[トップページ] [この人のこの1枚] [ジャズのよもやま話] [メッセージボード]

[ドラ流目立たないけどいいアルバム] [ドラ盤演奏者リスト] [ドラ盤曲目リスト] [紹介したアルバムリスト]

[ライブ・レポート] [最近の愛聴盤] [最近購入したアルバム] [今週のジャケット]


Dragon's Jazz Corner

最近の愛聴盤

くつろぎ系 初心者の人や、疲れ気味の人におすすめです。
まじめ系 ジャズをしっかりと聴きたい人におすすめです。
中間系 そのどちらでもない人とそのどちらかの人向きです。


注: ここで言う愛聴盤とは私が寝る前によく聴くアルバムです。

10枚限定です。


(10) BEN PATERSON TRIO / LIVE AT VAN GELDER'S


ben paterson(org), ed cherry(g), jason tiemann(ds)
2018/Cellar Live/


 1  F.S.R (R.Brown)
 2  EDDA (W.Shorter)
 3  Frame For The Blues (S.Hampton)
 4  Green Geans (G.Green)
 5  Enchantment (H.Siver)
 6  The Vibrator (J.Mcduff)
 7  I Remember Clifford (B.Golson)
 8  The Hustler (S,Turrentine)
 9  Easy Time (L.Bellson)
 10  Sweatin' (R.Holmes)


オルガンのベン・パターソンはシカゴ出身でピアノとの二刀流です。
以前、シカゴ・ジャズの大御所のヴォン・フリーマン(ts)との共演盤を聴いたことがあります。
ここはエド・チェリー(g)の参加が決め手になりました。
エド・チェリーはベテラン・ギタリストですが主流派とはちょっと外れたところに位置しています。
そんなこともあって先週のジョシュア・ブレイクストーンと同様にいまひとつ知名度は低いかもしれませんね。
こちらはブラック系のソウルフルなジャズ・ギタリストです。

全10曲は全てジャズ・メンの曲で自身のオリジナルやスタンダードは1曲もありません。
それだけこだわりのある選曲だと思います。
レイ・ブラウン(b)、ウエイン・ショーター(ts)、スライド・ハンプトン(tb)、グラント・グリーン(g)、
ホレス・シルバー(p)、ジャック・マクダフ(org)、ベニー・ゴルソン(ts)、スタンリー・タレンティン(ts)、
ルイ・ベルソン(ds)、リチャード・ホルムズ(org)と多岐にわたっています。
特にハンプトンやベルソンは珍しいかな・・・それだけに色んなジャズを聴き込んできている。

ベン・パターソンはピアノもオルガンも聴かせる多彩な才能の持ち主だと思います。
オルガン・ジャズ特有のブルージーでファンキー&ソウルなサウンドを醸し出しています。
まとわりつくようなベタベタ感を感じさせないのは好みの分かれるところだと思うけど。
共演者にエド・チェリーを選んだことだけでも好センスを感じました。
近年のオルガン盤としては出色の出来で久々のオルガンのニュースター登場になって欲しいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(9) JOSHUA BREAKSTONE TRIO / CHILDREN OF ART
A Tribute To Art Blakey's Jazz Messengers


joshua breakstone(g), martin wind(b), eliot zigmund(ds)
2017/Capri/


 1  The Witch Dovter (L.Morgan)
 2  Splendid (W.Davis Jr)
 3  Holy Land (C.Walton)
 4  El Toro (W.Shorter)
 5  Lonely Woman (H.Siver)
 6  Stablemates (B.Golson)
 7  Breakthrough (H.Mobley)
 8  Children Of Art (J.Breakstone)


ジョシュア・ブレイクストーンはベテラン・ギタリストではあるけれどいまひとつ知名度は低いかもしれませんね。
ウエスト・コースト系の洗練されたジャズ・ギタリストです。
加えて「ベンチャーズ」や「ビートルズ」のトリビュート・アルバムも出しているのでポップス系の味もあります。
今作はジャズ・メッセンジャーズで馴染んだ曲に焦点を合わせてきました。
ちなみにブレイクストーンは熱心な親日家として知られていて1年に数回来日してはライブ活動を行っています。
ライブに行くとバラードのゆったり感が心地良いギターが聴けます。

