じゅんぺの語りの館 
 HOME > 週間じゅんぺ
  2004年10月  

秋の気配号 10月2日発行

 気づいたら、あっと言う間の10月…カウントアップはもう間近(-_-;)

 それにしても、日々、涼しくなりつつありますね。まあ、偶に「えっ!?」と思えるほどの暑さに逆戻りしたりしてますが…とは言え、近所をプラプラと散歩していると、金木犀の香りが何処からから漂ってくる感じがするんですよね。気のせいかな(^_^;)
 そんな秋の気配が感じられる今日この頃、ひと足早く紅葉を満喫しに明日より本州脱出計画を決行します。ここまで言えば、何処に行くかは想像つきますよね(^_^;)
 そんなわけで、久々に旅行…楽しみでございます(^^♪

 そう言えば、毎週欠かさず購読している「オトコを刺激する情報マガジン R25」…と言っても、無料なんですけどね。と言うか、無料の割には情報満載でして、電車の中での暇つぶしには持って来い…なんて言うのは失礼なぐらいの情報マガジンなんです。
 そんな情報マガジンの「読書アンケート&オリジナルグッズプレゼント」に先日応募したんですが、と言うか、応募してたのを忘れ去っていたんですが、見事、9月2日号の「USBファン」が当選しちゃいました。
USBファン  その名の通り、USBからの電源供給によるミニ扇風機!
 小柄ながら重宝するかも!と思い、早速、遣ってみたのですが…軽い所為か、自身の振動と風力で本体が動いちまうんですよね。まあ、電池駆動にもなるので、電池を入れておけば動かないかな。他にも滑り止めみたいなものを底に貼り付けるなど工夫すればいいかも!ですね。
 まあ、何だかんだ言って、懸賞に当たるのって嬉しいもんですよね(^・^)

宇宙BOXストラップ  さらにさらに、9月30日にsakusakuのニュー携帯ストラップが発売されまして、例に漏れず横浜の東急ハンズで買い求めて参りました。「金がねぇ〜」と言いつつも、ついつい買ってしまって…そんな私に相方さんは呆れ顔でした(-_-;)
 とは言え、サクサカーである以上は!…と自分に言い聞かせる私でありました。
 そういやぁ、9月30日号のR25の今週の『彼女』は…木村カエラさんでしたよ(^・^)


お仕事中すみません…号 10月10日発行

 皆さん働いている中、長期休暇を満喫しておりまして。どーも、すみません。気づけば11連休…でもね、かなり稀なことですのでお許しくださいな(^_^;)
 と言うか、ここまで休むとホント社会復帰が危ぶまれます(-_-;)

 これほどの休暇を取得したのは、兎にも角にも「秋を先取り 本州脱出大作戦」のため…って、北海道旅行なんですけどね。実際のツアー名は「カニ・イクラ・ホタテ・炉端焼き 秋は美味しい北海道!!3日間」…と、東京ディズニーシーを満喫するためだったんです。
 お陰さまで、どちらも晴天に恵まれまして…これも日頃の行いの賜物でしょうね。って、後半は車いじりに費やそうかと思ったのですが、東日本に上陸した台風としては気象庁が統計を取り始めた1951年以降、最大級の勢力の台風が襲来。幸い私が住む地域+実家の方では被害はなかったものの…全くどういうことですか(-_-;)
 と言うか、「日頃の行い…」は私ではなく相方ですか?

 それにしても、北海道はまさに「でっかいど〜」って感じで、そのスケールに驚きの連続でしたね。それだけに人間の小ささを思い知らされたような気がしましたね。
 と言うか、見学先でのバス集合時間に間に合わず思わず走ってしまったりするところは、なんとなく「小さいなぁ」なんてことを思ったりしちゃって…まあ、団体行動ですから間に合わなければ走るのは当然かな。とは言え、余裕を持って行動できない点は…いやまあ、慣れもあるんでしょうけどね。
 と言うのも、今回のツアーに同席したお客さん(9割が年配の方々)は、みなさん5分前には座席に居りまして…いや、5分前行動と言うのは大切なんですけど、移動時間が長いこともあって一箇所の見学時間が20分〜30分と短かったりする中で、それだけの時間配分ができるのは凄い!と言うしかなかったです。旅慣れしてるからなんでしょうね。
 でもまあ、せっかくの旅行ですから次回はゆっくりと楽しみたいですね。

 ちなみに行程は、
 ・一日目:富良野→美瑛→旭川→層雲峡→端野
 ・二日目:能取湖→摩周湖→釧路湿原→阿寒湖→オンネトー→十勝川温泉
 ・三日目:然別湖→夕張→千歳
 でした。詳しい旅行記は別途掲載しますのでお楽しみに!


