESS (L.Goldings)
7 IN YOUR OWN SWEET WAY (D.Brubeck) 8 THIS THING (B.McChesney)
9 GOING BACK (B.McChesney/L.Goldings) 10 I SHOULD CARE (A.Stordahl)
11 LOVE FOR SALE (C.Poter)    


ジャケ買いです。
ボブ・マッチェスニー(tb)は初見・・・トロンボーン奏者の作品は久し振りです。
ここはメンバーにも興味を惹かれました。
ボブ・ミンツァー(ts)、ラリー・ゴールディングス(p,org)、ビル・スチュアート(ds)などが共演しています。

マッチェスニーのトロンボーンはウエスト・コースト・ジャズの流れを汲むクール・スタイルです。
まろやかでやさしく、実にスムーズに展開します。
ソフトに包み込むような音色の持ち主で名手だと思います。
至難の楽器トロンボーンをここまでコントロール出来る・・・私は驚いてしまいました。
こんな名手が隠れていたとは本当に世の中は広いですね。

全11曲はメンバーのオリジナル6曲とその他5曲の構成です。
曲想も多彩で選曲のバランス感覚にも優れています。
表題曲の(5)「Chez Sez」はピアノレス・カルテットで、その他ピアノやオルガン入りなど変化に富んでいます。
(2)「Naturally」はナット・ナダレイの美しいバラード曲、低音楽器によく似合う(4)「Yesterdays」、
ブルーベックの(7)「In Your Own Sweet Way 」はオルガン入りで、クインテットの(10)「I Should Care」、
ワンホーン・カルテットの(11)「Love For Sale」など聴きどころも多い。
オリジナルの各曲もそれに勝るとも劣らない仕上がりで特にゴールディングスの存在感が光る。

まぁ、素晴らしいです。
落ち着いていて安定感があります。
ベテラン・プレイヤー達による極上のハード・バップ・ジャズが聴けました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(719) OHISHI MANABU PIANO TRIO / JUST TRIO

大石学(p)、米木康志(b)、則武諒(ds)

2015/Gekkasosha/


1 TIME REMEMBERED(B.Evans) 2 THE WAY YOU LOOK TONIGHT (J.Kern)
3 CLOUDY (M.Ohishi) 4 MUSCAT (M.Ohishi)
5 NEBULA (M.Ohishi) 6 WREATH (M.Ohishi)
7 FRASCATI (M.Ohishi)


大石学さんのニュー・トリオの作品です。
大石さんはドラマーで盟友のセシル・モンローさんを4年前に不慮の事故で亡くしました。
以来、米木康志さんとのデュオやソロ活動が多くなりました。
私は次にどんなドラマーが起用されるのか?・・・気になっていました。
大石さんのお眼鏡にかなったのが31歳の若手則武諒さんです。

全7曲はオリジナル5曲とその他2曲の構成です。
1曲目から独特の大石ワールドが広がります。
起承転結の物語性があって広大で深遠な世界です。
大石さんは美しく、力強く、また抜群のリズム感を持っています。
スタンダードの(2)「The Way You Look Tonight」が聴きどころ。
オリジナルでは代表作の(5)「Nebula」、どこまでも美しい(6)「Wreath」が印象に残りました。
大石さんのこのニュー・トリオがどのように昇華していくのかが楽しみです。

つい先日、淵野繁雄(ts)さんのライブで大石さんと則武さんを見ました。
その時のライブ・レポートにこう書きました。

「大石学さんは私の周りのジャズ仲間でも評判の高いピアニストです。
大石さんも楽しそうでした。
シンセサイザーとピアノを駆使してガンガンと飛ばしていました。
大石さんの強烈な演奏を聴いているとピアノが打楽器であることを再認識します。
大石さんは美しいメロディ・メーカーとして知られていますが、
実はその神髄はパワフルかつ強靭なタッチにあるのではないかと思っています。」

「もう一つの目的に若手ドラマーの則武諒さんを見ることにありました。
則武さんは新たに大石学・トリオに迎い入れられた名古屋出身の逸材です。
バークリーにも留学したと言っていました。
相手なりに合わせるフレキシブルな感覚と安定したリズムを繰り出す才能を持っています。
細かくリズムを刻み、パルス波を発生させる・・・静かでしなやかな感性の持ち主です。
私としてはもう少し突っ込んで欲しかったですがこのバランス感覚の良さが則武さんの持ち味なんでしょうね。」

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(718) GRAHAM DECHTER QUARTET / RIGHT ON TIME

graham dechter(g), tamir hendelman(p), john clayton(b), jeff hamilton(ds)
2009/Capri Records/


1 Low Down (Thad.Jones) 2 Wave (A.C.Jobim)
3 The Nearness Of You (H.Carmichael) 4 I Ain't Got Nothin' But The Blues (D.Ellington)
5 Broadway (H.Woode/T.McRae) 6 Right On Time (B.Dechter)
7 Squatty Roo (J.Hodges) 8 With Every Breath I Take (C.Coleman)
9 Lined With A Groove(R.Brown) 10 In A Mellow Tone(D.Ellington)


グラハム・デクター(g)の23歳のデビュー作を見つけました。
2枚目のリーダー・アルバム↓はドラ盤にしたのでこれも聴いてみようを思いました。

*GRAHAM DECHTER QUARTET / TAKIN' IT THERE
graham dechter(g),
tamir hendelman(p), john clayton(b), jeff hamilton(ds)
2012/Capri Records/

メンバーは上記の2枚目と同じです。
デクターは西海岸で活躍中のクレイトン・ハミルトン・ジャズ・オーケストラに入団。
その時は若干19歳という天才肌のギタリスト。
親分格のジョン・クレイトン(b)とジェフ・ハミルトン(ds)はここでも脇を固めてくれています。
名手タミール・ヘンデルマン(p)を含めたバックのピアノ・トリオも聴きどころになります。

演目を見てみるとジョビンはともかく、デューク・エリントン、ホギー・カーマイケル、
ジョニー・ホッジス、レイ・ブラウン、サド・ジョーンズなど若さに似合わぬシブい選曲です。

デクターのギター・プレイはストレート・アヘッド・・・端正でクリアな音色が特徴です。
スイング感に溢れ切れ味も鋭い。
ごまかしがなくきっちりと弾いてるのが印象的・・・とても美しいです。
特に(3)「The Nearness Of You」が素晴らしくて、これには心底痺れました。
(2)「Wave」や(6)「Right On Time」、(10)「In A Mellow Tone」も良かった。
いかんせんまだ若いので情緒には欠けますが才能豊かで将来性は十分です。
これからどれだけ伸びていくのか?・・・楽しみな逸材です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(717) BENNY SHARONI QUINTET / SLANT SIGNATURE

benny sharoni(ts), joe barbato(p), todd baker(b), steve langone(ds),
jim rotondi(tp)(1,2,6,8), mike mele(g)(1,3,5,7)
2014/Papaya Records/


1 MINOR CITY (B.Sharoni) 2 DOWN UNDER (F.Hubbard)
3 SUBTERRANEAN SAMBA (B.Sharoni) 4 CEORA (L.Morgan)
5 SLANT SIGNATURE (B.Sharoni) 6 THE BODEGA (B.Sharoni)
7 BITTER DROPS (B.Sharoni) 8 TONK (R.Bryant)


ベニー・シャロニ(ts)は初見、ボストンを中心に活躍中です。
今作は5年ぶりの2枚目のリーダー・アルバムのようですがこれはいいですよ。
全8曲は自身のオリジナル5曲とその他3曲の構成です。
フレディ・ハバード(tp)、リー・モーガン(tp)、レイ・ブライアント(p)が選ばれました。
レギュラー・カルテットの実力は十分でバランスも取れています。
ゲストにジム・ロトンディ(tp)とマイク・メレ(g)がそれぞれ4曲に参加しています。

奇をてらったところがない軽快なサウンドとリズム、オーソドックスなスタイルでリズムも乗れる。
なんか耳に馴染んでくるんです。
なんだろうね・・・なんとなく懐かしい感じがしてハマりました。
ソニー・ロリンズ(ts)派といわれてますが私はハンク・モブレイ(ts)を思い浮かべました。
大好きなリー・モーガンの名曲「Ceora」は唯一ワン・ホーン・カルテットで演奏されます。
ロトンディやメレとの相性もピッタリでサウンドも変化に富んでいて面白かったです。
印象的なテーマとリズムを持つ(3)「Subterranean Samba」がオリジナルのベスト・プレイか。
ギターとのユニゾンがバッチリと決まる(5)「Slant Signature」もいい。
ラッパとのコンビでは軽快に飛ばす(1)「Minor City」や(6)「The Bodega」が光る。
全体を通してスムーズな展開・・・何といっても気分良く乗れるのが一番です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(716) MIKE MURLEY TRIO / LIVE AT THE SENATOR

mike murley(ts), ed bickert(g), steve wallace(b)
2000/Cornerstone Records/


1 I Should Care (Cahn) 2 It's All Right With Me (Poter)
3 Every Time We Say Goodbye (Poter) 4 On The Spot (Murley)
5 Golden Earrings (Young) 6 Just In Time (Noble)
7 The Touch Of Your Lips (Noble) 8 Can't You See ? (Murley)


テナー・サックスのドラムレス・トリオも気になります。
今作はカナダのサックス奏者、マイク・マーレイのドラムレス・トリオです。
マーレイは初聴きですがカナダのジャズシーンには欠かせない実力者と聞いています。
ここでの注目は名手エド・ビッカート(g)の参加にありました。

全8曲はマーレイのオリジナル2曲とスタンダード6曲の構成です。
コール・ポーターとレイ・ノーブルが2曲づつ入っているのが目を引きました。
購入のきっかけは大好きな曲「Every Time We Say Goodbye」が入っていたことです。

ライブ盤でありながらしっとりとした落ち着いた演奏が聴けました。
演奏はどれも素晴らしくて甲乙つけがたいですがベストは(5)「Golden Earrings」か。
そのゆったりとしたスイング感がなんともニクい。
予想通り(3)「Every Time We Say Goodbye」も良かったです。
切なく歌うテナー・サックスの響きがたまりません

ビッカートのプレイはなんと表現したらいいのか?
バッキングでは後ろに下がり、ソロではグンと前に出てくる。
出しゃばるわけでもなく、控えめでもなく、出し入れがまさに職人芸です。
抜群の雰囲気を持っていてその存在感が凄い。
野太く堅実なスティーヴ・ウォレスのベースと共に三位一体の演奏をどうぞ。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(715) ADAM HARRIS QUINTET / LIVE AT THE JAZZ STATION

adam harris(ts), tony glausi(tp,flh),
george colligan(p), jon lakey(b), jason palmer(ds)
2014/Adam Harris/


1 HUBCAP (T.Glaus) 2 BLUES FOR MY BROTHER (T.Glaus)
3 LONELY WANDERER (A.Harris) 4 GONZI SCHEME (A.Harris)
5 AROUND THE CIRCUIT (A.Harris) 6 GOOD OLD DAYS (A.Harris)


アダム・ハリス(ts)は初見、オレゴン州ユージーンのジャズ・クラブでのライブ盤です。
ハリスの自主制作盤。
メンバーで知られているのはジョージ・コリガン(p)のみです。
あとの4人はローカル・ミュージシャンのようで知名度は低いと思います。
全6曲(50分)は全てメンバーのオリジナルですがやや一本調子の感あり。
やはりあと1、2曲のスタンダードが欲しいところかな。

演目から探るとハリスはジェリー・バーゴンジ系、トニー・グラウシ(tp)はフレディ・ハバード系といえるか。
スムーズな展開でまったくストレスはありません。
それぞれの実力は相当なものでローカルでもアメリカの底力を感じる一枚になりました。
ベストはメンバーが一丸となった(5)「Around The Circuit」でハリス、コリガンの強烈なソロが聴けます。
全体を通してテナーとラッパのフロント2管の活きのいいハード・バップ・ジャズが聴けました。
元気溌剌として止まらない・・・ただただ気持ち良い・・・これくらい突っ走ってくれると気分爽快です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(714) PETER AND WILL ANDERSON QUINTET / DEJA VU

peter anderson(ts), will anderson(as),
jeb patton(p), david wong(b), albert "tootie" heath(ds)(1-4,7,9),
phil stewart(ds)(5,6,10,11)
2015/Gutstring Records/


1 DEJA VU (P.Anderson) 2 PRESQUE VU (W.Anderson)
3 BELFAST BLUES (P.Anderson) 4 DEVIL'S ADVOCATE (W.Anderson)
5 A NIGHTINGALE SANG IN BERKELEY SQUARE (Sherwin/Maschwitz) 6 DEJA INTENDU (W.Anderson)
7 RACHEL (P.Anderson) 8 JAMAIS VU (W.Anderson)
9 LOVER MAN (Davis/Ramirez/Sheman) 10 CATS IN NEW YORK CITY (P.Anderson)
11 JUST ONE OF THOSE THINGS (C.Poter)    


ピーター&ウィル・アンダーソン、兄弟サックス奏者の作品。
この二人の作品は何度か目にしていましたが聴くのは今回が初めてです。

全11曲はオリジナル8曲とスタンダード3曲の構成です。
先週に引き続き今一番興味ある曲、コール・ポーターの(11)「Just One Of Those Things」も入っています。
(5)「A Nightingale Sang In Berkeley Square」と(9)「Lover Man」も好きな曲です。
それぞれに美しいメロディ・ラインを持っています・・・オリジナルよりもやっぱりこの3曲が良かった。
ベテラン・ドラマーのアル・ヒースが6曲に参加しています。

二人は軽快でスイング感溢れるクラシカルなジャズ・スタイルを持っています。
技術的には文句なし。
ピーター・アンダーソン(ts)はレスター・ヤング派、ウィル・アンダーソン(as)はチャーリー・パーカー派です。
実に心地良いサウンド・・・オールド・スタイルはいつの時代でも一定の支持があります。

柔らかく優しい音色、スマートで優等生、爽やかなウエスト・コーストの風を感じる。
二人の息の合ったアンサンブルが聴きどころでオリジナルでは(4)がベストか。
疲れている時に最適な癒し系・・・何より安心して聴いていられる良さがあります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(713) PAUL MEYERS QUARTET / FEATURING FRANK WESS

paul meyers(g), frank wess(ts,fl), martin wind(b), tony jefferson(ds)
andy bey(vo)(5)
2009(2007Rec)/Miles High Records/


1 SNIBOR (B.Strayhorn) 2 BLUE LANTURN (P.Meyers)
3 IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING (D.Mann/B.Hillard) 4 ONE FOR MISS D. (P.Meyers)
5 LAZY AFTERNOON (J.Latouche/J.Moross) 6 MENAGE A BLEU (F.Wess)
7 JUST ONE OF THOSE THINGS (C.Poter) 8 MY ONE AND ONLY LOVE (R.Mellin/G.Wood)
9 WHO CARES (G&I.Gershwin) 10 I COVER THE WATERFRONT (J.Green/E.Heyman)


ジャズ友のNさんが絶賛していたアルバムです。
私も気になったので購入しました。
ギタリストのポール・メイヤーズは初見、フランク・ウェス(ts,fl)がどんな演奏を聴かせてくれるのか。

全10曲は二人のオリジナル3曲とスタンダード7曲の構成です。
ヴォーカリスト好みの曲が多いのはある種のこだわりが感じられます。
ちなみに今一番興味ある曲がコール・ポーターの「Just One Of Those Things」なんです。
色んな演奏や歌を聴いています・・・これが入っているのも幸いしました。

全体的にバランスが取れた好アルバムだと思います。
しっとりと落ち着いた心地よいサウンドを演出している。
マーティン・ウィンド(b)とトニー・ジェファーソン(ds)の好センスなバッキングも光る。
ただちょっとイメージの違うアンデイ・ベイのヴォーカルは余計だったかも。

メイヤーズはナイロン弦のアコースティック・ギターを使用・・・ギターの音色も素晴らしい。
この心地良さのルーツは誰だろうかと考えてしまいました。
ジョニー・スミスやチャーリー・バードを思い浮かべたけどそれよりずっといい感じがします。
ウェス・モンゴメリーのオクターブ奏法やケニー・バレルの夜のムードもある。
先日紹介したエド・ビッカートといい、隠れた名手はそれこそいくらでもいますね。
(9)「Who Cares」のスイング感溢れるギター・プレイはもう最高です。

フランク・ウェスは1922年生まれ、2013年に91歳で亡くなっています。
カウント・ベイシー・オーケストラでは10年以上にわたってソロイストとして活躍。
フルートをソロ楽器として認識させた功績もあります
録音時は85歳でした・・・それでこれだけ吹ければ大したものです。
バラードの(8)「My One And Only Love」は聴かせます。
(2)「Blue Lanturn」の突っ込んでくる力強いフルート・プレイにも驚きました。

雰囲気、味わい共に最高、まさにメイヤーズとの相性は抜群でした。
どの曲も素晴らしい出来で目移りしてしまいます。

こういうのを隠れた名盤というんでしょうね。
ふつうは85歳のフランク・ウェスをそう聴きたいとは思わないでしょう。
そこに落とし穴があります。
ウェス晩年のベスト・プレイが聴けました。
Nさん、どうもありがとう。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(712) ELIANE ELIAS / MADE IN BRAZIL

eliane elias(vo,p,key),
take 6(vo)(3), mark kibble(vo)(3,6,9), amanda brecker(vo)(5),
ed motta(vo)(7), roberto menescal(vo)(2),(g)(2,10),
marcus teixeira(g)(1,3,6,7,8,9,12), marcelo mariano(elb)(1,3,6,7,9,12),
edu rrribeiro(ds)(1,3,6,7,8,9,12), marc johnson(b)(2,4,5,8,10,11),
rafael barata(ds)(2,4,5,10), mauro reosco(per)(1,3,5,7,9), marivaldo dos santos(per)(5,9)
2015/Concord/


1 BRASIL (A.Barroso) 2 VOCE (R.Menescal/R.Gilbert/R.Boscoli)
3 AGUAS DE MARCO (WATER OF MARCH) (A.C.Jobim) 4 SEACHING (E.Elias)
5 SOME ENCHANTED PLACE (E.Elias/M.Johnson) 6 INCENDIANDO (E.Elias/M.johnson)
7 VIDA (IF NOT YOU) (E.Elias) 8 ESTE SEU OLHAR / PROMESSAS (A.C.Jobim)
9 DRIVING AMBITION (E.Elias/M.Johnson) 10 RIO (R.Menescal/R.Boscoli)
11 A SORTE DO AMOR (THE LUCK OF LOVE) (E.Elias) 12 NO TABULEIRO DA BAIANA (A.Barroso)


イリアーヌ・イリアス(p,vo)の新譜です。
イリアーヌはこのところ好盤を連発していて今が旬の絶好調だと思います。
女性の50歳代はまだまだ元気です。

今作はボサノヴァのカバー集と思いきやイリアーヌのオリジナルが6曲も含まれていました。
まずはこれが意外でした。
その他アリ・バロゾが2曲、アントニオ・カルロス・ジョビンが2曲、ロベルト・メネスカルが2曲の構成です。
特にボサノヴァの黎明期を支えたメネスカルはここで共演しています。
(2)「Voce」では雰囲気抜群の歌声とギターを披露していて、これが私的ベスト・トラックです。
テイク6が参加の(3)「Water Of March」では素晴らしいハーモニーを聴くことができました。
続く(4)「Seaching」は自作のバラード・・・しっとりとした歌とピアノが聴きどころになります。
この(2)〜(3)〜(4)の流れが最高です。
エド・モッタ(vo)との(7)「If Not You」も良かった。
もちろん夫君のマーク・ジョンソン(b)も参加していて3曲で詩を書いています。
なお(5)に参加のアマンダ・ブレッカー(vo)は前夫のランディ・ブレッカー(tp)とイリアーヌの娘です。

ジャケットには賛否両論があるようです。
「もう無理じゃないのか」と「まだまだイケてる」・・・さて、あなたはどっちかな?

