a cutting in the kitchen

カット・カット・カット
準備する物
1.フローラルフォーム(オアシス)
2.育苗トレー(ふた付き)
3.鉢受け皿
4.挿し穂

花を活けるフローラルフォームで
挿し木をしました。

まず、フローラルフォームを2.5cm角
にきります。
フォームにあなをあけます。
フローラルフォームに深さ1cmの穴を
空けます。

挿し穂の茎の大きさにより穴の大きさは
調整します。
ひた^ひた^
フローラルフォームを15〜20分ほど
水につけておきます。
さし穂の用意
長さ3〜4cmの先端をカットします。

切った後すぐに水に浸けておきます。
挿し穂をフォームに挿します。
挿し穂は3〜4cmに調整します。

フォームに挿す時に穴の大きさに注意!
無理に挿すと挿し穂の組織を傷めます。

穴が大きすぎても挿し穂が安定しません。
挿し木終了・・・管理
受け皿に水を1cm程いれます。
減ったら継ぎ足しますが、
あまり減りませんでした。
(3日に1回水は入れ替えました。)

時々、霧吹きで葉水をしました。
ふたをして、湿度が保てるようにします。

キッチンで朝から夜まで蛍光灯の下で、
管理していました。、



戻る
戻る
次へ
次へ