第21話 霊感体質 もみ 宮城県 女性 34歳
はじめまして。
仙台発信のとあるサイトから偶然こちらにおジャマ致しました。
恐いもの系のサイトは数々ありますが、
ここまでちゃんとした作りの場所におジャマしたのは初めてです。
今夜の偶然にカンシャします。

私は、霊そのものを見たのは10年ほど前が最後で、
それ以降はときどき気配を感じる程度の体質になったみたいです(退化?)。
写真には何故かよく動物が映り込みます。
霊が見えたころは、朝起きると顔中に紙で切れたような傷が出来たりもしました。
(こういうことって他にも経験されている方いらっしゃいますか?)
今年は我が家に突然
「お客様」が現れるようになり、
一日中壁や廊下を軋ませていらっしゃいました。
とある方にお祓いをしていただき、ひとまず落ち着きましたが、
その後もときどき誰かがお出でになります。

私の家系にその手のDNAが含まれているのか、
今年3歳になる甥は見えてるみたいです。

長くなっちゃってすみません。またおジャマします。

第22話 恐怖のマットレス さえこ
こんにちわ。さえこです。
ウチのダンナはケチなのかモノを大切にするのか、
結婚してもシングルベッドを使ってました。
結婚当初は一緒にシングルで寝ていたのですが、
子育てで慢性的に疲労している今となってはシングルは狭いです。

去年から一緒に寝るようになってから、
ダンナが
やたらとうなされていることに気付きました。
最近、べッドの位置を変えた後にベッドも買い換えました。
使っていたマットレスは元々、ダンナが持っていたもので、
改めて見るととてもイヤだったので出所を聞いたところ、
どうも廃品回収で貰ってきたらしいんですよ。

霊感がある人に部屋で撮った写真を見てもらった時に、
押入れのドアにじいちゃん
が写ってるんだけど、地縛じゃないし
なんで押入れのドアなのかわからない、って言われたのですが、
当時、押し入れにはこのマットレスが入ってたのでした。

いわくあるものって不思議なもので、
使わないけどなんとなく捨てずに置いているうちに
存在を忘れてたり、そういうものに限って、
いつまでも壊れずにあったりします。
このマットレスも20年以上は経ってるはずなのに、
まだまだ使えそうに元気です。でも捨てちゃうけど。
第23話 修学旅行で 姉御 女性
ところで、この前修学旅行である地域に行ったんですが
寝ている時(同姓が同じ部屋で10.1人寝てた)
寒気がしたというか、動けなくなったというか・・・
何故なんでしょうかねえ?誰かいるような気がしたんですが(汗
翌日、何もなかったように・・・(爆謎
よくわかりませんがちょっとした体験でした^^;
それでは、失礼しますm(_)m


第24話 幽霊屋敷(長崎県) オチュー
私が20歳の頃高校生の妹とドライブに行ったときの話しです。
私は当時長崎県佐世保市に住んでいました。
ドライブ先は国見有料道路でした。
でも有料道路の手前の交差点でなぜか行き先を変更して矢峰方面へ行きました。
なぜそうなったかいまでも不思議ですが、、、。
ずっと走っていくと突然道路が途切れていてその先にはプレハヴ小屋が建っていました。
私は妹に興味半分で「中に入ってみようか?」と言いました。
でも妹は急に
泣き出して『兄ちゃん!いやー!帰ろう帰ろう!」と、とりみだしました。
私はビックリして車をUターンしてそのまま帰ったのです、、、。

翌日会社の後輩にその話をしたのですが後輩はすごい顔をして

「なんてとこ行くんですか!あそこは有名な幽霊屋敷であそこで面白半分で肝試しした人たちは、ろくな目にあってないんですよ!」
と。
聞いたところでは、あの場所で父親が妻と娘を斧で惨殺した現場だそうです。
後に本屋さんで全国の心霊マップを見たのですが有名な場所でした。

第25話 初霊体験 チェリー
今までに幾つか彼や彼の友人の霊体験談を投稿させて頂きましたが、
気付いたら彼の“初体験”をお話していなかったので、今日はそちらを…。

彼が初めて霊(と思われるもの)を見たのは小学生の時だったそうです。
学校のトイレと言うと、男子用の個室トイレが閉まっていると何かといたずらをしたがりますよね。
彼も友達とトイレに行った時に個室が一つ閉まっているのを見て、
「あ〜!誰かウ○コしてるぜ〜!」
なんて言いながら、騒いだりドアを叩いたりしていたそうです。
ところが…中では物音一つしないし、そもそも人のいる気配が無い事に気付き、
だんだんどうしたんだろう…?と不安になってきたそうです。
そして、ドア扉下の数センチの隙間から中をのぞいてみると…
グレーっぽい紳士モノのズボンをはいた足が立っているのが見えたと言います。
そこは完全に児童用の男子トイレ。まさか先生が入っていたとも考えられません。
仮に入っていたとすれば騒ぐ子供達を制しに出てきますよね。(多分;)
彼は瞬間に何か異質のものを感じて怖くなり、その後中を確認せずにすぐにトイレから逃げたそうです。
「見えるようになったのはこれ以来かなあぁ…」って言っていました。

