[トップページ] [この人のこの1枚] [ジャズのよもやま話] [メッセージボード]

[ドラ流目立たないけどいいアルバム] [ドラ盤演奏者リスト] [ドラ盤曲目リスト] [紹介したアルバムリスト]

[ライブ・レポート] [最近の愛聴盤] [最近購入したアルバム] [今週のジャケット]


Dragon's Jazz Corner

最近の愛聴盤

くつろぎ系 初心者の人や、疲れ気味の人におすすめです。
まじめ系 ジャズをしっかりと聴きたい人におすすめです。
中間系 そのどちらでもない人とそのどちらかの人向きです。


注: ここで言う愛聴盤とは私が寝る前によく聴くアルバムです。

10枚限定です。


(10) ELIANE ELIAS / DANCE OF TIME


Eliane Elias(p,vo),
Amilton Godoy(p), Marcus Teixeira(acg), Conrado Goys(elg),
Toquinho(g,vo), Marcelo Mariano(elb),Celso De Almeida(ds),
Edu Ribeiro(ds), Gustavo Di Dalva(per), Marivaldo Dos Santos(per),
Joao Bosco(vo,g), Mike Mainieri(vib), Randy Brecker(flh)
Mark Kibble (backb),etc
2017/Concord/


 1  O Pato (Jayme Silva/Neuza Teixeira)
 2  You Are Getting Tio Me A Habit With Me (Harry Warren)
 3  Copacabana (Joao de Barro/Al Dubin)
 4  Coisa Feita (Joao Bosco)
 5  By Hand (Eliane Elias)
 6  Sambou Sambou (Joao Donato)
 7  Little Paradise (Eliane Elias)
 8  Speak Low (Kurt Weill)
 9  Samba De Orly (Toquinho)
 10  Na Batucada da (Ary Barroso/Luiz Peixoto)
 11  An Up Dawn (Eliane Elias)
 12  Not To Cry (Toquinho/Eliane Elias)


遅ればせながらイリアーヌ・イリアス(vo,p)の新作を入手しました。
イリアーヌの声質は好みです。
イリアーヌはこのところ好アルバムを連発していて絶好調だと思います。
前作の「メイド・イン・ブラジル」はグラミー賞を獲得しました。
女性の50代もまたジャズ・プレイヤーとして旬を迎えている気がします。
今作もブラジルの名人達との共演でその持ち味を十分に発揮しています。
さすがにブラジル出身だけにリズムのノリは抜群でイリアーヌ独特のものです。

全12曲は自身のオリジナル4曲とその他8曲の構成です。
ベストには男性ヴォーカルとのデュオを2曲上げたいと思います。
ジョアン・ボスコの(4)「Coisa Feita」とトッキーニョの(9)「SambaDe Orly」です。
ボスコとトッキーニョのブラジリアン・リズムに心底参った・・・何とも味わい深いヴォーカルは格別です。
ただ1曲のスタンダードの「Speak Low」は異色だけどこの曲のボサノバは珍しいかも。
ランディ・ブレッカーのフリューゲル・ホーンが効果的です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(9) LAURENCE HOBGOOD TRIO / HONOR THY FATHERS


laurence hobgood(g), john patitucci(b), kendrick scott(ds)
2015/Circumstantial/



 1  Sanctuary (Hobgood)
 2  Straighten Up And Fly Right (I.Mills)
 3  Triptich (Hobgood)
 4  Give Me The Simple Life (H.Ruby)
 5  The Waltz (Hobgood)
 6  The Road Home (Hobgood)
 7  If It's Magic (S.Wonder)
 8  Shirakumo No Michi (Whiteb Cloud Way) (Hobgood)


いや〜、これは出だしのピアノの音に参ってしまった。
抜群の雰囲気を持っています。
ローレンス・ホブグッド(p)は初見、聞けばチャーリー・ヘイデン(b)とのデュオが話題だったらしい。
CDショップのお勧めコーナーにあったので買ってみました。
共演のジョン・パティトゥッチ(b)とケンドリック・スコット(ds)にも興味を惹かれました。
メンバー的にも間違いのないピアノ・トリオということです。

