Macとクラシック音楽のページ

(The Page of Mac and Classical music)

2014.04.19更新(Update) 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: http://lib002.upp.so-net.ne.jp/cgi-bin/counter.cgi?udir=kazuyahp&cname=kazuya&gctype=S16&keta=6 

 

私のコンピュータ (My Computer)

MacBookPro Retina(13)  3.0G Intel Core i7 OSX10.9.2

MacBookPro Retina(12)  2.7G Intel Quad Core i7 OSX10.9.2 & Win8.1 & Win7HP SP1

MacBookPro(11)  2.5G Intel Quad Core i7 SuperDrive OSX10.8.5 & Win7HP SP1

MS Surface Pro2 Win8.1(13)

iPad Air 64G iOS7.0.6 (13) 

 

あると便利なMacのオンラインソフト(Mac online software)

Macの大好きな私が,使って便利なオンラインソフトを紹介します。

あると便利なWinのオンラインソフト(Win online software)

Winの使って便利なオンラインソフトを紹介します。

クラシック音楽(Classical music)

マーラー,ブルックナー,ワーグナー,そしてショスタコーヴィチの大好きな私が ,好きな曲の決定盤を勝手に選んで紹介します。

映 画(Movie)

私の好きな映画を紹介します。

本(Book)

私の好きな本を紹介します。

あると便利なリンク集(Link)

 

080726 去年の12月からずっと股関節の痛みが治らない。地元の医者に行っても原因がわからない,最終的には,「大きな病院へ行って診てもらいなさい」の一言。

ずっとボルタレンの痛み止めを飲んでごまかしてきたが,さすがに7か月も飲み続けると胃腸に障害が出る。

今日,勇気を出して,大きな病院で診てもらった。その結果は,「大腿骨頭壊死症」。手術で,人工関節に変えるらしい。

1か月の入院で治るとのことで,夏休み中で助かったが。心情的には,ショック! 

これまで,大きな病気やけがもなく,長期入院もなく元気に過ごしてきたのに,何で俺が?俺の何が悪い?

原因は現在の高度な医学でも解明できないらしい。そして,難病の対象とのこと。

何で俺が!手術も怖い!痛みも怖い!本当に治るのか?手術が終わっても本当に今までと同様に生活できるのか?8月中に退院できるのか?

もしも,万が一,9月にずれ込むようだったら担任している子供たちに迷惑をかける。絶対に夏休み中に治したい。

不安と恐怖でいっぱいだ。落ち着かない。

自分はストレスに弱いとは思っていたが,これほどまでに弱いとは。命にかかわることで悩むのはわかるが,たかがこれくらいの手術で,気が動転してしまう自分が恥ずかしい。

自分は弱い人間だなと思う。だからこそ,強くなりたいとも思う。しかし,心の中は,不安と恐怖でいっぱいだ。

怖くて,怖くて,怖くて仕方がない。

 

080731 病院,担当医,入院日,手術日も決まった。

担当医は,手術後のリハビリをきちんとやれば,9月1日は学校へ行けると約束した。車にも乗れるとのこと。

後は,運命を受け入れて,気合いを入れて頑張ることだ。

でも,やっぱり手術は怖い。不安でいっぱいだ。

何とか,理性で抑えよう。

こういう事態になって初めて,健康のありがたさがわかった。

 

080804 理性では不安と恐怖を受け入れてはいるつもりだが,体がそれらを拒否しているらしい。

学校では明るく振る舞うことができる。しかし,家に帰ると落ち着かない。

好きなクラシック音楽を聴いたり,映画を見たりしているときは忘れることができる。ソファやいすでは,うつらうつらして軽く眠ることができる。

しかし,ベッドでは眠れない。寝返りを打つときの痛みなのか,不安のせいなのかわからない。

毎日,眠たいが,眠れない状態が続いている。

この夏休みは,オケでマーラーの9番とワーグナーの「イゾルデの愛の死」を,

練習で指揮する予定があったのに,それもキャンセルになってしまった。

子供たちにも学校にもオケにも迷惑をかけてしまった。

関係者の皆様,いろいろとご迷惑をかけてすみません。

早く,終わってしまえば何事もなく,元気になるだろう。

しかし,待っているのがつらい。

 

080805 今日の手術説明で,入院日が1日早くなって8日になった。ちょっと,ショックではあったが,これからは前向きに考えることにしよう。

1日早くなると退院もそれだけ早くなるだろう。個室もゲットできた。パソコンを持って行って,ネットへの接続も可能。入院生活にも慣れるだろう。

しかし手術は怖い。でもここまできたらやるしかない。

絶対に9月1日は,学校へ行きたい。がんばろう。

 

080806 子どもたちと保護者の皆様,夏休み忙しい中,このような会をしていただき,ありがとうございました。

子どもたち,「千羽鶴」と心のこもった「手紙」ありがとうね。

千羽鶴は作るのに大変だったろうね。病室に持っていって,つらい時はこれを見て,君たちのことを思い出し,先生もがんばるからね。

それから,「手紙」全て読みました。今まで,落ち込んで,怖くてぐちばかり言っていた自分が恥ずかしくなりました。勇気がわいてきました。ありがとうね。

特に,Rさん,「確かに君の言う通りだよ。君の意見のほうが正しい。これからは,前向きにがんばるから心配しないでね。」

そして,みんなで歌った「落葉松」忘れないよ。9月からは,バリバリ練習するから,2部合唱がんばろうね。

君たちも6年生だからこの夏休みは,勉強に運動に大変だと思います。

君たちに負けずに,先生も手術,リハビリがんばって,9月1日に,みんな全員元気で教室で会おうね。

今日は,ありがとうございました。とても感動しました。感謝でいっぱいです。

 

