魚の置物数々あれど、そちらにそろいましたるは全て食器と一緒に並んで売っていた箸置き。
どこぞのマニアのようにこのために探し歩いたりはいたしませんが、ぽちりぽちりと集まり
我が家は宴会が催されても皿は足りずとも箸置きだけは十分という有様。
新作の情報を待つ!!

トッププロフィール│ギャラリーフライイモリ君はしおき日記海釣りお知らせマンガ館リンクメール

ヒラメ
小型のものはソゲともよばれる。
タマカンゾウビラメ
測線を挟んで眼状斑が多数ある。
イシガレイ
有眼側に石のような骨板が3縦列ある。
ヤリイカ
食椀は短く弱くその吸盤は小さい

ウマズラハギ
カワハギ、フグ鍋の代用品。
ヨリトフグ
提灯ふぐとも呼ばれ体は円滑。
ゴマフグ
背面は青みを帯び小斑が密布している
マフグ
ただのふぐ。

マハゼ
気水域から内碗などの砂泥地にすむ
ムツゴロウ
動物王国ではない。
シロウオ
透き通った身のハゼ化の魚。躍り食い
トビハゼ
干潮時陸上でも生活できる。

石鯛
老成魚は縞が消え不鮮明になる。
チダイ(ハナダイ)
えらの周りが血のように赤い。
アンコウ
と言えばつるしぎり。ちょっと怖い。
コショウダイ
背鰭、尾鰭に掛けて小斑紋。

 

アオブダイ
海藻の追い岩礁域を好む。
オヤビッチャ
外道でかかるとすごく恥ずかしい
アユ
アユは石を釣れ!石を釣ったら根掛り
落ちアユ
土地コロガシが鮎コロガシ

コイ
恋ははかない。
キンブナ
雄が非常に少なく関東ではまれ。
リュウキン
金魚すくいで掬ってもすぐ死ぬ
デメキン
ロンドンパリ。

カジカ
いっぱいいたんだけどなあ。
ブルーギル
こんなんでたくさん。
土佐金
日本三大ガッカリ、はりまや橋。ほんとにガッカリ。
琉金タマサバ
琉金て琉球経由で入った金魚だって。
マゴチ
真夏が旬で照りゴチと呼ばれる。
ゴチになります。
イボダイ
干物でしか見たことない魚。
カワハギ
キモキモ。肝を求めて幾千里。
キタマクラ
近所の馬鹿オヤジが猫にやって飼い猫3匹キタマクラ。
マコガレイ
ヒラメよりうまい。
ヘダイ
しらたい。知らない。
カツオ
イケメン(が)一本釣り。
イソガニ
磯の愛嬌者。

マダイ
エビタイ。世の中なんでも略す。
マダコ
タコ八郎は海に帰った。
クサフグ
フナムシ手でちぎってハリに付け釣ったことあるぜ〜。
スケトウダラ
腹子はタラコ。タラの漁場はたら場。そこにいるのはタラバガニ、豆知識な。
マッコウクジラ
・・・・といえばダイオウイカとの死闘
バンドウイルカ
フリッパー。おさかなーとなみまでかくれんぼー。
カマイルカ
2007年荒川に迷い込んだアラチャンは仰向けに浮かんだ。
セミクジラ
背中が美しいらしいがこぶだらけなのがいいのかな。

アマガエル
おしっこをかけると一物が腫れる
カッパ
黄桜飲んでいい気分
イシガメ
親亀の背中に子亀を乗せてぇ〜・・。
クルマエビ
サイマキの天ぷら超旨し。