じゅんぺの語りの館 
 HOME > 週間じゅんぺ
  2003年8月  

梅雨明けとともに…号 8月3日発行

 いやぁ〜やっと梅雨明けしてくれましたね。例年より2週間ほどの遅れ。東北地方はまだまだのようです。
 それにしても、梅雨が明けた途端に「夏」と言った暑さに早代わり!自然とは不思議なものです。とは言え、洗濯好き(?)な私にとっては大量に洗濯してもあっという間に乾いてくれるんで大助かりです。大物も洗い甲斐がありますな。

 でも、こうも暑いと、このところハイテンションだったバスケへの情熱もシオシオ…なんとも情けない気もしますが、木曜日に久々に練習に参加したんですけど、それ以来、どうも体が重いんですよね。もう、会社帰りにバスケを楽しめるほどの体力は残ってないようです。
 暑さにめげずに頑張りたいところなんですが、あまりにも極端に季節が変わりすぎると体もついていけないっす。普段、空調のきいたオフィスにいるだけに余計に体がついていけないんでしょうね。
 そんなわけで早いところ「夏」に慣れて思いっきりバスケしたいものです。と言うか、日頃の体力作りや食生活が貧しいからなんでしょうね。早々と夏バテってとこでしょうか(^_^;)…そのわりには炎天下の下、汗をかきながらも車いじりをしているんですけどね。

 梅雨明けとともに気候の変化に体がついていけてないという変化を感じている私でありますが、梅雨明けとともに「切なさ」も感じ始めているんです。ここ数年感じたこともないほどの「切なさ」…別に体調が悪くて息苦しいわけじゃないんですよ(^_^;)
 これって、やっぱり…
 いや、これまでに、これに近い思いはなんどかあったんです。まあ、当時は「やっぱりアレですか(#^.^#)」と思っていたはずなんですけど、焦る気持ちを抑えきれず先走ってしまい、ちょっとした障害でもう一歩踏み込むことを諦めていたような気がします。確かに昔ほどの積極性がないことにも原因があると思うんですけどね。
 でも、今回はこれまでとは違う!と私なりに思うんです。
 とは言え、事情がありまして、踏み込むにも踏み込めない状態でして…でも、ここまで来たら焦る必要もないわけで、ゆっくりと待つことも必要なんじゃないかと思ったりもするんです。そうは言っても、タイミングを逃しがちな私なだけに、強かに「そのとき」を待ちたいと思います。
 ひとまず「ひと夏の思い出」になりませんように(^_^;)


暑いと言いながらも…号 8月10日発行

 拝啓

 巷では休みに入っている方も居られるようですが皆様如何お過ごしでしょうか。私は今年も変わらず「夏休み」なんてものはあ〜りません。と言っても、私たちが盆も正月も何の不自由もなく生活できているってことは、そこの働く人がいるからなんですよね。感謝、感謝です!
 というか、私の仕事はみなさんのお役に立っているのでしょうか。そんなことを、ふと思う今日この頃です…蒸し暑さの所為ですか(-_-;)
 と言うか、休みがないのは「決まった」休みがないのであって、仕事の進捗をみながら休むことはできるんですけどね。まあ、社会人になって10年経ちますが、まともに夏休みは取った覚えはないんですけどね。

 そんなことより、今週は暑かったり、蒸し暑かったり、大雨だったり、さらに台風だったり…異常気象ですか?って、これが「夏」なのかなぁ(^_^;)
 こんな時はスタミナがつくものをガツっと食べたいところ。幸い食欲はあるので、週はじめから夕飯に「とんかつ」をチョイス!…なんて言いながらも、「サラダとんかつ」などとあっさり系を注文してしまいました。
 ならば、ガツっと飲みにでも行きますか!てな感じでしたが、サラダやら刺身やら煮物やら…だんだん脂っこいものを受け付けなくなってきたみたい。やっぱり歳ですか(_ _)…いや、暑さの所為です!

