第41話  楓 
これは小学5年頃の出来事です。
深夜12時30分
私は愛犬と散歩に出掛けました。
突然、愛犬が早足でお寺の暗闇の方へ消えて見えなくなり
いくら呼んでも戻って来ません 私は諦めて帰宅しました。
深夜2時 心配なのではぐれた場所に戻りました‥。
その場に着くと、ス−ッと愛犬が私の元へ、
その瞬間、南の上空から青い閃光が走りました。
私は一瞬氷のように固まり空を呆然と見上げてました。
ふと我に戻りお寺の方に視線を向けると黒っぽいオレンジ色の 炎が燃えあがり
その炎は徐々に青白く色を変化しました。
この体験は何を意味するのでしょうか?
第42話 言霊 ヴィヴィリー 
初めまして。小生は、霊感が有るのやら無いのやらよく解からない人間です。
学校のある場所に一瞬、犬の姿のようなものが見えて、
ハッとして振り返るとそこには何もいなかったり、
通学途中にある民家の雨戸から、何やら緑色の物がぶら下がっているのが見えて、
それもまた振り替えると何も無かったりと、
そんな中途半端な事が何度もあります。ここの霊能力鑑定では
43%でした。こんな私は霊感が有るのでしょうか。
それはそうと言霊っていうの御存知ですか?
小生は霊を成仏させる言霊とやらを知っているのですが、
言霊は意味を知っていようが知らなかろーが霊感が有ろうが
無かろーが効くそうです。
初カキコのくせに長々と続けて申し訳ありません。
これにて失礼させて戴きます。





番外 岐阜の幽霊住宅、ポルターガイスト再発(夕刊フジ)

 平成12年秋、住宅内で怪音が響き、物が勝手に動く怪現象が頻発した岐阜県の町営住宅で、今年夏ごろから再び同様の現象が起こっていることが14日、分かった。2年前には数世帯が一時避難するなど大騒動となった“ポルターガイスト現象”の再発に、住民らは不安を募らせている。

 「2、3カ月前ぐらいから、突然、『ドンドン』という音がしたり、兜(かぶと)姿の中年男性が家の中にいるのが目撃されているんですよ」と、自治会長の田中忠則さん(71)は不安そうに話す。

 怪現象が再発しているのは、人口約6000人の同県富加町の町営住宅。3年前の3月に建てられた鉄筋4階建ての団地で、現在24世帯が住んでいる。

 2年前の秋には、同住宅で、「カンカン」
という音が一日中響いていた▽食器棚が勝手に開き皿が宙を飛んだ▽電源が入っていないドライヤーが動いた−などの怪現象が続発。夜中に見知らぬ女性が階段に座っているのを住民が目撃するなど幽霊騒ぎもあり、マスコミややじ馬、祈祷(きとう)師までが押しかけ、大パニックとなった。

 同年11月下旬に、熊本の女性祈祷師らがお祓いをして、一時は収まったが、田中さんによると、今年の夏ごろから再び怪現象の発生が報告されるようになったという。

 1階にある田中さん宅でも、
「ビシッ、ビシッ」「ドンドン」と地中から響くような音が昼夜なく聞こえ、「多いときは60回近くあり、うるさくて夜も眠れないほど」だったという。3階の別の家では、「子供が、『武士の兜をかぶった50歳ぐらいの男と一緒にご飯を食べた』と言っている」という訴えもあった。

 この事態に、田中さんは再び女性祈祷師にお祓いを依頼。今月9、10日に祈祷師が現地を訪れお祓いをしたところ、今週に入ってからは怪現象は収まっているという。

 一連の怪現象に関しては、2年前に多くの学者や建築の専門家らが原因解明のため現地を訪問。異音については、「コンクリートの継ぎ目が温度差で収縮し、ズレが生じて起きた」などとし、食器が飛ぶことには「人体に感じない低周波振動や電磁波の影響」と指摘、“ポルターガイスト現象”を否定していた。

