じゅんぺの語りの館 
 HOME > 週間じゅんぺ
  2004年7月  

小旅行のすすめ号 7月5日発行

 久々に有意義な休日を取得しまして小旅行に出掛けてきました。と言うのも、どこに出掛けるにしても、土日で…となると何処も彼処も混雑していて旅行を楽しむ以前にそれを掻き分けるだけでグッタリになっちゃいますよね(-_-;)
 てなわけで、月曜日にお休みを頂きまして、日曜日〜月曜日と小旅行を楽しんできたわけです。まあ、ホテルの宿泊料がお安かったから…と言うのが、一番の理由なんですけどね(^_^;)
 とは言え、遠くまで行くとなると疲れちゃいますので、近場でゆったり寛げるところをチョイス!となれば、やっぱり「箱根」ですよね。「箱根」は日帰りでも十分楽しめるところなんですけど、一泊すれば近場の観光名所をゆっくり巡って、ゆっくり温泉に浸かって、そしてゆっくり美味しい料理を頂けるんです。

強羅餃子センター  そんなこんなで、ドライブがてら箱根に向かい、まずは道中の看板を頼りに箱根強羅の「餃子センター」で腹ごしらえ。「センター」と名が付いているので大きな施設かと想像していたのですが、意外にも普通の餃子屋さんでした。店の外には行列ができてまして20分ぐらい待ったのですが、待った甲斐がありガッツリと食してきました。ただ…やっぱり普通の餃子では宇都宮の「正嗣」に敵いませんな(^_^;)

三国峠からの眺め  その後、これまたドライブがてら見晴らしの良い三国峠まで繰り出しましたのものの、生憎の曇り空で富士山も御殿場の街並みも一望できず(;_;)…それでも、小鳥たちが囀る中、それまでの暑さを忘れさせてくれる涼しい風が吹きぬけ、何とも言えぬ心地よさでした。
 しばらく見晴らしの良くない景色を堪能した後(^_^;)、チェックインの時間になったのでホテルへ向かいました。今回はインターネット割引もある「マウントビュー箱根」をチョイス。平日、休日の宿泊であれば一泊二食付きで、なんと壱万円(税別)なんです。まあ、それなりではありますが、温泉に浸かってゆっくり過ごすには丁度よかったです。

箱根ガラスの森  チェックイン後、夕飯まで時間があったので、近くの「箱根ガラスの森」でお散歩。特に今の時期は紫陽花が園内に咲いていてちょっとした散策には持って来いでした。まあ、入場料は掛かりますけどね(^_^;)
 ホテルへ戻り、温泉で汗と疲れを流し、また美味しい割烹料理を頂きまして…そんなこんなで、ほんと久々にゆったりと時を過ごすのでありました。ほんと偶には旅行もいいよなぁ〜と思えるひと時でしたね。

 翌日は平日であることを最大限に生かし、朝から「御殿場プレミアム・アウトレット」でお買い物を堪能。と言うか、昼過ぎには帰路につこうかと思っていたのですが、あまりの広さの所為か10時半入りにも拘らずショッピング終了時間は17時過ぎ…流石にぐったりでしたね(-_-;)
 とは言え、これで近場のアウトレットは制覇!かな(^・^)


まだ梅雨ですか?号 7月11日発行

 まだまだ梅雨のはずなのに雨が降りませんね。でも、蒸し蒸しした感じは、やっぱり梅雨なんでしょうか?とは言え、この雨の少なさ…大丈夫なんでしょうか?
 でもまあ、天気が良いのは良いことでして、まさにお掃除、お洗濯には最適ですよね。てなわけで、週末にしては久々に早起きしたもので、汗をかきながら掃除、洗濯に精を出すのでありました。

 そんな早起きが悪かったのか、青空が見えるにも拘らず、突然の雨(-_-;)…パラパラと降る雨でしたので、洗濯物に対してはあまり気にしませんでしたが、流石に布団だけは…降るなら降るで、それなりの天気になってほしいものです。
 そんな思いが通じたのか、翌日の今日は…お昼にも拘らず夕方のような暗さ。さらにけたたましい雷。と思っていたら、大雨とともに雹まで降って。挙句の果てに停電まで…極端すぎです(-_-;)
 お陰で気温が下がってクーラーなしでも過ごせましたけどね。

 と言うか、クーラー起動を今まで我慢してきましたが、とうとう週末に投入してしまいました。まだまだ寝るときだけなら窓を開けて扇風機を稼動させれば過ごせていましたが、金曜日に日ごろの疲れを癒すために(…って、温泉行ったばかりですが)スーパー銭湯に繰り出しまして、そんな夜に部屋が蒸し暑い状態では元も子もないと思いクーラーをセットしたわけでして。となると、クーラーなしでは過ごせない体となってしまうんですよね(^_^;)

 と、快適に過ごすことを考えている割は、蒸し暑〜い体育館の中でバスケットを楽しんだりして。いや、こう暑いと泣きそうなぐらいグッタリですけどね。
 とは言え、汗ってかきたい時にかくのが気持ちいいわけで、そうでない時は不快なんですよね。暑い日が続きますが、気持ちのいい汗をかきたいものです。

 ※先週は週報をお休みしてしまいましたが、ちょっとした小旅行を楽しんできましたので、よろしかったら先週分もご覧ください!


