[トップページ] [この人のこの1枚] [ジャズのよもやま話] [メッセージボード]

[ドラ流目立たないけどいいアルバム] [ドラ盤演奏者リスト] [ドラ盤曲目リスト] [紹介したアルバムリスト]

[ライブ・レポート] [最近の愛聴盤] [最近購入したアルバム] [今週のジャケット] [今週のBGM]


ジャズ入門最初の10枚


一応聞きやすいものから並べてみたつもりです。



(1) DIPPIN' / HANK MOBLEY(Tenor Sax)
   (ディッピン / ハンク・モブレイ)1965/Blue Note
                    

 (まず「リカード・ボサノバ」を聞いてほしい。ジャズが楽しくなります。)



(2)JAZZ SAMBA / STAN GETZ(Tenor Sax)
   ジャズ・サンバ / スタン・ゲッツ)1962/Verve
                    

 (スタン・ゲッツのあたたかいサウンドとボサノバのリズムが心地よいです。)




(3)SONG FOR MY FATHER / HORACE SILVER(Piano)
   (ソング・フォー・マイ・ファザー / ホレス・シルバー)
1963/Blue Note
                  

 (表題曲の「ソング・フォー・マイ・ファーザー」のノリのよさは、どうでしょうか。)



 (4)HAPPENINGS / BOBBY HUTCHERSON(Vibraphone)
   (ハプニングス / ボビー・ハッチャ―ソン)1966/Blue Note

 (ハービー・ハンコック作の「処女航海」を聞いてください。きれいな曲ですよ。)



(5)NIGHT AT BIRDLAND VOL.1 / ART BLAKEY(Drums)
   (ナイト・アット・バードランド / アート・ブレイキー)1954/Blue Note

 (ハード・バップ・モダン・ジャズの夜明け、ライブの熱気が伝わってきます。)




(6)SOMETHIN'ELSE / CANNONBALL ADDERLLY(Alto Sax)
   (サムシンエルス / キャノンボール・アダレイ)1958/Blue Note

 (マイルス・デイビスの「枯葉」のミュート・トランペットが心に沁みます。)



(7)KIND OF BLUE / MILES DAVIS(Trumpet)
  カインド・オブ・ブルー / マイルス・デイビス)1959/CBS


 (良く知られたモダン・ジャズの名盤、ちょっとむずかしくなるけど聞かないとね。)




(8)MY FAVORITE THINGS / JOHN COLTRANE(Soprano sax)
   (マイ・フェバリット・シングス / ジョン・コルトレーン)1960/Atlantic

 (ジョン・コルトレーンのソプラノ・サックスの名演が聞けます。)




(9)NOW HE SINGS NOW HE SOBS / CHICK COREA(Piano)
   (ナウ・ヒー・シングス・ナウ・ヒー・ソブス / チック・コリア)1969/Solid State

 (現役の巨人、チック・コリアのピアノ・トリオを選んでみました。)



(10)WITH CLIFFORD BROWN / HELEN MERRILL(Vocal)
   (ウイズ・クリフォード・ブラウン / ヘレン・メリル)1954/Emarcy


 (ジャズ・ボーカルでは、「ユード・ビー・ソー・ナイス・トウー・カム・ホーム」をどうぞ。)