全8曲は自身のオリジナル1曲を除いて全てジャズ・メッセンジャーズの愛奏曲になっています。
作曲者にはリー・モーガン(tp)、ワルター・デイヴィス(p)、シダー・ウォルトン(p)、ウエイン・ショーター(ts)、
ホレス・シルバー(p)、ベニー・ゴルソン(ts)、ハンク・モブレイ(ts)とメッセンジャーズで活躍した錚々たるメンバーが並んでいます。
私は近年シダー・ウォルトンを再評価しているので(3)「Holy Land」が一番の聴きどころになりました。
ウォルトンもまた良い曲を書いています。
ブレイクストーンは慌てず騒がずの落ち着いたプレイぶりで安定感は十分です。
マーティン・ウィンド(b)とエリオット・ジグモンド(ds)とのトリオ・メンバーもシブい。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(8) PHIL STEWART TRIO & QUARTET & QUINTET / MELODIOUS DRUM


phil stewart(ds), sacha perry(p), paul sikivie(b),
grant stewart(ts,as)(2,4,6,7), chris byars(ts)(2,5,7,9),
joe magnarelli(tp)(1,2,7)
2017/Cellar Live/


 1  Manteca (D.Gillespie)
 2  Dance Of The Infidels (E.Powell)
 3  Far Sure (S.Perry)
 4  The Sumo (J.Benko)
 5  Erratic (S.Perry)
 6  This Is All I Ask (J.Jenkins)
 7  Spache (G.Coleman)
 8  Eronel (T.Monk)
 9  The Doctor Is In (C.Byars)
 10  Livin With Hobson (S.Perry)


今作はハード・バップ・ドラマー、フィル・スチュワートの初リーダー・アルバムです。
フィル・スチュワートはテナー奏者のグラント・スチュワートの弟です。
近年は名前を見る機会が多くなりました。

全10曲はメンバーのオリジナル4曲とその他6曲の構成です。
特に3曲を提供しているサシャ・ペリー(p)は共演歴も長く黒幕的な存在だと思います。
つまりサシャ・ペリー・トリオに管楽器が乗った形になっています。
兄のグラント・スチュワート(ta,as)が4曲、クリス・バイヤーズ(ts)が4曲、ジョー・マグナレリ(tp)が3曲です。
注目はやはりサシャのピアノになりました。
触れ込みではバド・パウエル〜バリー・ハリスということですが私はセロニアス・モンクの影を強く感じました。
フィルのドラムスはいまひとつかな・・・益々の精進を期待しています。
ベストはモンク的アプローチを見せる(4)「The Sumo」です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(7) AZAR LAWRENCE QUINTET / ELEMEMTALS


azar lawrence(ts), benito gonzales(p),
jeff littleton(b), martin"smitty"smith(ds), munyungo jackson(per)
2018/HighNote/


 1  La Bossa (A.Lawrence)
 2  Eye Of The Needle(A.Lawrence)
 3  Elememtals (A.Lawrence)
 4  Brazilian Girls(B.Gonzales)
 5  Solar Winds (A.Lawrence)
 6  Koko (A.Lawrence)
 7  African Chant (B.Gonzales)
 8  Sing To The World (B.Gonzales)
 9  It's Easy To Remember(R.Rodgers/L.Hart)
 10  Karma Sutra (A.Lawrence)


エイゾー・ローレンス(ts)の新譜です。
ジョン・コルトレーン(ts)直系のサックス奏者は数多く存在するけどこのエイゾーもその一人です。
最近はそんなサックス奏者を聴くことが多くなりました。
アーチー・シェップ、ファラオ・サンダース、ゲイリー・バーツ、カルロス・ガーネットなど。

エイゾー・ローレンスが知られるようになったのはマッコイ・タイナー(p)との共演からだと思います。
* McCoy Tyner / Enlightenment (1973/Milestone)

