女囚さそり


篠原とおる原作の人気劇画を映画化した『女囚さそり』シリーズ。
ヒロインの『さそり』といえばい色々ありますが、
やはりダントツで個性派映画女優・梶芽衣子演ずる「さそり」が最高!
シリーズ4作品中で、梶芽衣子が唄うテーマ曲『恨み節』も凄んだ雰囲気が、いっそう映画を盛り立てています。


女囚701号・さそり 女囚さそり第41号雑居房 女囚さそり・けもの部屋 女囚さそり・701号怨み節

「女囚701号 さそり」
1972年 伊藤俊也 監督/梶芽衣子/横山リエ/扇ひろ子/三原葉子/渡辺文雄/夏八木勲
  恋人だと思っていた男に裏切られた松島ナミ(梶芽衣子)は、無実の罪で刑務所に投獄される。非道な刑務官たちへの反抗、女囚同士の対立、リンチ、暴動アバレの中、頭と体を張って生き延びていく。男への怨念をはらすため、ナミは刑務所を脱走。男のもとに復讐に向かう。

 脱獄して警察犬には追いかけられるは、掘った穴に突き落とされる、独房で水や食べ物を浴びせかけられるはと一見やられ放題なんだけど、渡辺文雄への反抗や女囚達への復讐方法がハムラビ法典なみ、まぁそれ以上にやり返してるんですけど。ギャーギャァー騒がず、黙々とそぶりも見せずに復讐の機会を狙っているのが迫力倍増。
 そして何よりも、ド迫力なシーンといえるのがヤクザにレイプされた後に、復讐の思いだけを胸に街中を毛布に包んだ姿でさ迷い歩いてきて、裏切った男がいる警察の前で、いきなりガバっと、毛布をはだけると引き裂かれた下着姿から方乳をはみださせて包丁を振り回すナミ。ドッヒャーッ!って感じよ。国家権力に向かって行くのに、デバ包丁だけでは無謀だわよ。なんだかあっけにとられてしまうのだけれど、全身全霊賭けて愛した男の裏切りにゆえに、憎しみに変わってしまう激しい女心や哀れさが伝わって、印象的なんだけどね。

「女囚さそり 第41雑居房」
1972年 伊藤俊也 監督/梶芽衣子/白石加代子/八並映子/小松方正/渡辺文雄
 片目を奪われた怨みもあわせて、刑務所長(渡辺文雄)のナミにたいする仕打ちはより残忍な形にエスカレートしていた。あるきっかけを得て刑務所を脱走した女囚達の逃亡と葛藤、裏切り。それを追う警察との闘い。ストーリーの折々に前衛演劇のような場面が挿入される。

 ナミが喋らない。一作目も殆ど喋らなかったけど、どうしちゃったんでしょうと、待ちつづける事52分。とうとう喋ったわ。なんと、たったの二言ですけどね・・。「あんた、私を売ったね。」、「死んでるよ」奥さん、これだけでっせ。後は、ずーっと「目は口ほどにものを言う」演技のみ。レイプ(またかいっ。)されても、小突かれても死んだように喋らない。ちょっと気合入り過ぎていて腰が引けます。(梶芽衣子さん、ストレスたまっただろうななんて、また余計な事を考える。)
 なんだか一作目より監督の趣味が炸裂してる印象。逃亡中のバスジャック、スローモーションで映し出される女囚達が大群で新宿をかけぬける「包丁リレー」。殺された女囚が投げ捨てられた川は赤く染まり、青白い不気味ライトに浮きあがる女囚達。心象風景のイメージがアングラ系の舞台演出っぽいのよね。ご詠歌まで流れる念の入りようだし。
 一緒に逃げた女囚たちの親玉で、小劇場出身で浮世絵フェイスの白石加代子の醸す雰囲気がまた恐い・・。ライトに浮かび上がる姿は、まるでオカルトホラー。浮気した亭主が憎くて、腹の中の胎児を掻っ捌くほどの執着は、「さそり」の怨念を蹴散らすほどの強力さ。いやぁー、こっち向かないでトラウマになっちゃう。
 気障な戸浦六宏は、ビビリお漏らしで女囚達にいじめられ、刑務所長の義眼はとびでる。そして、なんと言っても小松方正の殺され方は最高のインパクト。お笑いと紙一重な悲惨さ。これも、ナミのハムラビ法典返しの復讐方法。股○部分に杭うたれて、更にピンスポットがあったってますからね。(あらあら、下ネタご勘弁。) そして、誰もいなくなった・・、というやりたい放題のめくるめく展開なのでした。全体的にアバンギャルドっていうんでしょうか?そんな感じ。