全くなんてこった!号 10月17日発行

 今週は雨が多かったですね!しかも、先週末からずっと…と思ってたら、金曜日は勿体無いぐらいの晴天!!って、何が勿体無いかと言うと、当然、思いっきり洗濯できたのに…てな思いです(^_^;)
 と言うのも、天気が悪いからって洗濯しないわけにはいきませんから、当然、しますよね。でも、外には干せないですから、部屋干しするしかないんです。まあ、そうは言っても、一晩置いておけば乾くだろうと思っていたのですが、度重なる雨の所為か一向に乾く様子がなかったんです。
 そこで、仕方なくファンヒーター登場と相成ってしまったわけですが…全く、なんてこった(-_-;)

 まあ、それでも金曜日がこの天気であれば土曜日もきっと!…と思っていたら、生憎の曇り空。多少肌寒いものの確かに過ごしやすい気温でありましたが…全く、なんてこった(-_-;)
 とは言え、やはり洗濯はしないわけにはいかないわけで、部屋干しするよりは良いだろうと、渋々、曇天の下、せっせと洗濯物を干したのでありました。流石に完全には乾ききりませんでしたけどね。

 てなことをしてたら、日曜日は思いっきりの晴天。嬉しいはずなんですが…全く、なんてこった(-_-;)

 さらに!夕飯を食した後の片づけの際、シンクの下に鍋などを閉まっていたところ、黒い小さな物体が目に留まりました。それが何であるか直ぐに察知し、その痕跡を残す「生物」も想像できたのですが、昨年からは一度もお目見えしなかったので、まあ、大丈夫だろうと思いつつ軽い気持ちで掃除を始めたところ、悔しくも2年ぶりにご対面と相成ってしまいました。
 その「生物」がなんであるかは皆さんもご想像つくかと思うのですが、そこに居合わせた姫君(「相方」との呼び名は不評であったため改名致します。)は大の苦手でして、それが存在してしまった気持ちの悪さに夜中まで周辺を掃除する羽目になってしまったのでありました…全く、なんてこった(-_-;)


相次ぐ天災号 10月24日発行

 先々週に引き続き超大型の台風が襲来して各地で猛威をふるっていたかと思ったら土曜日には新潟県中越地方で震度6クラスの連続地震。相次ぐ天災に何とも落ち着きませんな。
 と言うか、ホント幸せなことにどちらの被害も遭わずにすみましたが、それ故に余計不安に駆られてしまう今日この頃です。
 これを教訓に改めて防災準備をしようと考えてます。それこそ、「天災は忘れた頃にやって来る」にならないように…

 そう言えば、今回の地震でライフラインが寸断されてしまっているようですが、通常の電話だけでなく携帯電話も繋がり難いようですね。集中してしまうのもあるんでしょうけど、中継アンテナが倒れしまって…と言うこともあるようで、やはり災害時に携帯電話で連絡を取ると言うのは困難なことなんですよね。某社では災害時の安否確認をネットで行おうとしてるんですが大丈夫なんでしょうか(-_-;)

 話は変わって、今年も憂鬱な時期がやってきてしまいました。
 と言うのも、来月、弊社の昇格試験なんですよね。過去に2回ほど落ちてまして…そのことに対しても憂鬱なんですが、やはり試験の為に勉強すると言うのが何とも憂鬱。まあ、特殊な試験ではないのでいいんですけど、曲者なのがSPI。漢字なんかはワープロで一発変換だし、計算も電卓やエクセルで一発だし…ちょっとしたことに頭を使わなくなってしまった現代人には辛いところ。
 さらに小論文もあったりするんですけど、文章を書くのもタイピングだったり編集もコピペで出来ちゃうし昨今ですから、手書きで書いたり消したりしている間に時間がなくなってしまって、それに焦って考えがまとまらなくなったり…
 そんなことを考えると憂鬱になっちゃうんです。でも、頑張らないと給料上がらないからなぁ…はぁぁぁぁぁ(-_-;)

