ミュジカミリオン/アーリー・ミュージック・プロジェクト

topbutton

主なご注意

 当方では特殊な民族楽器や古楽器の一部を主に通信販売にて取り扱っています。これらの楽器に関する情報は極端に不足していたり、誤ったものが氾濫していたりします。当方からも随時できる限りの説明は行なっていますが、あらかじめ下記のような点にご配慮いただければ幸いです。

*ご不明な点はお問い合わせください。

 「知っているつもり」でも、実際には基本的な部分で誤解していたり、勘違いをしていることがよくあります。お問い合わせのないままご注文をいただいた場合は、その商品に関する基本的な知識を既にお持ちと判断させていただきます。

*すべて「楽器」です。

 トランペットやヴァイオリンを演奏するのが難しいことはすべての方がご存じのようですが、古楽器や民族楽器もすべて同様に「難しい」ものです。「初めて手にしたその日にすぐ演奏できる」という楽器は、当方にはありません。また、当方でお勧めしている楽器はすべて楽器として演奏可能なもので、オモチャではありません。「安くて使える楽器」を中心に取り揃えていますので、装飾品としては地味なものばかりです。

*取扱注意!

 楽器はすべて特殊なものです。取り扱い法を間違えれば、壊れてしまうこともありますし、ケガをしてしまうこともあります。しかし、殆どの楽器にはこのような点に関する説明書が添付されていません。これは購入される方々が既に充分な基礎知識をお持ちであることを前提として、楽器が設計・製造されているためです。家電製品などと異なり、すべての方に取り扱い可能とは限りません。

 言うまでもありませんが、弦楽器はすべて自分自身で弦を張り替え、調弦(チューニング)しなければなりません。他の楽器も自分自身で調子を整える必要があります。

 古楽器や民族楽器の殆どは伝統的なスタイルを継承しており、「狂いやすい」「扱いにくい」「壊れやすい」などのマイナスの特色も同時に受け継いでいます。

*すべての楽器は異なります。

 「グランド・ハープが弾けるからフォーク・ハープも弾ける」「フルートが吹けるからバロック・フルートも吹ける」などという考えは、根本的に間違っています。余分な知識や経験はかえって障害となります。指導やアドバイスを受ける場合も同様の点に注意してください。少しでも分野が異なれば「専門外」ということになります。音楽や楽器を幅広く理解している指導者であれば問題はありませんが、不適当なアドバイスを受けてしまうことも多々あるようです。

 すべての楽器にはその楽器に適した固有の演奏法や取り扱い法があります。そこから逸脱してしまった場合、その楽器の実力を発揮することはできません。

*独学は必至です。

 殆どの楽器に関しては適当な指導者がいませんし、いたとしてもお客様の身近とは限りません。教則本があったとしても英文の洋書がほとんどです。当方から常に有効なアドバイスができるわけでもありません。従って、「一から十まで教えて欲しい」というような方には、どの楽器もお勧めできません。場合によっては、ご注文いただいても当方の側からお断りすることがあります。

 各楽器の歴史等に関してはご自身で調べてください。当方で販売している教則本などの中にその種の情報が含まれている場合もあります。「楽譜が読めない」「英語がわからない」「音程の高い低いが判断できない」などの基本的な事柄に関しても、当方から指導することはできません。

*プロと同じ?

 「プロの奏者と同じ楽器が欲しい」といわれる方が数多くいらっしゃいます。気持ちはわかりますが、そのチョイスが一般の方々にとってベストとは言えない場合もあります。特に管楽器の場合、プロだから吹きこなせる、というものもあります。プロの奏者がチェックしてまったく問題のない楽器でも、アマチュアの人が演奏すると問題が出るということもあります。

 「CDで聴いた音と同じ音の楽器が欲しい」という方も多くいらっしゃいます。残念ながらそれはたぶん無理です。楽器の音は演奏する人によって大きく変わります。千円の楽器で十万円の音の出せる人もいれば、十万円の楽器で千円分の音も出せない人もいます。同じ千円のウィスルでも吹く人によって音は大きく異なります。むやみに高価な楽器を購入しようとするよりも、技術や表現力を磨くことに専念した方がよい場合がほとんどです。

 また、レコーディングの場では、楽器の音はかなり加工されます。プロのレコーディング・スタジオにはそのための高価な機材が山ほどあります。そのような場で加工された音を、そのまま生の楽器の音と誤解してしまう方が非常に多く、これには当方も困惑しています。

*キャンセルや返品は原則としてお断りします。

 商品に関してはご注文前に充分ご検討願います。ご注文後のキャンセルや返品は原則としてお断りします。ご注文内容の変更もご遠慮願います。また、お買い求めになった商品は、すべてご自分の責任において取り扱ってください。特に小さいお子さまのいらっしゃるご家庭ではご注意願います。

*輸入楽器の品質 

 残念ながら海外の一般的な市場で出回っている古楽器や民族楽器の半数以上は、楽器としての最低限のクオリティを保持しておらず、実際に使用するのが難しい状態です。たとえば弦楽器の場合、どうやっても音が合わない、音が出ない、弦を張ると楽器自体が壊れてしまう、などという場合もあります。管楽器の場合は、音が出ない、すぐ割れる、音程がメチャクチャ、などです。どちらの場合もわかりやすい不良品ならまだ良いのですが、実際には「極端に扱いにくい」という感じで、「こんなものなんだろう」とあきらめてしまう場合が多いようです。