全8曲は自身のオリジナル5曲とその他3曲の構成です。
スティーヴィ-・ワンダーの(7)「If It's Magic」が異色でしょうか。
(8)「白雲の道」は日本での印象を書いたものでしょうね。
ホブグッドは物凄いテクニシャンでキッチリとクラシックを勉強したのがよく分かります。
余裕十分のタッチとよどみのないフレーズには魅力あります。
何といっても滋味に溢れて深みのあるピアノ音が素晴らしいと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(8) FABRIZIO BOSSO QUARTET / FOUR FRIENDS IN BARI


fabrizio bosso(tp),
guido di leone(g), giuseppe bassi(b), mimmo campanale(ds)
2012/Fo(u)r/



 1  King Dorian (Di.Leone)
 2  Wide Green Eyes (Bosso)
 3  Bernie's Tune (Miller)
 4  E La Chiamano Estate (Martino)
 5  But Not For Me (Gershwin)
 6  Awing ? (Bassi)
 7  Nostalgia Di Cuba (Di Leone)
 8  Just Friends (Klenner)
 9  The Nearness Of You (Carmichael)
 10  Mack The Knife (Weill)
 11  But Not For Me (Gershwin)


ファブリジオ・ボッソ(tp)の2012年の作品です。
先日、CDショップに新譜を買いに出かけたけどめぼしいものがなくてこれを買ってきました。
ボッソのワン・ホーンのスタンダード作品集なら間違いないだろうと思いました。
バックがギター・トリオというのが新味かも知れませんね。
ボッソのことだから刺激的ではあるけれどリラックスしたボッソが聴けました。
ふと気が付くとボッソはやわらかくまろやかな音色になってました。
ボッソももう40代半ばになっているんですね。
(9)「The Nearness Of You」は大好きな曲でこれが入っていると大抵買ってしまう。
ライブでも時々リクエストする時がありますよ。
トランペットの(10)「Mack The Knife」は珍しいんじゃないかな。
ここでのボッソが凄い・・・自由自在にラッパを操るテクニシャン振りに驚いてしまいました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(7) JOE LOCKE QUARTET / LAY DOWN MY HEART/
Blues & Ballads Vol 1


joe locke(vib),
ryan cohan(p), david finck(b), jaimeo brown(ds)
2013/Motema/



 1  Ain't No Sunshine (B.Withers)
 2  Broken Toy (J.Locke)
 3  Bittersweet (S.Jones)
 4  I Can't Make You Love Me (M.Reid/A.Shamblin)
 5  The Meanibg Of The Blues (B.Troup)
 6  Simone (F.Foster)
 7  This New October (J.Locke)
 8   Makin' Whoopee (W.Donaldson/G.Kahn)
 9   Dedicated To You (S.Cahn/S.Chaplin)


ヴィブラフォン聴きの14枚目はジョー・ロックです。
先週、スティーヴ・ネルソンを聴いたのでロックも聴かないと片手落ちになりますね。
ロックも久し振りでしたがこれを聴いた時、正直「ジョー・ロックってこんなに良かったっけ」という感想です。
ロックは幅広い音楽性の持ち主で器用過ぎるというか一貫性に欠けると思っていました。
今作は副題になった「ブルース&バラーズ」と決め打ちしたのが功を奏した気がします。

全9曲は自身のオリジナルが2曲とその他7曲の構成です。
ビル・ウィザーズ(vo)の(1)、フランク・フォスター(ts)の名曲(6)の選曲は凝ってます。
サム・ジョーンズの(3)はプロデューサーとして名を連ねているベーシストのデヴィッド・フィンクの選曲かな。
ボビー・トゥループの代表作の(5)「The Meaning Of The Blues」は大好きな曲です。
ライアン・コーアンは初めて聴くピアニストですが切れ味鋭い瑞々しいタッチが良かった。
ベストは全員が一丸となった素晴らしいプレイを聴かせる前述の(6)「Simone」です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(6) STEVE NELSON QUARTET / BROTHERS UNDER THE SUN


steve nelson(vib),
danny grissett(p), peter washington(b), lewis nash(ds)
2017/HighNote/



 1  The More I See You (H.Warren/M.Gordon)
 2  Eastern Joy Dance (M.Miller)
 3  Grew's Tune (M.Miller)
 4  Soul-Leo (M.Miller)
 5  It Never Entered My Mind (R.Rodgers/L.Hart)
 6  Samba D'blue (M.Miller)
 7  Brother's Under The Sun (M.Miller)
 8   For Those Who Do (M.Miller)
 9   New Wheels (M.Miller)
 10   Melody For Mulgrew (D.Grissett)