 しかし、ホント体力が落ちてきているのがわかりますね。先週、夏のバスケにはもう懲り懲り(-_-;)と思ったにも関わらす、証拠にもなく参加しちゃいました。しかも一番暑い日中に。体育館だから直射日光は避けられるものの、あの熱気は如何ともしがたいですな。搾れるほどに汗だくになるのでTシャツもタオルも一枚じゃ足りません。お陰でグッタリ。練習中も精彩を欠きミスを連発でした(-_-;)
 そういえば、先週のバスケのとき、CAPがボソッと言ったのですが、「練習して汗かいて水分摂って、また汗かいて…体力奪われっぱなしだよね」
 涼しい時期には、あまり感じなかったのですが、ジッとしているだけでも汗が滴るこの時期では水分補給も良し悪し?なのかなぁと。確かに学生時代…特に中学のときは水分補給は許されなかったですからね。お陰で中一の夏の練習時には脱水症状になりましたけど(^_^;)…でも、その後は、不思議と耐えられたんですよね。
 現代スポーツでは「水分補給は大切」とされているような気がするんですが、実際のところどうなんでしょう!適量ってものがあるんでしょうか?がぶ飲みしているような気がしますし(^_^;)

 と、暑い暑いと言いながらも、やっぱり車いじりはやってのけてしまうのが昨今の私。と言うか、雨降り頻る中作業してしまうほどの馬鹿っプリ。と言っても、今回はリアスピーカーの交換だったので車内オンリーでしたけどね。それでも、ドアを開けられないので狭い車内で汗だく…それでも、今までにない音場と重低音を体感してしまえば、そんな汗だくの1時間なんて…流石に腰に来たのには後悔しましたが(^_^;)
 さらに、車いじりはそれだけに止まらず…と言うか、愛車も10年、もうすぐ10万キロ。となれば、維持するためのメンテナンスと言うかリフレッシュが必要。まだまだ、乗り換えはありえませんよ!
 てなわけで、チューンからリフレッシュまでトータルで面倒見てくれるショップを探していたんですが探せばあるもんですね。と言うか、前々から知ってはいたんですけど、なんとなく敷居が高いような気がして。
 漠然とチューンしたい!と門を叩いても、やっぱり方向性がないとショップとしても困ってしまうそうで。てなわけで、今回はリフレッシュと言う目的を持って門を叩いてみたわけです。
 車を運転するようになって約8年。本格的に車に対して興味を持ち始めてからは、まだまだ4年程度。まだまだ素人な私です。にも関わらず、私の目線で話をして下さり、しっかりとしたアドバイスもして頂き、ありがたやぁ〜。日産の直営店であるのもあって技術面でも信頼できそう。
 てなわけで、愛車ともどもご老体に鞭打って夏を乗り切るとしますか!

                                         敬具


夏休み特大号 8月21日発行

 …と言っても、実質、夏休みは15日の1日のみ。土日と合わせて3連休にはなったんですけどね。と言うか、なんで3日とも雨なんですか?しかも、豪雨!外なんて出れたもんじゃありません。そこらじゅうが川になってましたよ(-_-;)…って、日ごろの行いの所為ですか(ーー;)

 そんな雨降りしきる(なんてもんじゃありませんでしたが…)夏休みでありましたが、命辛々帰省した甲斐がありました。と言うのも、中学の同窓会があって久々に旧友に逢えたんです!担任の先生にも!同窓会と言っても集まったのは半数以下でしたが、それでも、かれこれ6年ぶりぐらい。地元に居ないだけに滅多に逢えませんから、大感激でございました。幹事のT殿>企画お疲れ様でした & ホントありがとうございました!
 それにしても、みんなの飲みっぷりも然ることながら、壊れっぷりも凄かったぁ〜少々、乗り遅れてしまったのが悔やまれます(^_^;)
 とは言え、調子に乗って久々に飲みまくりましたね。と言うか、飲みすぎたなぁ。19時から25時過ぎまでとは…お陰で翌日にはお腹が(T_T)
 帰省する際は連絡いたしますので、また壊れましょうね!>友人各位

 帰省した甲斐と言えばもうひとつ!
 当館屈指の人気ページで話題騒然の金ちゃんシリーズ!今回は「金ちゃん亭 ぶっかけうどん」を入手しました。
 と言うか、何かとお世話になっているHIROHARU夫妻が私のために入手してくださったんです。プラス新パッケージの「金ちゃん ねぎらーめん」まで!「情報局」で話題にあがり気になっていた一品だっただけに嬉しさ満点でございます。改めて御礼申し上げます<(_ _)>
 後日、「金ちゃんのお部屋」にてご報告致します!