080808 いよいよ入院の日だ。少しドキドキしたが,今日は大きな検査などはないとのことで,ほっとした。

自由な時間が多くて,楽な1日だった。

 

080809 明日は,検査がちょっときつくなる予定。

11日の手術が終わって,動けるようになってから,また更新します。

それでは,手術がんばります。

 

080814 やっと歩行器で歩けた。ベッドの出入りも1人でできるようになった。

しかし,痛みと熱がとれない。

でも,がんばるぞ。

 

080816 まだ,発熱が続いているが,激しい頭痛と目の痛みが少しとれてきた。

食事も少しながらとれるようになった。

1番うれしかったのは,1本の杖でなんとか歩けるようになってきたこと。

リハビリと自主練習がんばるぞ。

 

080817 書き忘れたが,手術で取り替えたのは,人工関節ではなく,チタン製の骨頭だけだった。よかった。

しかし,まだ熱が続いている。だるい。熱で,体力が出ないので,自主練習が続かない。

1つよかったことは,杖なしでもなんとか歩けるようになったこと。部屋くらいの距離が限界だが。

明日は,ホチキスの針のようなものでついている手術の傷口から,それを抜くらしい。

ちょっと怖い。でも,これをクリアすれば,後はたぶんリハビリだけだろう。

少しずつ希望の光が見えてきた。

 

080818 朝から抜糸。痛かったけど。これで身軽になった。

よほど手術時の出血が多かったのか,「ヘモグロビンが少ないので治療の必要がある。」と言われ,ちょっとへこむ。

レントゲンをもう一度撮って「人工骨頭の方は異状なし。」と言われ,気を取り直してリハビリをがんばる。早く退院したい。

22日にもう一度血液検査がある。ヘモグロビンが増えているといいが・・・・・。

 

080822 まだ標準には達していないが,ヘモグロビンが増えていることがわかった。治療は続くがほっとした。

足は,日増しに良くなってきている。退院は30日に決まった。あと1週間リハビリがんばるぞ。

 

080824 今日は,半日外出許可をもらい家に帰って,退院後安全に生活できるかどうか確認した。

1,ベッドの堅さと高さ 2,トイレ 3,お風呂 4,ソファの堅さと高さ 5,机とイス 6車などたくさんある。

いろいろと購入しなければならないので大変だ。

車の方は,ドアを全開にしなくては乗れないので,なんとか頼んで,駐車場の隅にしてもらった。

後は,退院まで,治療とリハビリをがんばって,9月1日には元気に職場に復帰したい。

 

080906 職場に復帰して1週間。まだ,足が思い通りにならないため,結構きつい。疲れる。

ずっと入院してすぐなので仕方がないことだが。すぐに疲れてしまう。

家に帰るとそのままバタン。はやく体力をつけなければ。

 

081018 車への乗り降りや高い段差は杖が必要だが,その他は必要がなくなってきた。

リハビリへは毎週通う必要があるが,体はだんだんよくなってきている。

しかし,まだすぐに疲れてしまう。

体が元のようにいかないのはわかっているが・・・・ 

全速力で走りたい。おもいっきりボールを蹴りたい。 足の位置を気にせず寝たい。

決してできないことだけど,それが一番の望み。

決して落ち込まず,今の自分にできることを一生懸命実行する。

物事を,前向きに,前向きに,前向きに考えて行動する。

これが一番大切だ。

 

081019 ちょっといいことが2つあった。

1つ目は,ある組み合わせでMacBootCampを使って,Winを起動すると不具合が出ることを見つけた。

アップルもそれを確認。半年ほど使ったMacを同スペックの新品のものに交換できた。

2つ目は,オケでのマーラーの交9の4楽章。弦楽器のまとまりがよくなってきた。

後は難しい1楽章をどう処理するかだ。

 

081207 オケの練習があった。1楽章は,14から最後までのバランスがよくなった。

4楽章は,最初の弦が終わって,木管の活躍するところがよくなった。

各木管の音色を活かした繊細な強弱のバランスとテンポがより自然になった。

ここは,流さないで,ゆっくりとしたテンポで,じっくりとやるべきだ。

やっとオケが,自然についてくるようになった。

私の解釈を理解してくれて,とてもうれしかった。

せっかく調子がよかったのに,急に歯の痛みと熱があったので,途中で帰宅した。

そして,久しぶりに,映画「イングリッシュ・ペイシェント」を観た。いつみても涙が止まらないすばらしい映画だ。

洞窟でアルマシーを待つキャサリンの想い。祖国を裏切ってまで愛するキャサリンを必死に救おうとするアルマシー。

アルマシーの最後の願いを実行するハナの想い。記憶が戻ったアルマシーの選択はこれしかなかった。暗い過去をもつハナだからこそ彼の気持ちがわかる。

ハナがアルマシーに,キャサリンが洞窟の中で書いた日記を読む場面。その時のアルマシーやハナの想い。

ラストでのハナは,トラックの荷台に乗る。トラックが走り出すと暗い音楽とともに木々の間から太陽が見え隠れする。音楽が明るくなり,木々が消え太陽でいっぱいになる。

これが,映像と音楽との一体化で,何も言葉はないが,ハナの気持ちの変化を見事に表現している。

ミンゲラ監督の演出はすばらしい。脚本も音楽もすばらしい。

ワーグナーが追求したオペラでの総合芸術にも通じる。

 

081231 昨日までずっとオケの練習。ワーグナーの「イゾルデの愛の死」はうまくいった。ついでに第1幕の前奏曲もやった。いい感じ。

マーラーの9番はほぼまとまった。大好きな4楽章はばっちり。やはり1楽章は難しい。スコアは複雑で,こっちが振り間違えることも多い。

もうちょっと時間がほしい。でも疲れた。非常に疲れた。

 

090328 19日の卒業式が終わって,残務整理に忙しくやっと,更新できました。

卒業生のみんなどうしてるかな? 