(中間系)



(711) DOMINICK FARINACCI QUARTET & QUINTET / DAWN OF GOODBYE

dominick farinacci(tp,flh),
dan kaufman(p), yasushi nakamura(b), carmen intorre(ds),
keita ogawa(per), guilherme monteiro(g)(3), jonathan batiste(p)(4,7,11),
ernie krivda(ts)(5), ben williams(b)(4,7,10,11)
2012/Cendi Music/


1 YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS (D.Raye) 2 IT'S ALL RIGHT WITH ME (C.Poter)
3 I CONCENTRATE ON YOU(C.Poter) 4 DOMS BLUES (D.Farinacci)
5 MIDNIGHT EMBRACE (D.Farinacci) 6 LOVER MAN (J.Davis/R.R.Ramirez/J.Sherman)
7 WILLOW WEEP FOR ME (A.Ronell) 8 WINDSHADOW (D.Kaufman)
9 DAWN OF GOODBYE (D.Farinacci) 10 YOU MADE ME LOVE YOU (P.D.Rose/J.Trent)
11 MOANIN'(B.Timmons)    


CDの聴き直しをしていて最近ハマっているのがトランペッターです。
個人的にテナー・サックスが一番好きなのでどうしてもサックス作品を聴く機会が多くなります。
それで時々思い出したようにトランペットが聴きたくなるんです。
今一番のお気に入りがこのドミニク・ファリナッチです。

ファリナッチは1983年3月、オハイオ州クリーブランド生まれの現在32歳です。
10代から注目されていた逸材ですがウィントン・マルサリスも絶賛するトランぺッターです。
音楽名門校の「ジュリアード」が創設した”ジャズ・スタディーズ」第一期生に選ばれました。
このこと自体がジャズ・ミュージシャンとしての資質と才能を表しています。
ちなみにここで共演している中村恭士(b)さんや東京で活躍中の片倉真由子(p)さんが同窓になります。


まずは柔らかい音色が素晴らしい・・・聴いていて疲れないのがいいです。
確かな技術に裏打ちされたクールでまろやかな音色は決して熱くならずに美旋律を吹き切る。
まさに「トランペットで歌う」という表現がピッタリだと思います。
全11曲はオリジナル4曲とコール・ポーターなどのラブ・バラードが中心になっています。
お気に入りはギター入りの(3)「I Concentrate On You」と切なくほろ苦い(6)「Lover Man」。
自作の(5)「Midnight Embrace」のチャカポコ・リズムも心地良い。

なお輸入盤と国内盤ではジャケットが違います。
国内盤は2曲のボーナス・トラック(10,11)付きですが、いつも「どうかな?」という販売手法です。

(中間系)



(710) DAYNA STEPHENS QUARTET & QUINTET & SEXTET / TODAY IS TOMORROW

dayna stephens(ts),
aaron parks(p), kiyoshi kitagawa(b), donald edwards(ds),
michael rodriguez(tp)(2,6), julian lage(g)(4,6,7), raffi garabedian(ts)(3)
2012/Criss Cross/


1 Skylark(H.Carmichael) 2 Kwooked Street(Stephens)
3 Radio-Active Earworm(Stephens) 4 De Pois Do Amor, O Vazio(R.C.Thomas)
5 Loosy Goosy(Stephens) 6 Black Narcissus(J.Henderson)
7 Haden's Largo(Stephens) 8 Hard-Boiled Wonderland(A.Parks)
9 The Elite(Stephens) 10 Cartoon Element(A.Parks)


先週紹介したダイナ・ステフェンズの「PEACE」が良かったのでもっと聴いてみたいと思いました。
今作は2枚目のリーダー・アルバムでジャズ・メジャー・レーベルからの初登場になります。
ステフェンズは1978年ニューヨーク生まれというから34歳の作品です。
デビュー作が2007年の「TIMELESS NOW」(CTA)は29歳の時、それから5年が経っています。
やや遅咲きのプレイヤーといえるでしょうか。

全10曲は自身のオリジナルが5曲、メンバーのオリジナル2曲とその他3曲の構成です。
スタンダードはカーマイケルの「Skylark」、ジョー・ヘンの「Black Narcissus」を取り上げるのは珍しいかな。

まずはステフェンズが持つ柔らかな音色は素晴らしいと思います。
決して熱くならず超クールな印象・・・まるで包み込まれるような気がする。
アーロン・パークス(p)とコンビネーションは抜群の雰囲気を醸し出します。
超クールの二人の組み合わせは何とも憎い。
アーロン作の(8)「Hard-Boiled Wonderland」と(10)「Cartoon Element」は最高です。
自身のオリジナルではバラードの(7)「Haden's Largo」が聴きどころになりました。
パークスやジュリアン・レイジ(g)との絡みに痺れた。
(2)「Kwooked Street」やセクステットの(6)Black Narcissus」も凝った展開です。
(5)「Loosy Goosy」では北川潔(b)さんの存在感が光ります。

改めてこのダイナ・ステフェンズは面白いと思いました。
ちょっと追いかけてみたい気がする。

(中間系)



(709) LEE KONITZ NEW QUARTET / AT THE VILLAGE VANGUARD
Standard's Live

lee konitz(as),
frorian weber(p), jeff denson(b), ziv ravitz(ds)
2009Rec/Enja/


1 CHEROKEE (R.Noble) 1 THE SONG IS YOU (J Kern) 
2 SUBCONSCIOUS-LEE (L.Konitz) 2 SKY LARK (H.Carmichael)
3 I REMEMBER YOU (V.Schertzinger) 3 IN YOUR OWN SWEET WAY (D.Brubeck)
4 POLKA DOTS AND MOONBEAMS (J.V.Heusen) 4 JUST FRIENDS (J.Klenner)
5 COLOR (F.Weber) 5 STELLA BY STARLIGHT (V.Young)
6 KARY'S TRANCE(L.Konitz) 6 I LOVE YOU(C.Poter)
THINGIN(L.Konitz)


リー・コニッツは1927年、イリノイ州シカゴ生まれ、15歳でプロ入りなのでこの頃の超早熟なジャズ・マンの一人です。
最初はクラリネットでその後テナー・サックスに転向しましたが、最後はアルト・サックス奏者になりました。
当時の楽器の持ち替えは在団したバンドの都合が多いようです・・・空きがあるかどうか。
20歳以降はクロード・ソーンヒル楽団〜マイルス・デイビス九重奏団〜レニー・トリスターノ〜スタン・ケントン楽団〜
自己のコンボ〜60年代半ば頃からはヨーロッパで活躍することが多くなりました。

コニッツはチャーリー・パーカー以降、最も重要なアルト・サックス奏者の一人でその影響力は計り知れません。
意気投合したレニー・トリスターノ派の第一人者で、その流れを汲むクール・スタイルの代表格でもあります。
特に多くの白人アルト奏者に影響を与えています。
ポール・デスモンド、アート・ペッパー、バド・シャンク、チャーリー・マリアーノ、フィル・ウッズなど。

今作は2009年3月31日〜4月1日のヴィレッジ・ヴァンガード、コニッツ81歳の時のライブ盤です。
1枚目が出た時にチェックしましたが「コニッツも80歳を過ぎているし今更スタンダードも・・・」と思ってパスしてしまいました。
そのまま忘れていたんですが去年2枚目が出たので「やっぱり聴こう」と思い直しました。
「コニッツの新しいカルテットはどんなものか」との興味もありました。

聴いていてみると想像以上に良かったです。
コニッツもこれだけ吹ければ立派、やはり怪物ジャズ・メンの一人でした。
経験豊富で引き出しの多さは特筆もの、一筋縄ではいかないフレーズがポンポン飛び出してきます。
まぁ、先進のアルト奏者として多くの修羅場をくぐり抜けてきているので当然といえば当然ですが・・・。
さらにドイツ出身のピアニスト、フロリアン・ウィーバーが素晴らしいです。
コニッツが高齢なので自ずとピアノ・トリオの出番が多くなりますが、これがまた聴きどころになりました。
さすがにコニッツの見る目は確かです。
このピアノ・トリオの魅力は1曲目の「Cherokee」で一目瞭然です。
キラリと光るトリオは強力かつ斬新な印象を残します・・・特にピアノとドラムスのコンビネーションが素晴らしい。
バップの名曲をこんな風に展開させるのはコニッツ・カルテットならではと思います。
コニッツの代表曲(2)「Subconscious-Lee」はパーカーの「Confirmation」と並んで多くのアルト奏者のバイブル曲。
(6)「Kary's Trance」の転調具合はどうか…私的ベストはこれかな。
Vol.2ではブルーベックの(3)「In Your Own Sweet Way」がお気に入りです。
とにもかくにもコニッツが元気でいてくれて嬉しいです。

Vol.1はオリジナル3曲とスタンダード4曲、Vol.2はスタンダード6曲の構成です。
やはりVol.1の出来がいいので、1枚だけならこちらがお勧めです。

(中間系)



(708) BILL CROW QUARTET / FROM BIRDLAND TO BROADWAY

billcrow(b),
carmen leggio(ts), joe corn(g), david jones(ds),
1996/Venus/


1 From Birdland To Broadway(B.Crow) 2 Share A Key(B.Crow)
3 Okay, Bug(C Leggio) 4 News From Blueport(B.Crow)
5 Autumn Leaves 6 Fools Rush In
7 Just Friends 8 Tricrotism(O.Pettiford)
9 My Funny Valentine 10 Night Lights(G.mulligan)
11 Broadway    


発売時に「買わなきゃ」と思ってそのままになってしまったアルバムも数多いです。
ビル・クロウ(b)の初リーダー・アルバムになる今作もそんな中の1枚です。
ジェリー・マリガン・カルテットやスタン・ゲッツ等と共演、西海岸の名ベーシストの一人です。
目立たず騒がすの地味なベーシストですが安定感十分の演奏で知られています。

ビル・クロウが書いた名著「さよならバードランド」を村上春樹氏が翻訳しました。
そんな関係でしょうか・・・解説をその村上氏が書いています。
CDの定価が3600円というのも高いけど・・・。

全11曲はクロウのオリジナル3曲とその他8曲の構成です。
選曲が中々に興味深いですね。
尊敬するオスカー・ペティフォード(b)とジェリー・マリガン(bs)が1曲づつ含まれています。
お馴染みのスタンダードが選ばれているのも嬉しい。
肩の凝らないジャズ・アルバムはいかにも穏やかなクロウの持ち味そのものです。

共演者ではカーメン・レッジオ(ts)の名前が珍しいと思います。
レッジオはベニー・グッドマンやメイナード・ファーガソンのグループで活躍。
男性的なトーンの持ち主ですがここではムード溢れる演奏が聴けました。
デヴィッド・ジョーンズ(ds)は所見ですがローカル・ミュージシャンの一人で露出度は少ないです。
ジョー・コーン(g)は著名なサックス奏者、アル・コーンの息子です。
近年はハリー・アレン・グループで活躍しています。

(くつろぎ系)

このメンバーのアルバムはもう一枚出ています。
取りあえず2枚揃ったのでホッとしました。

*BILL CROW QUARTET / JAZZ ANECDOTES
bill crow(b), carmen leggio(ts), joe cohn(g), david jones(ds)
1997/Venus/



(707) CORY WEEDS QUARTET / CONDITION BLUE
The Music Of Jackie McLean

cory weeds(as),
mike ledonne(org), peter bernstein(g), joe farnsworth(ds)
2015/Cellar Live/


1 CONDITION BLUE (J.McLean) 2 SLUMBER (L.Morgan)
3 CAPUCHIN SWING (J.McLean) 4 MY OLD FLAME (S.Coslow)
5 'SNUFF (J.McLean) 6 MARILYN'S DILEMMA (B.Higgins)
7 DAS DAT (J.McLean) 8 JACKNIFE (C.Tolliver)
9 BLUESANOVA (L.Morgan) 10 BLUES IN A JIFF (S.Clark)


コリー・ウィーズ(as)は所見、バックのオルガン・トリオとジャッキー・マクリーンの名前に惹かれました。
マイク・ルドン(org)、ピーター・バーンステイン(g)、ジョー・ファーンズワーズ(ds)がメンバーです。

全10曲中スタンダードは1曲だけであとはジャズ・メンのオリジナルが並んでいます。
マクリーンが4曲、リー・モーガン2曲、ビリー・ヒギンス1曲、チャールス・トリバー1曲、ソニー・クラーク1曲です。
まぁ〜ね、そのままブルーノートの濃い香りがします。
「私と同じ時期に同じようなジャズを聴いていたんだ」と思ってついニヤリとしてしまいました。

内容にはウィーズの熱き想いが詰まっていました。
1960年前後を彷彿とさせるパワフルでエネルギッシュな演奏が聴けます。
鋭角に尖がったようなアルト・サックスの音色がたまりません。
オルガン・トリオ独特のファンキーな味わいもあります。
全体を包む”揺れ具合”が今作の最大の魅力だと思います。
私的ベストはソニー・クラークの(10)「Blues In The Jiff」です。
4ビートに乗ったブルージーな演奏がなんともカッコ良くて痺れました。

ちなみにこのコリー・ウィーズさんは「Cellar Live」のレーベル・オーナーとのことです。
今作は記念すべき100作目になりました。

(中間系)



(706) FRANCESCO CAFISO & RICCARDO ARRIGHINI TRIO
/ CONCERTO FOR MICHEL PETRUCCIANI

francesco cafiso(as),
riccardo arrighini(p), amedeo ronga(b), stefano rapicavoli(ds),
2004/Philology/


Disk1

1 Chloe Meets Gershwin 2 Why
3 Pasolini(A.Romano) 4 Our Tune
5 Hidden Joy 6 She Did It Again

Disk2
1 Brazilian Like 2 Even Mice Dance
3 Montelimar 4 You Are My Waltz
5 Cherokee(R.Noble) 6 Body And Soul(J.Green)


今年の初聴きはフランチェスコ・カフィーソ(as)に決めていました。
カフィーソは収集対象の一人です。
2枚組は中々に買いにくいですが今回ようやく入手しました。
今作はミシェル・ペトルチアーニの作品に焦点を当てたものです。
2枚組全12曲中、9曲がペトの作品、その他3曲の構成です。
2004年の録音なのでカフィーソが14歳か15歳の時の録音です。
まぁ〜、凄いです・・・天才の天才たる所以の演奏が詰まっていました。

圧倒的な存在感を放つ音が飛び出てきました。
甲高く硬質的な音色が特徴です。
突き抜けてくるというか、心に刺し込まれるような気がします。
「Cherokee」の超高速演奏、「Body And Soul」のバラード奏法も聴きどころになります。
これがライブ演奏ということを考えるとまさに驚異的というしかありません。

共演のリッカルド・アリギーニ(p)・トリオも素晴らしいです。
アリギーニ名義の作品は持っていいないのでちょっと聴いてみたくなりました。

(中間系)




(705) HARRY ALLEN & JAN LUNDGREN QUARTET / QUIETLY THERE

harry allen(ts), jan lundgren(p), hans backenroth(b), kristian leth(ds)
2014/Stunt/


1 SURE AS YOU ARE BORN 2 EMILY
3 THE SHING SEA 4 QUIETLY THERE
5 A TIME FOR LOVE 6 CINNAMON AND CLOVE
7 THE SHADOW OF YOUR SMILE 8 JUST ACHILD
9 SUICIDE IS PAINLESS


ハリー・アレン(ts)とヤン・ラングレン(p)・カルテットのジョニー・マンデル作品集です。
ジョニー・マンデルはコンポーザー、アレンジャー、トロンボーン奏者です。
1958年の映画「私は死にたくない」の楽曲を書いて注目されることになりました。
この映画には当時の人気バンドのジェリー・マリガン・セクステットも出演していました。
マンデルの代表曲は言わずと知れた「The Shadow Of Your Smile」ですね。
永遠の大スタンダード・ナンバー・・・もちろんここでも演奏されています。
(2)「Emily」や(5)「A Time For Love」もジャズ・マン好みの曲でよく耳にします。

ハリー・アレンとヤン・ラングレンとくればある程度の予想はつきます。
予想通りしっとりと落ち着いた作品で、美しいバラードが詰まっていました。
特に前述の(7)「The Shadow Of Your Smile」が素晴らしいです。
テーマ部分ではラングレンのピアノにアレンのテナーが絡み、続く二人のソロが聴きどころになります。
ラフさは微塵もなくてやや面白味には欠けるけれど実にきっちりとして真面目な作品です。
丁寧、端正な仕上がりでいかにもこの二人ならではという感じがしました。

(くつろぎ系)



(704) NIKOLETTA SZOKE / I THOUGHT ABOUT YOU

nikoletta szoke(vo),
robert lakatos(p), jozsel horvath barcza(b), jimmy wormworth(ds),
gabor bolla(ts),(3,4,8,9), strings(2,4)
2015/Gats Pro/


1 WHY DON'T YOU DO RIGHT ? (J.McCoy) 2 THE SHADOW OF YOUR SMILE (J.Mandel)
3 STOMPIN' AT THE SAVOY (B.Goodman) 4 NATURE BOY (E.Ahbez)
5 EAST OF THE SUN (B. Bowman) 6 I'VE GOT THE WORLD ON A STRING (H. Arlen)
7 IT'S ALL RIGHT WITH ME (C.Poter) 8 I THOUGHT ABOUT YOU (J.V.Heusen)
9 IF I SHOULD LOSE YOU (R.Rainger) 10 ESTATE (B.Martino)
11 OLD DEVIL MOON (B.Lane)


ハンガリー出身のニコレッタ・セーケは初見ですがヴォーカル・ファンにはすでに知られた存在のようです。
1983年生まれなので今年32歳になります。
ピアノ・トリオとテナー・サックスをバックスにしたスタンダード作品集です。

セーケは独特の節回しとコブシを持っています。
ハンガリーといえばジプシー音楽なのでその影響があるかもしれませんね。
これが一風変わった雰囲気を醸し出していて面白いです。
なまりというか、方言というか・・・変化球の曲がりが微妙でちょっと突っかかる感じがしました。
声質はクリアで可愛らしいですがジャズ度はけっこう高いと思います。
加えてバックのロバート・ラカトス・トリオがシブい演奏を聴かせてくれて、その存在感は十分です。
一番のお気に入りは崩し具合が絶妙な(5)「East Of The Sun」、(7)「It's All Right With Me」のノリにも注目。
甘さ控えめのストレートなジャズ・ヴォーカル・アルバムに仕上がりました。

(中間系)



(703) ALBERT HEATH TRIO / PHILADELPHIA BEAT

albert "tootie" heath(ds), ethan iverson(p), ben street(ds)
2015/Sunnyside/


1 BAG'S GROOVE (M.Jackson) 2 REETS AND I (B.Harris)
3 I WILL SURVIVE (F.Perren) 4 CONCORDE (J.Lewis))
5 MEMORIES OF YOU (E.Blake) 6 CON ALMA (D.Gillespie)
7 WACHET AUF (Bach) 8 BYE-YA (T.Monk)
9 EVERYTHING MUST CHANGE (B.Ighner) 10 SPEAK LOW (K.Weill)
11 PENTATONIC ETUDE (Y.Lateef) 12 BAKAI (C.Massey) 


アルバート・ヒース(ds)は1935年5月生まれ、ペンシルベニア州フィラデルフィア出身、今年で80歳になります。
ジャズ界で有名なパーシー・ヒース(b)、ジミー・ヒース(ts)のヒース3兄弟の末弟です。
次兄のジミーとは10歳の年の差があります。
並び称されるのがハンク・ジョーンズ(p)、サド・ジョーンズ(tp)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)のジョーンズ3兄弟。

アル・ヒースは50年代にJJ・ジョンソンのグループや「ジャズテット」に参加して一躍脚光を浴びることになりました。
その後現在まで第一線で活躍する稀有なドラマーの一人です。
何年か前にジミー・ヒースとのヒース・ブラザーズのライブを見に行った時に握手してもらったのを思い出しました。

今作はジャケットの鋭い目に惹かれました。
「BAD PLUS」で知られる先進のイーザン・イヴァーソン(p)に売れっ子ベーシスト、ベン・ストリートとのトリオ盤。
1曲目の「Bag's Groove」を聴いただけでぐっと引き込まれてしまいました。
ジャズの原点にあるブルース・フィーリングに溢れています。
こういう粘っこさはいかにもアメリカ的でヨーロッパのピアノ・トリオとは一線を画します。
演目はモダン・ジャズのスタンダードですが多彩なリズムで飽きさせません。
(4)「Concorde」や(9)「Everything Must Change」の雰囲気は最高です。

イヴァーソンのモンク的アプローチとストリートの安定感十分のベース・プレイも見事です。
このトリオは2年前にもアルバムを出しているようでそれも聴いてみたくなりました。

(中間系)



(702) GIANNI BASSO QUARTET

gianni basso(ts),
andrea pozza(p), luciano milanese(b), gege munan(ds),
2007/Penta Flower/


1 MISTER DU 2 MISS BO
3 FILL BOSSA 4 JACK LA MONELLA
5 TO LOVE 6 JA JAZZ
7 THREE SONG 8 SONNY SIDE
9 SVETLANA 10 OSCAR MY FRIEND


ジャンニ・バッソ(ts)のレア盤を入手しました。
バッソについては多くを語る必要はありませんね。
イタリア・ジャズ界の大御所、テナー奏者ではフランスのバルネ・ウィランと並んで知名度が高いです。
テナー・サックスならではの豪快かつ男性的なトーンは魅力があります。
朴訥でゴツゴツとした奏法も味わい深いです。

ここはアンドレア・ポッツア(p)の参加が興味深いですね。
今はイタリアの売れっ子ピアニストですが当時はまだそれほど知られていなかったと思います。
バッソの王道をいくテナー・サックスとポッツアの瑞々しいピアノが聴きどころになります。
バップにバラード、ボサノバとバッソのワン・ホーンが満喫できました。

(中間系)



(701) DON MENZA QUINTET / VERY LIVE AT GROOVY

don menza(ts), markku johansson(tp,fhn),
esko linnavalli(p), jesper lundgaardt(b), esko rosnell(ds)



1 A NIGHT IN TUNISIA(D.Gillespie) 2 MY ONE AND ONMLY LOVE(Wood/Mellin)
3 HIP POCKET(F.Strazzeri) 4 IF WE WERE IN LOVE(J.Williams))
5 BODY AND SOUL(J.Green) 6 EL CAPITANO(Menza)
7 DEXTERITY(C.Parker) 8 TRANE'S BLUES(J.Coltrane)


