第五十一話 ぐるぐる   投稿者:管理人   投稿日:Tue Jul 24 23:10:16 2001
これに類した話はミステリーの本などで見たりします。考えてみれば江戸時代の怪談話や外国の文献にも出てきます。
しかし私がそんな本を読んだこともなかった子供の頃の話です。

日曜日に父とドライブに行きました。
父が買ったか知人が買ったかとかその場所の名前も覚えていませんが、遠くにある土地を見に車で出かけました。
用がすんだあとの帰りはまだ日がありましたが夕方でした。
父は「近道で帰る」といって、勝手を知らない山の中の道を行くことにしました。
途中道がわからなくなってしまい「あれーここでいいのかな」とか「どう行くのかな」などとつぶやきながら、
なんだか適当に進んでいたようです。
その内に二股に分かれた場所に来て、父は1つの狭い道を選びました。
そしてどんどん進みました。
でもなんだか雰囲気がいやなのです。
「お父さん、なんか怖いからこの道引き帰そうよ」と私は言いました。
でも父は、ここで戻ったらもっと時間がかかるからと言って進むだけです。

しかしすり鉢状の中をぐるぐる下に下がっていく感じがしました。
だんだんと土の感じが変わって、砂利が多くなってきました。
その内に右手にお地蔵さんの祠が見えました。
なおもどんどん進むとまたお地蔵さんの祠がありました。
お地蔵さんの着ている赤い前掛けがまったく同じです。
そして、またも・・・・・。
「さっきのお地蔵さんだよ。同じ道をぐるぐる回ってる」と言っても父はまさか、という感じです。
「もう引き返そうよ」私は日が暮れそうになっているので、
こんな所で暗くなったらとんでもないことになるような気がしました。
そして父もやっと引き返す気になってくれました。
でもUターンのスペースはそのお地蔵さんの前しかないのです。それもかなり切り返さないとならなくて。
Uターンの間中、本当に怖くてずっと誰かに見られてるような嫌ーな感じでした。
それ以来です。私が山の中で日暮れになるのを極端にいやがるようになったのは。
(実はこれを書きながら、そのトラウマの原因がこれだと気が付いたのでした・・・)
第五十二話 戦陣湖の出来事   投稿者:祐にゃん様   愛知・16才 投稿日:Wed Jul 25 08:58:12 2001
約1年前、屋久島であった出来事です。
女の大学生4人組がキャンプをしにきていました。
そのキャンプの近くには戦陣湖という湖がありました。
そこは昔戦場となった場所といわれてて地元の人間は近づこうともしませんでした。
キャンプをしにきた4人はそんなこともしらず、午前2時頃その湖の近くで遊んでいると・・・
ぽちゃんぽちゃん
という音がして湖の中心部に波紋が広がりました。月明かりで見えました。
ですが雨もふってないしその波紋の広がりも一帯にはなにもないはずなんです。
しかもその波紋は小さくなることもなくしだいに大きさを増してゆき・・・
少しずつ少しずつこちらのほうに漂ってくるではありませんか・・・
あまりにも気味がわるいのでその場を離れようとしたそのとき、
冷たい感触が足元をよぎりました。
なんだろうと思いおそるおそる足元をのぞきこむと・・・
そこには緑色に変色した人の手首がありました。
ひいっと走って逃げようと前進すると、湖の底から
ずるずるぐちゃぐちゃ
という音とともに「まってくれ・・・逃げないでくれ・・・」
という声が聞こえて、
無数の手が大学生たちを求めてしきりに這っていました。
あまりの恐ろしさに大学生たちは気を失ってしまいました。
次の日地元の人に助けられた大学生たちの足には無数の藻と、深深とつけられた指のあとがのこっていたそうです。
第五十三話 復讐鬼   投稿者:管理人   投稿日:Wed Jul 25 21:58:35 2001
私の親の仕事関係の話です。

