じゅんぺの語りの館 
 HOME > 週間じゅんぺ
  2004年11月  

酸が効く!?号 11月7日発行

 久々にやっちゃいました(;_;)…と言っても、鍋を焦がしちゃっただけなんですけどね。姫君とカレーを作ったんですけど、とりあえず多めに作って保存分は冷凍パックに詰めまして、食べる分を再度温め直した際にコゲっ!そんなわけで、その日の夕飯は少々焦げ臭いカレーになっちゃいました。
 と言うか、私的には焦げ臭さはちょっと気になる程度で食べれないことはなかったのですが、姫君的には全然受け付けない焦げ臭さだったようで…私の味覚って変なんでしょうか(;_;)

 まあ、そんなこんなで、夕食後は焦げ付いたお鍋との格闘が始まったわけですが、あまりの酷さにどうしたらよいものかと頭を悩ませてしまいました。
 で、とりあえず、その鍋でお湯を沸かしコゲをふやかせてみたらどうだろうと試みたのですが…具が焦げて厚みを帯びていたところは取れましたが、残りはピクリともしないとです(;_;)

 で、こんな時はやっぱりネットで検索!
 ・『鍋についたこげをとる』…流石になかったですね(^_^;)
 ・『鍋 焦げ』…いくつかのページが一致しました!で、「がんこな鍋の焦げ付きは酢で取りやすくする」なるページをみつけまして、早速、『お酢』を試してみました。詳細は…みなさんも検索してみて(^_^;)
 で、結果はと言うと、流石に容易に剥がれるとまではなりませんでしたが、少なくともお湯を沸かした後よりは剥がれやすくなりましたね。その後、こびりついているコゲをメラミンフォームでゴシゴシと磨きまして、なんとか綺麗になりました。完全復活!とまではなりませんでしたが、「お酢」はなかなかの優れものですね。ちなみに「重曹」も効くようです。

 こびりつき…と言えば、しばらく前から歯を磨くと出血するなんてことがありまして、気になって奥歯を覗いて見たところ、驚いたことに右上奥歯で歯茎が痩せている所があったんです。沁みはしないものの、その状態にやばいと感じまして早速歯医者へ行ってみました。
 診断してもらったところ、歯槽膿漏予備軍とのことでして、とりあえず、こびついている歯石を超音波振動でカリカリと取ってもらいました。今回は上の歯だけでしたが、かなりスッキリしましたね。来週以降は下の歯と虫歯の治療とちょっと気が重いですが、最近は歯医者の数も増え競争も激しいためか無痛治療も進んでいるそうで、この機会に頑張って治療しちゃおうと思います。
 と言うか、歯石もお酢で取れればいいのに(^_^;)


ともあれ…号 11月15日発行

 先週に引き続き歯科へ行ってきたのですが、驚いたことに虫歯治療より歯石除去の方が痛いんですよね。と言うか、虫歯治療する際、麻酔したんですが、その注射(を使ったどうか定かではありませんが…)すら痛くなかったんです。これなら、虫歯治療も恐くないですね。とは言え、あと2,3本残っているとのこと…まだまだ通院は続きそうです(;_;)
 そう言えば、歯石除去のお陰でしょうか、歯磨き時の出血はなくなりましたよ。歯茎の色も良くなりまして、歯石除去は重要ですね。
 ともあれ、普段の歯磨きをちゃんとしないとね!

 そうそう、先日の「トリビアの泉」で金ちゃんヌードルが出たようですね。と言うのも、残念ながら放映時間はまだ仕事中でして、当館の掲示板に書き込んで頂き、その事実を知った次第です。ほんと悔やまれます(;_;)
 ただ、この放映のお陰で「金ちゃんヌードルって?」とか「金ちゃんヌードル懐かしい!」など思ってくださった方でしょうか、いつもの3倍近くのアクセスがありました。有難いことでございます。でも、アクセス増大は3日と続きませんでしたけどね(^_^;)
 ともあれ、金ちゃんヌードルの認知度がさらにアップすることを祈りま〜す。

 この週末にやっと昇格試験終わりました。自信の程は…五分五分と言った感じでしょうか。いや、かなり自信なしです(;_;)
 と言うのも、課題のひとつの小論文がぜ〜んぜんダメダメだったんです。お題目から、漠然としたイメージは湧くんですけど、いざ書こうとすると筆が…と言うか、鉛筆が進まないんですよ。
 思い浮かんでも書いては消して書いては消しての繰り返しで、さらに漢字を思い出せなかったりと全く進まないんです。1時間の時間がありながらも、そうこうしている内に残り20分…焦りまくってホント泣きそうでした。
 普段、字を書かない所為でしょうね。漢字は忘れるし、頭の中と鉛筆の動きが連動しないし、編集は時間が掛かるし…って、もしかして、これは脳の働きが低下してるってことですか(;_;)
 とは言え、論文の中身を吟味するんであれば鉛筆書きは非効率ですよね。かと言って、試験中にカタカタなるのもどうかなぁ…と思うのですが、この音は仕事場で慣れてるから大丈夫かもね。それよりも、消しゴムでゴシゴシ消す時に机が揺れるほうが気になるよなぁ(-_-;)
 ともあれ、ひと段落でございます。ふぅ。