ウディ・ショウ(tp)の名盤にも参加している。
* Woody Shaw / The Moontrane (1974/Muse)

マイルス・デイビス(tp)との共演盤もあるようですが記憶に残っていません。

全10曲は自身のオリジナル6曲とメンバーのベニト・ゴンザレス(p)が3曲、その他1曲の構成です。
ただ1曲のスタンダード「It's Easy To Remember」も心憎い演出だと思います。
共演のベニト・ゴンザレスはマッコイそのものなので相性は抜群です。
基本はラテン&アフリカ・サウンドですが曲想も豊かでバランスのとれた作品になっています。
リズムが強烈でマッコイ直系を感じさせるパワフルでうねくるサウンドにガツンときました。
やはりブラック系のサックス奏者は力強く求心力がある・・・エイゾー・ローレンスの才能が満開です。
今作が良かったのでさかのぼって聴いてみたいと思っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(6) JEREMY LEDBETTER TRIO / GOT A LIGHT ?


jeremy ledbetter(p), rich brown(b), larnell lewis(ds)
eliana cuevas(vo)(3), leila ledbetter(vo)(3), reimundo sosa (bata)(6)
2018/Alma/


 1  Amanecer
 2  Got A Light ?
 3  Her New Wings
 4  About Climbing Mountains
 5  Mais Um
 6  Suspirito
 7  Gift Shop (R.Baker/G.Downie)
 8  The Pepper Drinker
 9  The Tightrope Walker


ジャケ買い、ジェレミー・レドベター(p)はは初見、先週に引き続いてのカナダ盤です。
聴いてみるとフュージョン系のピアノ・トリオでした。
クロスオーバーとかフュージョンが流行ったのは1970年前後でもう50年前になります。
今の若い人からみたらすでに古典なんだけどバップ・ジャズよりは目新しいのかもしれませんね。
ピアノとキーボード、ウッド・ベースとエレキ・ベースの両刀遣いでヴォーカルも入っています。
スタイルとしてはクインシー・ジョーンズ(p,arr)、ボブ・ジェームス(p)、ラムゼイ・ルイス(p)、
ハービー・ハンコック(p)、チック・コリア(p)、ジョー・サンプル(p)などがやり尽くしています。
でも久々に聴くと爽やかで清冽な感じがしました。

全9曲は1曲を除いて全てレドベタ−のオリジナルです。
面白かったのは最もフュージョンぽい(3)「Her New Wings」です。
歌手のエリアーナ・クエヴァスは南米ベネズエラ生まれ、カナダ・オンタリオ在住。
この人がとても良い雰囲気を出しているので他でも聴いてみたいと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(5) JOANI TAYLOR / IN A SENTIMENTAL MOOD


joani taylor(voice),
pj perry(as,ts), miles black(p), neil swainson(b)
2018/Cellar Live/


 1  This Can't Be Love (R.Rodgers/L.Hart)
 2  In A Sentimental Mood (E.Ellington/M.kurtz)
 3  Embraceble You (I&G.Gershwin)
 4  Alfie (B.Bacharach/H.David)
 5  Undecided (C.Shavers)
 6  Sentimental Journey (B.Green/L.Brown)
 7  Lover Man (J Davis)
 8  Love Walked In (I&G.Gershwin)
 9  A Ghost Of A Cgance/I Can't Get Started
(V.Young/B.Crosby & N.Washington/V.Duke&I&G.Gershwin)
 10  More Than You Know (V.Youmans/B.Rose/E.Eliscu)
 11  Be My Love (S.Cahn/N.Brodszky)
 12  I Just Had To Hear Your Voice (O.Adams)


ジョアニ・テイラー(voice)は初見、カナダ盤です。
最初にCD裏のメンバーを見た時、ヴォーカルじゃなくてヴォイスになっているのに興味を引かれた。
ジョアニ・テイラーは歌じゃなくて語りか?と思いました。
PJ・ペリー(ts)やニール・スウェインソン(b)のバックも気になるところです。