テナー・サックス奏者、ドン・メンザのフィンランドでのライブ盤です。
メンザは長くビックバンドで活躍していたテナー、フルート奏者ですがその実力は確かです。
豪快な音色と共に多彩な表現力を持っています。
1936年生まれ、1983年の録音時は47歳のまさに脂の乗りきっている年齢です。
今作はヘルシンキのジャズ・クラブでのライブ盤でレア盤の一枚といえるでしょうか。
トランペットとのフロント2管のクインテット編成はモダン・ジャズの王道です。
真正ハード・バップ・ジャズを聴かせてくれました。
共演者は北欧の名手達でデンマークのベーシスト、イェスパー・ルンゴーの参加も嬉しい。
ルンゴー、29歳の時です。
フィンランドのピアニストのエスコ・リンナバリは何度か耳にしたことがあります。
マルク・ヨハンソン(tp)は初見ですがその実力は十分です。
メンザとの共演でもまったく遜色はありません。

全8曲は自身のオリジナル1曲を除いてはジャズ・スタンダード7曲の構成です。
メンザのクネクネ、引きずりテナーはここでも全開で個性溢れる演奏を繰り広げています。
独特のフレージングはパワフルで刺激的、実に魅力的です。
圧倒的な存在感を放つ・・・ライブにおける真のメンザがここにいました。
圧巻はそのバラード奏法です。
特に(2)「My One And Only Love」は素晴らしいと思う。
ヨハンソンは(5)「Body And Soul」や(6)「El Capitano」が」聴きどころ。
バラードでもフューチュアーされますがしっかりとしたテクニックを持っています。
続くメンザのソロにも注目しました。
(7)のパーカー、(8)のコルトレーンはサックス奏者としては外せないところか。

楽器がよく鳴っています・・・白熱のライブ盤でお薦め。

(中間系)



(700) DAYNA STEPHENS DUO & TRIO & QUARTET & QUINTET / PEACE

dayna stephens(sax), julian lage(g),
brad mehldau(p), larry grenadier(b), eric harland(ds)
2014/Sunnyside/



1 PEACE(H.Silver) 2 I LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO(Cory/Cross)
3 ZINGARO(A.C.Jobim) 4 THE GOOD LIFE(Distel/Reardon))
5 THE DUKE(D.Brubeck) 6 BROTHERS(E.Morricone)
7 DEBORAH'S THEME(E.Morricone) 8 OBLIVION(A.Piazzolla)
9 BODY AND SOUL(Green/Jeyman/Sour) 10 TWO FOR THE ROAD(H.mancini)
11  MOONGLOW(Hudson/Mills/Delange)    


気になっていたサックス奏者、ディナ・ステファンズをようやく入手しました。
実際、これほどいいとは思いませんでした。
一気に3回も聴いてしまった。
2日間で10回ほどは聴いたでしょうか。

メンバー的にも申し分ありませんね。
ブラッド・メルドー(p)、ラリー・グレナデァ(b)、エリック・ハーランド(ds)のトリオにジュリアン・レイジ(g)ですよ。

全11曲はデュオ、トリオ、カルテット、クインテットが楽しめる大徳用盤です。
スタンダード作品集ですが興味深い曲目が並んでいます。
ディナ・ステファンズにスタンダードを演奏させる。
テーマは美しいメロディ・ラインを持つ名曲ということになりますか。
狙いは見事に当たりました・・・プロデューサーのマット・ピアソンはさすがです。

ベースとのデュオ・・・(11)
ベース、ドラムスとのトリオ・・・(9)
ギター、ベースとのトリオ・・・(4)
ピアノ、ギターとのトリオ・・・(6)
ピアノ・カルテット・・・(1)、(2)
ギター・カルテット・・・(5)、(8)、(10)
クインテット・・・(3)、(7)

表題曲の(1)「Peace」はホレス・シルバーの名曲、
続くトニー・ベネットの大ヒット曲(2)「I Left My Heart In San Francisco」はメルドー・トリオがバック、
ジョビンのボサノバ(3)「Zingaro」はクインテットで、(4)「The Good Life」はレイジのギター・トリオで、
ピアソラの(8)「Oblivion」でステファンはソプラノ・サックスを使用、
哀愁の漂うメロディと共にここでのレイジには心底痺れました。
(9)「Body And Soul」はピアノ、ギターレスのトリオで演奏されます。
マンシーニの(10)「Two For The Road」も素晴らしい展開です。

何といってもステファンズの音色がいいです。
音量豊かで余裕十分、抑揚を抑えた超クールなスタイルに一発で参ってしまいました。
想像以上の大物かもしれませんね。
もっと聴いてみたいので早速一枚注文していまいました。

メルドーはさすがの演奏ですが5曲では物足りないかな・・・もう少し聴いてみたいと思いました。
ラリー・グレナディア(b)も大きくフューチュアーされる場面があるので聴きどころになります。

(中間系)




(699) TOMMY SMITH QUARTET / SPARTACUS

tommy smith(ts),
kenny barron(p), james genus(b), clarence penn(ds),
2000/Spartacus/


トミー・スミス(ts)の珍しい名前を見つけたので購入しました。
今作もまた2000年の発売時にチェックしながらそのまま忘れてしまった一枚です。
トミー・スミスは繊細でユニークな音色を持つテナー・サックス奏者です。
1980年代後半にブルーノートにも作品を残しています。
ジョン・スコフィールド(g)、エディ・ゴメス(b)、ジャック・デジョネット(ds)等との共演。
プロデュースはゲイリー・バートン(vib)でした。

全8曲はスタンダード7曲と自身のオリジナル1曲の構成です。
バックがケニー・バロン(p)・トリオ。
スタンダード作品集なんですがスミスの感性と相まってひと味違う仕上がりになっています。
繊細でか細く、テナー・サックスらしくない奏法が聴きどころの一つです。
そんな特徴がピッタリとハマったのが美しいメロディを持つ(5)「It Never Enterd My Mind」、
自作の(7)「When I'm All Alone」も良かった。
アップテンポの(6)「The Lady Is A Tramp」が一番ジャズ度が高いと思います。

端正で落ち着いた作品は深夜にBGMで流すのが一番いいような気がします。
もちろん、フューチュアーされるケニー・バロンも素晴らしい。
どんな状況にも合わせられるバロンのフレキシブルな感性には脱帽です。

(中間系)



(698) BJORN SOLLI QUINTET & SEXTET / AGROW : THE LYNGOR PROJECT VOLUME 1

bjorn vidar solli(g), seamus blake(ts,ss), ingrid jensen(tp)(3,4,8,9),
aaron parks(p), matt clohesy(b), bill stewart(ds)
2014/Lyngor/


ビヨーン・ソリと読むのかな、ノルウェー出身のギタリストです。
ここはメンバーが魅力的なので手が伸びました。
ニューヨークの最先端サックス奏者のシーマス・ブレイクと超クールなピアニストのアーロン・パークス、
それにカナダ出身の女性トランぺッターのイングリット・ジェンセンも久々に聴いてみたいと思いました。

全9曲は全てソリのオリジナルですが曲想も豊かなので飽きさせません。
変に小難しくもなく、かと言って単純でもなく、中々味わい深いアルバムに仕上がりました。

ソリは端正でクリアな響きを持ち清涼感のある演奏で、浮揚感も感じさせるので新感覚のギタリストの一人です。
ニューヨークの最先端のプレイヤーとの共演でもまったく違和感を感じさせずに溶け込んでいました。
予想通り、アーロンとシーマスのプレイも冴え渡っています。
アーロンの心に染み入るようなピアノ・タッチが素晴らしい。
シーマスはマイケル・ブレッカー(ts)を継承する存在になれるかどうか。
つくづくブレッカーの存在も大きかったと思います。
ジェンセン参加の2管フロントは3,4,8,9の4曲です。
久々に聴いたけれどだいぶ鋭角的な音色になっていました。
経験を積むほどに表現力を増して力強い演奏を聴かせてくれました。

一番のお気に入りは(6)「Rabalder」でクールなスイング感がなんとも心地良かった。
現代風ハード・バップの(1)「Windjammer」も聴きどころになります。

(中間系)




(697) YANCY KOROSSY TRIO / INDETIFICATION

yancy korossy(p), j.a.rettenbacher(b), charly antolini(ds),
1969Rec/MPS/


中古盤コーナーで見つけた一枚です。
ルーマニア出身のピアニスト、ヤンシー・キョロシーの作品。
ドイツのMPSに吹き込んだものでキョロシーの代表作になっています。
キョロシーは個性的な名前と相まってピアノ・トリオ・ファンにはよく知られた存在だと思います。

全8曲はメンバーのオリジナル3曲とスタンダード5曲の構成です。
静謐で美しいヨーロッパ・ピアノ・スタイルとは一線を画します。
ヨーロッパらしくないアグレッシブかつパーカッシブなタッチが強烈です。
飛び跳ねるようなトリッキーなアプローチが新鮮でした。

今作はなんといっても表題曲の(5)「Identification」が素晴らしい。
スピード感ある演奏が次第に熱を帯びてくる。
個性が全開・・・フリー・トーンを交えた斬新なフレーズに驚かされました。
これを聴いたら誰もキョロシーの才能を疑わないと思います。

この一枚にはキョロシーの魅力が全て詰まっています。
やはりピアノ・トリオ・ファンには見逃せない一枚だと思う。

(中間系)




(696) TERUO GOTO & JUN SATSUMA / BUT BEAUTIFUL

後藤輝夫(ts)、佐津間純(g))
2014/Kamekichi/

後藤輝夫(ts)さんと佐津間純(g)さんのデュオ作品です。
全曲、よく知られたスタンダードが並んでいます。
語りかけてくるようなしっとりとしたバラード集です。

後藤さんはオルガン入りグループの「ごめんね」を率いるソウル、ファンキーなサックス奏者。
名手の一人でこういったバラードも一級品です。
サブトーンを多用するけど感情過多にならずに比較的あっさり吹いているのがいいと思います。
デュオ作品はどうしても入れ込みが強く重たくなる傾向にあるから・・・。
佐津間さんは初見、オーソドックスで落ち着いた演奏を聴かせてくれました。
丁寧で端正な趣きはカチッとした印象を与えます。

いわゆる優等生と不良生徒の組み合わせですが心が通い合いました。
聴き味の良い作品です。

なお今作は第20回日本プロ音楽録音賞、ベストパフォーマー賞 受賞曲
「Teach Me Tonight」が収録されています。
オーディオ・ファンには気になるところかな。

(くつろぎ系)



(695) MAX IONATA QUARTET / DIECI

max ionata(ts),
luca mannutza(p), nicola muresu(b), nicola angelucci(ds),
guest : fabrizio bosso(tp)(1,2,7)
2011/Via Veneto/


先日マックス・イオナータ(ts)を久々に聴いて良かったのでもっと聴いてみたいと思いました。
今作は2011年作品、ファブリジオ・ボッソ(tp)が3曲にゲスト参加しています。
全8曲はメンバーのオリジナル7曲とその他1曲の構成です。

ジャズの王道を行くオーソドックスな作品です。
いみじくもルカ・マヌッツァ(p)の(2)「Coltrane Meets Evans」の題名がそれを表しています。
イオナータのジョン・コルトレーン(ts)にマヌッツァのビル・エヴァンス(p)です。
全体的に熱気や派手さはあまり感じないけれどクールな作品。
先述の(2)はそれぞれの実力を示したベスト・トラック。
イオナータがワン・ホーンで聴かせる5曲はどれも重厚で安定感は抜群です。
お酒を飲みながらバックにこれを流せば落ち着けると思います。

(中間系)



(694) GEORGE MRAZ & DAVID HAZELTINE TRIO / YOUR STORY

george mraz(b), david hazeltine(p), jason bown(ds)
2013/Cube Metier/


ジョージ・ムラツは1944年、当時のチェコスロバキア出身のベーシストです。
68年に渡米してバークリーに留学、今年で70歳になりました。
多分、チェコ出身のジャズ・マンとしては最も知られていると思います。
オスカー・ピーターソン(p)やトミー・フラナガン(p)に起用されたことにより有名になりました。
クラシックに裏打ちされた堅実で安定感のあるベース・テクニックには定評があります。

ピアニストのデヴィッド・ヘイゼルタインは1958年生まれ56歳です。
現在最も油の乗っているピアニストの一人と言えます。
この二人の共演盤は日本のヴィーナス盤が最初のようです。

全9曲はムラツとヘイゼルタインのオリジナルが3曲とその他6曲の構成です。
ビル・エヴァンスが2曲、バリー・ハリス1曲、スタンダード3曲の選曲のバランスも良い。
ムラツの良く伸びるベース・ラインに支えられてヘイゼルタインのピアノが冴えます。
ジェイソン・ブラウンの控え目で趣味の良いドラミングもピッタリとハマっています。
コール・ポーターの(9)「Every Time We Say Goodbye」は大好きな曲。
ヴォーカルでは聴くことが多いけどインストでは珍しい・・・特にピアノ・トリオ。
ムラツとヘイゼルタインの対比も際立っていて聴き味の良いトリオ作品に仕上がりました。
デュオに近いかも・・・天才肌の二人のプレイが楽しめる好盤です。

(中間系)




(693) JIMMY COBB QUARTET / THE ORIGINAL MOB

jimmy cobb(ds), peter bernstein(g), brad mehldau(p), john webber(b)
2014/Smoke Sessions/


ジミー・コブ(ds)は1929年、ワシントン生まれ、今年85歳になりました。
堅実なドラマーとして、ヴォーカルのバッキングの名手としても知られています。
マイルス・デイヴィス・クインテット〜ウィントン・ケリー・トリオのジャズ主流派で活躍。
ジャズの黄金期を知る貴重なドラマーの一人です。
こうして元気な姿を見られるのは嬉しい限りです。

ちなみに先頃紹介したルイス・ヘイス(77歳)よりも8歳も年上です。
怪物ロイ・へインズが1925年生まれ89歳、アル・ヒースが1935年生まれの79歳。
もうこの4人くらいしか思い浮かばなくなりました。

今作は先日のジャズ仲間の集まりでKさんが聴かせてくれました。
なんといってもブラッド・メルドー(p)の参加が目を引きます。
ギターにピーター・バーンステインの2コード楽器の組み合わせ。
オーソドックスなジョン・ウィーバー(b)とジミー・コブとの相性は抜群です。

全10曲はメンバーのオリジナル5曲にその他5曲の構成です。
超ベテランのコブと先進のメルドーのコラボレーション。
接着剤の役割がウィーバーとバーンステインというところか。
今作はピアノ・トリオ、ギター・トリオ、カルテットの3つの味わいがある徳用盤です。
1曲目の「Old Devil Moon」で早くもこのグループの魅力が全開します。
コブがリーダーならではの濃いバップ・テイスト・・・聴き易く安心感と安定感があります。
明るく爽やかなバーンステインとクールに沈み込むメルドーの対比も面白いです。
湧き出ずる魅力的なフレーズと絶妙なタッチ・・・やはりメルドーはひと味違います。
メルドーのこういう演奏は珍しいと思う。

(中間系)



(692) YUKA DEGUCHI / JUST FROM NOW

出口優日(vo)、久米雅之(ds)、
岡淳(ts)、片岡雄三(tb)、松島啓之(tp)、
佐野聡(harm)、井上智(g)、関根敏行(p)、高瀬裕(b)

2014/Kidman/


期待のヴォーカリスト、出口優日さんの初リーダー・アルバムです。
プロデュースはベテラン・ドラマーの久米雅之さん。
一般的にプロのミュージシャンが発掘、プロデュースした新人は実力者が多いです。
今回もその例に漏れず出口さんはユニークな感性と表現力を持っています。
私はヴォーカルを聴く時、まずは声質それから雰囲気を大事にしています。

1曲目の歌が流れると美しく透明感のある歌声とノスタルジックなジャズの世界に引き込まれます。
全10曲は出口さんと久米さんオリジナルとその他8曲の構成です。
サイモン&ガーファンクルの(4)とビートルズの(10)と(5)以外はあまり馴染みがない曲が多い。
知られていなくてもいい曲はいっぱいあるとのメッセージとこだわりが感じられます。
自作の(3)「虹」は日本語、久米さんの代表作の(7)「21」は出口さんが英語の詩を付けました。

久米雅之(ds)さん、高瀬裕(b)さん、関根敏行(p)さんのトリオを中心にバック陣も豪華です。
管楽器3本とギター、ハーモニカが加わります。
今作はアレンジの力も大きいです。
それぞれの曲がどうアレンジされているかも聴きどころになります。
(1)の3管、(2)、(3)のピアノ、(4)のギターとハーモニカが醸し出す雰囲気は素晴らしい。
(5)のミュート・トランペット、(6)のハーモニカ、(7)のギター、(8)のトロンボーン、
(9)のテナー・サックス、ジョージ・ハリソンの(10)はニーナ・シモンの歌が忘れられません。

出口さんは可愛らしくもあり歌も上手いです。
初アルバムでありながら堂々として端正で落ち着いた仕上がりになっています。
クリアな音作りも良かった。
将来性は十分、益々の精進を期待しています。


(くつろぎ系)




(691) LOUIS HAYES QUINTET / RETURN OF THE JAZZ COMMUNICATORS

louis hayes(ds),
steve nelson(vib), abraham burton(ts), david bryant(p), dezron douglas(b)
2014/Smoke Sessions/


ルイス・ヘイス(ds)は1937年、ミシガン州デトロイト生まれ、今年77歳になりました。
15歳でプロ入りなんて、この頃のジャズ・メンはみんな早熟です。
NYに出てホレス・シルバー・クインテット〜キャノンボール・アダレイ・クインテットに加入。
当時の絶頂期にある人気バンドで活躍しました。
ジャズの黄金期を知る貴重なドラマーの一人です。
こうして元気な姿を見られるのは嬉しい限りです。

ルイス・ヘイスの「ザ・ジャズ・コミュニケイターズ」というのは知りませんでした。
1967年に結成されたそうです。
メンバーはフレディ・ハバード(tp)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ケニー・バロン(p)、
ハービー・ルイス(b)、ルイス・ヘイス(ds)という垂涎ものの組み合わせです。
ジャズにとっては厳しい時代、残念ながらレコーディングの機会はなかったようです。

ハード・バップ・バンドの一般的な組み合わせはトランペット&サックスですね。
ここではスティーブ・ネルソンのヴァイブ入りが新味です。
全11曲には昨年相次いで亡くなったマルグリュー・ミラーとシダー・ウォルトンの曲もあります。

ライブ盤なんだけど内容は思ったよりずっと大人しくてスマートだったです。
メンバーが高齢のルイに気を遣ったのかもしれませんね。
それぞれのオリジナル、スティーブ・ネルソン(vib)の(2)「Shape Shifting」、
エイブラハム・バートン(ts)の(6)「It's To You」がいい感じで聴きどころになりました。
ベストはバラードの(10)「Portrait Of Jennie」でバートンのテナーが心に沁みた。
ピアノのデヴィット・ブライアント、ポール・チェンバース張りのデズロン・ダグラス(b)にも注目しました。

(中間系)




(690) YELENA ECKEMOFF QUINTET / A TOUCH OF RADIANCE

yelena eckmoff(p), mark turner(ts),
joe locke(vib), george mraz(b), billy hart(ds)
2014/L&H/


エレナ・エケモフは初見、ロシア、モスクワ出身のピアニストです。
エケモフは以前気になった作品もあったけれど、その時はパスしてしまいました。
今作はメンバー構成に引かれたところがあります。
マーク・ターナー(ts)にジョー・ロック(vib)、ジョージ・ムラツ(b)にビリー・ハート(ds)です。
ちょっと面白そうと思いました。

全10曲は全て自身のオリジナルです。
エケモフには独特の音楽観がありました。
どんよりと曇ったモスクワの空・・・暗く冷たいよどんだ空気を感じさせた。
しかしそんなモノトーンを背景に端正で透明感のあるソロが乗ります。
そのコントラストが幻想的な場面を生み、それが最大の魅力だと思います。
マーク・ターナーの飛び跳ねる浮揚感のあるテナー、ジョー・ロックのひと癖あるクリスタルなヴァイブ。
ジョージ・ムラツとビリー・ハートは一見バラバラのようでありながら絶妙なリズムを刻みます。
エケモフの雨音のような清冽で美しいピアノも素晴らしいです。
私的ベストは(9)「Encouragement」です。
絡み合う楽器はまるでクルクルと踊っているように聴こえました。

今作はエケモフのコンポーザーとしての実力も聴きどころになります。
ここには計算された10枚の絵、あるいは一連の時間の流れを感じさせる映像がありました。
どれを聴いても心地良いです。
落ち着いた一日の終わりを演出するには最適なアルバムだと思います。

(まじめ系)




(689) NIR NAAMAN QUARTET & QUINTET / INDEPENDENCE

nir naaman(ts,as,ss), marcus printup(tp)(1,8,10)
geroge cables(p)(1,3,5,6,8,9,10), roy assaf(p)(2,4,7)
dezron douglas(b),
gregory hutchinson(ds)(1,3,5,8,10), ulysses owens jr(ds)(2,4,6,7)
2014/Naaman/