思い出し泣き?号 7月18日発行

 毎年観ていた某国営放送の大河ドラマを今年は何度か見逃してしまったこともあって全く観てないのですが、最近は文明の利器を手に入れたこともあって興味をひく番組は録画して観まくってます。と言っても、それを観る時間はなかなか取れないんですけどね(^_^;)
 その中でも、先月まで放送されていた「オレンジデイズ」は毎週楽しみにして観てました。最終回はいろんな意味で涙してしまいましたね。で、今はと言うと、やっぱり「世界の中心で,愛をさけぶ」でしょうか。映画は観てないんですけど、ドラマ版でも見応えありますね。
 で、7/16放送分を観たんですが、終わり間際はホント泣けました。と言うか、後から後からボロボロと涙が出てしまいましたね。と言うのも…

 ―――サクが祖父を亡くした時、なぜか悲しみが込みあげてこず、お葬式の時でさえ涙が出なかった。しかし、亜紀を自転車から降ろし別れた後、そのペダルの軽さを感じ、その内にいつも後ろに乗っていた祖父の存在が無いことに気づき、悲しみが込みあげてきた―――

 そんな場面に、昔あった似たようなことを思い出してしまったんです。
 数年前に祖母を亡くした時、お通夜の時も、お葬式の時も不思議と涙が出なかったんです。亡くなってはいるんですけど、すぐそばに居るわけで呼べば起きそうな気がして…実感できなかったんです。でも、火葬場で御棺がかまどに納められ点火となって初めて涙が出てきて、おいおい泣いてしまいました…肉体が消滅してしまうことで、やっと亡くなったことを感じ取れたんでしょう(__)
 そんなことを思い出したら、後から後から涙が出てきてしまって、それこそ何かに憑かれようにボロボロと…(;_;)
 久しぶりに祖母を思い出したように思います(^_^;)

 それにしても、泣きながら寝るととんでもない事になりますね。ここまで、泣くと当然鼻水も出てくるわけで、でも、仰向けに寝てると、どんどん鼻が詰まって、しかも両方…ホント大変なことになりました(^_^;)

 ちょっとしんみりとしてしまったので、ちょっと明るい(?)話を(^_^;)
増田ジゴロウ  と言うか、久々に東急ハンズで買い物をしていたら、ジゴロウグッズを見つけちゃいました。と言うか、画像があるってことは…すみません。年甲斐もなく買っちゃいました(^_^;)
 …ジゴロウはTVKで放送中の「saku saku」のキャラクターです(^・^)


ひたすら気力号 7月25日発行

 今年は異常に暑いからでしょうか。それとも、若いと思っていながらも、やはり年には勝てないからでしょうか。それとも、来週からもうひと頑張り必要なのですが、とりあえず仕事がひと段落つき気が抜けたからでしょうか、もうグッタリです。…と言うか、頭がボーっとしてます。

 そう言いながらも、まだまだそんな筈は無い!気力でなんとか…って、気力に頼っている時点で、もうダメダメなんですけど、それでも、暑い時こそ、たっぷり汗をかきまくろうじゃないかとバスケに挑んできたのですが、「やめておけばよかった…」とは思いませんが、もうちょっとで倒れそうでしたね(-_-;)

 18時からの練習と言えども、やっぱり体育館の中は蒸し暑く、ストレッチをしているだけで玉のような汗が流れ出すんです。そんな状況で走り回れば…って、走るどころか、あまりの暑さに体に力が入らないし、頭はフラフラするし、マジで練習から抜けようかと思うほどでした。って、別に無理する必要はないんですけどね。それでも、そう思った矢先に「あと3本」とか言われちゃうと「もうひと踏ん張り…」と頑張っちゃうんですよね。ただし、気力でですけど。

 と言うか、休憩のたびにしっかり水分補給をしていたんですが、何だか水分が体中に行き渡っている気がせず、飲めば飲むほど汗となって出て行っている感じがしました。また、水分を補給すれば多少体温も下がるような気もするんですが、その気配もなく体温が上がる一方のような気がしまして、だから頭がボーっとしてしまうんじゃないかと…てなわけで、ぬる〜いスポーツドリンクを止め、冷た〜いお茶に切り替えてみたんですが、それが功を奏したのか幾分か復活した様子で、その後は適度な動きができるようになりました。まあ、気力で動いていたのは言うまでもありませんが(^_^;)

 そんなこんなでご老体にはかなり厳しい時間を過ごしたのですが、最後まで気力が保ててよかったと思うのでありました。何せ練習後のシャワーの後に汗が引ききらない中、着替える時ですら気力で乗り切りましたからね…いつまで気力が続くか心配ですな(-_-;)


 HOME > 週間じゅんぺ
© 1998 -  じゅんぺ All rights reserved.