じゅんぺの語りの館 
 HOME > 週間じゅんぺ
  2004年1月  

謹賀新年号 1月4日発行

 もう、三箇日も終わってしまいましたが、遅ればせながら…
 
 あけましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願いします。

 穏やかな年末年始だっただけに、いつも以上にのほほ〜んと過ごしてしまいましたね。呑んじゃぁ、食っちゃぁ、寝ちゃぁ…と、少々お腹が弛んでしまったように思います(^_^;)
 穏やかだった理由のひとつして、毎年年末となると友人宅での酒盛りが催されるわけですが、私たちもそれなりの年齢。おめでたいことに家族も増えるわけで、今年は10年ぶりに静かな年越しを過ごすのでありました。とは言え、酒盛りが催されないわけはなく、実家へのお土産の泡盛をひとりで半分ぐらい飲み干してしまいました。しかも、独身衆と顔を出した友人宅で苦手だったはずの芋焼酎までも半部ぐらい飲んでしまう始末(-_-;)
 静かに過ごしたわりには、お酒の量はいつも以上だったかも…てなわけで、リアルタイムな初詣+初日の出を拝むことは今年も叶いませんでした(^_^;)

 穏やかに過ごせた理由のもうひとつは、お笑い番組ばかりをチョイスして深夜までTVを観ていた所為かもしれません。気付いたら一日中、笑っていたように思います。とある番組で、つまらないことを見つけるよりも笑えること、楽しいことを毎日見つけるようになれるといいね…てなことを言ってたんですけど、ホントそうなりたいですね。そして、「笑う門には福来る」のことわざの通りになるといいなぁ〜なんてことを考えてみたりして。

 そんな穏やか且つ楽しく、そしてのんびりとした年末年始を過ごしたわけですが、例年よりもわずかではありましたが地元の友人たちの楽しい時間も過ごした所為か、自宅に戻ってきた時は妙に寂しい気持ちになっちゃいました。まあ、明日からそんなことを考えている暇もないんでしょうけどね(^_^;)

 てなわけで、今年は「笑って過ごせる」ように心掛けたいと思います。

 な〜んて言いながらも、愛車を実家の駐車場に停めていた時の話なんですけど、ポリマーをかけてピッカピカにしたにも関わらず、気付くと野良猫の足跡がボンネットからトランクまで点々と…新年早々、ムカ〜ッとしてしまうのでありました(ーー;)


今年の目標は…号 1月12日発行

 「笑って過ごせる」を心掛けようと駆け出した2004年…やっぱり、そうそう面白いこと、笑えることを見つけられる余裕がないところが寂しいところです(-_-;)
 強いて言うならば、季節柄、本能と言うべき脂肪の蓄積によりお腹の弛みが一層際立ってしまってきた自分に笑うしかない…と言ったところでしょうか(^_^;)
 と言うか、開き直っている場合じゃないですよね。お腹だけならまだしも、またもや短く散髪してしまったからでしょうか、頬のふくらみが際立ってしまったような…う〜ん、ヤバイ、ヤバイ。

 さて、正月休み明けの一週間。しばしのリハビリ期間に…と思っていたものの、初日から全開モード。しかも、終電続き。挙句の果てには久々の休日出勤。もう、グッタリですな。休日出勤のわりには、この日も終電に…いや、すみません。この日は21時過ぎから呑んだくれてました。…と言うか、こんな日に新年会!?と言うのも、なんだかなぁ〜って感じですね。まあ、お店が空いてて良かったんですけど。

 それにしても、日増しに寒くなってきますね。帰宅時間が深夜って言うのもあるんでしょうけど。もう、そろそろハーフコートでは耐えられなくなってきたかな。そんな矢先の散髪だったんですけど、床屋の店長ですら心配するほどの短さでして。と言っても、丸坊主にしたわけではないんで、驚くほどの短さではないんですけど、この季節には、ちょっと…と言った感じでしょうか。とは言え、短い方が楽なんですよね。とりあえず、風邪を引かないように気をつけましょ(^_^;)

 そうそう、今年の目標として、あと二つ掲げました。禁煙と同じで自分の中で思ってても実現あるいは継続できないと思いましたので宣言したいと思います。結果はどうなろうとね(^_^;)

 ・今更ですが英会話を身につけたいと…
 と言っても、英会話スクールに通う時間はないので「聴くだけ!」と言う教材で挑戦します。一年で身につくかどうかはわかりませんが、何も取り組まなければ何も身につきませんからね。とりあえず、頑張ってみます。

 ・今年こそは…
 まあ、この先は言わなくてもわかりますよね(^_^;)
 と言っても、相手がいる話ですので、すんなりとは行きませんよね。ちなみに現時点で、なかなか噛み合いません…どうなることやら(_ _)


