スイス鉄道の旅
2002.08公開

HOME
2002Top

Zeitplan
Wegplan

DFB
RhB
FO
Gotthard
GlacierExpress
GGB
BVZ
BLS
BOB,WAB,JB
Brunig
PB
RB
SBB

Lokomotive
Fahrplan
Souvenir
Tram

Link
Bucher

港 の見える街から
(辻本のホームページ)



ゴルナーグラート鉄道(GGB)
Gornergrat-Bahn (その2)



(Gornergratでの展望を終えて7:55発の電車に乗り込む観光客たち)

★帰りは鉄ちゃん乗り

 ゆっくりと展望を楽しみ、朝食もゆっくりと食べて、定期列車の始発で山を下りることにしました。7:10に Zermattを出た列車で、7:55発です。上の写真がそうです。
 スイスの一般的な鉄道とは違い、GGBにはしっかり改札口があります。ヨーロッパ式の自動改札で、3本のバーがついていて、切符を差し込むと回転可能に なるタイプ。前ページのトップの写真で、電車の横に改札が見えています。上の写真では構内が柵に囲まれており、乗客が列を作って改札をくぐっている様子が わかります。またこの時刻になっても、駅の部分はまだ日陰になっています。              
 駅を出てすぐは、上の左の写真のようにガレ場のような景色です。線路の横はいちおうハイキングコースになっているようで、ハイカーの姿が見えます。最初 は複線区間で、架線の支柱が目立っています。ここは右側通行になっています。

 車内はこんな感じ。座席は座面も背もたれも木製。座面は跳ね上げ式になっており、多客期には乗客を立たせて詰め込む のでしょうか。
 また日本の電車と違うのは、ドアが片側(この場合は進行左側)しか無いことです。スイスでは路面電車も同じでした。

 車内は比較的空いていたので、最前部へ立って、「鉄ちゃん乗り」を楽しみました。運転席はこんな感じ。FOのような 丸いコントローラーとは違い、小さなスティックです。古い電車ですが、メーター類が小さめで、操作機器はわりと近代的に見えます。

 最初のうちはマッターホルンが正面に見えます。展望台では雲一つなく、全体が見えていますが、このときは写真ではわ かりませんが、中腹に小さな雲がまとわりつくようになりました。どこかから流れてきた雲というよりは、独立峰のために、山の周囲に雲が自然と発生するので しょう。
 「マッターホルンは午後は雲に隠れることが多い」と言われていますが、この日もその通りになりました。

 さて、Gornergrat(ゴルナーグラート)を出て8分、最初の駅はRotenboden(ローテンボーデン)(2819m)。上の左の写真のよう に、ホームの待合室?と、駅舎?が見えます。近くにはRiffel(リッフェル)湖があります。ここは08:03発。次は右の写真の Riffelberg(リッフェルベルク)(2582m)で、08:10発。こちらは大きな駅舎があり、乗車する客がいました。
 実は、Sunrise Excursionには、朝食の他、野生動物ウォッチングというのが料金に含まれています。あまり関心がないので、それは気にしていなかったのですが、こ の駅か、さっきのRotenbodenで何人かの人がおりたのは、その参加者だったのかもしれません。

 Riffelbergをすぎると線路は単線になります。そして左下に上の写真のようにこれから走る線路が見えます。右手には駅の ような施設があり、そこからまた複線になって左のヘアピンカーブを経て、尾根の向こうへ降りていきます。この駅のような施設は Riffelboden(リッフェルボーデン)という信号場のようです。時刻表には乗っていませんが、電車の運転席にある運行ダイヤ表には Rg(Riffelberg)とRp(Riffelalp)の間にRnという名前が載っていました。
 その複線区間で新型電車とすれ違いました。最初にZermattを出発するときにいったん乗り込んだタイプです。これはBhe4/8というタイプで 1993年に登場。それまでの電車は時速15kmだったのが、新型の登場で28kmになりました。
 それと上の右の写真でよくわかりますが、GGBの特徴は、パンタグラフが2基並んでいること。これは架線が2本ある三相交流という電化方式を採用してい るからです。
 間もなくRiffelalp(リッフェルアルプ)駅(2210m)に到着。ここまで来ると林の中になります。駅から少し離れたところには古い歴史を誇る 大規模なリゾートホテルがあります。そこへ運ぶためでしょうか、対向列車には貨物車が連結されていて、コカコーラやミネラルウォーターがたくさん積んであ りました。ここも利用客がかなりありました。

 最後の駅はFindelnbach(フィンデルンバッハ)。標高は1770mまで下がり、1631mの Zermattまであと少しです。(GGBのパンフには1604mとなっています。なんでだろう。)
 ここはRiffelalpなどのようにホテルがあるわけではなく、単にハイキングコースがあるだけですが、それでもちゃんと利用する人がいました。
 この駅を過ぎるとすぐにFindelnの谷を渡る高い橋に出ます。この橋のことは次のページで詳しく紹介します。

★近代的な始発駅


 Zermatt到着は08:39の予定でしたが、駅の手前で信号待ちし43分に到着しました。

 電車を降りて、出入り口をよく見ると、右の写真のように床が階段状になっていることに気が付きました。その後、朝の出発時に撮影できなかった駅の風景を 写しました。
 

 改札口を外からみたところ。3本バーの無人改札口が5か所。切符を差し込むと日本のように別の口から出てくるのではなく、同じ場 所で2、3回出たり入ったりしてチェック完了になります。正面には電光式の発車時刻表示があります。
 切符売り場は上の左の写真のようにガラス張り。改札口の右手にはモニターがあり、Gornergratの現在の風景が写っています。これで確認してから 列車に乗るかどうかを決めるわけです。

 駅の外観はこんな感じ。最近改装されたのか、あまり風情はありません。近代的で機能的ですが、団体客をさばくことに 重点がおかれているような感じです。
 駅の前にはホテル送迎用の電気自動車が見えます。


<<前のページ | 次のページ >>