 しかし、団地のすぐそばに一昨年、昨年と相次いで、同じ設計業者が手がけた町営団地が建設されたが、「怪現象は全く起きていない」(田中さん)。

 現場に以前あった旧町営住宅では、約30年前に40歳代の主婦が近くの林で首つり自殺したほか、戦国時代には現地周辺が処刑場だったという説もあり、心霊現象の一種との見方が強まっている。

 女性祈祷師は「この土地には強力な未成仏霊がたくさんあり、1回や2回のお祓いでは収まらない」と話していたそうで、田中さんは「(怪現象は)もう収まったと安心していたのですが…」と不安がっていた。

番外 バリ爆弾テロ1ヶ月 (西日本新聞) 
マディーさん(39)は事件の10日ほど前から、雷や火事に遭う悪夢に眠れない夜が続いていた。事件当日も夫のニョマーンさん(40)に「なにか悪いことが起きそうな気がする」と告げたが、夫は「気にするな」と言って、いつも通りクタで客待ちするため出て行った。そして帰らぬ人となった。「あの日、無理矢理でも引き止めておけば・・・」と悔やむ。爆発現場には今も恐くて行けない。
第43話    福
はじめまして!!私は全く霊を感じない人間です。
(家族の中には見える人がいるそうですが。)だから、霊を信じてるって言ってても、見たことがないので実は信じてないんですね。
そして、怖いので見たくないって思ってます。
このページに来たのは、霊についてちょっと勉強したかったからです。

友達に霊感の強い子が居て、以前、「私霊感があるみたい。
毎日って位お化けみるけど、お化け全然怖くないし、余裕だよ。」って話してくれたんですが、私は「へぇー」って感じでした。
だけど、この間、友達の部屋に行って友達の作る料理を隣で見ながら話をしていました。すると、勝手に台所のドアが開いたのです。
私はのんきに「このアパートは古いし建付けが悪いからなぁ」って思ってドアを閉めようとしました。
が、友達が「あ、今お化けが入ってきたよ。肉が好きなんだね。今日はいい肉だし。」って言ってるんです。私は「はぁ?!嘘でしょう?!」
って否定してしまいました。
彼女はその時に「やばい!福ちゃんを恐がらせちゃいけない!」と感じたらしく、
「ごめん!ちょっと福チャンをいじめてみただけ。家の中にはお化けは入ってこないよ!大丈夫だよ!」ってフォローをしてくれたんです。
だけど、私はものすごく後悔しています。
彼女が見たこと、感じたことを素直に話してくれたのに、
それを否定してしまって、本当に失礼なことをした・・。と思っています。
こちらのサイトに来て、霊が実際に居ることや、たまたま(?)私が霊感が無い人間だったって事が、なんとなくわかってきました。
友達には、素直に謝ろうと思っています。

第44話 窓の音 B系さん 
みるくさんお久しぶりです。もしかしたらHN変わってるかもです。
今回はたった今起こった事についてふと思ったんで書かせて頂きます。

年がら年中毎日俺の部屋の窓はノックされる音がするんですが、
]これはすでに自分では慣れ親しんだ(?)ことでした、
まあ理論派の俺は霊感も無いし霊がマジでいるか考え込んで
おそらく昼間にたまった熱が物を膨張させ夜になって冷えて収縮しその時圧力が(物の元にもどる性質とか)発生し、
そして音がでる・・・と解釈したんですが。

今ふと思うと音が鳴った時っていつも窓の網戸が開いてんだよね(笑)
15cm程度・・・さすがに物理的な想像がおよばないなあと思って恐怖しましたが
いつも閉め直すからメンドーだって恐怖する前に思っちゃいました(笑)