「女囚さそり けもの部屋」
1973年 伊藤俊也 監督/梶芽衣子/成田三樹夫/李礼仙/室田日出男/渡辺やよい
 刑務所を脱走中に刑事(成田三樹夫)に追跡され、なんとか逃げ延びたが力尽きて倒れたナミ。売春婦(渡辺やよい)に助けられるが警察と、「さそり」に怨みをもつヤクザ達の執拗な追跡に、平穏な生活は続かなかった。売春婦をくいものにするヤクザ達への怨みから復讐に立ち上がるナミ。

 これは劇場で見る場合、絶対遅刻しちゃだめ!冒頭から飛ばす、飛ばす。息もつかせぬ展開とはこの事。映画が始まったとたんに電車の中で大立ち回り。タイミング悪く電車の扉がしまる瞬間にナミの手首に手錠がかかった!と、思ったらいきなりナイフを取り出してバッサリと刑事の手首を切断。猟奇ですね〜。そのまま手首ブラブラ、血ぃダラダラの状態で力の限りに人混みの中を走り抜けるナミ。これだけでも腰が抜けるのに、墓地で仕事していた売春婦が(オイオイ・・。)ギィイコ、ギィイイ・・という変な物音に気がつき目を向けると、墓石の影に手首を口に咥え手錠を切断しようとしているナミの姿が。うわああぁー、夢に出そうです。恐すぎて笑ってしまいそう。
 そして、普通に笑ってしまうのが、カラスを愛でる李礼仙。インパクトありすぎなメイクと衣装の数々。バレリーナの舞台メイク並の付けマツゲ。エリマキトカゲそのものの女王様襟をつきたて、キンピカドレスに、ハクション大魔王のはいてるような型のパンツ。次々と、想像もつかない程のトチ狂った奇抜なファッションをみせてくれるのだ。ん、モォ〜、最高(笑)。このつきぬけたキャラクターを見るためだけでも、繰り返し観たいと決心をさせるほどだわ。
 ナミの罠にはまって殺される成田三樹夫の皮肉な殺され方もまたイイ。殺されそうになっている成田の横を そ知らぬ顔で掃除をしつづけるナミ。死に様を確認すると、表情も変えずに通りすぎる姿は溜息出るくらい、めっちゃクール。
 渡辺やよいの演じる売春婦が、ナミが逃げた下水道に、マンホールの隙間からマッチをすって「ナミィイイイ〜・・、」と火種を落すシーンが美しい。今回は、「さそり」自身の怨みの復讐というよりも、無理やり堕胎させられた娼婦への憐憫と、助けてくれた娼婦へ芽生えた友情ともいえる感情が垣間みえ、ナミの涙や笑顔さえ見る事ができる。通常のナミは、人を睨んでいるか、無表情なので、その表情はいっそう胸を打つ。「女囚さそりシリーズ」の4作品の中で、一番見ごたえのある作品ではないかしらん。

「女囚さそり 701号怨み節」
1973年 長谷川安春 監督/梶芽衣子/田村正和/細川俊之/中原早苗/渡辺やよい
 逮捕された輸送途中に刑事を殺して逃げるナミ。逃げこんだ先で気を失ったところを助けてくれた男(田村正和)は、以前は学生運動家で警察で非道なリンチをうけ、仲間を裏切る羽目になり出所後は無気力な生活を送っていた。お互いに警察に怨みをもつ同士、いつしか心がかよいあうようになる。2人は銀行の金を運ぶ輸送車をおそって逃亡しようとしたが、男の裏切りと、執拗な警察の追及によってナミは捕まってしまったが、男への復讐に燃えて脱走する。

 監督が変わったせいか、なんだか「さそり」シリーズの醒めた中のクールな雰囲気が無くなってしまったみたい。妙に体制批判だか政治色が絡んでいるし、ナミが自分から動いていないからかも知れない。それが男に惚れたせいだとしても、今まで3作のような潔さが感じられない。いくら、ナミに「あたしはあんたを殺したんじゃない。あんたに惚れた松島ナミを殺したんだ。」なんて言わせても、ちょっと乗りきれない。だって「さそり」であったナミが、ただのチンピラとの逃亡に付合っているようにしか見えないんだもの。細川俊之の嫌味ブリと、田村正和の理想だけのヘナチョコ男ぶりを見る事はできます。
up
<劇中歌>

恨み節
作曲 菊地俊輔/作詞 伊藤俊也/唄 梶芽衣子

『女の呪文』
作曲 菊地俊輔/作詞 伊藤俊也/唄 梶芽衣子

『恨み節』
(701号恨み節 挿入バージョン)作曲 菊地俊輔/作詞 伊藤俊也/唄 梶芽衣子

up

[To The late Night,Picture Show] [Theater] [Movie] [Small] [Ken Russell] [Favorite] [Let's Go BBS] [Top]