今先生は,31日に渡すDVDの制作にがんばっています。

その中には,君たちとで作った映画と卒業生を祝う会のビデオが入っています。

31日に渡したいので,みんなが集まれるといいね。

あと,すてきな卒業式ありがとう。先生も,思い出に残る感動的な卒業式でした。また,あの教室で,みんなと話がしたいな。

 

090402 去年,初めて手術をした。右足の大腿骨がチタン製の人工骨になった。

靴下を履くことや爪切りをすることは自分一人ではできない。介護用の器具を使って初めてできる。

重いものも持てない。低いところの物も持つことが難しい。ボールも蹴れない。好きなサッカーができない。走ることもできない。

仕事もハンデがあるので,同僚と同じようにできないことがある。イライラする。自分自身に腹が立つ。ストレスがたまる。

自分は,何年も前からユニセフ・マンスリーサポート・プログラムに賛同し協力している。

毎月の定期的な募金がどれだけユニセフにとって必要かわかっているつもりだ。

しかし,いろいろな疑問が湧いてくる。

自分は,貧困の中で必死に生きる子供たちの気持ちがわかっているのだろうか?

マンスリーサポート・プログラムに協力していることで,自己満足してはいないだろうか?

今,よく考えると残念ながら自己満足で,マンスリーサポート・プログラムに参加していたと思う。

だから,貧困の中で必死に生きる子供たちの気持ちがわかっているのかと問われれば,自信をもっては,「はい」と言えない。

自分中心に物事を考えていた。そして,お金だけを寄付していることで終わっている。

行動をしなくてお金だけで解決する。ただの自己満足だ。情けない。

自己満足で支援することによって,確かにユニセフにとっては,プラスには働くだろう。

しかし,これで世界は救われるのだろうか?

現在の世界情勢は,不条理・不公平・理不尽に満ちている。

具体的に言うと切りがないからやめる。自分自身も含めて腹が立つ。

貧困に困っている子供たち。体に障害がある人たち。思想,宗教,民族などの違いによる対立。

そういう弱者に対して,純粋で偏見のない立場で物事を考えられているだろうか?

関心のない多くの人々にとっては理解することは難しいだろう。

自分がそのような立場に立って初めて理解することが多い。それでは,遅すぎる。

世界の国々についてもそうだ。国益を最優先にすることは理解できる。

しかし,環境破壊による温暖化現象など。核兵器や生物化学兵器,テロによる恐怖など。

国家レベルではなく,地球レベルで考えなければならないことがたくさんある。

そして,その恐怖をなくすために軍備を増強する。それに対して敵国も増強する。

残念ながら,日本も含めて自国の国民や領土を守るための唯一の手段は武力によるものでしかないのが現状だ。

世界中のほとんどの人々は,平和を望んでいる。そう願いたい。

しかし,平和は武力によって維持されている。それが,真の平和なのか? これで満足すべきなのか?

解決法は自分もわからないが,これだけは言える。

金子みすゞの詩を読んでください。

絶対的な美を追求してください。

芸術を愛してください。

自分と違った価値観も受け入れてください。

たとえ受け入れることができなくても,自分と違った価値観を尊重してください。

そして,なぜ相手がそのような考え方なのかを,相手の立場に立って自分でよく考えてみてください。

どうしても理解できなかったら,怒りによる戦いではなく,理性による話し合いをしてください。

1回でダメなら,2回,3回と何回でも議論してください。

世界中の人たちが平和を望んでいます。戦争や貧困で人が死ぬのを望んでいる人はいないはずです。

「ビリーブ」の歌のような世界を実現しなければなりません。

未来において,人類が生き残る道は,それだけだと自分は確信します。

 

090505 連休の間,久しぶりにオケの練習に行った。

行く前にマーラーの交響曲第3番の6楽章かブルックナーの交響曲第8番の3楽章を振りたいと言っておいたところマーラーのスコアを用意してくれていた。ありがとうございます。

この曲は自分でも吹奏楽用に編曲したこともあって好きな曲の1つだ。学校の仕事が忙しく行けなかったため,久しぶりに思いっきり自分の感情をこめて指揮をした。

プロのいいところはリアルタイムで修正できる所。やっぱり生の音は感動する。思わず涙が出てしまった。

飲み会で,声楽をやっている学生がいたので,ピアノ伴奏でワーグナーの曲を歌った。最高に楽しい。

生きているうちに1度でいいから自分の好きなオペラを指揮できたらいいな。

こういう若者たちが未来の日本の芸術を背負っていく。しかしながら,真の芸術に対する補助金を政府は無駄に使っているとしか思えない。何か空しく思う。

なぜならオケだけの収入では生活できないのが今の現状だ。みんな音楽関係のアルバイトをしながら生活している。

クラシック音楽を愛する若者,その中でも特別に才能がある若者も多い。そういう若者が集中して芸術に取り組める環境にしなければいけない。

 