姉弟(きょうだい)とは…号 1月19日発行

 先日、某国営放送の番組「もの知り一夜づけ」で「富士山 新発見!」が放映されました。その中で、横浜市在住の地理の先生が富士山を眺望できる限界地を調べられたとのことで、当館の『金ちゃんヌードルの限界地を探せ!!』に匹敵するなぁ〜なんてことを思うのでありました(^_^;)
 それはさておき、先生は通勤路で見える富士山を毎日チェック、カメラに収めているそうで…って、神奈川でも富士山が見えるんだ!と。しかも、私の通勤路と同じで、相模鉄道、JR横須賀線で見えるとのことでした。
 地元静岡では、小さい頃から毎日毎日何も気にせずに眺望できる富士山。通学の時も、部活の時も…そんな富士山を上京して以来見れなくなってしまって、寂しいなぁと思うことも多々ありました。
 そんな私にとって、通勤路で富士山が拝めるなんてことは、大ニュースなんですよね!てなわけで、翌日から眠い目を擦りながら必死に富士山を探してみました。相模鉄道からの富士山は未だ見つけられないままですが、JR横須賀線からはバッチリ拝むことができました。流石に静岡で観る姿とは違いますが紛れもない富士山でして…嬉しい限りでございます!
 続けてなんとか相模鉄道からの富士山を見つけたいものです。

 そんな富士山=地元に思いをめぐらす今日この頃でしたが、週末に実家の用事で帰省した際、地元の友人とお酒を飲みつつ語り合ったりしまして、地元はいいなぁ〜なんてことを思ってしまうのでありました。
 さらに実家の用事では、義兄の親戚の方と顔を合わす機会がありまして…とは言え、そこは人見知るする私なだけに会話の輪には溶け込めないでおりました。まあ、独特な雰囲気もありますからね。そんな中、ポツンとした私に気付いた実姉が話しかけてくれたんですけど…
 って、姉弟であれば普通ジャン!って思うかもしれないんですが、まあ、小さい頃は普通に毎日喧嘩していた仲なんですが、いろいろ相談したい学生の時期に私が家にいなかったこともあって、今となっては何を話して良いやらって思ったりしてしまうんですよね。
 そんなこともあって、気を配ってくれる実姉に対して有り難く、また頼もしいなぁなんてことを思いつつ、姉弟っていいなぁと思うのでありました。と言うか、今まで義兄の親戚の方々と会う機会がなかったので実姉の弟だと紹介してもらったのですが、改めて「弟」であることに気づかされたような気がしました。
 と言うのも、日常の生活の中で「兄さん」「姉さん」と呼ばれることがあっても「弟」「妹」と呼ばれることって、少ないじゃないですか。つまり、兄や姉は自分が「兄」や「姉」であることは常に意識していると思うんですよね。と言うか、逆に無意識のうちに感じているのかもしれません。その反面、弟や妹となるとそういったことを意識してないんじゃないかと思うですよね。
 …って、そういう感覚ってないですか?私だけかなぁ〜
 そんなこんなで、姉弟は大事にせにゃ〜あかんなぁとつくづく思うのでありました。


友達って…号 1月25日発行

 朝晩冷え込む毎日。人肌恋しい季節になってきましたね。独り身には切実な想いです(^_^;)…と、実際はそこまでではないものの、気の合う仲間と鍋でもつつきながら語り合いたいものです。
 人見知りしがちで、あまり人前では話す方ではないんですが、一度、語りモードに入ってしまうと止まらない性質でして…とは言え、最近はそのような場も機会が非常に少なく淋しい限りです。
 とは言うものの、最近はその淋しさに慣れてしまったようで、「淋しい」と言う感情を忘れてしまったよう思います。

 そんな昨今でありますが、年末年始に友人と逢う機会があったからでしょうか。また、久しぶりに母親と長々と世間話をしたからでしょうか。さらに、姉弟(きょうだい)の大切さを改めて感じたからでしょうか…ひとりでいる淋しさをなんとなく思い出してしまいました。
 まあ、「淋しさ」を思い出した切欠はそれだけじゃないんですけどね。先週末、帰省した際に母親からかなりショッキングな話を聞かされまして…(T_T)

 そんな矢先に、友人のM下さんからの「清水会」のお誘い。この「会」も早…何年目だ。少なくとも第1回目は厚木に住んでいた頃でしたから4年以上は経ってますね。と言っても、「会」そのものは、片手で数えられるぐらいしか開催できてませんけどね(^_^;)
 今回は、久々に飲もう…ではなく、本来の目的はあったのですが…まあ、それはさて置き、二人だけではありましたが大いに語り合えたように思います。と言うか、「話したいんだけど友達にしか話せないこと」を話せたような気がして、すごく楽になったような気がしました。
 バスケや愛車いじり、映画、買い物など…今の私には様々な気分転換の方法がありますが、やっぱり、悩みなどを「打ち明けられる友達」と語り合うことが、一番気分転換になるんだなぁ〜と感じました。そういう面からも「友達」って大切だよなぁ〜と思うのでありました。
 さらに、二人とも「ある目標」を持って活動中だということが判明しまして…年末にはその成果が現れていることを切に祈るのでありました。同じ目標を持った友達がいるだけで、とても心強いもので、さらに負けられない!と頑張れそうな気がしますよね!

 そうそう、昨日久方ぶりに…う〜ん、3ヶ月ぶりぐらいにバスケに参加してきたんですけど、なんとか動くことができて一安心です。さらに翌日となる今日にはしっかりと筋肉痛が!翌日に出たことと心地よい痛みにさらに安心でございます(^。^)


 HOME > 週間じゅんぺ
© 1998 -  じゅんぺ All rights reserved.