ニア・ナーマンは初見、イスラエル出身の新進テナー・マンです。
近年、ジャズ・シーンではイスラエル出身のジャズ・メンの活躍が目覚ましい。
ここは共演者に引かれたところがあります。
ジョージ・ケイブルス(p)とマーカス・プリンタップ(tp)です。
普段演っているのはロイ・アサフ(p)、デズロン・ダグラス(b)、ユリシス・オウエンス(ds)あたりか。
つまり2セットの演奏が聴けるお徳用盤なんです。
注目のベーシスト、デズロン・ダグラスは先週のルイス・ヘイス盤に続いての登場です。

今作のキーはジョージ・ケイブルス(p)の参加にあると思います。
ナーマンはケイブルスとの共演を強く望んだのかな。
経験豊かなケイブルスがプロデュースしているのでソツがありません。
全10曲中、7曲が自身のオリジナルでその他3曲の構成です。
2曲のスタンダードと母国イスラエルの曲が入りました。
よく考えられた選曲と並びになっていて興味深いです。
さらに曲によってメンバーを変え、曲想も豊かで飽きさせません。

ナーマンはやさしくてやわらかな音色の持ち主です。
根っこにバップ・テイストやジョン・コルトレーンがいるので安心感もありました。
ベストは(3)「Eshai Elohai」で中近東サウンドが色濃く出ました。
クインテットによるバップ風ブルース、(1)「Ohali blues」からスタート、
スタンダードの(4)「The Very Thought Of You」、(9)「Polka Dots And Moonbeams」はバラード、
(5)「Dilemma」の疾走感、コルトレーン風味の(6)「Fall」も聴きどころになりました。
バックのケイブルスのノリと切れ味は抜群で随所でメリハリのある演奏が聴けました。
ナーマンと同じイスラエル出身のピアニスト、ロイ・アッサフにも注目です。
面白いのはベテランのケイブルスのほうが若いアッサフよりずっと激しかったことです。

(中間系)



(688) WALT WEISKOPH SEXTET / OVERDRIVE

walt weiskoph(ts), behn gillece(vib), yotam silberstein(g),
peter zak(p), david wong(b), donald edwards(ds)
2014/Positone/


好漢ウォルト・ワイスコフ(ts)の新譜です。
ストレートなハード・バッパーのワイスコフを聴くのも久し振りです。
師匠格はルー・タバキン(ts)と秋吉敏子(p)さん。
若い頃にトシコ&タバキン・ビック・バンドで腕を磨いた逸材です。

リーダー作を買ったのはほぼ10年ぶりです。
ここはメンバー構成が面白いと思いました。
3コード楽器・・・ヴァイブ+ギター+ピアノの組み合わせは珍しいですね。
どんな風にまとめているのか?に興味がありました。
聴いてみるとやはり3つが絡むというのはなかったです。
曲によりバックが変化します。
全10曲はミシェル・ルグランの1曲を除いては全て自身のオリジナルです。

表題の「Over Drive」通りにドライブ感溢れる演奏が聴けました。
突っ走る演奏を聴いていると実に気持が良く、もちろんコンテンポラリーな雰囲気も持っています。
全体的にリズムがはっきりとしてメリハリの効いた演奏です。
アンサンブルやハーモニーにも興味があるようなのでいずれ大編成にも挑戦するかもしれませんね。
私的ベスト・トラックは(7)「Four Horsemen」で4ビートの疾走感が素晴らしいです。
オリジナルが続くのでルグランの(9)でホッとしました。


(中間系)




(687) VIKTORIA TOLSTOY / BLAME IT ON MY YOUTH

viktoria tolstoy(vo),
jacob karlzon(p), mattias svensson(b), rasmus kihlberg(ds)
2001/EMI/


今作もまた先日の中古盤漁りで見つけた一枚です。
ヴィクトリア・トルストイの2001年作品。
発売時に話題になりましたが買うまでは至らなかった。
ジャケ買い・・・美形に見つめられると弱い。
ジーンズにTシャツのシンプルながら抜群のプロポーション。
余計なお世話ですが10年以上経過した今でもこの体系を保っているのかな。

彼女は文豪レオ・トルストイを曾祖父に持つスウェーデン出身の歌手。
語りを含めた独特の歌唱法を持っています。
メロディはあまり重視していません。
私はジミー・スコットの影響が強いと思いました。
ややワン・パターンではあるけれどジャズ度は高いです。
選曲も中々に興味深く、感情を抑えたクールなサウンドが広がります。
BGMで流していてもジャズ好きには案外にしっくりきました。
ベストはそんな中で唯一熱気を感じる「Summer Night」です。
ヤコブ・カールソンのピアノ・プレイにも注目。

なお(11)、(12)は日本盤のみのボーナス・トラックです。
全体を通してバックのヤコブ・カールソン・トリオが素晴らしい。
話題先行型を予想しましたが予想したよりもずっといいと思いました。

(くつろぎ系)



(686) JUNJI HIROSE & SOUND OF JAZZ / GRATITUDE

広瀬潤次(ds)、
太田朱美(fl)、堀秀彰(p)、本川悠平(b)

2012/BQ/


ベテラン・ドラマーの広瀬潤次さんの初リーダー・アルバムです。
広瀬さんは日本のハード・バップ・シーンには欠かせないドラマーの一人だと思います。
好センスでスマート、相手なりに合わせるフレキシブルなスタイルの持ち主です。
繊細で柔らかなドラミング・・・その心地良いスイング感には女性ファンも多い。
表題の「GRATITUDE」もいかにも広瀬さんらしい奥ゆかしさです。

今作はそんな広瀬さんが率いる「SOund of JAzZ」の作品で、もう結成5年目になるそうです。
メンバー構成もよく考えられていて魅力的ですね。
いまひとつ層の薄い日本フルート界に颯爽と現れたユニークな太田朱美さんをフロントに配し、
ピアノには幅広い音楽性を持つ華麗な堀秀彰さん、ベーシストは真っ黒な感覚の本川悠平さんです。

全9曲は全て広瀬さん自身のオリジナルです。
ここは「SOund of JAzZ」の名前通りにサウンドとリズムが最大の魅力だと思います。
なにしろ気持が良くて一気に一枚が通り過ぎていく感じがしました。
4者が一体となって繰り広げるスイング感と疾走感が素晴らしいです。
私的ベストは印象的なテーマを持つ(2)「Swing Like Monk」でスリル満点、
最後を飾る流麗で美しい(9)「The Happiest Day」も良かった。
各所で存在感を見せる本川さんのベース・プレイが聴きどころです。
広瀬さんと本川さんの相性がいいなぁ〜。
改めてジャズにおけるリズム・セクションがいかに大事かを再認識させてくれました。

(中間系)




(685) JOHNATHAN BLAKE QUARTET / GONE, BUT NOT FORGOTTEN

johnathan blake(ds),
chris potter(ts,afl), mark turner(ts,ss), ben street(b)
2014/Criss Cross/


ここはメンバー構成が魅力。
現代テナーの雄、クリス・ポッターとマーク・ターナーの組み合わせは見逃せない。
リーダーは先進のドラマーの一人、ジョナサン・ブレイクです。
ピアノ、ギターレスのカルテット編成。
テナー2人のガチンコ勝負が聴きどころで硬質で重量級なのは覚悟していました。

全11曲は自身のオリジナル2曲とその他9曲の構成です。
いわゆるスタンダードは1曲もありません。
最も二人の特徴が出たのは(1)「Cryin' Blues」だと思います。
エディ・ハリス(ts)の作品でファンキー&ソウルなブルース曲です。
いくら先進のテナー奏者でもその根っこにはファンキー&ソウル&ブルースがある。
ユニゾンでテーマが示され、先行はクリス・ポッター・・・熱くスリリングなソロが展開されます。
続くマーク・ターナーはクールで浮揚感のあるソロを展開して二人の特徴が際立ちます。
シダー・ウォルトン(p)のバップの名曲(2)「Firm Roots」ではターナーが先行、ポッターが続く。
(3)「Maracas Beach」は美しいテーマを持つラテン調・・・ここではポッターのアルト・フルートが聴けます。
(5)「Broski」は急速調、ストレートな展開の(8)「New Wheels」、(9)「Anysha」はバラードです。
(10)「The Shadower」はドラム・ソロ、重厚なブルース曲(11)「Two For The Blues」で閉じる。

つかみどころがない茫洋としたターナーのテナーと切れ味鋭く踏み込んでくるポッターのテナー。
対照的で持ち味の違う二人の相性は抜群です。
バックを支えるブレイクのドラミングも多彩・・・選曲も変化に富んでいて飽きさせません。
そんな中での私的ベスト・トラックはジム・ホール(g)の(4)「All Across The City」です。
バラード・・・切なく響くのテーマと続くテナー・ソロがなんとも心に沁みました。
どことなく懐かしさを感じるテーマを持つブレイクのオリジナル(6)「Born Yesterday」も良かった。
ここではターナーのソプラノ・サックスとベン・ストリート(b)もフューチュアーされます。
基本的にドラマーの書く曲は美しくやさしいのはここでも証明されました。
(7)「Circle Dance」・・・題名どおりクルクルと回転するように舞う曲想が面白かった。
ポール・モチアン(ds)の曲ですがブレイクが尊敬しているのがよく分かりますね。

絡み合うテナー・サックス・・・二人の個性が相まって興味深い作品に仕上がったと思います。
最近はこれほど真面目に向き合った作品はなかった。
いつも聴きやすいものばかりだったから・・・。

(まじめ系)



(684) STEVE GROSSMAN QUARTET / LOVE IS THE THING

steve grossman(ts),
cedar walton(p), david williams(b), billy higgins(ds)
1985/Red/


今作もまた先日の中古盤漁りで見つけた一枚です。
スティーヴ・グロスマンも一時期よく聴いていました。
20歳ソコソコでマイルス・デイビスに見出された天才肌のテナー奏者です。
グロスマンの根っこにはソニー・ロリンズとジョン・コルトレーンがいます。
この二人はジャズの王道・・・実にオーソドックスなスタイルの持ち主です。
グロスマンの作品はけっこう聴きましたが選曲はバップの名曲とスタンダードが多い。
いつもストレートな真っ向勝負、変化球はないので思い切りの良さが光ります。

グロスマンのアルバムは10枚以上持っています。
枚数も10枚以上にもなると意識的に集めているということになるでしょうね。
私には何人くらいいるだろうか?・・・ちょっと気になってしまった。
20人〜30人というところかな。

グロスマンの作品はワン・ホーン・カルテットとピアノレス・トリオが多いです。
トリオもいいですが特に私はカルテットで共演しているピアニストに興味があります。
バリー・ハリス、マッコイ・タイナー、ミシェル・ペトルチアーニ、本田竹広など。
珍しいところではヒュー・ローソンなんて名前も出てきます。
これはいずれまとめてプログに掲載しようかと思っています。

さてここでの共演ピアニストはシダー・ウォルトンです。
内容は言うまでもなく申し分ありません。
選曲もお決まりのバップの名曲とスタンダードです。
グロスマンは1985年〜1995年にひとつのピークを迎えています。
ウォルトンをバックに朗々としたテナー・サウンドを聴かせてくれました。

(中間系)




(683) JAKOB DINESEN QUARTET / P.S.I LOVE YOU

jakob dinesen(ts),
darin pantookomol(p), anders ac christensen(b), jakob hoyer(ds),
per mollehoj(g), hugo rasmussen(b), magnus hiorth(p)(6)
2014/Cloud/Stunt/


デンマークを代表するテナー奏者、ヤコブ・ディネセンのバラード作品集です。
2003年のカート・ローゼンウィンケル(g)との共演盤はベスト3に上げました。
それから早10年が過ぎ、「どんな感じになったのか?」・・・楽しみにトレイに乗せました。
音数は少なく静かにグッと凝縮されてはいるけれど根っこには熱い思いが溢れています。
これが思わぬ緊張感を生んでひと味違うバラード・アルバムになっています。

全9曲はよく知られたスタンダード4曲に自身のオリジナル4曲、その他1曲の構成です。
クールでビブラートを効かせた奏法はスタン・ゲッツやベン・ウェブスターの影を感じます。
でもディネセンのルーツはジョン・コルトレーン〜ウェイン・ショーターにあるのでよりモダンな展開。
ピアノとの共演が1、3、5、6、7、9の6曲、ギターが2、4、8の3曲、曲によりストリングスも入っています。
日本盤のみのボーナス・トラックが(6)のマグナス・ヨルト(p)との共演です。
ボーナス・トラックが真ん中に入っているのも珍しいですね。

共演のダリン・パントゥコモルはタイのピアニストでディネセンと意気投合したとのこと。
付かず離れず、でも寄り添うように・・・見事な間合いと絶妙なタイミングを持っています。
ディネセンがデュオ・アルバムを出したいと思ったのも当然ですね。
表題曲の(4)「P.S. I Love You」や(7)「Tenderly」が良かった。
自作の(2)「Yasmin」は「バークリースクエアのナイチンゲール」のテーマが入っていました。
ギターやストリングスの効果も抜群で極上のテナー・サックス・バラードを楽しめる逸品です。

(中間系)



(682) CHIE NISHIMURA / MY IDEAL

西村知恵(vo)、
高瀬龍一(tp)、大山日出男(as)、
続木徹(p)、高瀬裕(b)、小山太郎(ds)

2014/EN/


今、巷で話題の西村知恵(vo)さんを聴いてみました。
「彗星のごとく現れた」とありますが一度は挫折を味わっているようです。
鹿児島出身、2000年に上京するも音楽活動を中止したとあります。
ジャケットでは若く見えるのでまったくの新人なのかと思ってしまいました。

西村さんのデビュー作は全12曲のスタンダード作品集です。
アレンジャーはクールなトランペッターの高瀬龍一さん。
このアレンジが良くてバックのクインテットとのアンサンブルが最大の魅力です。
特に高瀬さんと大山日出男さんとのユニゾンやハーモニーが新味で聴きどころになりました。
つまり西村さんのボーカルが楽器の一部として参加している感じがします。
アレンジの効果が抜群なので危うい部分もあるけれど全体的に適度な緊張感に包まれています。
つまりまったく自由に歌わせてもらえるわけではないんです。
ボーカル・アルバムとしては一味違っていて実に新鮮です。

西村さんの実力は十分です。
声質はやさしく、やわらかく、まろやかで申し分ありません。
根っこにはエラ・フィッツジェラルド(vo)がいるので安心感もあります。
私は1曲目の「Left Alone」でぐっと引き込まれてしまいました。
まじめ系で渋めのベテラン・ジャズ・メンを起用してどこか懐かしい味わいもあります。
バックの高瀬さんのトランペット、大山さんのアルト、続木徹さんのピアノにも注目しました。
「Very Cool」・・・しっとりとした仕上がりで、このジャズ・テイストがたまりません。
(2)「Just Friends」、(4)「Lullaby Of Birdland」、(7)「I Can't Give You Anything But Love」、
(10)「The Very Thought Of You」ではスイング感溢れる歌と演奏が聴けます。
アップ・テンポはもちろんですがバラードも良いです。
上記の(1)「Left Alone」や表題曲の(6)「MY Ideal」、(5)「It Never Entered My Mind」、
(8)「Yesterdays」など、特に(12)「My One And Only Love」はピアノ・トリオでじっくり聴かせる。

ジャズ・ヴォーカリストは40を過ぎてからが味が出ます。
西村さんの将来性は十分だと思います。

このアルバムを聴いてくださるあなたとのかけがいのない出会い、
そして私を支えてくださった方々との一期一会の出会い、
あふれ出る感謝を全ての曲に込めて、
--chie--

(中間系)




(681) HARRY ALLEN QUARTET / LIVE AT RENOUF'S

harry allen(ts),
john colianni(p), phikl flanigan(b), duffy jackson(ds)
1996/Mastermix/


先日の中古盤漁りで出会いました。
ジャケットの微笑ましさといい、なぜ発売時に見逃したのかと不思議でした。
思うにマイナー・レーベルということとバックが今ひとつ地味だったからかも知れません。
もっともハリー・アレンは多作家でもあり、ここまで手が回らなかったのかな。
ハリーの作品は企画ものが多いですがこのような自然体の作品は少ないと思います。
それもライブ盤なんてね、実に貴重です。

スタンダード作品集ですが、ここはまた曲目が良いです。
もうもう大好きな(6)「Every Time We Say Goodbye」をはじめ、(1)「In A Mellotone」、
(3)「A Nightingale Sang In Berkeley Square」、(4)「The Shadow Of Your Smile」も入っている。
収録時間が75分強の大徳用盤。
名手ハリー・アレンのテナー・サックスを満喫しました。
ジョン・コリアーニのピアノがまた渋いんだなぁ〜。

(中間系)



(680) SOPHIE MILMAN / IN THE MOONLIGHT

sophie milman(vo),
kevin hays(p), larry grenadier(b), lewis nash(ds),
gelald clayton(p)(1,13), gregoire maret(harmonica)(3,13),
romero lumanbo(g)(3,6), julian lage(g)(4,5,8,9,11),
gil goldstein(accordion)(5,8,9), randy brecker(tp)(6,12),
cris potter(ts)(10), etc
2011/Eone/


疲れてくると女性ヴォーカルが聴きたくなります。
人の声は心に直接響いてくるから癒し系にはちょうどいいです。
特にヴォーカルには絶対的な好みがあると思います。
声質や歌い方が自分の感性に合わないとダメなんです。

私にとってカナダのソフィー・ミルマンは波長が合う女性ヴォーカリストの一人です。
2004年に発売された本邦デビュー盤は今でも車のHDDに入れて愛聴しています。
久々に新しいのが聴きたくなって買いました。

今作のプロデュースはマット・ピアソン。
このプロデューサーの存在が大きいと思います。
バック・ミュージシャンを見れば一目瞭然ですね。
ケヴィン・ヘイズ(p)、ラリー・グレナディア(b)、ルイス・ナッシュ(ds)が中心です。
特にドラマーに好センスなルイス・ナッシュを起用したところにその意志を感じました。
ゲストにも魅力的なミュージシャンが揃いました。
先進のクリス・ポッター(ts)、ジュリアン・レイジ(g)、
伝統的なロメロ・ルマンボ(g)、ランディ・ブレッカー(tp)などが参加しています。

今作は各曲のアレンジも聴きどころで全体的にサウンドのバランスが素晴らしいです。
個人的にはマレットのハーモニカやゴールドステインのアコーディオン入りが新味でした。
(3)、(5)、(8)、(9)、(13)など、切ない感じがまた憎い味付けになっています。
特にフランス語で歌われた(8)「CES PETITS RIENS」は秀逸です。
その他(1)、(4)、(7)などのよく知られたスタンダードも聴き味が良くて選曲もよく考えられています。

(くつろぎ系)




(679) ART FARMER QUINTET / THE TIME AND THE PLACE

art farmer(tp), jimmy heath(ts),
cedar walton(p), walter booker(b), micky roker(ds)
1967/Columbia/


今作も再発廉価盤の一枚です。
コロンビアは最後に残ったジャズのメジャー・レーベルだと思います。
ついに廉価盤発売に踏み切りました・・・ここもまた珍盤、貴重盤の宝庫ですね
アート・ファーマーの今作はCD化を待ち望んでいた一枚です。
ほとんど話題にはならなかったけど、LPでは愛聴していた大好きなアルバムでした。
当時のファーマーらしくない作品です。
リリカルでクールなファーマーをイメージするとまったく違う姿がここにあります。
リズミカルでファンキー・・・ジャズ・ロックと呼ばれる一連の作品群に含まれます。
大ヒットを飛ばしたリー・モーガンやフレディ・ハバートを意識した企画盤でしょうね。

ここはジミー・ヒースが素晴らしいと思いました・・・このノリが最高です。
私はジョニー・グリフィンと共に「もう一人のリトル・ジャイアント」と呼んでいます。
作編曲能力にも秀でていて、ここでも表題曲を始めとして2曲を提供しています。
選曲も変化に富んでいて興味深い構成になっています。
特に映画の主題歌の(7)「On The Trail」はとても楽しく聴けました。
軽快な(2)「The Shadow Of Your Smile」も聴きどころです。
内容もファーマー、ヒース、ウォルトンの絶好調時の演奏が収められています。

原田和典さんの解説で謎が解けました。
このCDが欲しいと思って探していた時にジャケットは同じなのにピアニストが違うんですね。
シダー・ウォルトンじゃなくてアルバート・デイリーでした。
それがどうしても不思議だったんです。
最初デイリーで出そうとしたけど不発、その時点でジャケットも出来ていたので録り直し。
今作はスタジオ録音で拍手は重ねたものらしい。
内幕を聞くと興醒めなんだけど、単純に聴けば内容は素晴らしいと思います。

(くつろぎ系)



(678) EDDY LOUISS & MICHEL PETRUCCIANI / CONFERENCE DE PRESSE Vol.2

eddy louiss(org), michel petrucciani(p)
1995/Dreyfus/


ミシェル・ペトルチアーニ(p)は収集対象の一人です。
CD枚数ではエリック・アレキサンダー(ts)に次いで多いと思います。
この何年かでも最も数多く聴いたピアニストになります。
車の中でもしょっちゅう聴いているし・・・。
この強靭さ、この粘っこさはまさにペトのワン・アンド・オンリーの世界。
なんとも言えない・・・まったく素晴らしいピアノです。