090506 NHKでアガサ・クリスティーの特集をしてくれた。クリスティーは中学生から大学生にかけて全作品を読んだ。私の好きな作家の1人だ。

久しぶりに,「そして誰もいなくなった」と「アクロイド殺し」を読んだ。

もっと時間があって,好きな時に読書や音楽,映画を観られたらどんなにすばらしいだろう。

大人になって,じっくり本を読んでいる時間がない。何か悲しい気持ちだ。

番組の中で,初めて1つだけ読んでない作品が分かった。「春にして君を離れ」だ。私が読んでいた学生時代は気づかなかった。

元々作者名も違っていたし,探偵小説ではない。だから見逃していたのだ。

早速Amazonで購入しようと思ったら,1ヶ月待ち。待ちきれないので古本と新本で注文。早く届くのが楽しみだ。

 

091018 12日と18日にかけて,引っ越しの手伝いとおいしいものを作ってくれたオーケストラの皆さん,ありがとうございます。忙しい中,県内の他,東京,千葉,静岡,埼玉,神奈川から来ていただき,感謝,感謝。おいしくお酒が飲めました。引っ越しでスコアがなかなか探せない状況だけど,次のブルックナーの交響曲第8番がんばろうね。 

 

091115 とうとうワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」を演奏会形式でやることになった。ブルックナーの交響曲第8番と同時進行になる。

まだ正式決定ではないが,第1幕の前奏曲,第2幕のトリスタン,イゾルデ,ブランゲーネのところで,第2場の「O sink hernieder,Nacht der Libe」からマルケ王に発見されるところまで(第3幕に少し入る)

そして,第3幕ラストのイゾルデの「愛の死」

前奏曲と愛の死は去年やったので楽勝。

問題は,第2幕の第2場をどうまとめるかだ。スコアをもっと勉強しなければ。

 

091119 ハムスターの1匹が死にました。2匹飼っている中のサファイアブルーのハムスターの1匹が死にました。

原因は,私が毛布を被せるのを忘れたこと。

今日の朝,それに気づきました。ブルーの元気がなかったので,1日中気にしていました。

エアコンの暖房もつけっぱなしにしておきました。帰宅したら,死んでいました。

朝はまだなんとか生きていました。でも仕事があるので家を出ました。今考えたら,死なずにすむ方法はたくさんありました。

でも,選択を誤りました。ごめんなさい。本当にごめんなさい。心から本当にごめんなさい。

去年の11月生まれで,1才になったばかりなのに,自分の不注意で死なせてしまいました。ごめんなさい。

自分の責任で,1年間,私をずっと和ませてくれたハムスターを死なせてしまいました。

どう償いをすればいいのかわかりません。

ブルーは,自分勝手だが,とっても人懐こく,噛まれたことはたったの1度。私の引っ越しで環境が変わった時。

それまでは,私の歌を聴いてくれたり,遊んでくれたり,とってもかわいいやつでした。

ごめんなさい。本当にごめんなさい。今までありがとうございました。

 

100212 忙しくて更新できませんでした。

ブルックナーの8番の方はうまくいった。

しかし,トリスタンは,なかなかうまくいかない。理由は,2幕を歌えるテノールの歌手がいないからだ。

イゾルデ役のソプラノは決まった。テノールがいない。いいテノールがほしい。 

 

100403 トリスタン役も決まり,イゾルデ,トリスタン,ブランゲーネの歌手とオケで久しぶりに練習した。

第1幕の前奏曲はよくできた。第2幕では,トリスタンはもうちょっと。イゾルデはまあまあ。

ブランゲーネの警告の場面はよくできた。

第3幕の愛の死もよくできた。

トリスタン役のテノールも,練習しだいでうまくできそうな感じ。

これが成功して,演奏できたらいいな。いい気持ちで帰宅した。

 

100711 ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」は,うまくいった。大成功だ。

次は,マーラーに決まった。5番をやってほしいと依頼されたが,依然考え中。

マーラーは,3番の6楽章と1,9番をこのオケでやってきた。

2,3,8番をやりたいが,予算の関係で無理。

シェーンベルクのグレの歌をやりたいが,予算の関係で無理。

ワーグナーのオペラも,もう一度やりたいが,予算の関係で無理。

5番は,依然に他のオケでやったので,今,6番と大地の歌のどちらかで交渉中。

 

100808 午前2時50分頃に目が覚めた。どういう訳かわからないが,小・中学校のときに好きだった女の子の夢を見た。

一緒に映画を観に行ったり,本を貸し借りしたりした。

友だちから「つきあってんじゃねえの?」と言われたときも,自分は,笑ってごまかしていたが,

彼女は,きっぱりと「別に好きなんだからいいじゃない」と言った。信念を持った勇気ある女性だ。

だが,もう30年以上会っていない。中学校当時の顔しか知らないはずなのに,夢では,鮮明に顔が出ていた。

それは,中学校の顔ではない。大人になったときの顔だ。年は,3,40代くらいかな?