ヴィブラフォン聴きの12枚目は10年振りに出たスティーヴ・ネルソンの新譜です。
ピアノ入りのカルテット編成でマルグリュー・ミラー(p)のトリビュート作品になっています。
ミラーは2013年に57歳で亡くなりました・・・まだまだこれからだったのに早過ぎますよ。
ミラーが知られるようになったのはジャズ・メッセンジャーズへの参加からです。
私はトニー・ウィリアムス(ds)・クインテットが一番印象に残っています。
サイドマンとしての力量には定評がありました。
ネルソンとミラーは同世代で共演も多く、気心の知れた仲でジャズ盟友だったと思います。

全10曲はミラーの曲が7曲とその他3曲の構成です。
ネルソンはミルト・ジャクソン〜ボビー・ハッチャーソンの流れを汲む主流派、いわば王道をいくヴァイブ奏者です。
暑くもなく寒くもなく、気取ったところや尖がったところもなく、最もオーソドックスなスタイルを持っています。
重量感と広がりのあるサウンドはクリアで美しく、刺激にはやや欠けるけれど、その分安定感と安心感は十分です。
年は下ですがちょっとひねた感のあるジョー・ロック(vib)とは好対照だと思います。

共演者ではダニー・グリセットに注目しました・・・ネルソンがミラーの代わりに選んだピアニストです。
グリセットは瑞々しい感覚の持ち主でネルソンとのコンビネーションが今作の決め手になりました。
ルイス・ナッシュ(ds)とピーター・ワシントンのリズムセクションも満点です。
ベストは全員が一丸となって突っ込んでくる(9)「New Wheels」を上げておきます。
続くグリセットのオリジナル(10)「Melody For Mulgrew」も良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(5) HOUSTON PERSON SEXTET / RAIN OR SHINE


houston person(ts), warren vache(cor)(1,2,4,6,8), rodney jones(g)(except7),
lafayette harris(p), matthew parrish(b), vincent ector(ds)
2017/High Note/


 1  Come Rsain Or Come Shine (J.Mercer/H.Arlen)
 2  132nd And Madison (O.A.Gumbs)
 3  Everything Must Change (B.Ighner)
 4  Learnin' The Blues (D.V.Silvers)
 5  I Wonder Where Our Love Has Gone (B.Johnson)
 6  Soupbone (R.Jones)
 7  Never Let Me Go (J.W.Scott)
 8  Our Day Will Come (M.Garson/B.Hilliard)
 9  Danny Boy (Public Domain)


ヒューストン・パーソン(ts)は83歳になりました。
まだ意欲は十分に感じる・・・この年でのリーダー・アルバムは凄いです。
多少の衰えは感じるけれどもしょうがない・・・むしろここまで現役でいることだけでも立派です。
パーソンより年上で頑張っているのは84歳になったウェイン・ショーター(ts)以外には思い浮かびません。
どこまで現役でいられるのかには興味があります。
ピアニストだとハンク・ジョーンズの91歳、ジョン・ルイスの90歳が記憶に残っています。

全9曲はメンバーのオリジナル1曲にその他8曲の構成です。
共演者での注目はウォーレン・バシェ(cor)とロドニー・ジョーンズ(g)です。
バシェは意外な組み合わせ・・・ソウル色の強い演奏は初めて聴きました。
同じコルネット奏者のナット・アダレイやルビー・ブラフの影響下にあるのがよく分かりました。
ロドニー・ジョーンズはファンキー&ソウルなギタリストなので相性ピッタリの組み合わせです。
ベストはワン・ホーンでじっくりと聴かせる(3)「Everything Must Change」です。
ここではジョーンズの艶やかでユニークな素晴らしいギター・プレイが聴けました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(4) BLUE NOTE ALL-STARS / OUR POINT OF VIEW


ambrose akinmusire(tp), marcus strickland(ts), lionel loueke(g),
robert glasper(p), derrick hodge(b), kendrick scott(ds)
wayne shorter(ss)(disk2-1), herbie hancock(p)(disk2-1)
2017/Blue Note/


Disk1
 1  Bruce's Vibe (R.Glasper)
 2  Cycling Through Reality (K.Scott)
 3  Meanings (M.Strickland)
 4  Henya (A.Akinmusire)
 5  Witch Hunt (W.Shorter)
 6  Second Light (D.Hodge)