今作は好評を博したエディ・ルイス(org)とのデュオ・ライブ作品の「Vol.2」です。
(1)、(3)、(8)など、ペトの愛奏曲が並んでいますね。
エディの好演もあって雰囲気抜群のライブ盤はつくづく名盤だと思います。
「Vol.2」がこんなに良いって詐欺じゃないのか?
取りあえず「1枚でもいいや」と思ってたけど、とんでもなかった。

(中間系)


ちなみに「Vol.1」はこれです。↓

*EDDY LOUISS & MICHEL PETRUCCIANI / CONFERENCE DE PRESSE

michel petrucciani(p), eddy louiss(org)

1994/Dreyfus/

ピアノとオルガンの組み合わせも珍しいですが強烈な印象を残します。
エディとペトのコンビネーションが聴きどころ。

「Les Grelots」、「All The Things You Are」、
「So What」、「These Foolish Things」などが聴けます。



(677) RICHARD GLASER TRIO / MEETS "THE LEGEND" CLARENCE WEBB

clarence webb(ts),
richard claser(p), geoff rakness(b), mark san filippo(ds)
2013//


ジャケ買い・・・雰囲気を感じた。
「Legend」という言葉にも弱いけど・・・。
渋みのあるオーソドックスなジャズが聴けると思いました。
リチャード・グラサー(p)、クラレンス・ウエッブ(ts)共に初見です。
両者共にロサンジェルスを中心に活躍しているタウン・ミュージシャンのようです。
ほとんどその地を動かないので全国区ではないけれど隠れた名手はたくさんいます。
西海岸のテナー奏者といえばテディ・ウィルソンやハロルド・ランドを思い出しました。

内容は予想通り渋々でした。
ウェッブの音色は野太くソウル色に溢れていて味わい深いです。
飛び跳ねるスイング感を持つホンキー・トンクな流れも感じました。
トツトツとしたスタイルはデクスター・ゴードンやベン・ウエブスターに通じるところがあります。
選曲もスタンダードやバップの名曲が並んでいて楽しめました。
特にバラード奏法がいいと思う。
じっくりと聴かせる(4)「Who I Can Turn To ?」がベスト・トラック・・・これには痺れました。
(7)「The Good Life」や(3)「I Could Write A Book」も聴きどころです。

(くつろぎ系)




(676) ATTILA ZOLLER / GYPSY CRY

attila zoller(g),
herbie hancock(p,elp), victor gaskin(b), reggie workman(b),
lew tabakin(tarogato)
1969Rec/Embryo/


ハンガリー生まれのギタリスト、
アッティラ・ゾラーのユニークな個性をたっぷり味わうことのできるアルバム。
ハンガリアン・フォークのメロディを借りたタイトル曲「ジプシー・クライ」をはじめ、
東欧のエキゾチックな感性が生み出してゆくオリジナルの数々。
はてはフリー・ジャズにもアプローチをみせた「ミート・イン・ベルリン」など、
多彩なサウンド・カラーの中にゾラーのアイデンティティが見事に凝縮されている。
録音から40年以上が経過した今でもまったく色褪せない。
(帯中よりの抜粋)

今作も再発廉価盤の一枚です。
帯中の解説が良かったのでそのまま転載しました。
ゾラーを知ったのはハービー・マン(fl)のアルバムです。
その個性的で存在感のあるギター・プレイに注目していました。
ハービー・マンは最もポピュラーなジャズ・マンですがゾラーはフリー・ジャズまで突っ込んでいます。
つまり両極端の音楽性を持つ特異なギタリストと言えます。
そんなゾラーが残した代表作です。

ここは共演者も面白いですね。
ハービー・ハンコック(p,elp)、レジー・ワークマン(b)といった当時の先進のプレイヤー、
ルー・タバキンはタロガトーと呼ばれるハンガリーのリード楽器を駆使して
独特のサウンドを生み出しています。

(中間系)



(675) MAX IONATE QUARTET / INSPIRATION LIVE

max ionata(ts,ss),
luca mannutza(p), guiseppe bassi(b), nicola angelucci(ds)
2014/Albore/


イタリアのマックス・イオナータ(ts)を聴くのも久し振りです。
イオナータは艶のある美しい音色を持っています。
よどみないフレージングで表現力も豊か・・・現代テナーの名手の一人です。
ジョン・コルトレーンとスタン・ゲッツのミックス・タイプ。
普通はどちらかに片寄るものですが上手に使い分けています。

ヨーロッパのテナー奏者といえば、まずフランスのバルネ・ウィラン、
それにイタリアのジャンニ・バッソが思い浮かびます。
イオナータがこのまま順調に活躍していけばそれに続くような可能性もありますね。
それほどに素晴らしいテナー奏者だと思います。

全8曲はメンバーのオリジナル4曲とその他4曲の構成です。
オーネット・コールマンの(6)「When Will The Blues Leave」が目を引きました。
イオナータは達者なソプラノ・サックスを披露しますが実にスムーズに展開します。
オリジナルでは凝ったテーマを持つ(2)「Blue Art」、バラードの(5)「Luiza」も聴きどころ。
これがライブ盤ということを考えると小憎らしいほどの落ち着きとスマートさです。
バックの好演も特筆もので特にルカ・マヌッツァのピアノにも注目しました。

(中間系)




(674) NEW CENTURY JAZZ QUINTET / TIME IS NOW

benny benack(tp), tim green(ts),
大林武司(p), 中村恭士(b), ulysses owens jr(ds)
special guest : michael dease(tb)
2014/Spice Of Life/


新進気鋭の「New Century Jazz Quintet」が登場しました。
ちょうど活きの良いグループ・サウンズ・ジャズが聴きたかったのでピッタリとハマった。
1曲目のベース音が出た途端に「これだよ、こでなくちゃいけない」と嬉しくなりました。
中心は期待のユリシス・オーエンス(ds)と大林武司(p)さんのようですね。

全10曲はメンバーのオリジナル7曲にその他3曲の構成です。
注目すべきはマルグリュー・ミラー(p)の曲(2)を取り上げていることです。
大林さんの狙いがミラーとなれば明らかに「ジャズ・メッセンジャーズ」の流れ、
さらに80年代の「テレンス・ブランチャード&ドナルド・ハリソン・クインテット」にも繋がっています。
そのブランチャード&ハリソンの曲は(9)で聴くことができました。

フロント2管&3管編成・・・全体を通して居心地の良いサウンドが聴けました。
リズム感がハッキリとしているので安心感、安定感があります。
ピアノ〜ベース〜ドラムスのリズム・セクションが実に魅力的です。
さらにアンサンブルやハーモニーが洗練されていて美しい。
アレンジが良く、計算されています。
私的ベストは前述のブランチャード&ハリソンの曲(9)とミラーの曲(2)です。
中村さんのアルコ・プレイから始まるバラードの(7)も聴きどころ。
これらを聴けば誰もこのグループの実力を疑わないと思います。
まさしく現代のハード・バップ・サウンドがここにありました。

デビュー作とは思えないまとまりで完成度は高いです。
この7月に早くも来日公演が予定されていますが時間が取れずに残念でした。
”見逃した魚は大きい”という感じがする。
早くも次作が楽しみなグループです。

(中間系)




(673) JEFF HACKWORTH QUARTET / SOUL TO GO !

jeff hackworth(ts),
ed cherry(g), radam schwartz(org), vince ector(ds)
2013/Big Bridge/


ジェフ・ハックワーズ(ts)は初見、「Soul To Go」の題名に引かれました。
久々にソウル・ジャズが聴きたかった。
バックがオルガン・トリオなら申し分なく、内容もほぼ予想がつきますね。

全9曲は自身のオリジナル4曲とその他5曲の構成です。
もう少しゴリゴリを期待したけど思ったよりスマートでストレートなソウル・ジャズでした。
ハックワーズのテナーは耳触りが良く、ソフトでクールな印象です。
ファンキー度はあまり感じないけれど心地良いスイング感とソウル感が持ち味です。
私的ベストはトレーンの(4)「Wise One」でバラードの(6)「Little Girl Blues」も聴きどころ。
雰囲気十分で大いにリラックス出来ました。

ギターのエド・チェリーとオルガンのラダム・シュワルツは以前聴いたことがあります。
前者はハミエット・ブルーイエット(bs)で後者はラッセル・ガン(tp)のアルバムでした。
特にここではエド・チェリーに注目しました。
ソウル&ブルージーでこういった作品にはぴったりハマる。
キッチリとしたギター・プレイが魅力で実に良い味を出しています。
今までまったくのノーマークだったけれど見直しました。

(くつろぎ系)




(672) CEDAR WALTON QUARTET / SECOND SET

cedar walton(p),
bob berg(ts), sam jones(b), billy higgins(ds)
1977Rec/SteepleChase/


中古盤コーナーで見つけました。
去年シダー・ウォルトンが亡くなったので手が伸びました。
メンバーはもう一人も残っていないんですねぇ〜・・・感慨深いです。
ウォルトン・トリオにボブ・バーグ(ts)が加わった新生カルテットのライブ盤3枚のうちの一枚です。
ウォルトン43歳、バーグ26歳時の作品です。

当然ながら全員元気溌剌としています。
特にボブ・バーグは伸び盛りでコルトレーン派の面目躍如の演奏を繰り広げています。
ウォルトンはバッキングの上手さや作曲家としての才能が目立ちます。
でもここではインプロヴァイザーとしてのウォルトンに注目しました。
自作の(3)「THE SUNDAY SUITE」は20分にも及ぶ長丁場です。
ジョン・コルトレーン・カルテットを彷彿とさせるスケールの大きな演奏が聴けました。

(まじめ系)



(671) TOSHIO OSUMI TRIO / CARRY ON

大隈寿男(ds)、
1/2:大野雄二(p)、金子健(b)、3/4:山本剛(p)、横山裕(b)
5/6:青木弘武(p)、横山裕(b)、7/8:石井彰(p)、佐瀬正(b)
9:吉岡秀晃(p)、金子健(b)、10:ハクエイ・キム(p)、金子健(b)
11/12:関根敏行(p)、佐瀬正(b)

2014/M&I/


ベテラン・ドラマー、大隈寿男さんは今年”古希”を迎えるそうです。
今作は大隈さんの活動45周年記念アルバムです。
7人のピアニストと3人のベーシストとの共演盤。
こんな企画は嬉しい・・・色んなピアニストを一度に聴けるのは楽しみが多い。
大野雄二さんとはなんと40年振りの共演だそうです。
選曲も変化に富んでいて、さてどれを聴こうかと目移りしてしまいます。
奇数番はテンポのある曲、偶数番はバラードという構成も分かりやすいです。
ビートルズの(5)「A Hard Day's Night」のジャズ化は珍しいかも。

大隈さんの慌てず騒がずのとても趣味の良いドラミングが聴けました。
近年はドラマーが前面に出てくる場面が多いのでなおさらそう感じます。
きっちりと支えてテンポをキープするのはドラマーの王道です。
それぞれに聴きどころが多いですが大野さんの(2)「Left Alone」が心に沁みた。
山本剛さんの(3)「The Girl From Ipanema」のボサノバは素晴らしい。
ただ一人の若手、ハクエイ・キムさんの才能を感じさせるプレイも光ります。

(中間系)




(670) STEVE KALDESTAD QUARTET / STRAIGHT UP

steve kaldestad(ts),
mike ledonne(p), john webber(b), joe farnsworth(ds),
2014/Cellar Live/


ジャケが良い・・・ブルーノート風のジャケットに惹かれた。
さらに曲目を見てみると1曲目に「Beautiful Friendship」が入っていた。
大好きな曲・・・これで決まりです。
カナダの「セラー・ライブ盤」を聴くのも久し振り。
予想通りのオーソドックスなハード・バップ・アルバムでした。

余談ですがみなさんはCD選びに順番はありますか。
私はメンバー〜曲目〜ジャケット〜レーベルの順かな。
時々順番が狂うけれど、まぁ〜そんな感じです。
たとえ試聴が出来ても、予想との意外性が面白いので試聴はしません。
外れても自己責任なので「しょうがない」とあきらめます。

スティーヴ・カルデスタッドは初見です。
きっちりとした端正で安定感のあるテナー奏者・・・根っこにはベニー・ゴルソンがいる。
バックが今や中堅になったマイク・ルドン・トリオなので間違いないと思いました。
全8曲は自身のオリジナル2曲とその他6曲の構成です。
ボサノバやブルースも入っていて選曲は申し分ありません。
スタンリー・タレンタイン(ts)やチャーリー・パーカー(as)の曲に彼のルーツを探ることが出来ます。
表題曲の(8)「Blues Straight Up」を聴くとカルデスタッドの実力の確かさがよく分かります。
このブルース・フィーリングと4ビートのノリが素晴らしい。
バラードは(5)「Warm Valley」、もちろん(1)「Beautiful Friendship」もよく唄っていました。
全体を引き締めるマイク・ルドン・トリオの好演にも注目しました。
突き抜けたところはないけれど安心して聴けるテナー・サックスのワン・ホーン・アルバムです。

(中間系)




(669) SILVANO BAZAN TRIO / I WISH I KNEW

silvano bazan(p), antoine ogay(b), philippe staehli(ds),
george robert(as)(2,4,6,8), phil collins(vo)(4)
2003/TCB/


CDの聴き直しを始めてAからSまできています。
今作もレビュー時に「ドラ盤」から外れていた作品。
これまた「失礼しました・・・何でなんだ?」と不思議に思うほどの快作です。
思うに、当時は新譜を数多く聴いていたので見逃した作品が多いのかも。
特に新人優先、先進のサウンドを重視していた。
多分、”オーソドックス”さを過小評価したんじゃないかと思います。

聴き直してみるとこれが素晴らしいです。
特にジョージ・ロバートの尖がったプレイに注目しました。
この頃ジャズ仲間ではジョージ・ロバートがよく話題になっていました。
しょっちゅう聴いていたので食傷気味だったのも事実です。
フィル・コリンズが1曲だけだったというのもマイナス要因だったかもしれません。
改めて「ドラ盤」入りです。

「レビュー時のコメント」
シルバノ・バザン・トリオのスイス盤です。
ジョージ・ロバート(as)が4曲、フィル・コリンズ(vo)が1曲にゲスト出演しています。
全11曲、自身のオリジナルは3曲、全員のリラックスした演奏が聴けます。
スムースで切れの良いタッチでトリオとしての安定度も高いです。
ジョージ・ロバートも好調だと思いました。
フィル・コリンズはもう1曲くらい聴いてみたいと思ったのは私だけではないでしょう。
この「ティーチ・ミー・トゥナイト」は良かったなー。

(中間系)




(668) ELVIN JONES QUINTET / MIDNIGHT WALK

elvin jones(ds), thad jones(tp), hank mobley(ts),
dollar brand(p), donald moore(b), steve james(elp), etc
1966Rec/Atlantic/


今作も再発廉価盤の一枚です。
エルヴィン・ジョーンスは1927年生まれ、2004年に76歳で亡くなっています。
ジャズ界で有名なジョーンズ3兄弟の末弟、兄はハンク・ジョーンズ(p)とサド・ジョーンズ(tp)。
ジョン・コルトレーン・カルテットのドラマーとして後世に与えた影響は大きいです。
コルトレーンのパワーに負けないドラマーなんてそうそう居るものでありませんよ。
その力強いドラミングと繰り出すパルス的複合リズムはドラマーの可能性を大きく広げました。
ジャズ・メンの中でも特に日本通として知られていて奥さんはタミコ・ジョーンズさんです。

今作は1966年の作品です。
エルヴィンがコルトレーンから離れてすぐの録音で当時の彼の心中が分かるような気がしますね。
ホント疲れた〜・・・もっと分かりやすいジャズがやりたい・・・でも単純ではイヤだ・・・てな感じかな。
フロントには次兄のサド・ジョーンズ(tp)とハンク・モブレイ(ts)を迎えてのハード・バップ盤。
ここが初共演というフロント2人も嬉しいけれど、リズムセクションにも一工夫あります。
ピアノが南アフリカ出身のダラー・ブランド、ベースがアヴァンギャルドなN.Y.C.5のドン・ムーア。
さらにエレクトリック・ピアノを起用してひと味違うサウンドを作り出しています。
ここはなんといってもダラー・ブランドの参加が貴重です。
まさに異色の存在で1曲目を聴いただけでその個性に驚かされると思います。
それほどに異彩を放っていてこの作品を価値あるものにしています。
バックが強烈なのでサドとモブレイも大張り切り、元気溌剌のプレイを聴かせてくれました。
思い切り良く、切れ味鋭く、この時期の二人のベスト・プレイと言えるんじゃないかな。
サド・ジョーンズとハンク・モブレイの相性はいいです。

全7曲は自身を含むメンバーのオリジナルが6曲とその他1曲の構成です。
演目は曲想豊か、それぞれの曲が個性的で聴きどころが多いです。
リズムが多彩で凝った内容だけどコンテンポラリーな味わいもあるので聴き易く面白いです。
ダラー・ブランドをフューチュアーした(3)「Tintiyana」、サド・ジョーンズの(6)「All Of Us」が秀逸。
この「オール・オブ・アス」はバップ・バンドの定番で魅力的なテーマを持つ名曲です。
サドは作曲家としても知られていますね、モダン・ジャズの名曲、「A Child Is Born」は代表曲。


今作も日本初CD化だそうです。

(中間系)



(667) AVISHAI COHEN & NITAI HERSHKOVITS / DUENDE

avishai cohen(b,p), nitai hershkovits(p)
2012/Blue Note/


先日のオフ会でGさんが聴かせてくれたアルバムです。
アヴィシャイ・コーエン(b)とニタイ・ハーシュコヴィツ(p)のデュオ。
イスラエル出身のアヴィシャイは「チック・コリア&オリジン」で名を上げました。
同姓同名のトランペッターがいるので紛らわしいですが売り出したのはこちらが先です。
アヴィシャイが繰り出す強靭なベース・プレイの存在感は抜群です。
共演のニタイは初見ですがアヴィシャイが選んだ相手となればその実力は折り紙つきです。

全9曲はアヴィシャイのオリジナル6曲にその他3曲の構成です。
セロニアス・モンク、コール・ポーター、ジョン・コルトレーンが選ばれました。
内容はしごくオーソドックスですが隠し味に中近東色も感じられます。
二人の繊細で緻密なインター・プレイ・・・
輪郭がくっきりとした素晴らしいデュオ作品だと思います。
(9)「Ballad For An Unborn」ではアヴィシャイの切ないソロ・ピアノが聴けます。

ただ収録時間の35分は極端に短いです。
最初に聴いた時には「えっ、もう終わりなの?」と思ってしまった。
1番短い曲は2分半、長くても5分弱で明らかに物足りない部分もあります。
その分くっきりとした印象を与えるんだけど惜しいなぁ〜。
「山椒は小粒でもぴりりと辛い」が狙いか。
でも、せめてあと4曲、トータル50分は欲しいところかな。

(中間系)




(666) ALEXIS COLE / CLOSE YOUR EYES

alexis cole(vo),
john di martino(p), james cammack(b), duduka da fonseca(ds)j
2013/Venus/


先日のオフ会でTさんが聴かせてくれたアルバムです。
アレクシス・コールの名前は知っていましたが聴いたのは初めてです。
ジャケットを見ればその話題になるのは当然の流れか。
本人がモデルと聞いて、「へぇ〜、そうなんだ」と手が伸びました。
バックがロマンチック・ピアノのジョン・ディ・マルティーノです。

スタンダード作品集ですが選曲はよく考えられています。
今作にはアレクシスの魅力が溢れていて素晴らしいと思いました。
声質良し、歌は上手いし、何より独特のノリと表現力を持っています。
ホーン的アプローチが新鮮かつ個性的で飽きさせません。
それぞれの曲に私が持つヴォーカル・イメージよりちょっとずれるところが実に魅力的です。
私的ベストはマルティーノとのデュオ・・・カーマイケルの(7)「Small Fry」です。
マルティーノ・トリオ全開の(5)「In The Still Of The Night」も良かった。
ゆったりと歌われた(2)「I've Got You Under My Skin」も好みの展開。
表題曲の(10)「Close Your Eyes」はもちろんのこと、全体的な雰囲気は抜群です。
トリオの好演も相まって、その他の曲も聴きどころが多くて目移りしました。

ワン・フォー・オールとの共演盤も聴いてみたくなったけど・・・。

(中間系)




(665) IRIO DE PAULA TRIO & QUARTET / LEMBRANDO WES MONTGOMERY

irio de paula(g), riccardo ballerini(org), petro jodice(ds),
claudio lo cascio(vib)(2,8)
2003Rec/Philology/


イタリアのフィロロジーのギタリスト、イリオ・デ・パウラの作品はウエス・モンゴメリーのトリビュート盤です。
発売時に話題になっていてチェックしていましたが忘れてそのままになっていました。
先日、CDショップで見つけたので購入しました。

