第1話  予知夢 澄霞
はじめまして、澄霞と申します。
私は霊も見たことがないし、霊感もありません。
でも昨年、中学2年の秋ぐらいに夢を見て、それから夢を見るのが怖くなってしまいました。
濃い白い霧の、全く音が聞こえない交差点で、男子が足を踏み出した途端トラックにはねられたんです。
男子の顔は特に霧が濃くてよく見えませんでしたが、なぜか私は「クラスメイトだ」と思ったんです。
その夢を見てから何日か後でしたが、突然クラスメイトの男子が本当にはねられたと聞いてびっくりしました。
自転車に乗っていて、車はトラックだと聞きました。交差点ではなくて、坂道だったとも聞きました。
夢の話は友達に冗談のつもりで話していたので、
「怖い」とかいろいろ言われました。
「そんな夢を見たせいだ」と言う人もいました。
それ以来夢を見るのが怖くてたまらなくなってしまいました。
私はその男子を嫌いだったわけでも何でもないのに、
私のせいだと言う人もいてすごく嫌でした。
私のせいでもあるんでしょうか?気になります。
怖いけど、何だったのかはっきり知りたくなったので書いてみました。
霊感鑑定をやってみたら、60%より上だったのでびっくりしました。
もし何か関係があったなら、これからもそういうことがあるんだと思って真剣に考えたいと思いますし、
偶然だったなら、もう気にしないで大丈夫なんだとそう思えます。
いきなりこんなことを書いてすみません。
でも気になっているのでよろしくお願いします。

第2話 貴様かぁ〜!と確信した夜 さえこ
前回、こちらに出入りしていた時期ですから、
1月か2月上旬のことだったと思います。
引越しをした夢を見ました。
実際にある、近所のお寺です。
人がたくさんいるのですが、実在する知人も数人混じっていました。

引越しをしたものの、以前に住んでいた人の荷物が残されています。
ダンボール箱が破損して衣類がはみ出ていましたが、
それを見たときに「住んでいたのは男性で、いなくなった理由は
自殺したから」で、風体人相もわかりました。

若い頃にいた会社の寮の前に大手企業のビルがありました。
過酷な残業で有名なところで、わたしが住んでいる1年半の間に
聞いただけで三件の飛び降りがありました。
そのビルに面した部屋にいる同僚は、視野の端で「なんか落ちたな」
と、思ったあとに落ちた音が聞こえたそうです。

当時、わたしは父親をなくしたばかりでして、
お彼岸とお盆は出来る限りお寺に供養に出かけていましたので、
今よりも線香くささ倍増で、好ましかったからかなと思います。

しばらくして「あのビルから飛び降りた人がいたんだな」
と思ったのですが、わたしは鈍感で気づきづらいので
もっと敏感な人に訴えかけたほうがいいだろうにと思います。

しかし、不思議ですよね。
うちにいても、大体、その人の回忌にあたるときに
いなくなっているみたいです。

第3話 何かが通った アオツキ
初めまして、アオツキというものです。
ちょっと気になった事があるのでので書き込みさせていただきました。

この間、学校で頬杖をつきながら授業を受けていた時、
急に頬杖をついていた方の手の甲が冷たくなりました。
ちょうど何かが通った感じに。(確認したんですが、窓も扉も閉まってました)
不思議に思いながらそのまま授業を受けていると、私の後ろの席の子が
「今、何か目の前通った?」と尋ねてきました。
その後は何も起きていないのですが、ちょっと心配だったので…
もしよかったらご意見やアドバイスを教えてください。お願いします;;
第4話 くすぐったくなる TM
あと・・・かなり前の話なんですが・・・。
僕の家で使われてない部屋がありまして。
その部屋に行くための廊下を渡ろうとすると、
急にくすぐったくなります。(今、ではもうなりません)
その体験は1ヶ月ぐらい続き弟も同じ体験をしています

第5話 他人を恨む事はとても危ないこと! あんびりばぼー度93%の沙由希
以前にお付き合いのあったその方と、私は、同じ会社に勤めていました。
その方と、とっても仲良くなったのですが、その方は、突然、海外赴任することになりました。
当然、その方は、結婚して私を一緒に連れて行くつもりでした。
そのため、お父様と話し合いをするか、色々な事がはっきり決まったら連絡することのことでした。