他人の保証人になって築き上げた財産をなくした人がいました。
その人は、保証人を頼んだ人の家の軒先で、
あてつけみたいに首を吊って亡くなりました。
その家の人はしばらくそこに住んでいましたが、やがて家を売ってしまいました。
なんでも自殺した人の幽霊が頻繁に出たのだそうです。
夜中に寝ていると鬼みたいな形相でその人が現れて首を絞めたり、
壁から唸り声が聞こえたり、ドアをどんどんどんどん叩かれたりしたという話です。
私の両親がその家を訪れると、
二人とも我慢できないようなひどい頭痛に襲われました。
頭痛は家に帰ってもなかなかおさまりませんでした。
「あそこはやっぱりなにかあるね」と言っていました。
大恋愛で結ばれた奥さんのところには、なぜか全然あらわれないのだそうです。


* * * * * *

この話には、社会問題となったあのNという会社が関わっています。
ということは、かなりの追い込みをかけられたと見るべきでしょう。
私の知る限りでN関連の自殺は二件ありました。
Nの社長は血も涙もない悪辣なやり方で巨万の富を築いたようですが、
死後の世界ではどうなってしまうのでしょう。。。
第五十四話 夢   投稿者:田澤様 神奈川・60才   投稿日:Thu Jul 26 00:01:16 2001
一人の男が精神科医の診察を受けていた。
「先生、私は1ヶ月ほど前から毎晩おかしな夢をみて、困っています。
最初の夢ですが、私は、一人砂漠に立っていました。見渡す限りの砂丘でした。
と、遥か向こうにケシ粒のような点が見えました。
次の夜の夢では、そのケシ粒のようなものは、少し大きくなり、何かが巻き起こしている砂塵だと分かりました。
次の夢で、どうやらそれは、何頭もの馬に乗った人々の群れだと見分けられました。
このように、夢は毎晩、続きで見るのです。その度に、それは遥か遠くからこちらに近づいて来ます。
何日かすると、それは、昔の西洋の槍騎兵の一団だということがはっきり見えてきました。
甲冑に身を固め、ぎらぎら光る槍を小脇にして、彼らはまっしぐらに私に向かって来ます。
こんな繰り返しで1ヶ月がたち、とうとう、あと一息で彼らの槍が届くところまで来てしまいました。
彼らは疾駆する馬の上から私を突き刺そうと槍を構え、兜の下の眼はらんらんと輝いています。
逃げようにも身体が金縛りにあったようで、身動きできません。
私は次の夢を見るのが恐ろしくて、もう三晩も眠っていないのです。」
ドクターは、精神安定剤を注射して言った。
「これは典型的な過労の症状ですね。今の注射で安眠できますから、隣の部屋のベッドで一休みしてからお帰りください。」
間もなく隣室から、すやすや寝息が聞こえてきた。
「やれやれ、今のは簡単なケースだったな」
ドクターが呟いたとたん、魂が引き裂かれるような恐ろしい悲鳴が起こり、その後、何も聞こえない静寂が…。
第五十五話 西岡水源地2  投稿者:貞子様 北海道・19才   投稿日:Thu Jul 26  2001
西岡水源地についての噂が昨日友人からきいたのでご報告いたします。
それは、友人Nが高校のころ学祭で心霊スポットの現場に名高い西岡水源地に、
同じ学校の人達と三人で車で行ったときに起こりました。
車を運転していたNの友人が水源地内にある会館に近づきある音に気づいたらしく、
どこからきこえてくるのだろうと耳をそばだてていたら、
玄関のインターホンから、