 当方では在庫する商品を厳選していますので、レギュラーとして取り扱っている商品であれば最低限のクオリティは保持しています。問題のある商品にはそれなりの「ご注意」を解説の中で紹介している場合もあります。また、そのような問題のある楽器はお勧めしていません。但し、レギュラー以外の商品をご希望によって注文輸入する場合は、この範囲ではありません。品質に問題があるかどうか未確認の楽器も多数あります。レギュラー以外の商品をご注文される場合には、それなりの覚悟が必要です。

 「ツルツル」で「ピカピカ」の日本製品に慣れた方々にとっては違和感があるかもしれませんが、外国製の民族楽器や古楽器のほとんどすべてには新品でもキズや塗装ムラがあります。ケースの割れているCD、折れや汚れのある楽譜類なども珍しくありません。品質管理に対する考え方の違いによるものですが、「実用上問題がなければOK」というのが海外の判断基準です。

*楽器の性格と常識

 楽器の性格上、多少の不具合いは避けられない、という場合もあります。

 たとえばソートゥリや一部のハープなど、多数の金属弦を短い弦長で使用する楽器は、調弦が狂いやすく、頻繁に音を合わせなければなりません。またその調整自体もかなり微妙なものです。

 ツィンク(コルネット)、ルネサンスやバロックのフルートなどは、自分で音程を作りながら演奏しなければなりません。ただ吹いているだけでは「音痴」になってしまいます。

 ウィスルやキーのないアイリッシュ・フルートなどは基本的にはダイアトニックの楽器ですので、中途半端な部分の半音は出ません。出せたとしても極端に扱いにくいので実用的ではありません。

 このような不具合はすべての楽器が保持していると考えてください。一般的な楽器もすべて不具合を持っているのですが、それらは「常識」として認識されてしまっており「不具合」と思われていないだけなのです。

 たとえばピアノを買う時に「重くて大きいうえに専門家でないと調律できない楽器です」などと助言してくれる楽器屋さんはいません。更にピアノの場合、低音は『ダ〜〜〜ン』と長くのびますが、高音は『キン』と鳴って後は余韻だけになってしまいます。また、鍵盤が非常に重く、ダンパーペダルを踏んでいない状態で鍵盤から指を離すと、音が止まってしまいます。これらはすべて不具合いではなく「常識」として処理されています。

 古楽器や民族楽器にもすべてこのような「常識」があります。楽器を販売している当方からすると「常識」でも、初めて手にされる方々は「不具合い」と誤認されてしまう場合もあるでしょう。

*特殊な楽器

 それでもこの「不具合い」が極端に激しい楽器もあります。

 たとえば金属弦を用いたハープは極端に音が狂いやすく、弦も切れやすいものが多く、奏法も特殊なので当方ではお勧めしていません。

 また、バグパイプやハーディ・ガーディなどは、演奏可能な状態を保持するために専門的な知識を持って常時メンテナンスをしなければならず、少しでも手を抜くと演奏が不可能になってしまいます。従って、これらの楽器もお勧めしていません。

 これらのような楽器の場合、その楽器が不良品なのかどうかを判断するのが難しくなります。専門知識を持っていない方々にとっては、すべて不良品なのかもしれません。

*楽器の入荷について

 「お金を出せば何でも買える」というのが日本の常識です。ところが海外ではこの常識が通用しません。

 「気に入った相手でないと楽器は売りたくない」というメーカーや業者は珍しくありません。仕事の嫌いな楽器メーカーもいます。仕事をするとその分「損をする」と考えているメーカーもいます。半年働いて、残りの半年は遊んで暮らす、という優雅なメーカーもいます。

 欧米の個人メーカーの間では、注文を受けてから楽器を完成させるまでの期間、つまりウェイティング・タイムの長さがひとつのステイタスになっています。要するに、注文してから半年で楽器を完成するメーカーよりも、2年かかるメーカーの方が「優秀」ということです。「注文が殺到してしまっていてタ〜イヘン」という意味での「演出」ですが、もちろん、本当にタイヘンな場合もあります。

 「2〜3日かかる」という連絡があって2〜3週間待たされたり、「2週間かかる」といわれて2カ月待たされることはよくあります。「来月、出荷する」といった場合は「今月中は無理」という意味で、実際には2〜6カ月かかります。「納期」というものに対する考え方に根本的な違いがあるのです。

 これらのメーカーに「日本の常識」を説明してもあまり意味はありません。彼ら独自の哲学や価値観は変えられません。また、よりによって入荷の難しいメーカーほど、優秀なメーカーである場合が多いのも事実です。

 当オフィスではこれらの「常識の壁」をできるだけカバーしていきたいと考えていますが、なにぶんにも力不足のため、お客様にご迷惑をおかけすることもあるかと思われます。あらかじめご了承ください。

*お願い!

 ご友人やお知り合いに当方をご紹介いただくのは大変ありがたく、当方が何とか営業を続けていられるのもそんな方々のお気遣いのお陰なのですが、その際、当方がいわゆる「楽器屋」ではなく、通信販売と音楽活動ための「事務所」で、留守も多いことを必ずお伝えください。

 ご紹介いただいた当方の住所をたよりに「楽器屋」を捜して歩き回ってしまう方や、運良く当方までたどり着いたにもかかわらず「留守だった」という方が、かなりの数いらっしゃるようです。

item3

The Early Music Project since 1984

whatsnew qanda about topbutton whatsnew1 qanda1 about1 topbutton1