 さらに「金ちゃんヌードル」と言えば、そのCMも見逃すわけにはいきません!不思議と夜中にCMが集中するので実家で自家栽培のゴーヤで作ったゴーヤチャンプルを頂いた後、早々と就寝し夜中に備えたのですが、いやぁ〜備えた甲斐がありました。バッチリ「金ちゃんヌードル+ねぎらーめん」「金ちゃん 鍋焼きうどん」「金ちゃん亭 ぶっかけうどん」のCMを満喫できました。書き込みの通り「ぶっかけうどん」のCMでは「真ん中のお姉さん」がグッド!とおやじ染みた発言をしてしまうのでありました。さすが三十路(-_-;)
 と言うか、実はビールを頂き過ぎて早々と22時ごろ寝てしまったのですが、なんとなく目が覚めたのが0時過ぎでして、ノソノソと起きだし日ごろの疲れを実家の広い(?)お風呂で癒した後、またもやビールを頂きつつテレビを見ていたら偶々(^_^;)…いや、これこそ運命ですな(^_^.)

 最終日には、これまた小中の旧友と料亭+ファミレス×2と梯子し昼間っからお酒もないのにディープな話題で語り合ったのでありました。まあ、私の場合、前日の同窓会で飲みまくったので一滴のアルコールすら受け付けなかったと思いますが。

 と、短い間でしたが、十二分にお休みを満喫したのでありますが、この時期に帰省したとあればUターンラッシュに巻き込まれることは必至…かと思いきや、最終日は自宅でゆっくり!と言う方も多かったのでしょうか、沼津から東名を利用したにも関わらず地元から最寄のI.C.までぴったり2時間。超順調で渋滞の「じ」の字もなく、マニュアル車の運転手としてはこの上ない幸運でした。
 ただ、「友人を乗せての運転」+「夜」+「雨」+「渋滞ではないけど車は多く車間距離を保つのが大変」などの条件が重なり+「鳥目」と言うこともあって、かなり緊張しまくりでした。前日の飲みすぎもあってか運転に集中するのに精一杯で、友人と会話するのも儘なりませんでした。まあ、とりあえず無事に帰れて何より…こんな時もあるよね(^_^;)

 そんなこんなで、体力的は放電しっぱなしでしたが、精神的には充電完了!てなわけで、この後の暑い(?)夏を頑張って乗り切りたいと思います(^o^)/

 最後に今週号の大幅な遅れ…申し訳ございませんでした<(_ _)>


素直になれたら…号 8月24日発行

 いやぁ〜夏ですなぁ…と言いたかったのですが、なんだか梅雨に逆戻り!って感じの一週間でしたね。あれだけ天気予報で週明けからは茹だるような暑さが…と言ったかどうかは確かではありませんが、真夏日が訪れますとは言ったような気がします。まあ、昼間はオフィスに居るのでそれを体感するのは通勤時間のみなんですけどね!
 それでも、土曜日はホント暑かった(-_-;)…そんな日でもバスケを楽しむ私って…と言っても、夕方からだったので幾分か涼しかったんですけどね。冷房完備の体育館だし。とは言え、駐車場から更衣室、そしてフロアーに立つまでに意味もなく汗をかいていました。暑すぎです。