それにしても多くのギタリストがウエスに捧げるアルバムを作っていますね。
今作もそんな中の一枚です。
それだけにウエスが現在のギタリストに与えた影響は大きいと言えます。
全11曲はウエスのオリジナル10曲とその他1曲の構成です。
10曲はオルガン・トリオ、2曲はヴィブラホンが入ったカルテット演奏になっています。
(3)「Four On Six」と(9)「Road Song」はお馴染みの曲、
初期の名曲(1)「Jingles」、(5)「West Coast Blues」も聴きどころになりました。
どうせなら全部ウエスの曲にして欲しかったけどねぇ〜。
最初はずいぶんと中途半端だと思ったけど・・・。
でも、ただ1曲のスタンダード(4)「For Heaven's Sake」がいいので苦笑してしまいました。
ヴィブラホン入りの2曲も明るい雰囲気に変わって良い気分転換になります。
録音時間が約70分と長くパウラのギター・プレイが満喫できました。

パウラは無骨で素朴でややスマートさには欠けますがウエスのブルージーな感じはよく出ています。
力強いギターの音色、彼の持つジャズ・フィーリングにはケニー・バレルやグラント・グリーンもいる。

(中間系)



(664) ERIC ALEXANDER QUARTET / CHICAGO FIRE

eric alexander(ts), jeremy pelt(tp)(1,2,7),
harold mabern(p), john webber(b), joe farnsworth(ds)j
2014/High Note/


エリック・アレキサンダーの新譜です。
ここは3曲にゲスト出演しているジェルミー・ペルトが聴きどころになります。
先日、ペルトのエレクトリック・サウンドを紹介したばかりですがここでは純なハード・バップが聴けます。
トランペットの艶やかで美しい音色と切れの良いフレージングが魅力です。
バップ色の濃い(2)「The Bee Five」ではフロント2管が弾けました。

エリックは相変わらずの安定感ですがあんまり続けて聴くと食傷気味になるのもたしか。
超高速の(4)「Just One Of Those Things」、会話入りが新鮮な(5)「Blueski For Vonski」に注目、
(8)「Don't Take Your Love From Me」はボサノバ、(6)「Mr.Stitt」が素晴らしく、これがベスト・プレイ。
全体を仕切る強烈なブルース・フィーリングを発するハロルド・メイバーンのピアノが印象的です。

(中間系)




(663) MAX ROACH TRIO / THE LEGENDALY HASAAN

max roach(ds), hasaan(p), art davis(b)
1964Rec/Atlantic/


今作も再発廉価盤の一枚です。
マックス・ローチは1924年生まれ、2007年に83歳で亡くなっています。
ビ・バップからフリーまでジャズの黄金時代を飾った天才の一人です。
強烈な個性を持ち、ジャズ・ドラムスの歴史そのものの存在でもあります。
ハサーン・イヴン・アリは1931年、フェラデルフィア生まれですがその情報は極端に少ないです。
これほどのピアニストがなぜほとんど無名で終わってしまったのか・・・謎に包まれています。
ローカルなミュージシャンにはこういう人も多いけど・・・・。

全7曲は全てハサーンのオリジナルです。
表題に「伝説のハサーン」とあるように当時のジャズ・シーンでは有名だったと思います。
聴いてもらえばすぐに分かりますが1曲目からその斬新な音楽性が全開です。
セシル・テイラーのパーカッシブなタッチとセロニアス・モンクの難解な曲想を合わせ持っています。
独特の和音構成と展開は実に刺激的なジャズを聴かせてくれました。
ハサーンに呼応するマックス・ローチのドラミングも聴きどころになります。
根底にあるのはハサーンとローチの対決魂・・・やっぱりローチのドラムスも凄いと思う。

今作も日本初CD化だそうです。
1000円ならずいぶんとお買い得。

(まじめ系)



(662) RED MITCHELL & GEORGE CABLES / LIVE AT PORT TOWNSEND

red mitchell(b), george cables(p)
2005(1992Rec)/Challenge/


CDの聴き直しを始めてから1年以上が経ちました。
Aから始めてRまできています。
全部を聴くというのは無理なので各CDの気になる曲を何曲か選んで聴いています。
今作はレビュー時に「ドラ盤」から外れていた作品。
聴き直してみて「失礼しました・・・何でなんだ?」と不思議に思うほどの快作です。
”ロクに聴いちゃいなかった”ということですね。
特にジョージ・ケイブルスの底力を感じた。
以前、「ドラさんのジャズ・ブログ」で紹介した時に手持ちのトリオ盤はイマイチと書きました。
ところがこのディオが素晴らしいです。
「ケイブルスってこんなに凄かったのか」と思いを新たにしています。
1曲目の「枯葉」を聴いてぶっ飛び、2曲目の「Don't Blame Me」で耳が立った。
改めて「ドラ盤」入りです。

(レビュー時のコメント)
1992年7月、ワシントンでのライブ盤です。
レッド・ミッチェル(b)はその年の暮れに亡くなっているのでラスト・レコーディングになりました。
ミッチェルは言わずと知れたウエスト・コーストの代表的なベーシストでアルバム参加は数が知れません。
私はジョージ・ケイブルス(p)に注目、デュオ・アルバムと言うことで興味を惹かれました。
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセジャーズに在団、フレディ・ハバード(tp)やアート・ペッパー(as)などと共演。
ケイブルスはキャリアも十分、主流派ピアニストの道を歩んでいる割りにはパッとしないところがありました。
しかし、最近のケイブルスを[FRANK MORGAN / CITY NIGHTS]で聴いてみると吹っ切れたのか、
ぐっと存在感が増してきたような感じがします。
結果的に晩成型のタイプだったと言えるかもしれませんね。
ここでも”そろそろと来るか”といった予感がするプレイが聴けます。

(中間系)




(661) NAT ADDERLEY QUINTET / LIVE AT MEMORY LANE

nat adderley(cor), joe henderson(ts),
joe zawinul(p), victor gaskin(b), roy mccurdy(ds)
1966Rec/Atlantic/


今作も再発廉価盤の一枚です。
ナット・アダレイは1931年生まれ、2000年に68歳で亡くなっています。
兄のキャノンボール・アダレイ(as)との共演、コルネット奏者として知られています。
作曲者としての才能もあって「ワーク・ソング」は大ヒットしました。

同時期のライブ盤にキャノンボールの人気盤「マーシー・マーシー・マーシー」(1966)がありますね。
今作はそれに劣らないエキサイティングで白熱した演奏が聴けました。
それもそのはず、キャノンボール以外はそのままのメンバーが参加しています。
もちろん、最大の聴きどころはジョー・ヘンダーソン(ts)の参加にあります。
ヘンダーソンはブルー・ノートから好盤を連発していて、時代を担うテナー奏者として注目されていました。
ヘンダーソンがコルトレーンの影響を受けてスピルチュアルなモード奏法に傾倒した時期に重なります。
(5)「PAINTED DESERT」ではそんなヘンダーソンのベスト・プレイを聴くことができました。
続くナット・アダレイのソロも凄い・・・ジョー・ザビヌルの曲想はコルトレーン・カルテットそのものです。


そのほか(2)「FUN」は前述の「マーシー・マーシー・マーシー」でも収録されていました。
ファンキーでノリのいいテーマなので、今でもバップ・バンドを聴きに行くと時々演奏されています。
ザビヌルのピアノ、ビクター・ガスキン(b)や煽りに煽るロイ・マッカーディのドラムスも聴きどころです。
特にザビヌルにはホレス・シルバーやボビー・ティモンズなどのファンキー&ソウルが根底にあります。

聴衆と一体となったライブ・ハウスの臨場感が味わえます。
これほどのアルバムが日本初CD化と聞いて驚きました。


(くつろぎ系)



(660) ENRICO ZANISI TRIO / KEYWORDS

enrico zanisi(p), joe rehmer(b), alessandro paternesi(ds)j
2014/Cam Jazz/


エンリコ・ザニシは初見、ジャケ買いです。
イタリアの若手ピアノ・トリオはどんなもんか?と思って手が伸びました。

ザニシは1990年のローマ生まれというから今年で24歳ですね。
24歳にして3枚目の今作は1曲を除いて全てザニシのオリジナルです。
ザニシはきっちりとした構築力を持っているピアニストで力強いタッチを兼ね備えています。
音色の輪郭がクリアで鮮やかなのが特徴かな、トリオのバランスもいいです。
面白いのは一時期注目されたイーサン・イバーソン率いる”Bad Plus"的サウンドです。
ロックの要素を取り入れたコンテンポラリーなピアノ・トリオ・サウンド。
最初、どこかで聴いたことのある感じがしたのはこれが原因。

私にとってこの「どこかで聴いたことのある」というのが曲者なんですね。
才能や実力は認めてもどうしても新鮮味には欠けてしまうから。
もちろん、初めて聴く人には十分にインパクトがあると思います。

[ ドラ流目立たないけどいいアルバム ]

(中間系)




(659) TAKAYUKI KOIZUMI TRIO / MY MAN'S GONE NOW

小泉高之(ds)、スガダイロー(p)、是安則克(b)

2011/Koizumi/


小泉高之さんも好きなドラマーの一人です。
リズム感や疾走感は勿論だけどやわらかな音色が心地良くて私の感性に合うんですね。
このアルバムをCDショップで見つけた時に意外な感じがしました。
小泉さんとスガダイロー(p)さん、是安則克(b)さんのトリオで所沢「スワン」でのライブ盤。
ダイローさんは中央線ジャズのフリー系ピアニスト、是安さんはフリーもいける両刀遣い。
反面、小泉さんは後藤輝夫(ts)さん率いる「ごめんね」に代表されるグルービーなドラマー。
意外性のある組み合わせだったので、正直「合うのかな?」と思いました。
もっとも小泉さんがリーダーなので私の知らないところで共演も多かったかも。

結局、今作は小泉さんから手渡しで購入しました。
私:「合いますか?」・・・先ほどの疑問。
小泉さん:「ダイローにフリーじゃなくてスタンダードを弾かせたい」
「ギリギリのところが面白いかな、是非聴いてみて下さい」

今作は2011年に突然亡くなった是安則克さんの追悼盤になっています。
是安さんは多くのミュージシャンにも慕われた人気ベーシストでしたが残念です。

小泉さんの新しい一面を見ました。
フレキシブルで変幻自在に対応するドラミングが素晴らしい。
「ははぁ〜、こういうこともやりたかったのか」ってね。
たしかにフリーとのはざ間が実に刺激的で面白かったです。
(3)「My Man's Gone Now」では是安さんの達者なアルコ・ソロが聴けました。
(4)「All Blue」は圧巻のひと言。
16分超の長丁場で我慢出来なくなったダイローさんのフリー・トーンが出てくる。
ランディ・ウェストン(p)の名曲(5)「Hi Fly」はピッタリの選曲だと思います。

今作は正規な録音ではなく小泉さんの私的録音をCDにしたものです。
飾り気のないライブの雰囲気がそのまま伝わってきます。

ちなみに所沢の「スワン」は老舗ですね。
私も若い頃に何度かお邪魔したことがありますよ。
もう40年以上も前の話・・・・一緒に行った破滅的な友人はもう逝ってしまった。

(まじめ系)




(658) MASAKO KUNISADA / WONDERFUL LIFE

国貞雅子(vo)、
森下滋(p)、佐藤慎一(b)、藤井学(ds)、荻原亮(g)

2012/Urban Jazz/


国貞雅子(vo)さんのデビュー・アルバムです。
発売時に知っていましたが忘れてしまって入手が遅くなりました。
近年はこういうことが多いですが「何が何でも」という気持は薄くなりました。
”集中力”に欠けているとは思うけど・・・。
オレンジ色の鮮やかなジャケットにもインパクトがありますね。

国貞さんは何度かライブで見ています。
ライブ・ハウスでいつもの質問:「だれか、お勧めの人はいませんか?」
と聞いて名前が出てきたのがこの国貞雅子(vo)さんでした。
ミュージシャンにとっても熱烈なファンがいることは心強いですね。
そういうファンの口コミが強力な応援団になっています。
ちなみに国貞さんは私がファンの鈴木道子(vo)さんの妹分に当ります。

国貞さんがゴスペル、ソウル、ブラック・ミュージック系ということはすぐに分かります。
声質、声量、フィーリングともにその雰囲気は十分です。
オリエンタルなムードもあるし可愛らしい感じがしました。

今作は選曲も魅力で十分に練られたアルバムだと思います。
まさに満を持した作品でアレンジは佐藤慎一さんと森下滋さんが担当しています。
幅広い音楽性と抜群の歌唱力を持つ国貞さんの全貌が明らかです。
バックの好演も光る。
思っていたよりずっと完成度の高いアルバムでした。
アップ・テンポでのリズムやパンチも効いているけど、やはり聴きどころはバラードにあります。
私は(8)「For All We Know」で落とされた。
これは素晴らしいなぁ〜。
(6)「Come Rain Or Come Shine」や(4)「Body And Soul」も良かった。
(11)「Day By Day」の疾走感も聴きどころになりました。
掛け値なしに将来性十分の大型ジャズ・ヴォーカリストの登場です。
益々の精進を期待しています。

最近は名ピアニスト、大石学さんとの共演も実現しています。
ちょっと聴きたくなりました。

(中間系)




(657) FRANCESCO CAFISO & DINO RUBINO /
TRAVEL DIALOGUES

francesco cafiso(as,ss,fl), dino rubino(p,tp,flh)
2010/Jazzy/


フランチェスコ・カフィーソ(as)は収集対象の一人です。
今作は盟友ディノ・ルビノとのデュオです。
まぁ〜、余程のファンでなければ手が出ないと思います。
事実、私もそれほど期待していなかった。
でも、聴いてみると驚きの内容が詰まっていました。

これは名盤・・・素晴らしいですよ。

よく知られたスタンダード・ナンバーの間に即興演奏が収録されています。
これもまた面白い構成ですね。
いつも言っていますがルビノのトランペットはイマイチです。
ここではほぼピアノに専念していてカフィーソとのコンビネーションが聴きどころになります。

まるで間近で二人の会話を聞いているような気がします。
ゆったりとしっとりと時間が流れてゆく。
まさに「即興はジャズの生命」です。
これをBGMで流せば仕事がはかどるかな。

(中間系)



(656) JEREMY PELT / FACE FORWARD, JEREMY

jeremy pelt(tp), roxy coss(ss,ts,bcl),
david bryant(p,org, rhodes,wurlitzer), frank locrasto(rhodes),
dana hawkins(ds,ds programming)
fabiana masili(vo)(3,6), milton suggs(vo)(9),
brandee younger(harp)(6), jennfer shaw(cello)(6)
2014/High Note/


ジェレミー・ペルトのエレクトリック・サウンドを聴いてみたいと思いました。
近年またエレクトリック・ジャズに傾倒していくジャズ・メンも多い。
ジャズ・マンとしては色々とやってみたいのは分かります。

コルトレーンがフリーに、マイルスがエレクトリックにたどり着きました。」
ジャズのスタイルは一応完成されていると思います。
だから二番煎じはまぬがれません。

何か新味を付けなければいけないのが辛いですね。
ここでの味付けはやわらかな女性ヴォーカルかな。
(3)や(6)で聴けます。
演奏的には新感覚のドラムスが聴きどころになりました。
強烈な印象を残すのが(5)「Glimpse」でダナ・ホーキンスのドラムスが炸裂します。
私的ベストはこれです。
(8)「The Cecret Code」もリズムが個性的で面白い展開だと思いました。

何となくですがテレンス・ブランチャード〜ジェレミー・ペルトの流れが出来たような気がします。
ちょっと硬い感じがするので噛み砕けるかどうか・・・。

(まじめ系)




(655) EDDIE HARRIS QUARTET / THE IN SOUND

eddie harris(ts),
cedar walton(p,), ron carter(b), billy higgins(ds),
ray codrington(tp)
1965Rec/Atlantic/


今作も再発廉価盤の一枚です。
エディ・ハリスは1934年シカゴ生まれ、1996年に62歳で亡くなっています。
62歳というのも早いですね。

エディ・ハリスで最も知られているアルバムはレス・マッキャン(p,vo)との1969年、
スイス・モントリュー・ジャズ・フェスティバルにおけるライブ盤、「スイス・ムーブメント」だと思います。
全身ソウルでノリノリのパフォーマンス・・・体中が熱くなる強烈な印象を残す作品でした。

今作はソウル・ジャズの大御所のエディがストレートなジャズに挑戦した一作です。
全6曲はスタンダード4曲と自身のオリジナル2曲の構成です。
ワン・ホーン・カルテットとトランペット入りのクインテット編成の2セットが収録されています。

エディは野太いシカゴ派テナーの特徴を十分に発揮しています。
(1)「いそしぎ」における歌心溢れる演奏や(2)「Born To Be Blue」のバラード奏法、
(3)「Love For Sale」の超高速フレージングの確かさもその実力の証になります。
(4)「Cryin' Blues」はソウル・ジャズの面目躍如、(5)「'S Wonderful」はサンバのリズムが楽しいです。
特筆すべきはモダン・ジャズの名曲(6)「Freedom Jazz Dance」の初演がここで聴けることです。

先程亡くなったシダー・ウォルトンのファンキー度満点のピアノが聴けるのも貴重だと思うよ。

(くつろぎ系)



(654) TIM HEGARTY QUARTET & QUINTET / TRIBUTE

tim hegarty(ts,ss), mark sherman(vib)(2,3,4,5,6),
kenny barron(p), rufus reid(b), carl allen(ds)
2014/Miles High/


ティム・へガーティは初見、バックのメンバーを見て手が伸びました。
犬も歩けば棒に当る・・・結果は大当たりです。
ティムは独特の歌い方をするテナー奏者でクセになる味がします。
トツトツとして引っ掛かる感じが気になるんだけど、それがたまらなく魅力です。
コブシの効いた演歌的ジャズというか、近年こういうテナー奏者は珍しいと思います。
(1)「A New Blue」や(7)「Low Profile」ではその魅力が全開です。

今作は敬愛するテナー奏者のトリビュート盤になっています。
ジミー・ヒース、フランク・フォスター、ジョージ・コールマン、ジョー・ヘンダーソン、
ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、チャーリー・パーカー、デクスター・ゴードン、
ベン・ウェブスター、マイケル・ブレッカーの名前が上がっています。
特にジミー・ヒースを尊敬していて多くの教えと示唆を受けたようです。
そのヒースを4曲取り上げ、その他の作品も郷愁を感じるビ・バップの濃い味がします。
選曲、構成も良くて楽しめました。

バラード・プレイも聴きどころで(4)「Ineffable」で落とされました。
自作のバラードでは(6)「Not To Worry」ではソプラノ・サックスが聴けます。
モンクの(9)「Pannonica」やヘンダーソンの(10)「Inner Urge」も心憎い演出です。

プロデュースは本人とここでも共演しているヴァイブ奏者のマーク・シャーマン。
共演のケニー・バロン、ルーファス・リード、カール・アレンは彼の人選だそうです。
ソツがないというか、バッチリと決まった・・・さすがに素晴らしい人選だと思います。
特にルーハス・リードが良い・・・レイ・ブラウン張りのベース・プレイに注目です。
掘り出し物の1枚になりました。

(中間系)




(653) ALESSANDRO SCALA QUARTET / VIAGGIO STELLARE

alessando scala(ts,ss),
nico menci(p,rhodes), paolo ghetti(b), stefano paolini(ds),
guest : fabrizio bosso(tp,flh)(3,5,7,8,9), roberto rossi(tb)(1,4)
2013/Schema/


アレッサンドロ・スカラは初見、以前チェックしたことがあったけどその時はパスしました。
スカラはイタリアのテナー奏者・・・ここはファブリジオ・ボッソ(tp)の名前で手が伸びました。
全11曲は1曲をのぞいて自身のオリジナルです。

イタリアン・ハード・バップの一枚ですがノリが良くファンク・ジャズの味わいもあります。
リズム優先で粗さも目立つけれど、なにしろご機嫌な演奏を聴かせてくれました。
一部では多重録音もやっていますがこれはあんまり感心しません。
スカラの憧れは(2)「Dexter Blues」とあるようにデクスター・ゴードンのようですね。
(11)でも同じ曲が聴けるけど内容はまったく違います。
(2)のテナー&ピアノに対する(11)のソプラノ&ローズ・・・この聴き比べも面白かった。

トロンボーンのロベルト・ロッシは(1)「Mood」と(4)「Isola Del Sola」で聴けます。
ボッソは(3)「Viaggio Stellare」、(5)「Easy Song」、(7)「Jazz Club」など、
(8)「Lemon Funk」は8ビート、ローズ入りの典型的なファンキー・ナンバーです。
これがカッコ良かった。
スカラは中々の名手で(10)「My Sound」のオーソドックなプレイにも注目しました。
スマートなスタイルと華麗なサウンドでこちらにも魅力があります。
何曲かで聴かせるソプラノ・サックスも達者です。

(くつろぎ系)




(652) KAZUHIKO TAKEDA TRIO / I THOUGHT ABOUT YOU

竹田一彦(g)、岡田勉(b)、江藤良人(ds)

2013/Waon/


関西の重鎮ギタリスト、竹田一彦さんの作品です。
今作もまた去年のベスト3に選ばれた一枚です。
竹田さんは1936年生まれというから今年で78歳になりますね。
東京では同世代に中牟礼貞則(g)さんがいますが元気な姿を見せてくれています。
渡辺貞夫(as)さんを筆頭に70歳代でも元気に活躍してくれているのは嬉しいですね。