 一緒に食事をしている夢だ。自分は大人になったときの彼女を知らない。

どうしてこんな夢を見たのかわからないが,眠れなくてずっと起きていた。昔の楽しかった思い出を夢にして表現してくれた誰かに感謝。

今でも夢を鮮明に記憶している。不思議だ。実に不思議だ。

話は変わってクラシック音楽関係。

いろいろと話し合いをした結果,次の曲名が決まった。

マーラーの交響曲第5番の4楽章と6番全曲だ。

このプログラムでコンサートをする予定。

5番は振ったことはあるが,6番は初めての経験だ。

しっかりとスコアを勉強しよう。

 

100920 オケの練習があった。急にマーラーの交響曲第2番の指揮もすることになった。最初は,ソプラノとアルトとの打ち合わせをした。

ピアノ伴奏でだが,いい感じだ。結構時間をかけて練習をしてしまった。

4楽章の「原光」と5楽章の後半のところだ。オケに合唱団に加えてオルガンもある。

余計な心配だが,採算は取れるのかと頭の中で思ったが,言わなかった。

次は6番だ。4楽章以外は,うまくまとまった。4楽章は,複雑で難しい。でも,好きなマーラーが振れるのでうれしい。

 

101114 オケの練習があった。マーラーの2番中心の練習。うまくできた。5楽章は,ちょっと金管がきつかったが今の時点では仕方がない。

合唱とソプラノ,アルト,オケとのバランスはよくなった。

最後に,ワーグナーの「ローエングリン」第1幕の前奏曲を演奏した。久しぶりだったので,気持ちよくできた。

いろいろな想いがあるが,指揮しているときは,すべてのいやなことが忘れられる。これが,音楽のいいところだ。

しかし,風邪が悪化して,熱が出てしまった。のどが痛い。ダーゼンとボルタレンを飲んで帰宅。

 

101123 21日と今日,オケの練習があった。マーラーの交響曲2番,6番ともよくできた。ほっとした。

しかし,2番ではもっとオケとソリストと合唱のバランスをよくしたかったが時間がない。6番では,2番同様金管がきつい。もっと練習をしたかったが,やっている時間がない。指揮者である私の指導不足と言われれば仕方がないことだ。

しかし,生涯で1度でいいから,完璧な音楽がしたい。十分な時間とお金と信頼できるオケの条件が揃えば,もっと芸術を高めることができるのに。といつも思う。今の状態では,無理だろうな。

しかし,諦めずにできるだけやってみよう。今度は,ブルックナーの交響曲9番を希望した。組み合わせに,ヘルゴラントを希望した。やれるといいな。

 

110101 次は,ブルックナーの9番に決まった。私が教員になった1年目に初めてCDプレーヤーを買い,初めてCDを買ったのが,この曲だ。確か,ハイティンク指揮ACO盤だったと思う。

当時主流だったLPの「サー」とした雑音がなく,ダイナミックレンジの広さに驚いた覚えがある。CD1枚に,4000円以上した時代だ。まだまだ,これまで集めてきたLPが主流だった。懐かしい思い出の良き時代だ。

話は変わって,年末から風邪をこじらせて,調子が悪い日が続いた。今日は,ベランダで地平線から上る太陽を撮ることに成功した。美しい。元気が出た。

お隣さんも家族そろって,ベランダで初日の出を見ているらしい声が少し聞こえた。撮影しながら,耳をすますと子どもさんとおじいさん?の歓声がかすかに聞こえる。何か温かな気持ちになった。よい1年になればいいな。

 

110103 今日は,25年間ずっと会っていなかった大切な人(電話も,手紙も,メールも全てなく)と会うことができた。

いろいろとわだかまりや心の中のもやもやがあったが,会って話して,すっきりした。人間って,顔と顔を合わせ,心から自分の考えを誠意を込めて相手に話せば,わかってもらえるんだと心から感じたすばらしい日だった。

 

110723 最近忙しすぎて,なかなかアップデートできない。学校の仕事,マンションの理事長の仕事,オケの指揮など。自分で決めたことだけど,忙しい。

忙しすぎる。

夏休みを利用して,ワーグナーのオペラ,「パルジファル」か「タンホイザー」を演奏会形式で,指揮する予定だが休みがとれるだろうか? 

出張だけで,10日ある。その他含めるとなかなか休みが取れない。夏休みくらい,年休を自由に取れるような体制にならないと・・・・・  

 

110824 今年の夏休みは,時間が取れなくて,オペラを指揮する機会がなくなってしまった。 

残念。非常に残念。ちょっとへこむ。またオペラを指揮する機会があるだろうと思うが,残念で仕方がない。 

しかし,新たにショスタコーヴィチをやってくれとのこと。

5,7番は今すぐにでも指揮できるが,メジャーすぎるのでやりたくない。 

答えは,4,8,10,11,12,13番ならOK。 

後は,オケからの回答を待つ。 しかしながら,それもやる時間が取れるか問題だ。 

教師という安定した職業をとるか? 指揮者という不安定な職業をとるか? 

悩むというより,どちらも好きだからどうしようもない。 

 

111228 1日中,オケの指揮をした。ショスタコーヴィッチはどうしても5番をやってほしいとのことで,5番をやった。その代わり10番の1楽章も指揮した。

5番は,ポピュラーなので楽勝だった。10番の1楽章は,自分で希望していながら,勉強不足で,振り間違えも多く難しかった。オケも初めての曲だった。

次は,マーラーの「大地の歌」の6楽章「告別」をすることになった。自分の好きな曲なので楽しみだ。この冬休みの間にできるように調整中。

 帰宅したのは,午前4時過ぎ。これを書いてから,寝るか,そのまま起きているか,考える。 

 

120309 私が小学校の5,6年と担任した子どもたちへ。今日の中学校の卒業,おめでとうございます。

自分の未来へ向かって,自分の夢を大切にして,それが実現できるようにがんばってください。

君たちが6年生の時,いろいろと大変だった先生を助けてくれたこと。先生は,いつまでも忘れないよ。

 

120923 成績処理で忙しかったが,久しぶりにコンサートへ行った。まさか,自分のまちのホールで,リヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」が聴けるとは!