 しかし、今回は頗る調子が良かったなぁ〜。中盤からのシュート成功率は年甲斐もなく…いや、いつになく目を見張るものでした。7割ぐらいかな。スリーポイントもパスっと綺麗に決まったし!自画自賛でございます(^_^.)…さすがに3連続の5対5には体力の衰えを感じましたけどね。
 でも、一番驚いたのは、練習後の腰の状態なんです。以前、「バスケ」でギックリ腰になって以来、腰のサポーターは必需品になっているんですが、ココ最近は、練習後サポーターを外すとホント音が聞こえるぐらいガクッと腰砕け状態になっちゃうんですよね。まあ、温感湿布を貼っていれば2,3日で治るんですけど。年の所為か…てな思いもあったのですが、あれだけ動いていて大丈夫だったと言うことは、やっぱり年の所為ではなく季節(梅雨)の所為だったんですね。これで思う存分楽しめるってもんです。…でも、やっぱり心配だから今夜も湿布貼っておきます(^_^;)

 話は変わって…金曜日は平日にも拘らず久々にお早いご帰宅。と言っても、22時を過ぎてましたけどね。で、夕飯を頂きつつTVを楽しんでいたのですが、久々に心打たれる番組に出会いました!某国営放送のってNHKしかないですけど、木村佳乃さん主演の「ニコニコ日記」月曜から金曜の23時から15分間の放送なんですけど、普段はこの時間にすら帰宅できていないのが実状…なんですが、金曜日に4日分まとめて24時45分から放送してくれるんで大助かり!って、たまたま今週から始まっていて第一回目から観ることができただけなんですけどね。

 ドラマの内容はここで多くは語りませんが、と言うか、観て!って感じ。こころ和むドラマです。と言うわりには泣いてたような(^_^;)…って、今回はそれだけが言いたいのではありません。ちょっと大袈裟かもしれませんが、人生観と言うか忘れていたものを思い出させてもらったと言うか…
 ドラマのひとコマで、なかなか笑顔を見せない仁子(ニコ)に対して、まずは自分が笑顔で接すればいいんだと言うことに気付くケイが居たのですが、私はこの場面を「もっと自分に素直になればいいんだ」と受け取りました。
 自分に置き換えると…って、また友人に怒られてしまいそうですが、決して自分を悲観しているわけではありませんよ。逆にそれを乗り越えられそうな自分が居るんです!

 ある時を境に人間不信な気があるんです。特に女性に対して…さらに言えば、初対面の方に対してはもっと顕著なんです。まあ、人見知りが激しいところはあるんですけど、友人曰く「カッコつけすぎ」と言われてしまうんです。私としては、そんなつもりはないんですけど…でも確かに、笑うことは好きなんですけど、場が盛り上がることも好きなんですけど、笑われることに対してはどこか引いてしまう私が居るんですよね。どうしても、小さい頃の記憶が拭い切れないんです。最近のことはすぐに忘れちゃうくせに(^_^;)
 で、そんな自分の殻を破るには素直な気持ちで人と接すればいいんじゃないかと思ったんです。たとえば、合コンに参加したとしましょう…って、リアルすぎですか。で、私の場合、その場の雰囲気に慣れるのが精一杯で話をしたい人に対して下手をすれば一言も話せない場合もあるんです。チャンスはあるんです。でも、笑われたくないとか変な風に思われたくないとか…
 そんなどうでもいいことばかり頭を過ってしまって、気付いたら次に会う機会すらなくて…話したければ話せば良いんです。確かに場の雰囲気と言うのもあるんでしょうけど、とりあえずそれはそれとして…てなことを考えたんです。まあ、場が場だけにそうそう上手くいくとは思わないんですけどね。

 でも、とりあえず思い立ったら実行に移さねば!てな思いを胸にバスケの練習に向かったのですが、「素直」と言うよりも「恥ずかしがらずに」って言葉が適切のような感じもするんですが、メンバーのみんなに気持ちよく挨拶できたし、練習中も声が出てたし、休憩中の会話も自然にできたし…まあ、当たり前のことと言われれば、それまでなんですけど、でも、これだけのことでも、なんだか気持ちが良かったんですよね。だから、いつも以上に楽しかったんだろうなぁ。
 さらに、こう言った心掛けはこれまた大袈裟かもしれませんが、ゴーン氏の「誠実さ−それはマネジメントの美徳である」に繋がるような気もするんです。

