挿し木の様子

さし穂を切ります。
清潔な挟みで、
さし穂を切ります。
(短すぎないように)

私は枝数を増やす為に
、ピンチをする時に
切った枝をさし穂にします。
さし穂の水揚げ
切ったさし穂はすぐに水揚げをします。

この時、葉が水に浸からないように、
注意します。葉の気孔をふさぎ、
水揚げがわるくなります。
さし穂の調整
さし穂は葉が、4〜6枚の調整し、
大きい葉は半分にきります。

(蒸散をおさえるため)
用土、容器について
用土:鹿沼土小粒50:バーミキュライト50
(赤玉土小粒だけでも OKです。)

私は育苗トレーを使いますが、深くない平鉢
でも OKです。

深くささらない様にさし穂をさす分だけ
穴をあけておきます。


フクシアの品種 シングル(一重)

2000年の我が家のフクシア

戻る
戻る
次へ
次へ