Disk2
 1  Masquelero (W.Shorter)
 2  Bayyinah (R.Glasper)
 3  Message Of Hope (D.Hodge)
 4  Freedom Dance (L.Loueke)
 5  Bruce, The Last Dinosaur (A.Akinmusire)


たまには最新のジャズ・サウンドも聴かないといけないと思っています。
「BLUE NOTE ALL-STARS」・・・これならその狙いにピッタリかと購入してみました。
まぁ、凄いメンバーですね・・・これだけのメンバーが揃えば悪かろうはずがない。
特に聴いてみたかったのはデビュー時以来遠ざかってしまったロバート・グラスパー(p)です。
なお1曲だけウェイン・ショーター(ts)とハービー・ハンコック(p)がゲスト共演しています。
ファンへのサービスと考えたのでしょうがこれは必要なかったと思います。

CD2枚組、全11曲はショーターの2曲を除いてメンバーのオリジナルです。
全体的に重量級の演奏が聴けました。
変拍子とドラムスが前面に出てくるサウンドは近年の流行でそれはここでも変わりません。
Disk1の方が聴き易く、Disk2の方が挑戦的という印象を受けました。

Disk1のベストは(2)「Cycling Through Reality」で全員の強烈で弾ける演奏が聴けました。
Disk2のベストは最も注目した(4)「Freedom Dance」でした。
作者は西アフリカのベナン共和国出身のリオーネル・ルエケ(g)です。
今作のサウンドの決め手はグラスパーもさることながらこのルエケではないかと思いました。
彼の演奏は同じアフリカのカメルーン出身のマルチ奏者のリチャード・ボナの影響が大きいです。
アフリカ的リズムの凄いところは自然に身体が揺れてきます。
2017年の最後を飾るにふさわしい作品でした。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)



(3) PJ PERRY QUARTET / ALTO GUSTO


pj perry(as),
jon mayer(p), steve wallace(b), quincy davis(ds)
2017/Cellar Live/


 1  Ease It (P.Chambers)
 2  Close Your Eyes (B.Petkere)
 3  After The Morning (J.Hicks)
 4  We'll Be Together Again (C.Fischer)
 5  Stablemates (B.Golson)
 6  Two Bass Hit (J.Lewis)
 7  Quasimodo (C.Parker)


カナダ出身のベテラン・アルト奏者のPj Perryのライブ作品です。
実に落ち着いた手慣れた演奏でいぶし銀の如くという表現がピッタリだと思います。
ジョン・メイヤーのピアノも聴きどころになりました。

全7曲はジャズマンの曲5曲とスタンダードが2曲の構成です。
ジャズ・マンではポール・チェンバース(b)、ジョン・ヒックス(p)、ベニー・ゴルソン(ts)、
ジョン・ルイス(p)、チャーリー・パーカー(as)といったところの曲を取り上げています。
チェンバース、ヒックス、ルイスといったところは珍しいかもしれませんね。
つくづくみんないい曲を書いていると思いますよ。
ベストはカール・フィッシャーの名曲(4)「We'll Be Together Again」です。
じっくりと熟練のバラード・プレイを聴かせてくれました。
この曲の作詞者はフランキー・レインで「ハイ・ヌーン」や「ローハイド」のヒット曲があります。

完成された端正なジャズ・・・。
これがいまひとつ物足りなさを感じさせるのでジャズはむずかしいです。
もっと弾けて欲しかった、色気というか艶っぽさも欲しい気がします。
なお洒落たジャケットのイラストは日本人イラストレーター・藤岡宇央氏

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(2) YASUSHI NAKAMURA TRIO / A LIFETIME TREASURE


yasushi nakamura(b), lawrence fields(p), clarence penn(ds)
2016/Sawano Kohboh/


 1  On My Way (Y.Nakamura)
 2  Stablemates (B.Golson)
 3  A Lifetime Treasure (Y.Nakamura)
 4  But Beautiful (J.Burke)
 5  Viva o Rio de Janeiro (H.Pascoal)
 6  Stalla By Starlight (V.Young)
 7  When Mr.Gut Stays (Y.Nakamura)
 8  Naima (J.Coltrane)
 9  Burden Hand (Bird In The Hand) (Y.Nakamura)
 10  Language Of Flowers (Y.Nakamura)
 11  Yasugaloo (Y.Nakamura)
 12  The Nearness Of You (H.Carmichael)