全12曲はよく知られたスタンダードのバラード集です。
聴いてみるとインパクトがありました。
予想通りというか、歌と語りの中間で声に力があります。
こういう歌い方をする人はけっこういると思いました。
主には舞台俳優や映画俳優出身で感情の盛り上げ方が上手い劇場型ヴォーカリストです。
このタイプは歌より味で勝負します。
ジョアニとサックス、ジョアニとピアノ、ジョアニとベースのデュオに聴こえるところもある。
特にスウェインソンのベースの存在感は抜群です。
聴きどころが多いですがマイ・ベストはバカラックのヒット曲の(4)「Alfie」になりました。
(7)「Lover Man」も良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(4) MIKE LeDONNE AND THE GROOVER QUARTET / FROM THE HEART


mike ledonne(org), eric alexander(ts), peter bernstein(g),
joe farnsworth(ds)(except 2&4), mike clark(ds)(2,4)
2018/Savant/


 1  Someday (G.Duke)
 2  From The Heart (M.LeDonne)
 3  You'll Never know What You Mean To Me (M.LeDonne)
 4  Here Comes The Doctor (M.LeDonne)
 5  Come Back Baby (R.Charles)
 6  Fun Day (S.Wonder)
 7  You Send Me (S.Cooke)
 8  Then Came You (S.Marshall/P.Pugh)


このマイク・ルドン(org)の新譜は買うか、止めるか、悩まされました。
いつものレギュラー・メンバーだし多分金太郎飴的だと思ったからです。
結果は予想通り「やっぱりなぁ〜」という感じで変わり映えしませんでした。
ピーター・バーンステイン(g)やエリック・アレキサンダー(ts)の一つ一つの演奏は悪くありません。
でもルドンのオルガンがちょっと弱いかな。
一時期はルドンのオルガンは面白いと思ったんだけど、どうやらピアノとのどっちつかずになったようです。
ふとエンゼルスの大谷選手を思い出してしまいました・・・やはり二刀流はむずかしいのかと・・・。

全8曲は自身のオリジナル3曲とその他5曲の構成です。
ジョージ・デューク、レイ・チャールス、ステービー・ワンダー、サム・クックといったところが選曲されていました。
特にクックの(7)「ユー・センド・ミー」は好きだったので聴いてみたいと思いました。
今作には「グルーバー・カルテット」との名称が付けられています。
でもオルガン・ジャズとしてはスマートでソウル感やグルーブ感には物足りなさを感じてしまいました。
もう少しブルージーな味わいがあるといいんだけれどね。

(中間系)



(3) NICKI PARROTT / STOMPIN' AT THE SAVOY


nicki parrott(vo,b), byron stripling(tp,vo),
john di martino(p), alvin atkinson(ds)
2018/Venus/


 1  It Ain't Necessarily So (I&G.Gershwin)
 2  Gee, Baby, Ain't I Good To You (A.Razaf/D.Redman)
 3  They Can't Take That Away From Me (I&G.Gershwin)
 4  It Don't Mean A Thing (I.Mills/D.Ellington)
 5  Cheek To Cheek (I.Berlin)
 6  Everytime We Say Goodbye (C.Porter)
 7  Dream A Little Dream Of Me (G.Kahn)
 8  Stompin' At The Savoy (A.Razaf/B.Goodman)
 9  Mr Paganini (S.Coslow)
 10  Summertime (I&G.Gershwin)
 11  Tea For Two (I.Caesar/V.Youmans)
 12  Our Love Is Here To Stay (I&G.Gershwin)
 13  Evil Gal Blues (L.Feather/L.Hampton)
 14  This Time The Dream's On Me (J.Mercer/H.Arlen)


ニッキ・パロット(vo,b)の新譜を買ってみました。
帯中には「エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロングに捧ぐ」とありました。
パロットは人気があるので枚数も多く「手を替え品を替え」の手法を取らねばなりません。
相手はトランペットとヴォーカルのバイロン・ストリップリングです。