 と言うか、相変わらず何事も感化されやすいですね(^_^;)…そう言いながらも、毎日聴いているBRETHの『瞳にくぎづけ』の「素顔の自分になれたら…」と言う詞に改めて頷いてしまうのでありました。

 久々の熱く長い語り…ご清聴(?)ありがとうございました<(_ _)>


やっと夏…かと思えば号 8月31日発行

 8月も今日で終わりですか…小中学生のみんなは宿題終わったかな!というか、近頃の小学生は宿題すら少ないようですね。まあ、姪っ子(小一)の通っている学校の話ですけど。自分なりに勉強する!と言う時間が少なくなってしまうのは心配なところですが、小さいうちは思いっきり遊んでいた方が良いかもしれませんね。家の中だけじゃだめですけどね(^_^;)
 それにしても、夏らしくない夏でしたね。やっと暑くなったと思ったら数日のみ…確かに平日は涼しい方が通勤は楽なんですけど、こうもコロコロ天気が変わってしまうと体がついていけません。事実、体調を崩して一日休んじゃいましたし(-_-;)
 こうやって今年もひと泳ぎもせずに夏が終わっていくんですね…って、ここ数年泳ぎには行ってないんですけどね。やっぱり、コンタクトだと何かと不自由なもので。と言うか、泳ぐときだけソフトコンタクトにすれば良いのかな。

 「泳ぎ」で思い出しましたが、最近、海にすら行ってない…浜辺でボーっとするのが好きなだけに、ちょっぴりストレスが溜まりつつあるかも。かと言って、わざわざひとりで出掛けようとは思わないんですけどね(^_^;)…と言うか、お盆で帰省したときに行くつもりだったんです。やっぱり、地元の海が一番落ち着きますからね。でも…すべて雨、と言うか豪雨。危険すぎます(-_-;)
 来月にでもお休みを貰って、海を観にいこうかなぁ〜

 「海」と言えば日焼け。
 私の正体(?)をご存知の方にはわかると思いますが、日焼けには無縁なほどの色白な私でありますが、そろそろお肌も曲がりきってしまったのでしょうか。昔は日焼けをしても真っ赤になるだけで、あっ(・o・)と言う間に引いてしまってたんです。でも、先週、炎天下の中、車いじりをしてた所為でタンクトップのあとがついてしまったんですけど、その跡がなかなか引かないんです。「色白」と言う点には多少コンプレックスを感じている私なだけに嬉しいような気もするんですが、体質が変わっている点には正直喜べないわけで…と言いつつも、今日も炎天下の中と言うか一番紫外線の多い時間帯にセカセカ洗車してみました…で、この度もしっかりタンクトップの後が…流石にアパートの駐車場では上半身裸ではできないですからね(^_^;)
 …と言うか、ホントは映画観に行く予定だったのになぁ(T_T)

 話は変わって…先週に引き続き「ニコニコ日記」観ちゃいました。と言うか、もう観ずにはいられないんですけどね(^_^;)
 いやぁ、今週も泣かせてくれました(T_T)…と言っても、一話辺り15分なだけに展開が早く泣いている暇はないんですけどね。それでも、観終わった後は、なんとなく温かい気持ちになって一週間の疲れが飛んで行ったよう気がしました。来週も見逃さないようにしないと!

 …と、疲れが飛んだはずだったんですが、この土日で疲労を溜めてしまいました。と言っても、バスケなんですけどね。流石にこの時期に土日連続では体が持ちましぇ〜ん。なんですけど、やっぱり厭な疲労じゃないですよね、バスケの疲労って。日曜の練習なんかは、これって部活ですか?ちゅーぐらいの練習だっただけに頭まで使って…久々に心身ともに疲れました(^_^;)
 はあぁぁ…お疲れ、お疲れ。と言うか、右腕があがりませ〜ん(^_^;)



 HOME > 週間じゅんぺ
© 1998 -  じゅんぺ All rights reserved.