ニューヨークを起点に活躍している気鋭のベーシスト、中村恭士さんの初リーダー・アルバムです。
中村さんは1982年東京生まれの米シアトル育ち、現在35歳の逸材です。
バークリーからジュリアードに進むというジャズ・エリート・コースを歩みました。
現在、日本でも人気の「New Century Jazz Quintet」や「J-Squad」のメンバーとしても活躍中です。

全12曲は自身のオリジナル6曲とその他6曲の構成です。
30歳半ばでの初リーダー・アルバムというには彼のキャリアからみると遅いかもしれませんね。
それだけに満を持した作品でオリジナルも練りに練られています。
作曲家としての能力も知らしめることになりました。
モダン・ジャズの名曲の(2)と(8)、良く知られたスタンダードの(2)、(6)、(12)と選曲も申し分ありません。
なお(12)はベース・ソロです。

普段は縁の下の力持ちに徹した感のある中村さんもリーダー作ともなればグンと表舞台に飛び出してきます。
中村さんのよく伸びるスインギーなベースとクリアで抜群の安定感を誇るベース・ラインを満喫できました。
これがニューヨーク先進のピアノ・トリオなんでしょうね・・・素晴らしいピアノ・トリオが聴けました。
何しろ中村&クラレンス・ペン(ds)のリズム・ラインが凄い・・・ブンブン・ビシバシきています。
飛ばす飛ばす・・・疾走感に溢れ切れ味鋭いローレンス・フィールズのピアノもいいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)


余談
私が初めて中村さんと出会ったのは2006年の新宿ピット・インでのライブでした。
西藤大信(g)さんのライブにドミニク・ファリナッチ(tp)などと共演したものです。
まだ弱冠24歳でした。
私はライブ・レポートでこんな感想を書いています。

すでに5枚をリリースしている天才肌のファリナッチのトランペットはやっぱり良かった。
”Body And Soul”をベースだけのバックで演奏しましたが、これがまた素晴らしかったです。
特筆したいのは中村恭士さんのベースです。
ぶっとい音色の上に切れもある、なによりも若さに任せて突っ走る勢いを感じます。
強烈なスイング感の持ち主で、これには驚かされましたよ。
私は一瞬、若い頃のチャーネット・モフェット(b)を思い浮かべました。
”要注目株は中村恭士”・・・必ず頭角を現すベーシストなのでこの名前は忘れないでいてほしいです。

その後、中村さんと何度かライブで会って話をする機会もありました。
驚いたことに私のこのライブ・レポートを読んでくれていたんですよ。
「注目されて嬉しかった」と言ってくれました。




(1) ERIC ALEXANDER QUINTET / SONG OF NO REGRETS


eric alexander(ts), jon faddis(tp)(1,2),
david hazeltine(p), john webber(b), joe farnsworth(ds), alex diaz(conga,bongos)
2017/High Note/


 1  But Here's The Thing (D.Hazeltine)
 2  These Three Words (S.Wonder)
 3  Grinder (E.Alexsander)
 4  Corazon Perdido (E.Alexsander)
 5  Mas Que Nada (J.Ben)
 6  Boom Zoom (E.Alexsander)
 7  Song Of No Regrets (S.Mendes)
 8  Cade's Shack (J.Farnsworth)
 9  Up, Up,And Away (J.Webb)


エリック・アレキサンダー(ts)の出たばかりのホヤホヤの新譜です。
エリックは私の収集対象なので新譜が出るのをいつも楽しみにしています。
ピアノ・トリオを含めた4人はいつものレギュラー・メンバーなのでコンビネーションは抜群です
ここで興味深いのは久々に名前を見たジョン・ファディス(tp)の参加にありました。
ファディスはディジー・ガレスピー直系のトランぺッターでビック・バンドを中心に活躍しています。
(1)ではビック・バンド特有の抜群のハイノートを聴くことが出来ました。

全9曲はメンバーのオリジナル5曲とその他4曲の構成です。
コンガ、ボンゴ入りとくればラテン・サウンドであることは一目瞭然です。
(5)「マシュケナダ」や表題曲にもなったセルジオ・メンデスの(7)が目玉になっています。
エリックのテナー奏法は益々凄みを増していてその表現力の多彩さには驚かされます。
ゆったりとしたラテン・リズムに乗った表題曲の(7)「Song Of No Regrets」が素晴らしいです。
当然ながら(5)「Mas Que Nada」も聴きどころになりました。
オリジナルではひと休み感のある3分ほどの小品ですが(4)「Corazon Perdido」が良かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)