全14曲は古いスタンダードが中心でガーシュイン兄弟の4曲が目を引きます。
どうも今作は企画先行だったような気がします。
私にはパロットとストリップリングは合わなかった・・・ムード不足かな。
ストリップリングの張り切り過ぎもあったと思います。
というわけでトランペット抜きのソロで歌われた4曲が聴きどころになりました。
(6)「Everytime We Say Goodbye」、(9)「Mr. Paganini」、(11)「Tea For Two」、
(14)「This Time The Dream's On Me」がそうです。
特に「Everytime We Say Goodbye」は好きな曲なので入っているとつい手が伸びてしまいます。

(くつろぎ系)



(2) EDUARDO BLANCO QUARTET / CHILDHOOD MEMORIES


eduardo blanco(tp),
dirk balthaus(p), jean louis rassinfosse(b), rene de hilster(ds)
2018/CAR BOP SA Records/


 1  Larambebere's Message (E.Blanco)
 2  The Lamp Is Low (P.Derose)
 3  Antigua (A.C.Jobim)
 4  For Enternity (E.Blanco)
 5  Childhood Memories (E.Blanco)
 6  Blues For You (E.Blanco)
 7  King Solomon And Princess Isabella (E.Blanco)


またも出ました”チェット・ベイカーの再来”トランぺッターです。
相変わらずのキャッチフレーズで少々食傷気味になってます・・・が、そのフレーズには弱い。
結局、チェット風のジャケットに惹かれて買ってしまいました。
エデュアード・ブランコ(tp)は初見、アルゼンチン出身で現在はオランダで活躍中だそうです。
今CDの録音はギリシャなのでギリシャ盤ということになるのかな。

全7曲は自身のオリジナル5曲にその他2曲の構成です。
聴いてみるとこれが素晴らしかったです。
若かりし頃の溌溂として超クールなチェット・ベイカーを彷彿とさせる演奏でした。
チェット・ファンは必聴だと思いますよ・・・これにはハマる人も多いんじゃないかな。
無名でも時々こういう人が現れてくれるのでCDショップ通いは止められません。
自分の感性で買ったアルバムが大当たりなのは競馬の大穴的中にも通じる。
デローズの名曲、(2)「The Lamp Is Low」は最高です。


「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(1) JIM SNIDERO & JEREMY PELT QUINTET / JUBILATION !
Celebrating Cannonball Adderley


jim snidero(as), jeremy pelt(tp),
david hazeltine(p), nat reeves(b), billy drummond(ds)
2018/Savant/


 1  Party Time (J.Pelt)
 2  Del Sasser (S.Jones)
 3  Wabash (J.Adderley)
 4  Saudade (W.Booker)
 5  Stars Fell On Alabama (M.Parish/F.Perkins)
 6  Sack o' Woe (J.Adderley)
 7  Ball's 90th (J.Snidero)
 8  Work Song (N.Adderley)


ジャズ盤には先人のトリビュート盤も多いですね。
先週はマッコイ・タイナー(p)だったけど今週はキャノンボール・アダレイ(as)です。
ジム・スナイデロ(as)とジェレミー・ペルト(tp)のフロント2管とピアニストはデヴィッド・ヘイゼルタインです。
ナット・リーヴス(b)とビリー・ドラモンド(ds)が脇を固めています。

全10曲はスナイデロとペルトのオリジナルが1曲づつと8曲のキャノンボールのヒット曲が並んでいます。
まぁね、こういう企画は本物に優るものはないけれどやりたくなる心情は分かります。
ここでの聴きどころは(5)「Stars Fell On Alabama」(邦題:星降るアラバマ)です。
このバラードは曲自体がキレイで良いですがキャノンボール・アダレイに決定的な名演があります。
だからこそみんなが取り上げるんだけど足元にも及びません。

* Cannonball Adderley Quintet In Chicago (1959/Emarcy)

上記のアルバムでで聴けるのでまだの方は是非聴いてみて下さい。

全体的によく出来た仕上がりで(6)「Sack o' Woe」や(8){Work Song」も聴きどころになりました。
特に「Work Song」は名演だと思います。
キャノンボール・トリビュート盤としてはお勧めの一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)