ホルンがきつそうだったが,すばらしい演奏だった。機会を与えてくれたWさんに感謝。

 

121125 今,WOWOWで放送しているメトのワーグナーのリングの「ラインの黄金」。舞台装置は,今までにない方法で興味深い。

その他の演出に関しては,宣伝ほど新しいものがない。今のところ多くは見つからない。最後まで見ようと思うが,舞台装置は興味をもつ。

歌手やオケもいい。しかし,衣装や演出に斬新なところがない。

次の「ワルキューレ」に期待。ただ,ワーグナーのオペラを放送してくれたことに感謝。これからもお願いします。

 

121231 年末は,1年ぶりにオーケストラの指揮をした。久しぶりだったので,最初は,私の好きなマーラーの交響曲第3番の6楽章を準備してくれていた。 

次は,来年やる予定の曲の1つのワーグナーの「神々の黄昏」の「ジークフリートの葬送の音楽」と,「第3幕第3場のブリュンヒルデの自己犠牲の場面」。

ソプラノの歌手もスタンバイしてくれていた。さすがにハーゲン役はいなかった。

スコアが覚えきれず,振り間違いも多かったが,とても楽しく指揮できました。忙しい中,時間を作ってくれて,ありがとうございました。

 

130115 手南の6年生の教え子の成人式の写真をたくさん見ました。みんな,先生の頭の中のイメージは,今も6年生の時のイメージのままです。

でも,みんな,大きく成長したね。当たり前だけど。とにかく,おめでとう。

 

130117  WOWOWで放送されたメトの「リング」,やっと全て見終えた。感想は,あまりにも聴衆にわかりやすい演出で不満。でも歌手は全て良かった。

オケは,音量を抑え過ぎ。自分が大学の頃のレヴァインは,もっと­パワフル且つ繊細だった。

失敗も多いが,バイロイトの方が,もっと魅力的。バイロイトは失敗を恐れず,大胆で「あっと,驚く演出をする。」歌手の選別もそうだ。

メトは,あまりにも聴衆に媚び過ぎる。そして,失敗を恐れすぎる。ありきたりの演出では,ワグネリアンは,満足しない。

 

130121 「テロリストとは交渉はしない。」という概念を全世界の政府が理解し合い,実行すれば,このような卑劣なテロは減るだろう。

また,一般人を含む無差別テロも減るだろう。「テロには,絶対に屈しない。絶対に交渉もしない。」という信念の基に,日本も行動してほしい。

犠牲者も出るだろう。しかし,テロリストに1回でも屈しては,もっと多くの犠牲者が出る。

今回の犠牲者に対しては,非常に残念で,家族や関係者においては,不条理に思えるだろう。

私も遺族の方々の気持ちを考えると,この世界は,不条理に満ちあふれている。納得できないことはたくさんある。どこに怒りをぶつけたらいいかわからない。

しかし,テロの連鎖を止めることは,「テロには,絶対に屈しない。絶対に交渉もしない。」という信念の基で,戦うことだ。

従って,今回のアルジェリア軍の行った軍事作戦を,私は支持する。

 

130206 中国海軍の艦船による,海上自衛隊の護衛艦とヘリへの2回にわたるレーダー照射について,

未だ中国政府は,公式な声明を出しておらず,日本に対しての謝罪もない。

ロックオンすることは,「中国が先に攻撃の意志を示したことになる。」

もし,自衛隊が,自衛のために,中国艦船を攻撃し,撃沈しても,非は中国側にある。

今回このような最悪の状況に発展しなかったのは,自衛隊が冷静に行動したからだ。中国政府の公式見解と日本への謝罪を強く希望する。

 

130208 レーダー照射についての中国の公式声明は,中国の信用を,中国自ら,信用できないものと世界中に宣伝しているようなものだ。

中国の混乱している様子がよくわかる。日本にとっては,予想した通りの声明であり,中国自ら墓穴を掘っている状況だ。

日本は,冷静に,論理的に,日本の主張が正しいことを,世界に発信すれば良い。

一番の被害者は,ロックオンされた自衛隊であって,その間の恐怖は,私も含め一般の国民には理解できないだろう。

そのため,自衛隊に対しても,今後同じようなことがあった場合,どうすべきかを,政府が明確に指示すべきだ。

そして,憲法改正も,早く進めなければならない。

また,中国の大気汚染についても,中国は,「日本企業が原因だ」などの問題にする可能性もあり得る。

日本企業は,早く中国から撤退して,中国以外のアジアの親日の国に,進出すべきだ。

チャイナ・リスクは,以前の中国の暴動でわかっているはずだ。

以前,中国の国家と国民の発展,向上のために,国家主席のケ小平に頼まれ,

中国に協力し,今の中国の経済発展を築くのに貢献した松下幸之助の会社も破壊された。

当時,ケ小平は,「未来永劫,中国国民は,この感謝の気持ちを忘れない。」と言ったはずだ。

こんな中国を,日本は,相手にして付き合わなければならない。

日本政府は毅然とした態度で,中国と向き合っていく必要がある。 

 

130213 2020年のオリンピックで,レスリングを外す候補にする決定をしたことについて。過去のIOCのやってきたことから考えるとわかるはずだ。

特にルールの変更を調べるとわかりやすい。また,IOCの疑惑は,以前のサマランチ会長から問題になっている。現在のロゲ会長になっても改善されていない。

平和の式典であるはずのオリンピックは,もはや,名ばかりであって,金と口と人種差別で決まってしまう。こんなものなら止めて,別なものを作るべきだ。

理解できない方は,この2点で調べて,自分で判断してほしい。1点は,会長や理事会や委員の特権について。2点は,これまでの各競技のルール変更について。

 

 130319 3年,5年,6年と担任した君たち。卒業,おめでとう。すばらしい卒業式でした。中学校へ行っても君たちなら,実力を十分に発揮できます。がんばれ!