でも、その連絡が2週間たっても、3週間たっても来なくて・・・。
「どうしたんだろう。」って、ある朝通勤時に、人気の無い道を歩いてると、後ろから急に、誰かにショルダーバックを引っ張られて、
紐とバックの繋ぎ目が物凄い力で壊れていました。
なんか、とっても気持ち悪かったのですが、気にしないようにしました。

その1週間ぐらいあとのことです。電車のホームから改札に続く階段を下りていると、凄い勢いで後ろから押されて、階段で転びました。
でも、そのときは、周囲に人気が全くありませんでした。
さすがに、身の危険を感じて、知り合いの霊能力のある人に相談したら、「金縛りで、物凄い苦しかったら、死ぬ気で、その苦しを跳ね返しなさい。」って、言われました。

そのときは、なんだか分からなかったのですが・・・・。
しばらくして、夜寝ていると、金縛りにあいました。でも、本当の金縛りではなく、目を開けたら、男の人の膝から下が見えて、足の方から、胸の方へと上ってきて心臓のところで止まって、私の心臓を革靴を履いた足で、すごい力で踏んでいました。心臓が痛くて、私は、死にそうでした。霊能力の強い知り合いのいっていたのは、この事だったんだ、と思って、全身の力でこの霊を飛ばしました。

直ぐに、その知り合いに連絡したら、「良かった、元気で・・。この前あったときに、悪い霊がついていたから、どうしたかと心配で・・・。」
「助けてあげたかったんだけど、あの霊は、あなた自身でしか払えないほど、貴方に執着していたから・・・。」と言われました。
その時まで、他人に恨まれた事など無かったので、その霊が私の事をうらんでいるとは全く知りませんでした。
「何も悪いことをしていないの・・・」とそのときは思ったのですが。

結局、お付き合いをしていた人から、理由もはっきり分からないまま、一方的に、「結婚できないから、別れる」とだけ言われました。

それから、1年くらいして、風の噂で、私のお付き合いしている人は、経済的な事情から、裕福な家のお嬢さんとお見合いして、半ば強制的に結婚させらたということをききました。でも、その結婚が決まった直後、その結婚を強引に進めたその方のお父様が、物凄く健康だったのに、心臓発作で亡くなられたそうです。

「心臓発作」という言葉を聞いて、私を恨んでいたのは、彼ではなくお父様だったのかもしれないと思いました。
そのあと、また少ししてからの噂では、彼は結婚するときに、お父様の勧める方とは結婚したくなと物凄いもめたそうです。

番外 管理人 
実は生き霊の正体は彼の父親だったらしい、というくだりでぞっとさせられます。
であれば、何もかも辻褄が合うわけです。
生き霊になるほど強く、念じに念じ、結局は自分の意志を通してしまったわけですが、
代わりに自らの命を落とすことになってしまったのですね。

旧世代の人にはよくあるタイプ、
資産家と結婚することが子供のためになると思って勧めるんだけれども、
結局は自分の見栄とか体裁とかのためですね。
しかしそれを指摘されても、自分の間違いを改めることがなかなかできないわけです。
結果、うまくいかないことをすべてあなたのせいにしてしまったのでしょう。ありがちですね。
そこまで人を憎めば命まで落とすことになりかねない、ということを、
すべての人は肝に銘じておかなければいけないでしょう。

第6話 白いもやもやした霊 死血雷
シチライ と読みます。
確か、鑑定したら、ちょっと前に調べてみたら、93〜96%ぐらいだったけど、つい最近の出来事を入れたら100%でした。

僕は、家で、よく霊を見るんですけど、それで、よく、その霊と話すんですけど、すごい話を、時々ききます。
でも、なんでぼくは、霊能力が、強いかと言うと、もともと強いのと、
変なトンネルみたいなところで、白いもやもやみたいのが、いてその霊が、
[次の日もこい]といって、また来てそれのくりかえしで、
最後に、[もう来ても来なくても良い。]といって
[そのお礼に、お前に乗り移って、人や霊からの呪を、よわめたり、霊能力を上げてやろう。]
といわれて、それっきりあっていません。また会ってみたいです。