私が好きなヴォーカリストの鈴木道子さんが年に何回か関西ツアーに出かけます。
その時の共演者がこの竹田さんなんです。
道子さんも絶賛していて、それで是非一度聴いてみたいと思っていました。

良く知られたスタンダード作品集・・・選曲も多彩でよく考えられています。
通算3枚目のリーダー・アルバムだそうですが長いキャリアからいえば少ないかも。
使い古された言葉ですがまさに「いぶし銀の如く」の演奏を聴かせてくれました。
録音の良さかな、まるで目の前で演奏しているようです。
実に味わい深いギターで長い間熟成されてきた味がします。
奥行きがあり、しっとりとして艶やか、語りかけてくるような趣きもあります。
表題曲の(1)「I Thought About You」には参ったなぁ〜。

二人の共演者は重量級です。
岡田勉(b)さんとギタリストの相性の良さは定評のあるところです。
増尾好秋(g)さんとのコンビは忘れられません。
復活ライブでは元気な姿を見せていましたが結局帰らぬ人となりました。
これが最後のアルバムになったかもしれませんね。
江藤良人さんもまた素晴らしいドラマーです。
エルヴィン・ジョーンズ張りの豪快なドラミングを聴かせると思えば、
相手なりに合わせる柔軟性や融通性を持ち合わせ、実に繊細な感覚を持っています。
ミュージシャンの評価も高く、心酔するファンも多い。

(中間系)




(651) CHICKEN SHACK / Z

土岐英史(as), 続木徹(p), 山岸潤史(g),
鶴谷智生(ds), Fuyu(ds)(2,4), Wornell Jones(b,vo), 清水興(b)(1,6,8,9)

2013/King/


”チキンシャック”の23年振りのニュー・アルバムだそうです。
今作も2013年度のベスト3に選ばれた一枚です。
”チキンシャック”は日本を代表するフュージョン・バンドの一つです。
聴いてもらえばすぐに分かりますが洗練されたサウンドを持っています、
最大の特徴は「色気」・・・「官能的」ということだと思います。
土岐英史さんの泣きのアルトは健在、山岸潤史(g)さんの存在も大きいと思う。

フュージョン好みの曲(6)「You Make Me Feel Brand New」は懐かしい。
続木徹(p)さんの(7)「Thrill Ain't Gone」はカッコイイです。
クリスマス・ソングも2曲入っています。
以前フュージョン系もよく聴いたけれど最近はほとんどご無沙汰していました。
久々に聴いたけれどリラックスできました。

土岐さんと続木さんは主に都内のライブ・ハウスで活躍中です。
山岸さんはニューオリンズにいるとの情報を得ました。

(くつろぎ系)




(650) AARON GOLDBERG TRIO / YES !

aaron goldberg(p), omal avital(b), ali jackson(ds)
2011/Sunnyside/


アーロン・ゴールドバーグ(p)、オマー・アヴィタル(b)、アリ・ジャクソン(ds)のトリオ。
「メンバー的に面白いかも?」と思って手が伸びました。
特に存在感のあるベース・プレイを聴かせるアヴィタルに興味がありました。

ここは選曲にも一ひねりありました。
アヴィタルとジャクソンは2曲づつ提供してますが肝心のゴールドバーグは1曲もなしです。
あくまでトリオ作品で特にリーダーはいないということかもしれませんね。

まずは全体的にクールで落ち着いた仕上がりになっています。
3人のバランスが良く、コンビネーションも抜群です。
表題曲の(2)「Yes!」はオーソドックスな展開、モンクの(4)「Epistrophy」の解釈は新鮮、
(5)「El Soul」・・・一般的にドラマーの作る曲は美しいと相場が決まっています。
4ビートで演奏される(6)「Way Way Back」の心地良いスイング感。
(7)「Homeland」はどこかで聴いたことのある進行とテーマ

あちこちでフューチュアーされる各人のソロはそれぞれの実力の証しになります。
地味な作品だけれど味わい深く、ピアノ・トリオ・ファン、通好みの作品だと思います。

(中間系)




(649) CHICK COREA TRIO / TRILOGY

chick corea(p), christian mcbride(b), brian blade(ds)
guest: jorge perdo(fl)(disk1 track5,7)
nino josele(g)(disk1 track5,7),
gayle moran corea(vo)(disk3 track3)
2013/Stretch/


チック・コリア・トリオ3枚組・・・去年のベスト3に4人の方が上げられました。
原則的に組物は買わない主義ですが、これはどうしても聴かねばなりませんね。
チックを聴いたのは久し振りです。

音が出た瞬間に「これは〜!!」と思いましたよ。
チックはやっぱり違う・・・凄い演奏が詰まっていました。
2010年〜2012年にかけての米、日、欧のライブからの抜粋です。
選りすぐりの名演・・・スタンダードが中心というのも嬉しい。

チックはまさに名刀の趣です・・・切れ味だけじゃない深味も渋みも重量感もあります。
チックは激動のジャズ・シーンを潜り抜け、なおかつトップ・グループを維持した本当の本物。
コクがあるというか、本物だけが持つ混じり気のない純粋なチック・コリアの味がします。
妥協なし、他の誰でもない真のジャズ・ピアニスト、チック・コリアがここにいました。
稀有の個性を持つジャズ・マン、チック・コリアの集大成になるアルバムだと思います。
これを聴いたらチックが70歳になるとは誰も思いませんよ。
とどまるところを知らぬ創造力・・・枯れるどころか、益々進化しています。
チック・コリアはやはり怪物だった。

これだけの名作が出来たのはメンバーが素晴らしかったからです。
クリスチャン・マクブライド(b)とブライアン・ブレイド(ds)は現在を代表するプレイヤー。
二人の特徴はフレキシブルで変化に即座に対応できるところにあります。
相性も抜群です。
マクブライドの実力はすでに知られていますね。
特にブライアン・ブレイドのピアノ・トリオものがこれほど素晴らしいとは思わなかった。
相手がチックなればこそ、先進のドラマーではあるけれど予想をはるかに上まわりました。
この二人を選んだチックの目は確かですね。

何回も聴きましたが、一番聴いたのはDisk1でした。
変化に富んでいて私的には一番好きです。
ジョー・ヘンダーソンの(2)「RECORDA ME」は何度聴いても興奮してしまった。
チックの有名曲(7)「SPAIN」での聴衆との一体感も素晴らしい。
・・・・・まさにライブの醍醐味です。
トリオで統一したDisk2、一番の長丁場のDisk3も聴きどころは十分です。
録音もクリアで素晴らしくて、チック・コリアの代表作になるのは間違いありません。

3枚組を買うのは中々むずかしいですが買った人だけが味わえる至福の時です。
・・・これを聴いていてフト思いました。
ハービー・ハンコックにもこんなアルバムが欲しいと・・・・。

(中間系)




(648) STEPHEN RILEY QUARTET / LOVER

stephen riley(ts),
peter zak(p), neal caine(b), jason marsalis(ds)
2013/SteepleChase/


ステフェン・ライリー(ts)・・・SteepleChaseの看板テナー奏者の一人です。
リーダー作を聴くのは2枚目になります。
まずは、くぐもったテナーの音色が最大の特徴でどこか懐かしいムードを持っています。
スタイルは超クールでリー・コニッツ、ウォーン・マーシュやテッド・ブラウンの
流れを汲むレニー・トリスターノ派の影響が強いと思いました。
内容はモダンで十分刺激的ですが音色が音色なのでオブラートに包まれています。
ピアノのピーター・ザックも同じトリスターノ派のサル・モスカやロニー・ボールを彷彿とさせます。

全9曲のスタンダード作品集。
ウエイン・ショーターやセロニアス・モンクの曲が入っていてソツがありません。
バラードで演奏される(2)「慕情」は大好きな曲でこの曲が入っているとつい手が伸びます。
(4)「WHEN YOUR LOVER HAS GONE」は前奏からノスタルジックな4ビートへ転調・・・。
底辺に流れる大きなスイング感が心地良かった。
新しいところではショーターの(6)「DELUGE」に注目・・・演りなれているせいか安定しています。
表題曲の(7)「
LOVER」もいいですが前半はちょっと凝り過ぎかもしれません。
その他の曲もピアノレス・トリオで演奏するなど、展開に味があって聴きどころが多いです。
全体的にゆったりとして落ち着いた仕上がりで十分にリラックスできました。
いつまでもこの流れに身をゆだねていたいと思ってしまう。
ジャズって本当にいいですねぇ〜。

(中間系)




(647) DAVE HOLLAND QUARTET / PRISM

dave holland(b),
kevin eubanks(g), craig taborn(p,elp), eric harland(ds)
2013/Dare2 Records/


デイブ・ホランド(b)の作品・・・昨年のベスト3で3人の方が上げられました。
聴いてみて「なるほどなぁ〜」と思いました。
全9曲は全てメンバーのオリジナルでバランスもいいです。

ケヴィン・ユーバンクスの存在が大きいです。
ケヴィンは幅広い音楽性を持ったつかみどころがないギタリストです。
わりと何でもこなす器用なところがあります。
独特の爪弾き奏法はゴリゴリで硬質なサウンドを生み出します。
大きなうねりを持つスイング感の根っこにはウエス・モンゴメリーがいます。
個性的で中々の暴れ馬ですが性格的には案外ジミかもしれませんね。
もっと評価されてもいいですがデビューが70年代のジャズ低迷期だったのがつらいかも。
なお、兄にトロンボーンのロビン・ユーバンクス、弟にトランぺッターのデュアンがいます。

ケヴィンを乗りこなすのは難しいですかホランドは見事に成し遂げました。
インパクトのあるサウンドを上手にまとめたホランドのリーダーシップが素晴らしいです。
メンバーの個性が強く一歩間違えると突き抜ける感じがするけど一気に聴かせました。
ケヴィン・ユーバンクスの代表作にもなると思います。

私的ベストはケヴィンの(5)「THE COLOR OF IRIS」でウットリとしてしまった。
ハーランドをフューチュアーした(4)「CHOIR」も聴きどころになりました。
始まりの(1)のギターは超ホット、終わりの(9)のピアノは超クールの演出もあります。

アルバム全体を包むギターとピアノの対位法が見事です。

クレイグ・テーボーン(p)はあんまり馴染みがなかったけれど良かったです。
エリック・ハーランド(ds)の存在感はいうまでもありません。
グイグイと疾走する機関車的ドラミングの響きが心地良いです。
4人のバランスの良さは抜群でホランドの才能に舌を巻きました。

ジャケットは2種類あるようですね。

(まじめ系)




(646) GARY BARTZ QUARTET / COLTRANE RULES
Tao Of A Music Warrior

gary bartz(as,ss,bcl,vo),
barney mcall(p), james king(b), greg bandy(ds)
andy bey(vo)(3), rene mclean(fl)(3),
makea keith(vo)(10), eric rose(vo)(10), ommas keith(vo)(10)
2011(2000,2008Rec)/gary bartz/


ゲイリー・バーツ(as)の今作はいいです。
録音は2000年で、2008年(加録音)、発売は2011年です。
ここからどういうことが推測されるのか?
実際、ジャズ・シーンは私が思っている以上に厳しいのかもしれませんね。
バーツほどのミュージシャンが自主制作盤ですよ。
レコード会社は受け付けず、どうしても出したいと思えば自分で出すしかなかった。
そういえば先日紹介したハリー・アレンの「ホギー・カーマイケル特集」も自主制作盤でした。
アルバムには制作者の意図があり、一つの流れがあるのにネットでは切り売りされます。
もう少し深読みするとそれがイヤなら自主制作する形の方がいいのかも・・・。

バーツは面白いですね。
幅広い音楽性の持ち主で音色は柔軟性に富み繊細かつ艶やかです。
アルト奏者でありながらソニー・ロリンズやジョン・コルトレーンのテナー奏者の影響が大きいです。
特にコルトレーンには根っから陶酔しているのが分かります。
今作は前後の2曲は1分ほどなので実質9曲ですがコルトレーンが6曲を占めています。
(2)「I CONCENTRATE ON YOU」はコルトレーンの”バラード”を
(3)「DEAR LOAD」は”&ジョニー・ハートマン”を、(10)「KINDNESS」は”至上の愛”を彷彿とさせます。
(9)「PRISTINE」は4ビートでバッチリ決めていてソツがありません。
明らかにコルトレーン・トリビュート盤ですがバーツの「コルトレーン道」の全てが詰まっていました。
バーツの足跡を辿るのには最適で、まさに感動的な一枚です。

(まじめ系)




(645) MATT DUSK / MY FUNNY VALENTINE
The Chet Baker Songbook

matt dusk(vo), orchestra, etc
guest : arturo sandval(tp)(1,2,10), emile-claire barlow(vo)(4),
edyta gorniak(vo)(6),guid basso(flh)(11),
ryan ahlwardt(vo)(12), sara gazarek(vo)(13)
2013/Rombling records/


今年の初聴きはボーカル・アルバムになりました。
マット・ダスク・・・名前は知っていましたが聴くのはこれが初めてです。
今作もチェット・ベイカーの名前に引かれました。
マット・ダスクは1978年、カナダのトロント生まれ、今年で36歳になります。
オスカー・ピーターソンに師事した正統派のジャズ・ボーカリストです。

まずは丁寧な作りのしっとりとしたアルバムに仕上がっていると思いました。
実に聴き味が良いです。
「今作はチェットの有名曲を収録することではなく、音楽に対するチェットの情熱を形にしたもの」
「ライトを薄暗くして好きな飲み物を注いでリラックスして聴いてみて下さい」
マット自身がそう言っています。

たしかにチェットの有名曲もあるけれど、それほどチェットと馴染みのない曲もありますね。
曲によってゲストを配して飽きさせない構成になっています。
ベテラン・トランペッターのアウトゥーロ・サンドバル、エミール−クレア・バーロウ(vo)など。
マットは深味のある歌声で歌も抜群に上手いです。
なんといっても原曲のイメージを崩さず丁寧に端正に歌っているのがいいと思いました。
(1)〜(12)まではオーケストラがバック、(13)〜(15)はピアノとトランペットがバックです。
ゴージャスかつ細心、安定感、安心感があるし、ノスタルジックな感覚もあります。
マットはお洒落でカッコ良いので女性はイチコロじゃないかな。
ただ、(13)〜(15)はボーナス・トラックだそうでこういうやり方はどうかと思う。
でもこの3曲がまた良いのでなんとも・・・。

年の初めに聴くには最適のアルバムでした。

(くつろぎ系)




(644) DAVID NEWMAN QUARTET / STRAIGHT AHEAD

david newman (ts,as,fl)
wynton kelly(p,), paul chambers(b), charlie pership(ds)
1960Rec/Atlantic/


今作も再発廉価盤の一枚です。
デヴィッド・”ファットヘッド”・ニューマンは1933年テキサス生まれ、
2009年に75歳で亡くなっています。

デヴィッド・ニューマンといえばレイ・チャールス・バンドで知られたサックス奏者ですね。
ハンク・クロフォードと双璧です。
豪快なテキサス・テナーの流れを汲んでパワフル&ソウルフルな演奏スタイルの持ち主です。
テナー、アルト、フルートを駆使するマルチ・プレイヤーでもあります。
ジャンルを問わない幅広い音楽性を持ち、ノリもいいのでオルガン奏者との共演も多い。
しかしながら「Fathead」というニック・ネームはどうなんでしょうね。
親しみを込めた呼び方だと思うけど・・・。

今作はR&B系のニューマンがストレートなジャズに挑戦した作品です。
題名の「ストレート・アヘッド」は「ファットヘッド」に引っ掛けたネーミングかな。
ここではバックのウィントン・ケリー・トリオにも魅力があります。
ドラマーがジミー・コブからチャーリー・パーシップに変わっていますが、
予想通り、素晴らしい演奏を披露してくれました。
ウィントン・ケリーは勿論ですがポール・チェンバースが凄いです。

ニューマン2枚目のリーダー・アルバムは思ったよりずっと良かった。
全6曲は自身のオリジナル3曲とその他3曲の構成です。
(3)「Night Of Nisan」とバラードの(5)「Summertime」では達者なフルートが聴けました。
これがまた上手い・・・表現力豊かで驚きましたよ。
私的ベスト・トラックは(4)「Cousin Slim」ですが(1)「Batista's Groove」も聴きどころ。
ソウルフル、グルービーな雰囲気で聴き味は最高です。
ポール・チェンバースの惚れ惚れするベース・プレイが聴けました。
スイング感溢れるウィントン・ケリーのソロやバッキングも素晴らしくて、
オスカー・ピーターソン〜ウィントン・ケリーの流れが確かに存在したことを確認しました。

(くつろぎ系)



(643) DEWEY REDMAN QUARTET / MUSICS

dewey redman(ts,musette,vo,harp),
fred shimmons(p,), mark helias(b), eddie moore(ds,per)
1978Rec/Galaxy/


今作も再発廉価盤の一枚です。
フリー系のマルチ奏者のデューイ・レッドマンの作品です。
デューイは1931年テキサス生まれ、2006年に75歳で亡くなっています。
今をときめくジョシュア・レッドマン(ts)の父親と言ったほうが馴染みがあるかもしれませんね。

デューイはオーネット・コールマンの盟友でキース・ジャレットの「アメリカン・カルテット」の一員でもありました。
豪快なテキサス・テナーの流れを汲み西部の牧歌的ブルース・フィーリングを持っています。
多くの楽器を演奏するのはオーネットの影響でしょうか。
ここでもテナー・サックス、ミュゼット、ハープを駆使してヴォイス、ヴォーカルなども聴かせています。
今作は表題に「Musics」とあるようにデューイの音楽性が良く分かる作品です。
全6曲は自身のオリジナル5曲とその他1曲の構成です。
当時リーダー作までは手が回らなかったのでゆっくり聴く機会もなかったけど改めて「いいなぁ〜」と思いました。
多分、デューイの作品としては最も聴きやすいアルバムだと思います。
ガツンときたのがミュゼットの(4)「UNKNOWN TONGUE」でアフリカ回帰のサウンドです。
ギルバート・オサリヴァンのヒット曲、(3)「ALONE AGAIN」の朗々とした歌い方にも注目しました。
ボサノバ・リズムの(1)「NEED TO BE」、ハープは(5)「ONE BEAUTIFUL DAY」で聴けます。
その他にも聴きどころが多いです。


デューイの演奏を聴いていると、迷いがなくしっかりと大地に根を下ろしている感じがする。
自分の音楽を最大限に表現する・・・何をやりたいかがハッキリしています。
だからこそ強烈なメッセージとして聞き手に伝わってきます。
こんな父親の姿を見て育ったジョシュアが一筋縄ではいかないのも当然かも・・・。

私のイメージとしてギャラクシー・レーベルはもっと軟派だと思っていたので思いを新たにしました。

(まじめ系)



(642) JIM ROTONDI AND THE LOOP / HARD HITTIN' AT THE BIRD'S EYE

jim rotondi(tp,flh), eric alexander(ts), renato chicco(org), bernd reiter(ds)
2013/Sharp Nine/


ジム・ロトンディ(tp)を見直して以来、何枚かさかのぼって聴いていました。
今作はジムの最新盤でスイスのジャズ・クラブ、「The Bird's Eye」でのライブ盤です。
盟友エリック・アレキサンダー(ts)とのフロント2管にオルガン、ドラムスとの組み合わせ。
ギターが入っていないのが新味かもしれませんね。

全6曲はメンバーのオリジナル3曲にその他3曲の構成です。
ライブということで1曲が平均10分強の長丁場になっています。
内容は推して知るべしのネオ・ハード・バップ作品でジムとエリックの金太郎飴的演奏が聴けました。
お互いのアルバムで共演、さらにスティーブ・デイビス(tb)を加えた「One For All」の作品もあります。
共演作品が多いのでどうしてもそういう傾向になるのはやむを得ません。

ジムはここで新しく「The Loop」というバンドを組んだようです。
オルガン入りジャズとしてはスマートです。
近年はピアノ・ライクなオルガン奏者が多いような気がしますね。
ピアノとオルガン、どちらもそれなりにこなす二刀流プレイヤーが多いせいかもしれません。

(4)「Cry Me A River」はアップ・テンポでイメージがちょっと違いました。
(5)「Blue Moon」はバラード・・・エリック抜きのトリオ演奏でジムが大きくフューチュアーされます。
エリックはまた一段と表現力を高めています。

(中間系)



(641) STEWY VON WATTENWYL TRIO / LIVE AT MARIANS
Featuring Eric Alexander

stewy von wattenwyl(p), reggie johnson(b), kevin chesham(ds),
eric alexander(ts)
2009/B.J.L/


スチュイ・フォン・ワッテンヴィル(p)とエリック・アレキサンダー(ts)の組み合わせ。
この組み合わせは何枚かありますがその中の1枚です。
スイスのライブ・ハウス、「Marians」におけるライブ盤です。

スチュイは1962年、スイス生まれ、強烈なスイング感を持つピアニストです。
ヨーロッパのピアニストとしては珍しいタイプかもしれません。
主流派ジャズ・テナーの先頭を走るエリックとの相性はピッタリだと思います。