第26話 霊感 黒猫 
こんばんは。またまた来させて来させていただきました。
私はハッキリした霊を数回、目撃したことが
あるのですが可愛がってくれていた
お年寄りとかなので、それほど怖い思いを
した事はないのですが怖い話をしたり本を読んだり
すると磨かれる(?)ので、なるべくシャットアウト
している。と言った状態です。

第27話 妖怪 オチュー 
私が中学生のとき国語の先生(女性です。)に聞いた話です。
今でもそんな人間(幽霊?)いるわけないよな、と思うんですが、、。
昔、長崎市内に住んでいた女性が会社帰りの夜、ひどくお腹が痛くなってトイレを探していたそうです。
すると近くに公衆便所があり、そこに入ったそうです。
トイレの中は裸電球も切れていてかなり暗かったらしく、
足元を踏み外さないように気をつけ(当時は汲み取り式ばかりでした。)
用を足していたところ、なにも見えなかった目の前に人らしきものが立っていたそうです。
見上げるとそれは女性でなんと、舌が床まで垂れ下がるほど長かったそうです。

第28話 男のうなり声 ひろまめ 
これは、真夏に起きた奇妙な本当の話です。
その時は夏休みで、小学校にいかなくて良かったので、
おばあちゃんの家にいました。
2日目の夜、僕は3人兄弟なので、2つのふとんで3人寝ました。
そして、11時になってもみんな寝付かず、しばらくテレビを見ていました。  
しばらくして、テレビを消してもみんな寝れなかったので、
怖い話をしていた真っ最中、なんと・・・・・・・・!!!!!!
親は寝ているはず、僕たちの寝ている二階には誰もいないはずなのに、

「ぅぅぅぅうぅぅぅうううぅ」

と、男のうなり声がドアの外から、聞こえてきました。
3人とも聞いていたので、顔を見合わせました。
その途端、ドアが、

「ガタガタゴトガタゴタ」

とゆれ始めたのです。
そして、僕は霊感がかなり強いので、そこにいるのは霊か!!と思って
ドアの方を見てみたら、何にも霊気は感じられなかったのです。
その次の日、一人で風呂に入っていると、
風呂のドアにかなりでかい手がぼやけて見えました。
お姉ちゃんも見えたというのです。
お姉ちゃんはその手が網戸を引っかいたというのです。
しかも、
ガガガガガと音もしたというのです。
夏の怪事件でした。


第29話 甥のはなし もみ
こんばんは。
またおジャマしました。
今日は私の甥の話をしたいと思います。
彼は現在3歳ですが、彼にとってお化けは日常的に遭遇するものらしいので、
ママが寝かしつけるために『早く寝ないとお化けでるよ!』などと言っても、
『そお?』などと言って一向に意に介さず、効果はありません(苦笑)。

ある晩、パパとレンタルビデオを返しに行ったときは、
(壁にうずくまって)
『えんえん泣いているお姉ちゃんがいる』
と言ったそうです。
またある日は、誰もいない方を指さして
『お仕事のおじちゃん(作業着を着たヒトの意)いるよ』
と言いました。
更に、住んでいるところのそばで遊んでいたときは、
陽が暮れてきたから帰ろうと促すママに向かって、
『バイクのお姉ちゃんいるよ』
と言ったそうです。
何も見えないママは、
『どこにいるの?』
と聞くと、
『そこ!いるでしょ!ABC(アルファベット文字の意)の服着たお姉ちゃん!!』
と怒りながら訴えたそうです。
子供の方がカンが鋭く、成長するに従って薄れると言いますが、
霊感も含めつつ、甥の成長が楽しみな叔母なのでした(笑)。
第30話 こっくりさん 無念 
昔学校で合宿があったのです・・(かなり山奥へ

俗に言う「こっくりさん」を夕方4時頃していました―
5人目くらいでやめようとした時にその十円玉が急に動き出し
(なんでオレにきづいてくれなかったんだ。
(いつからそこにいたの?
(10分前から。。遊んでよ
と猛烈な威圧感を感じ、怖いというより唖然としてしまいました。
 
 その夜(あまり覚えてないです;こりずに0時に再度やったのです(←バカ者・爆
そのときは45歳の中年の女性が出てきました。

一部屋に6人で寝ていましたら、(私は一番端で寝ていました。
フッと誰かに起こされたように急に目が覚めたのです。
何か気配を感じ、横を見ると
(さきほど呼んだ女性の方が座っているではありませんか!
普通の服で、正座をしていて自分の頭とひざがくっつきそうなくらい真横でした(汗
 でも、彼女は私たちを見守っているかのように見えました。
怖い様子がなかったので私はそのまま眠りに付きました・・。
  
 あの時の出来事は昔であろうとも昨日のことのように思い出します。
 ・・以来こっくりさんにはこりました。(友達も怖い目にあったりしてますから