「ザーーーーーーーーーーーッ」

とテレビの放送が終わったようなノイズ音がしていたのです。
怖くなったのでその友人は素早く車に逃げ込むと、
今度はもう一人が池に吸い込まれるかのように近づいて行き、
それを無理やり押さえつけ、車に戻し、
御祓いをしてもらおうということになり御祓いをしていただいたら、
その友人はもとにもどったということです。
第五十六話 前兆 投稿者:Gファーザー様  宮崎・44才 投稿日:Fri Jul 28  2001
宮崎に「シーガイア」という大型観光施設ができたのはバブルの終わり頃です。
巨額な投資がたたってとうとう行き詰まりました。
会社更生法の適用を受けて只今は人員削減の最中です。
一流を絵に描いたような施設がこんなになると当時誰にも予想できないことだったと思います。
シーガイアの危機が噂にのぼりはじめた時期の出来事。
私は家族を連れシーガイア内のオーシャンドームというプールで遊びました。
夕方に施設を出ました。あかね色の空には大きな雲が出映画に登場するゴジラによく似ていました。
私も息子もゴジラファンです。背びれや手などディティールも似ているのを見愉快な気持ちになりました。
ただし今にして思ったことですが、その時のゴジラの吐く煙がもくもくとたなびきシーガイア施設に向かい、
攻撃するように続いていました。
ゴジラの攻撃の煙はシーガイア破綻の不吉な前兆だったのではないか。
そう思うことがあります。
こじつけかもしれません。ちなみに私には霊感はまったくありません。
第五十七話 夢2   投稿者:管理人   投稿日:Fri Jul 27 01:29:48 2001
夢を見た。
髪の長い女性が赤ん坊を抱えて立っていた。
やや斜め後ろから見たので、顔かたちはわからない。
ジーンズをはいていた。
眼前にはきらきら輝く青い海があった。
高台にいて、美しい海が180度見渡せた。
彼女のもの悲しい感情が伝わってきた。
というより悲しみを越えてしまった諦めみたいな静かな感情というのが正しい。


1週間後に近所の借家で親子心中があったと聞いた。
それも海に飛び込んだという。
あの夢の親子だったのだろう、と思った。
第五十八話 先生から聞いた話   投稿者:お嬢♪ 様 富山 投稿日:Fri Jul 27 09:52:35 2001
 小学校の先生から聞いたんですけど、
ある小学校は昔お墓か戦場とか防空壕っぽいところだったそうなんですね。
ある先生が夜の見回りをしていたときの話。
 体育館の見回りに来たんです。
そしたら隅っこから赤ちゃんの泣き声が聞こえたんですよ。
そこへ近寄っても何もなかったんだそうです。
けどまた聞こえて・・・・。
 今度はたくさんの大人、子供がそこにいたそうなんです・・・・。
第五十九話 自殺したアイドル歌手が・・・   投稿者:管理人   投稿日:Fri Jul 27 22:23:54 2001
北国のたぼ16才さんから聞いた話です。

昔、岡田ゆき子っていう人気アイドル歌手がいたんです。
彼女は人気絶頂でしたが、ある日突然に謎めいた飛び降り自殺をしました。
「ベストテン」という黒柳徹子が司会の歌番組があって、
岡田ゆき子はそれによく出演していました。

彼女のセンセーショナルな自殺の後、
しばらくたって世間の記憶もやや薄れかけた頃・・・
たまたま生放送でどこかを中継していました。
そしてカメラを観客の方へ回しました。
観客はその時みんな拍手していました。
すると血だらけで顔の大部分がぐちゃぐちゃの岡田ゆき子が・・・
手の甲で拍手しているのが映ったんです。

その番組のビデオは今もテレビ局に保管されているそうです。
第六十話 振り返ると   投稿者:管理人   投稿日:Fri Jul 27 22:51:13 2001
私が受験勉強をしていた時のことです。
集中してせっせとやっていました。
真夜中の2時くらいでした。
後ろでなんか、カン!という金属音がしたような気がして振り返りました。
すると見たこともないおばさんが、、、、
ぼんやりと白い色をしたおばさんが座っていました。
頭はおばさんがよくやっているようなパーマ髪。普段着風の服装。
きちんと正座していて視線は落とし膝の先あたりを見つめていました。
「・・・・・・!」
私はまた元に向き直り、ちょっと間をおいてから再度振り返りました。
おばさんは消えていました。
翌日になり、やはり近くの家で夜中に年配女性が亡くなっていたと母から聞きました。
うちだけ明かりがついていたので入って来たのだろうかと思いました。