近年の私はエリックにゾッコンなのでどれを聴いても「いいなぁ〜」と思ってしまう。
波長がバッチリ合うんです。
エリックが影響を受けたテナー奏者達の手になる演目も興味深いものでした。
ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、スタンリー・タレンタインが選ばれています。
コルトレーンとロリンズはもちろんですがエリックの根っこにはタレンタインもいますね。
エリックのベストはバラードの(3)「All The Way」・・・まさに堂々たる歌いっぷりです。
スチュイが選んだピアニストはビル・エバンスで(5)「Very Early」でした。
でも私のイメージはマッコイ・タイナーで(1)「Fried Pies」はその真髄が聴けました。
エリックの師匠格のハロルド・メイバーンも十分に意識している気がします。
(6)「Sonnymoon For Two」ではスチュイのブルース・フィーリングが全開です。

全8曲の多彩な選曲はどれを聴いても聴き味は十分です
アップ・テンポで突っ走り、バラードでしっとり、ブルースもフォークソングもある。
ここでのエリック・アレキサンダーもやっぱり良かった。
その自在な表現力と艶やかな音色は「素晴らしい」としか言いようがありません。

(中間系)



(640) CEDRIC CAILLAUD TRIO / SWINGIN' THE COUNT

cedric caillaud(b), alvin queen(ds), patrick cabon(p),
china moses(vo),(5)
2013/Fresh Sound/


セドリック・カイラウド(b)は初見。
ピアノ・トリオのカウント・ベイシー・トリビュート盤は珍しいので手が伸びました。
ジャケットはベイシーの有名盤「エイプリル・イン・パリス」のパクリです。
著作権は大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいましたよ。

全12曲はニール・ヘフティ、フランク・フォスター、クインシー・ジョーンズ作が中心、
「April In Paris」、「Lil Darlin'」、「Shinny Stockings」などベイシーのヒット曲も含まれています。
(5)「Lil Darlin'」はヴォーカル入りでそつがない構成です。
共演のドラマー、アルヴィン・クイーンはアメリカ生まれですがヨーロッパに移住して活躍中です。

まずは1曲目の音が出た瞬間にそのスイング感に驚かされると思います。
「ジャズはこれだよ、やっぱりこれなんだよなぁ〜」・・・「スイングしなけりゃ意味がない」
セドリックのベースは野太く、その安定したスイング感はレイ・ブラウンを彷彿とさせます。
よく伸びて、ブンブンと鳴り響くベース・プレイはホントに素晴らしいです。
アルヴィン・クイーンとのコンビネーションは抜群で(3)「Splanky」は二人のデュオです。
惜しむらくはピアノのパトリック・カボンに力が入り過ぎているところがあります。
普通に弾けばオスカー・ピーターソン系なんだけどベイシー・スタイルに過剰反応した感じがしました。
力が抜けたバラードの(7)「For Lena & Lenne」やエレピの(10)「Rate Race」が持ち味だと思います。

私的ベストはベースのイントロから始まる(8)「Shinny Stockings」と冒頭の「April In Paris」、
ヴォーカルの(5)「Lil Darlin'」もシブイ。
強烈なスイング感を持つピアノ・トリオが聴けました。

(くつろぎ系)



(639) BYARD LANCASTER QUINTET / IT'S NOT UP TO US

byard lancaster(fl,as), sonny sharrock(g),
jerome hunter(b), eric gravatt(ds), kenny speller(cong)
1966-1967Rec/Vortex/


今作もCDショップの廉価盤コーナーで見つけました。
フリー系のフルート、アルト・サックス奏者のバイアード・ランカスターの作品です。
バイアードは1942年生まれ、2012年に70歳で亡くなっています。

1960年代はフリージャズの嵐が引き荒れていた。
フリー・ジャズ・ファンも多かったのでジャズ喫茶では好むと好まざるにかかわらず聴かされました。
で、バイアード・ランカスターの名前もこのアルバムの存在も知っていました。
でも積極的に聴きたいと思わなかったのでじっくりと向き合ったのは今回が初めてです。

今作は中々に面白い作品でバイアードの音楽性がよく出ています。
アフリカ的、土着的なリズムとサウンドで叙情的な味わいもありました。
コンガの存在が実に効果的です。
オリジナルの(4)「JOHN'S CHILDREN」はジョン・コルトレーン、
(5)「MR.A.A」はアルバート・アイラーの名前が上がっていて彼のルーツを探ることができます。
フリー系のフルート、アルト奏者はエリック・ドルフィやオーネット・コールマンの影響は避けられません。

オリジナルもいいけれど聴きどころは2曲のスタンダードにありました。
(3)「MISTY」と(7)「OVER THE RAINBOW」をどう料理しているか。
一ヶ所に留まらずあちこち飛び跳ねる感じ・・・個性的で面白いです。
今ならどうっていうことはないけど当時は斬新な解釈と展開だったと思います。
共演者ではやはりソニー・シャーロックのプレイに注目しました。
シャーロックはギターのセシル・テイラー(p)ともいえる存在で強烈なエネルギーを発散します。

ちょっと気になったのは録音の終わりに余韻なく、ポツンと切れてしまうことです。
アトランティック傍系のヴォルテックス・レーベルも珍しいと思う。

(まじめ系)



(638) PHILIP DIZACK QUINTET / SINGLE SOUL

philip dizack(tp), ben wendel(ts),
eden ladin(p), joe sanders(b), eric harland(ds)
2013/Criss Cross/


フィリップ・ディザック(tp)を聴くのは2枚目です。
前回は20歳時の初リーダー作の「BEYOND A DREAM」(2005/Fresh Sound)でした。
フレッシュで瑞々しく勢いがありました・・・早くも8年が過ぎているんですね。
かなりイメージが変わったので驚きました。

今作は自身のオリジナル6曲とメンバーのオリジナル2曲とその他2曲の構成です。
最初にイントロ、最後のエリントンはトランペット・ソロのパフォーマンスです。
(3)「BENNY'S TUNE」はベースとのデュオ、(7)「BOOK OF STONES」はピアノレス・トリオ、
つまり一つの流れのしてのアルバム作りを意図したものだと思います。
その狙いが何なのかは残念ながら分かりませんが・・・。
全体的にエリック・ハーランド(ds)の存在が大きいです。
ディザックは 高音から低音まで、トランペットのコントロールは上手いです。
特に野太く、くすんだ音色に特徴があります。

ベン・ウェンデル(ts)とのフロント2管は重量級のサウンドを聴かせてくれました。
バラバラのようでバラバラでなく、まとまっているようでまとまっていないトータル・サウンドが魅力。
メンバーの出入りが激しく、組み合わせやリズムが目まぐるしく変わる感じがする。
この不安定で危うげな緊張感が現代のジャズ・サウンドの最先端かもしれませんね。
私的ベストは(4)「TAKE ME WITH YOU」で各人のソロはもちろんですがハーランドのドラムスが炸裂します。
(2)「JACOB AND THE ANGEL」の美しくクールな表情も聴きどころになりました。
軽く聴き流すわけにはいかない、久々に構えて聴くアルバムに出合った。

(まじめ系)



(637) FRANCESCO CAFISO QUARTET / MOODY'N

francesco cafiso(as),
dino rubino(tp), giovanni mazzarino(p), rosario bonaccorso(b)
2011/Verve/


フランチェスコ・カフィーソ(as)は収集対象の一人です。
デビュー時には天才の誉れが高かったけどまだ十代ではただ上手いだけと思って避けていた経緯があります。
しかし2010年発売の「4 Out」を聴いてその評価が一変しました。
力強く鋭角的なアルトの音色、アタックの強さ、表現力の多様さにたまげてしまいました。
驚異的なインプロビゼーションに鳥肌が立ちましたよ。
それからしばらくの間、さかのぼってカフィーソを聴いていました。

今作は2011年の作品でドラムレス・カルテット。
全10曲は自身のオリジナル4曲とその他6曲の構成です。
敬愛するチャーリー・パーカーの3曲が目を引きます。
これを買うのにあたって実はディノ・ルビノのトランペットに一抹の不安がありました。
2008年の「PORTRAIT IN BLACK AND WHITE」で懲りたからです。
実力差があり過ぎる・・・その時にはピアノに専念して欲しいと書きました。
たしかに成長のあとは見えますがまだまだだと思います。
なぜカフィーソが共演するのか?
二人がよほど気の合う親友同士でも作品作りとしては残念です。

でも、カフィーソのプレイは相変わらず素晴らしいです。
表題曲の(3)「Moody'n」はベースとのデュオですがその迫力に圧倒されてしまいました。
溢れ出る刺激的なフレーズは力強く、破壊力のあるアルト奏法というのがぴったりです。
これがカフィーソの神髄でやはり凄いと思いました。
続く(4)「In A Ghost Way Of Love」は印象的なテーマで心に残りました。
(8)「Secret Ways Of Inviolable Beauties」はピアノ、ベースとのトリオ演奏でじっくりと聴かせてくれました。
バラードの表現力に長足の進歩が認められます。
決めどころではルビノを抜いているので、先述の実力差うんぬんは「よく分かっているんだ」と思います。
カフィーソのオリジナルはひとひねりあって中々に面白くモンクの影響が強いと思う。

カフィーソの我が道を行くというスタイルはいいですね。
やりたいようにやる・・・決して大衆に迎合していません。
これでいいと思います。

(まじめ系)




(636) JIMMY SCOTT / THE SOURCE

jimmy scott(vo),
david newman(ts), eric gale or billy butier(g),
junior mance(p), ron carter(b), bruno carr(ds), etc
1969Rec/Atrantic/


先日、CDショップの廉価盤コーナーで見つけました。
孤高のヴォーカリスト、ジミー・スコットのアルバムです。
ジミー・スコットが一大センセーションを巻き起こしたのはいつだったろうか。
2000年頃にはCDショップに特設コーナーが出来るほどの大ブームになりました。
当時、ジミーはすでに75歳になっていたけど。
もちろん、ヴォーカル・ファンには以前からよく知られた存在だったです。

最初に聴いた時にその「魂を揺さぶる歌声」にショックを受けましたよ。
一度聴いたら忘れられない歌声・・・強烈な印象というほかありません。
どこまでも深くて重たい・・・こんなヴォーカリストがいたのかと思いました。
一枚を聴き続けるがつらくなるほどの歌手ってそういるものではありませんね。
ジミーはどんな歌でも自分のものにしてしまいます。
まさに「ワン・アンド・オンリーの世界」を持つ稀有のヴォーカリストです。

今作もどれも素晴らしい出来だと思います。
(1)「EXODUS」は映画:「栄光への脱出」の主題歌、
(5)「
UNCHAINED MELODY」、(6)「DAY BY DAY」などでの独特のノリは感動的です。
バックにはデヴィッド・ニューマン(ts)、ジュニア・マンス(p)、エリック・ゲイル(g)など、
ブルース色の強いプレイヤーが参加しています。

それにしてもこのジャケットはどうにかなりませんかね。
ジャケットを見ただけで買いたくなくなる・・・。
まったくの無意味というか、無感動です。

(まじめ系)



(635) THOMAS ENHCO TRIO / JACK & JOHN

thomas enhco(p), john paitucci(b), jack dejohnette(ds)
2013/Eighty Eight/


トーマス・エンコ(p)は初見、1988年生まれ、フランス出身の現在25歳です。
トーマスは天才肌のようで2009年に21歳で初リーダー・アルバム、
2010年にはフランスの「ジャンゴ賞」で最優秀新人賞を獲得しています。

今作は3枚目のリーダー・アルバムです。
全8曲はオリジナル2曲とその他6曲の構成はバランスとしてはちょうどいい感じがします。
尊敬するジャック・デジョネット(ds)にジョン・パティトゥッチ(b)との共演で張り切ったのは想像にかたくありません。
このトリオはいいですよ・・・お互いの仕掛けに相手がどう反応してくるかを楽しんでいる。
いわばベテランと若手のせめぎ合いでその緊張感が最大の魅力です。

ドラムとベースのイントロから始まる自作の(1)「Gaston」を聴けばトーマスの才能を疑わないと思います。
瑞々しく美しいタッチと若手とは思えない意表を突くフレーズ、切れ味の良いピアノ音が飛び出てきました。
(3)「Time For Love」におけるバラード表現が素晴らしく、まだ20代半ばの年齢を考えると驚きです。
デジョネットの作品(4)「Ebony」は複雑なリズム変化の曲で一番ジャズ度が高いですが3人の絡みが面白かった。
(5)「Jack & John」ではデジョネットの繊細なドラムスが聴きどころになります。
やや暗めの(7)「All Or Nothing At All」の解釈と表現力も秀逸。
そのゆったりとしたスイング感はいかにも聴き味の良いピアノ・トリオという感じがします。
モンクの(6)「Pannonica」やショパンの曲(8)「Etude」もあって飽きさせません。

トーマスの根っこにはキース・ジャレットがいますがこれからどのように成長していくのか、楽しみな逸材です。
「フランスの貴公子」と聞いて思い出すのは「北欧の貴公子」ヤン・ラングレンですね。
デビュー時の雰囲気は似ているかもしれません。

ちなみにこの夏にトーマスのライブがありましたが見逃してしまいました。
「イケメン・ピアニスト」と聞いて「人気先行じゃないの」と過小評価したのを反省しています。

(中間系)




(634) HARRY ALLEN TRIO / I WALK WITH MUSIC

harry allen(ts), rossano sportiello(p), joel forbes(b)
2013/


久々にハリー・アレンの新作を聴いてみたいと思いました。
レギュラー・クインテットからギターとドラムスを抜いたトリオでホギー・カーマイケル作品集です。
カーマイケル特集というのは案外珍しいかもしれませんね。
ところでこれが不思議なアルバムです。
レコード会社がどこにも書いてありません・・・自主制作盤みたいな感じがします。
個人的な発想の私的録音という趣です。
プロデュースは演奏者3人で解説はホギー・カーマイケルの息子さんが書いています。

ハリー・アレンがメロディを忠実に追っています。
やっぱりこういう古風な雰囲気を出すにはハリーが最適だと思います。
ゆったりとした流れの落ち着いた仕上がりになっていてハリーのテナー・サックスが満喫できました。
有名曲のほか、普段めったに聴けない曲も入っています。
バラードがいいです・・・ひそやかにささやくように、時にムードたっぷりに歌う。
(3) 「I Get Along Without You Very Well」は抜群の上手さ。
(5)「The Nearness Of You」、(10)「Georgia On My Mind」には痺れた。

不思議といえばカーマイケル作品集に「Stardust」が抜けているのも相当変ですね。
意識的だと思うのでこの意図がいまひとつ分からない。
ファンに対しては”画竜点睛を欠く”ことになったと思う。

(中間系)




(633) KOJI MORIYAMA & TSUYOSHI YAMAMOTO TRIO / SMILE

森山浩二(vo)、山本剛(p)、井野信義(b)、大隈寿男(ds)

1977Rec/three blind mice/


森山浩二(vo)さんの2枚目のアルバムです。
私が森山さんを初めて聴いたのはもう35年以上前のことになります。
当時懇意にしていたジャズ喫茶のマスターに「Night And Day」というアルバムを紹介されました。
その歌声とスタイルは一度聴いたら忘れられない強烈な個性を放っていました。
ガーンときて日本にもこんなジャズ・ボーカリストがいたんだと思いました。
ただその時はボーカルにあまり興味がなかったのでアルバムを買うまでには至りませんでした。
でも、ず〜っと「あの時なぜ買ったおかなかったのか」と後悔していました。
後年何度かまた聴いてみたいと思ったからです。
彼のようなボーカリストが歌い続けられない日本の土壌は寂しいですね。

森山さんのアルバムはたった3枚しかなく、長い間復刻されませんでした。

*KOJI MORIYAMA / NIGHT AND DAY (1975/Three Blind Mice)
*KOJI MORIYAMA / SMILE (1977/Three Blind Mice)
*KOJI MORIYAMA / LIVE AT MISTY (1979/Think ! Records)

でも今回でようやくその3枚が手元に揃いました。
日本はやはりジャズ天国だと思います。
その時は入手できなくても10年、20年のスパンでみるとほとんどが再発されますから。
焦らずにそのチャンスを待てばいいんですよ。
この森山さんのアルバムはいい例になっています。
まさか3枚が揃うとは思ってもいませんでした。

内容は推して知るべしの満足のいくものでした。
山本剛・トリオをバックに独特のパフォーマンスを発揮しています。
私的にはアップ・テンポの曲がいいかな。
(4)「AROUND THE WORLD」における抜群のスイング感が素晴らしい。
その日本人離れしたスキャットが聴きどころです。
(7)「DAY BY DAY」はボサノバのリズムに乗って軽快な仕上がり。
随所できらめく山本剛さんのピアノも最高です。

(1)「LOVER COME BACK TO ME」はドラマチックな展開、
超スローで歌われる(9)「ALL OF ME」にも注目しました。
バラードの(2)「SMILE」、(3)「WHEN JOHANNA LOVED ME」、
(5)「I ONLY HAVE EYES FOR YOU」、(6)「THE VERY THOUGHT OF YOU」、
(8)「I DON'T KNOW WHY」など、
選曲も良く森山さんの実力を十分に感じさせるものです。
寄り添うような山本さんのピアノが心に沁みます。

(中間系)




(632) RUSSELL MALONE TRIO / TRIPLE PLAY

russell malone(g), david won(b), montez coleman(ds),
2010/MAX JAZZ/


ギターを聴きたいと思い、誰かいないかと探していました。
そういえばラッセル・マローンのアルバムをしばらく買っていないと気が付きました。
それならやはりトリオが聴きたいと思った。

ラッセル・マローンを最初に聴いたのはダイアナ・クラール(vo,p)盤でした。
ベニー・グリーン(p)やロン・カーター(b)などとの共演盤も聴いてきました。
マローンは超絶技巧の持ち主で私はギターのオスカー・ピーターソンと呼びたいです。
バド・パウエルでもいいけど。
その驚異的なテクニックが独学と聞いたらもう唸るしかありませんよ。

さて、今作ですが自身のオリジナル4曲とその他7曲の構成です。
オリバー・ネルソン、クインシー・ジョーンズ、ロン・カーター、
ジョン・ヒックスなどのジャズ・メンの曲を取り上げています。
題名の「Triple Play」は野球用語で三重殺のこと・・・ワン・プレーで3人をアウトにする。
めったに出来ない非常に難しいプレイです。
つまりマローンが難しいプレイをなんなくやり遂げていることを意味しているのか・・・。

たしかに1曲1曲を聴いていると安定感は十分で悪くありません。
でも全体を通すといまひとつ私の心に訴えかけてくるものが足りないのはなぜか。
どれも平均的な仕上がりなのでメリハリがつかない・・・頭抜けた何曲かが欲しいです。
マローンは気持が実にクールだと思います。
いつでも余裕十分で、決して熱くならないような気がする。
根っこにはウエス・モンゴメリーやジョージ・ベンソンがいると思うけどなぁ〜。
もっと全速力というか、燃える姿を見せて欲しいです。

(中間系)



ちなみにユーチューブでそのクールな表情と超高速で圧倒的な演奏が聴けます。
共演はベニー・グリーン(p)とクリス・マクドナルド(b)です。
ベニー・グリーンがオスカー・ピーターソンの再来と言われた理由も分かると思います。
アドレスはココです。




(631) CECILE McLORIN SALVANT / CECILE

cecile mclorin salvant(vo),
jean-francois bonnel(ts,cl), jacqueis schneck(p),
pierre maingourd(b), sylvain gevarec(ds), enzo mucci(g)
2011/AGATE/


セシル・マクロリン・サルヴァントはフランス系アメリカ人、現在23歳。
今作は21歳時の実質的なデビュー盤です。

先日、ジャズ友の間で話題になっていたヴォーカリスト。
私も「Xactly Like You」を試聴して驚いてしまいました。
声にハリがあって可愛らしく艶やか・・・ジャズ的美声といってもいいかも知れません。
リズム感も抜群で声量豊か、コントロールも上手いし表現力もある。
それもそのはず、ジャズ新人登竜門として名高い
「セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・コンペテイション」の優勝者だそうです。

選曲は1930年代〜40年代の古いスタンダード・ナンバーが中心です。
これがまたシブい曲目が並んでいます。
先述の(1)「Xactly Like You」、(7)「No Regrets」、(9)「Easy To Love」
は特にお気に入りで何度も聴いてしまった。
(11)「Anything Goes」の絶妙なノリは痺れるほどの素晴らしさ。
その他、バラードやブルースにも聴きどころは多いです。
古き良き時代の雰囲気をこれほど出せる若手女性歌手がいたのかと脱帽しました。
これで21歳なんてまったく末恐ろしいほどの才能だと思います。
それにバックのフランス人・クインテットとの相性と絡みがまたいいです。
スイング感溢れるノスタルジックなバンドがフランスにはあるんだなぁ〜。
大人のムード満点・・・スマートで洒落ています。

セシルを聴いていて私はスコット・ハミルトン(ts)のデビュー時を思い出しました。
温故知新というか、古さと新しさの混じり具合がちょうどいい按配です。
いずれにせよ大きな可能性を秘めた有望なヴォーカリストが現れました。

(くつろぎ系)





1-60 61-120 121-180 181-240 241-300
301-360 361-420 421-480 481-540 541-600
601-660