第45話 予知夢 レイナ 
またまた久ぶりです。
実はおとといの事なんですが、予知夢?みたいなものを見たんです。
私は設計関係の学校と会社に勤めていた事があり、パソコン周りを整理していたら
住宅設計ソフトが出てきました。こんな家に住みたいと設計して、ほぼ完成して
眠りにつきました。
夢の中で「階段の前にストーブの設置場所を設けると(リビングに階段です)
火事になったら2階からの非難が大変。かといってストーブの場所はここがベスト
ポジション。子供部屋からは屋根から逃げれるけれど、夫婦寝室は無理。
いっそのこと窓に非常はしごつけようか?」と考えていました(職業病?)
すると母の「消防に電話!」と叫び声。時計を見ると真夜中。夜中にうるさいと
怒鳴ろうと思って廊下に出ると、窓から炎が!
向かいの家が火事だったんです。正確には小屋だったんですが。
予知夢もどきの夢でした。
第46話 なんだったんだ…? るんこ 
前、塾の帰りに変な体験をしました。塾が終わって、夜11時頃に一人で帰宅していました。
塾の前にある坂を上りきり、バイパス沿いの道に出たときに、道路を一台の車が通過しました。
その車が通過する「ブゥーン…」と言う音と共に私の目の前が真っ暗になりました。
しばらくその場で意識を失っている感じで(ちゃんと立ってはいるんですが)、
その間、頭の中で雑音と高校生くらいの女の子の笑い声が聞こえていました。
その後、また車が通りすぎるような音が耳元で聞こえ、意識が戻りました。
怖くなって思わず走って帰りました…。

第47話  誰が呼んだのさ? よう 

ちょっと怖かった話。
小学校の頃、珍しく自分の部屋でおとなしく宿題をしていたら、
部屋の入り口の方から小さな声で「ほーらっ」と聞こえてきた。
母が夕飯に呼びに来たのかと思い、食卓に行ってみたが、「あんたの部屋なんか行ってないよ」って…。
誰が呼んだのさ〜〜!?

第48話  怪電波? よう

最近パソコンが怪電波をキャッチする。
英語をしゃべるおじさんの声や、中国語(かどうかはわからないけど)をしゃべる女の人の声などが聞こえてくる。
この前珍しく日本語っぽかった。内容を聞き取ろうとがんばってみたがムリだった…。
何の声なんでしょうね?


第49話 そろばん塾を覗くとそこは・・・ 東雲 与 
初めまして。お初にお目にかかります、東雲と申します。
私には霊があまりみえません。その代わりといってはなんですが、声をよく聞きます。
そう言った話を友達としていたらこのサイトを勧められて好奇心で来させていただきました。

今から書くのは私が初めて霊を見た話です。
小学6年生のころの話です。
そのとき私はうあぎの飼育担当で遅くなり、一人でとぼとぼと家に帰っている途中でした。
帰る途中にそろばん塾があるのですが、その日はなぜかその教室の中を見たくなって、
ついつい道路側にある窓からこっそり覗いていたんです。

すると、中ではそろばんじゃなくて、子供をすごく叱りつけている母親と泣いている子供が見えたんです。
(あれ?おかしいな。ここの窓の向こうは塾なのに。)
そう思いました。
少し怖くなって窓から離れようとしたそのときに、その母親が私に気づいたんです。
気づいたとたん私の方に走り寄ってきて、こう言いました。

「あんた、私がみえるのかい?」

そこから私は家に帰るまでの記憶はありません。

だた、私の母に聞いたところ、私が帰ってくる1分ほど前に、なぜか私が帰ることを知っていたらしくて、玄関で待っていたそうなんです。
それからすぐに私が帰ってきてびっくり!!
なんと私の後ろからものすごい形相で走ってくる人を見たと言うんです。
私が家に着いたとたん消えてしまったと言われて、ものすごく怖くなりました。

私はそれ以前にも何度か声を聞いていたんですが、いつも害がなかったので今回の時はすごく泣いたことを覚えています。
この世にはやさしい霊もいるけど、こわい霊もやっぱりいるんですね・・。
第50話 家の中の音 るんこ 
私まだまだ変な体験してます…。私の姉も変な体験をよくするそうです。
ちなみに幼い頃から家では夜中に変な音をよく聞いています。
ミシッ…とか、コンッ…とか、パキッ…とか。
なんなんでしょうね?