第7話 笑う生首 アンパンマン
その事が起きてから、もう八年近くになります。
当時私はまだ小学生でした。
朝の皆での集団登校中の事です。
何時も通り慣れている通学路の途中で、私より二つ年上だった男子が道路上にボールが落ちている。
と叫んで、おそらく蹴って遊ぼうとしたんでしょう、走って行ってしまったんです。
彼が班長だった為、私たちも急いで後を追いました。
しかし、そこにあったのはボールでもなんでもなく
『猫の生首』だったんです。
私たちは悲鳴を上げてその場から逃げるように走って学校に行きました。
その時はただ恐ろしい、怖い、嫌な物を見たとしか思ってなかったのですが、他の班友達にその事を話すと奇妙な事を言うんです。
その道にそんな物は落ちていなかったと・・・・。
田舎のちいさな小学校なので、ほほ60%の生徒が猫の生首があった道を通ります。
それなのに私たちの班以外は誰も猫の生首を見ていないのです。
まさかと思い他の班の子にも聞きましたが結果は同じ。
猫の首と一緒にあった血溜まりすら見てないというんです。
まさかと思いながら学校の帰り、他の班の子達と一緒に生首があった場所に行くと、その子達の言うとおりそこには何もありませんでした。
狐に摘まれたような気にはなりましたが、その時はきっと近くに住む大人の人が片付けたんだと結論を出し、家に帰ったんです。
家でも別段変わった事も無く、普通に過ごしたんですが問題は夜寝る前に起こりました。
何処からとも無く猫の声がするんです。
私の家の近くには捨て猫が多く、私も餌をやっていた為、最初は別に気に止めていなかったんですが、よく考えるとどうもおかしいのです。
私の部屋は二階にあるのに、二階の出窓の向こう側から声が聞こえてくるのです。
猫が屋根に登ったまま、下りられなくなったんだろうか?
私はそう思い出窓のカーテンを思いっきり開けてしまったんです。
「ニャ―」
そこにあったのは朝見た猫の生首でした。

その後何があったのかは覚えていません。
お恥ずかしいながら気絶してしまったので。


第8話 飛び交う物 ノア
こんにちは。これからお話する話は私が体験した実話です。

小学五年生の時、私は「宿泊学習」で「白鳥座の部屋」と言う所へ泊まりました。その部屋には、首吊り自殺をした女の人が出るそうです。
そのせいか、皆他の部屋がいいと言っていました。(部屋は他にもありました)
私は怖いもの(幽霊など)が大好きだったので、即座に「白鳥座の部屋」にしました。(ほかにも5〜8人ぐらい同じ部屋になりました。
ただ、その部屋は狭かったため、誰かが押入れのほうに寝なければなりません。私は押入れ側から三番目だったのですが、押入れの横に寝る子は怖くて泣いてしまいました。
仕方なく私は(こんなこと言いつつ、本当はその場所に寝たかった)場所を変わってあげました。

そして夜。私は二時頃に目を覚まし、天井を見た。
(でたー!本場もんの幽霊!)
なぜか喜ぶ私。
私の見たものは二つ。
天井で飛び交う複数の人魂と部屋の端で首を吊っている女。

あとで聞いた所、人魂は誰かのライトだったそうです。
でも、あの女のことを言うと、
「はあ?何言ってんの?この部屋に泊まった子は皆ショート(ヘア)だよ?」
と、言われました。確かに、私以外は皆ショートでした。でも、あの女の髪は長かったんです。

こんなことがあった後、私はイジメに会い、いまだに不登校です。
なんでイジメに会ったのか、それはまた今度。

第9話 私の身に何かが ノア
こんにちは。
実は四年生のときに心霊写真を撮りました。
なんと私の手の指がいっぱいあったんです。
そして六年生のとき、今度は妹の頭にオーブが。二回撮ったんですが、二枚とも妹の頭に写っていました。
今はもう無いのですが。

P.S.霊能力鑑定53%でした。
第10話 小学校の奇妙な話 MOKO
はじめまして、よろしくお願いします。
今から私の小学校の奇妙な話をします。
私の学校の隣にはお墓があって(今もある)
何年か前、放課後そのお墓で3年生2人が遊んでて
お墓の上に乗ったり、お墓に石わ投げたりしてて結局は先生に見つかって怒られて、
そして2人とも家に帰る途中2人とも、行方不明になって1週間後に遺体で見つかったって言う・・・。