ミュジカミリオン/アーリー・ミュージック・プロジェクト

topbutton

 円筒管の笛には空力的な限界があり、それを打ち消すことは不可能と思われていました。これに対し、米国のマイケル・バーク氏はやや特殊な頭部管と胴管のバランスで、オクターブの音程差を逆転させるほどの効果を上げることに成功しました。内外の数多くの演奏家に愛用されているだけでなく、初心者にも大人気の高級機です。

ウィスル/バーク/ D セッション

Burke3Ds2

販売価格(特価)38,000円(税込)

 多くのプロ奏者に使用されているメインの機種です。以前はシンプルに「アルミD」と呼んでいましたが、本来の「セッション」という愛称に戻すことにしました。薄手のアルミによる笛で、何と言っても最大の特徴は安定感です。初心者でもプロ並みの音と音程を得ることができます。プロの奏者なら、他のウィスルのように音程を気にすることなく、音楽の表現に集中して演奏することが可能でしょう。やや息を使いますが、汎用性は特に高いと言えます。音はやや渋くてハスキーなウィスルらしいものですが、同時に太さや腰の強さもあります。

ウィスル/バーク/ D-NB

Burke3Ds2a

販売価格 39,000円(税込)

 写真ではわかりにくいのですが、上記の「D セッション」を少しだけ細くしたものです。細くなった分、音も細身で可憐な感じになっていますが、吹き込む息は少し楽になってます。「NB」は「ナロウ・ボア」の略です。

ウィスル/バーク/ Low D-Viper

BurkeLowD2009

販売価格 56,500円(税込)

 愛称は「ヴァイパー(毒蛇)」です。Low D ですので、指はかなり押さえにくいのですが、末端のパートが動くようになっており、右手の薬指の助けになっています。まさに Low D の「キング」ですが、吹きこなすのにはパワーと表現力が必要となります。

この他の多くのウィスルの情報に関しましては、以下のページでご確認ください。

    ウィスルについて

zaikochu

howtoorder

topbutton1about1whatsnew1qanda1

The Early Music Project since 1984

whatsnew qanda about topbutton zaikochu howtoorder topbutton1 about1 whatsnew1 qanda1