 

130329 K小学校の離別式に来てくれた子どもたち,保護者の皆様,6年間いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。

私も担任した6年生の子どもたちと一緒に,この学校を卒業することになりました。たくさんの手紙や花など。感謝の気持ちでいっぱいです。

そして,夕方帰る時,最後まで待ってくれて,見送ってくれた同僚たち。ありがとうございます。

新しい学校へ行ってもがんばります。全ての皆様の温かい気持ち,忘れません。本当にありがとうございました。

それから,卒業式と離別式にもらった手紙全て読みました。感動しました。

今年担任した卒業生や以前担任した子どもたち,そして,担任していない子どもたちへも,ありがとう。本当に,ありがとう。

君たちは,素直で,とても美しい心をもった子どもたちだよ。このような学校で,6年間働くことができて,先生はとてもうれしいよ。

子どもたち,もっと,自分に自信をもって何事にもがんばるんだよ。君たちは,とてもいい子なんだからね。ありがとう。ありがとう。君たちのこと忘れないよ。

 

130409 マーガレット・サッチャー元イギリス首相が亡くなりました。私が,尊敬する政治家の1人です。

今,彼女のような強い信念をもった政治家が,日本にもいたらいいのにと思います。ご冥福をお祈りします。

 

130506 高校時代の友達との飲み会やオーケストラの指揮で,充実した連休だった。学生時代の友達はいい。学生時代の良かった思い出だけがよみがえる。

オーケストラは,ワーグナーの「神々の黄昏」の「ジークフリートの葬送の音楽」と,「第3幕第3場のブリュンヒルデの自己犠牲の場面」と

「トリスタンとイゾルデ」の「第1幕の前奏曲」と「第3幕のイゾルデの愛の死」は,既に何回もこのオケでやっているのでよくできた。ソプラノもよかった。

「トリスタンとイゾルデ」では,「第2幕第2場」もやりたかったが時間と人材がないのでできなかった。

仕事と趣味と友達,自分は恵まれていると思う。でも,まだ,自分の夢の実現には達していない。

自分の夢を実現できる人間って,いったいどのくらいいるのだろう。ほとんどが妥協して終わってしまうのかな?

自分もずっと,このまま自然に任せて,年をとっていき,終わってしまうのかな? と考える。

たぶん,それも,自分にはいい人生だったといえるだろう。しかし,死ぬ前に,自分の夢を実現したい。

 

130602 オーケストラの練習があった。リヒャルト・ワーグナーの「ワルキューレ」第1幕第3場だ。

ソプラノとテノールもスタンバイしていた。最初は,ピアノの伴奏で,歌手との打ち合わせをして,私とソリストともお互いに合意したところで,オケと合わせた。

この曲は,とてもロマンティックで,感情を込めて2人の愛を表現する所だ。オケもソリストもバランスのとれたいい音楽ができた。

しかしながら,いつも思うが,ソリストの自己主張がない。ソリストは,自分が表現したいものを主張しようとしない。

それは,自分が表現したい信念や価値観がないからだ。指揮者とスコアの解釈上の違いはあってあたりまえ。自分はこう表現したいという気持ちが足りない。

指揮者としては,ソリストやオケとの解釈の違いを,お互いに議論し合うことによって,曲の完成をより高めたい。

それによって,指揮者自信も含めて高めることができる。私は,もっと議論がし合う環境にしていきたい。

 

130608 K小学校の運動会に行きました。久しぶりなので,もっと,卒業生や在校生の子どもたちや先生たち,保護者の方々と話をしたかったです。

しかし,急に帰る用事ができてしまい,すみませんでした。今,私の担任している子が,怪我をして病院に運ばれたとの連絡があって,病院に行くことに決めました。

そのため,皆さんとゆっくり話ができませんでした。また,何かの機会に皆さんと会って,ゆっくりと話せたらいいなあと思います。

今日は,急に帰ってごめんなさい。でも,声をかけてくれた子,話せた子。そして,短い時間だったけど,バレーをして遊んで,先生は,とても楽しかったです。

 

130616 2週間ほど前,給食の時間に,突然左上の親知らずの歯が砕けた。そのまま,飲み込んでしまい,びっくりした。

痛いので,右側の歯だけで食べていた。そして,今日の昼食のときに,今度は,右下奥から2番目の歯が根本からきれいに折れた。びっくりした。

なんとか歯医者の先生と連絡ができ,明日診てもらうことになった。年休をもらって歯医者に行くことになる。きれいに折れた歯を持って。

自分は,いつまでも若いままだとは思っていても,年を意識する。そして,痛い。せっかくの休日なのに・・・

 