微妙に幸い…号 11月21日発行

 愛車で買い物に出掛けていた時のことなんですが、とある交差点の右折車による恒例の渋滞で3度ほど信号待ちをしていておりまして、ホント右折レーン作ってくれよなどと、ぼやいていた最中、ソレは起こりました。

 私の愛車の脇を自転車に乗った小学生がトロトロと通り過ぎたんですが、こちらも停車してたので特に意識せずやり過ごした次の瞬間…前の車の前を横切って反対車線に飛び出し、対向車と接触!
 幸いにも対向車も徐行していたこともあり、小学生は自転車とともに道路に倒れこんだものの特に怪我を負っている様子はありませんでした。

 と言うか、その事故を目の前にし、シートベルトまでは外したものの次の行動に移せない自分が居ました。小学生は無事そうだ。運転手もすぐに車から降りた。という一連からなのかもしれませんが、やっぱり頭の中はパニクっていたからなんでしょうね。なんとも情けないことであります。
 運転する側である以上、事故を起こさないように気をつけるのは当然なんですが、事故を起こしてしまった、事故を目撃した場合に適切な行動とはどんなことか、などを常日頃意識してなくては…と改めて感じました。たしかに、そのような場合に落ち着いて行動できるかどうかはわかりませんが(-_-;)
 その後、交番が目と鼻の先の距離にあったこともあり、すぐにお巡りさんも駆けつけ事無きを得た様子でした。

 その後の運転はこれ以上になく安全運転になったことは言うまでもありませんが、ひとつ私的に幸いだったのが、私の目の前で事故が起きなかったことですね。もし私の前を横切って…なんてことになってたら、注意を促せなかった自分を責めてしまうだろうし、ショックも受けるだろうし…まあ、微妙な幸い感ってところですけどね。

 で、微妙な…は続くものでして、違う交差点で2番目で信号待ちをしてたんですけど、先頭の車の前を黒猫が横切ったりして…自分の前じゃないってことに微妙な幸い感を抱くのでありました(-_-;)

 と言うか、ある意味、自分でなくて良かった…と思うところに、自己嫌悪(ーー;)


ほのぼの号 11月27日発行

 久々に水族館に行ってきました。まあ、近場の八景島シーパラダイスなんですけどね。以前、新江ノ島水族館に行こうかと思ったのですが、駐車場に入る前の渋滞が凄すぎて断念したんですが、今回は平日だったこともあったからか昼過ぎに向かったのですが駐車場も園内もお陰さまで空いてました。

 と言うか、こう見えても(って、どう見えてるか分かりませんが…)結構、水族館好きなんですよね。海の近くで育ったからでしょうか。その割には魚介類に関しては好き嫌いが激しいんですけどね(^_^;)

 てなわけで、水族館を堪能したんですけど、ペンギンやホッキョクグマの可愛い仕草に、しばし足を止めてしまいました。特に物思いに耽っている様子のペンギンや、なかなか水に飛び込めないでいるペンギン、いろんなパフォーマンスを見せてくれるアシカやイルカ。ホント、ほのぼのって感じですよ。う〜ん、たまには良いもんですね。

 八景島シーパラダイスの園内で過ごすだけなら無料ですし、特にこの時期はイルミネーションなどが、とっても綺麗ですので足を運んでみては如何でしょうか!

 イルミネーションと言えば、やっぱり夜景(!?)これからの時期は寒さに耐える必要がありますが、空気が澄んでいるので特に綺麗に観えますよね。てなわけで、ちょっと足を伸ばしてヤビツ峠からの夜景を堪能してきました。展望台もありまして綺麗な夜景の広がりを楽しむことが出来ました。昼間の景色も良さそうな感じです。
 秦野の名古木の交差点を曲がりしばらくすると山道になるんですが、結構、狭いところもありますのでお気をつけて…って、私的には面白い道でしたけどね。と言うか、夜景もよかったのですが、ヤビツ峠への運転…久々に熱いものがありました。今度は宮ケ瀬の方面から向かってみようかな(^^♪

 そう言えば、先日受けた昇格試験…予感は的中しまして、今年も…_| ̄|○ ガックシ…来年また頑張ります(;_;)


 HOME > 週間じゅんぺ
© 1998 -  じゅんぺ All rights reserved.