まぐろソーセージ
商品名
日水の昔ながらの味 まぐろソーセージ(90g)
価 格
128円
評 価
★★★★★
特 徴
まぐろ27%入
1本にまぐろ赤身1人前(100g)分のDHA!
使用肉
まぐろ、ほっけ、さけ(豚脂含む)
内包装
透明フィルム。開けやすい赤いテープ付。
感 想
発売当時の復刻版。ロゴも良い。まぐろが入っているということは、特に色や匂いから感じられないが、ギョニソの中でも、香りが強いほうだと思う。フィルムの肉離れが悪く、クニャクニャした弾力がない。はんぺんを凝縮したらこんな肉質になるのではないかと思う。同じくらいの太さの商品は、ソテーすると火が強すぎた茶わん蒸しみたいにスが空くというか、アバタ状になるものが結構あるのだが、この商品にはそれがない。美しい焼き色がつき、とても美味しい。“肉”感があるのだ。

マルちゃんソーセージ
商品名
おさかなソーセージ(90g)
価 格
100円
評 価
★★★★
特 徴
保存料・着色料不使用 よりヘルシーに、おいしさアップ!
使用肉
たら、おきあみ、かじき(豚ゼラチン、植物油脂)えびエキス、オニオンエキス、かつおエキス(原材料の一部にさば、かに、大豆を含む)
内包装
透明フィルム。開けやすい赤いテープ付。
感 想
ニッスイのレギュラー商品である「おさかなソーセージ」。店頭で目新しいパッケージが目を惹いた。リニューアルしたのか、よく見ると保存料・着色料が不使用に。比べてみれば違いは歴然。ボディはもはやピンク色ではなくベージュ。フィルムも透明なので外からでも良く分かる。食感は変わらないが、ツンとくる香りがなくなり、魚の風味が強い。ソテーすると明らかにかじきの香りがする。この商品の評価は非常に迷った。商品自体は美味しいのだが、郷愁をそそる+αがなくなっていて、心に訴えかけるインパクトが弱いのだ。細かく言えば★は4つ半というところか。

おさかなのソーセージ
商品名
おさかなのソーセージ(50g×5本)
価 格
218円
評 価
★★★★
特 徴
カルシウムたっぷり! 100g中に牛乳1本分(200mg)のカルシウム
生でも焼いてもおいしい! 保存料・発色料不使用
使用肉
たら、ほき(かつお、ほたてエキス含む)
内包装
オレンジ色のフィルム。開けやすい工夫はなし。フィルムの肉離れが悪い。開け方にしくじると、かなりフィルムに肉を持って行かれる。
感 想
鼻腔をくすぐる香りも充分。と、ここまで食べてみて、はたと気が付いたことがある。フィルムの肉離れの悪い商品は、はんぺん系なのだ!これは好みの問題だが、私は前述のまぐろソーセージ同様、はんぺん系を旨いと感じてしまう。そして、はんぺん系はソテーすると特に旨い。はんぺん焼いて食べるとうまいもんな。日水マンセー。

次頁