 そんな憂鬱を吹き飛ばすべく大いに笑い転げてきました。厚木で「爆笑バトルライブ」が催されたんで。…って、試験勉強は始まったばかりなんですけどね(-_-;)
 ちなみに今回の出演者は、どーよ、さくらんぼブービー、田上よしえ、安田大サーカス、ヒロシの五組でした。お笑い好きの私には打って付けの催しでした。また、行きたいな!


今週のみどころ号 10月31日発行

 や、やりました!とうとうサクサカーになれました…と言うか、tvkの「saku saku」に投稿した画像が26日の放送で採用されちゃいました。
 4つほど画像を投稿したんですが、さすがに立て続けに送った所為か、採用されたのは最初の一枚だけ…まあ、それでも嬉しいものですね(^^♪
 ハンドルネームを使った所為か、職場のサクサカーたちも直ぐにわかったとか。と言うか、私の場合、7:30からの朝の放送は殆ど観ず録画したものか、24:05からの再放送を観るのですが、その日、たまたま朝から観ていた姫君より「出てたよ」メールが入りまして一日浮き足立っておりました。
 この画像は先日の北海道旅行での一枚。「能取湖」と言うサンゴ草が群生する湖畔で撮影したものです。
 そうそう、北海道の旅行記もやっとできましたので、そちらもお楽しみください。画像が多くて重いかもしれませんが…(PC版のみ)

 ある日の晩、姫君とお茶をしにとあるファミレスに行った時のこと。車から降りたところ、どこからか猫の鳴き声が。ふと振り返ると、ちょっぴり太り気味の猫が居ました。家猫だったからか逃げることもなく私たちの足元に近づき戯れてきました。お腹が空いていたんでしょうか。それとも寒かったからでしょうか…猫の考えていることはさっぱりわかりませんが(^_^;)
 しばらく猫の相手をした後、2時間ほどお茶を楽しんだのですが、驚いたことに私たちが店を出てきたのがわかったのか車に近づいた途端、「にゃ〜」と鳴いたかと思ったら、遠くのほうから駆けてきました。その姿が可愛らしいやら面白いやらで、しばし二人で笑い転げてました。
 その後、暗かったこともあり見失ってしまい「どこに行ったんだろうねぇ」などと話していたところ、いつのまにやら私たちの足元に。その素早さに驚きでしたね。
 昔、猫を飼っていた姫君曰く、尻尾をピンと立てて戯れてくる様は機嫌が良く遊んで欲しい仕草なんだそうです。気分屋さんなだけにこういう仕草が頗る可愛いそうです。

 と言うか、こういった風に人間に慣れているのはいいのですが…って、今回は家猫だったからなんですけど、これが野良猫なのに妙に人間に慣れていられるのは困りものなんですよね。
 と言うのも、実家の近所には数匹の野良猫がウロウロしてるんですが、人が近寄っても全然逃げようとしないんですよね。大人しくしてるんであればいいんですけど、平気で車のボンネットや屋根の上に我が物顔で座っていて近寄っても此方を見るわけでもなく、退けようと思うとツメを立てて逃げていくしで、ホント困っちゃうんです。なんとかならないんでしょうかね。まあ、元はと言えば捨てたりした人間が悪いんですけどね(-_-;)

 そう言えば、19年度から消費税上げなどと言う案が出ているようですが、確かにどうしても必要ならば引き上げも止むを得ないと思うんです。ただ、何においても日本政府は国民に対する説明が足りなすぎなわけで、ちゃんと納得のいく説明をしてから決めて欲しいものです。と言うか、金が足りないなどと言うなら、税金の無駄遣いを止めるとか、癒着などで不正に懐を肥やしている輩を何とかするほうが先ではないんでしょうか…と言うか、そう言うお金はちゃん国民に還元すべきだ!と思うのは私だけですか(-_-;)


 HOME > 週間じゅんぺ
© 1998 -  じゅんぺ All rights reserved.