130701 この間,右下の奥から2番目の歯が折れた。歯の根っこは残っていたので,そこに歯を入れようとした。

しかし,根っこの部分が2つに割れているため,取り除くことになった。選択肢は3つ。1つは,ブリッジ。しかし,両側の健康な歯が削られる。それは嫌だ。

2つは,入れ歯。これも,年寄りみたいで嫌だ。3つ目は,インプラント。これも,痛そうで嫌だ。

一番いいのは,残った根っこを取り残さずに,その上に歯を強力な接着剤で固定することだ。それなら痛みもない。

しかし,残った根っこをそのままにしておくと雑菌がはいって,痛くなるという。取り除いたままにしておくと,歯が少しずつ移動して噛み合わせが悪くなるらしい。

こんなに科学技術が進歩しているのに,もっといい治療法がないのかと疑問に思う。

 

130812 オーケストラの練習があった。全てリヒャルト・ワーグナー。

「ワルキューレ」の第1幕第3場,「神々の黄昏」の「ジークフリートの葬送の音楽」と「第3幕第3場のブリュンヒルデの自己犠牲」。

それから,「トリスタンとイゾルデ」の「第1幕の前奏曲」と「第2幕第2場」,「第3幕のイゾルデの愛の死」。全て以前このオケでやった曲なので,うまくできた。

ソプラノとアルト,テノールもよくできた。どれも難しい曲で,オケも大変。ソリストは,もっと大変だったが,みんなよくやってくれた。

私は,この曲で十分やれると確信した。その後のお酒,とてもおいしかった。

 

130815 極東軍事裁判(東京裁判)は,違法だ。なぜなら,これまでの国家間における戦争で,そのような例はない。

また,後で,戦勝国が,勝手に法(?)を作り,戦犯を罰することは,「事後法」であり,違法である。

そして,裁判は,戦勝国側が,一方的に,敗戦国を裁くことで,中立性が守られていない。

戦勝国であるインドのパール判事も,この裁判は,国際法からみて違法であると言っている。

東條を弁護したアメリカ人の弁護士も同じことを言っている。また,もし,この裁判が合法であるなら,アメリカが,広島と長崎に落とした原子爆弾についても,日本と同様にアメリカにおいても戦犯として裁くべきとさえ言っている。

しかし,戦勝国のオーストラリアの裁判長が,これらのことをすべて無視してすすめられた裁判である。従って,国際法からみて,この裁判は,違法である。

 

130816 「卒業アルバム」届きました。全て読んで,見て,とても懐かしいです。保護者の皆様,ありがとうございます。

小学校の6年間,3,5,6年生と担任をして,みんな自分の子のような気がします。みんな,とてもかわいく思います。

君たちは,先生の話をよく聞いてくれました。クラスで決めた約束を守ってくれました。

すばらしいのは,「自分で考えて,自分で判断して,失敗を恐れずに実行すること」ができたことです。

いろいろな実行委員になったり,ならなくても,友達と協力したりして,いろいろな行事の計画を,先生ではなく,君たちが決めました。

そんな君たちをすばらしく思います。これらの経験を活かして,中学校へ行っても活躍してください。

先生も,新しい学校でがんばっています。いつか,また,みんなと会って,話したいね。

 

130827 パン・ギムン国連事務総長 の韓国での歴史認識についての発言。

これは,自分の立場を考えていない発言であり,国連の無能さを世界に自ら発信したようなものだ。

このような偏った発言をしたパン・ギムンに対して,日本政府は強く抗議すべきである。また,このような人物が国連事務総長になっていることが,国連のこれまでの機能停止を証明している。

シリアやアフリカなどの問題に対して,全くの機能停止状態。しかしながら,日本や中国,韓国の歴史認識の問題については,偏った発言をする。歴史認識の違いは,国家間はもちろん,国内においてもいろいろな価値観があって当然。

国連は中立的な立場でありながら,一方的な歴史認識を,事務総長自ら発言する。それは大きな問題である。

その反面,罪のない人々が多数殺されているシリアやアフリカなどの問題については,見て見ぬ振りをしているように思う。

自国の韓国や常任理事国の顔色を伺いながらの国連事務総長では,混乱を招くだけで,国連の機能停止を世界中に宣伝しているだけだ。

このような人物は,早く辞任しなければ,国連の地位は低下するばかりだ。

 

131006 オーケストラの練習があった。以前からやっているワーグナーのオペラ(演奏会形式)。通しの練習であったが,うまくできた。

その後,ショスタコーヴィチの交響曲第10番を,初めて,全曲練習した。時間がなかったので細部まではできなかったが,これからだ。自分のスコアの勉強が必要だ。

その後,定番のマーラーの交響曲第3番の4,5,6楽章をやった。いつもこのオケで指揮しているので,感情を込めて指揮できた。

女性合唱団と児童合唱団をスタンバイしてくれていたことに感謝。オケも今の自分の指揮についてきてくれた。

このところ,いろいろな面で忙しくて,ストレスが溜まっていたので,発散することができた。すっきりした。神の存在を感じる。(指揮しているとき)

これから,昼食。ゆっくり,お酒とおいしいものを食べて自宅へ帰る。とても,さっぱりした気分だ。

 

131124 「中国政府は,23日,東シナ海上空に防空識別圏を設定したと発表した。発表された防空識別圏の図には尖閣諸島上空周辺が含まれている。日本が既に設けている防空識別圏と重なり合っているため今後両国間の緊張が高まるのは必至だ。 」という報道があった。

今になって設定したことは,中国自ら,尖閣諸島の問題において,自国の領土ではないと証明しているようなものだ。もし,以前から,中国が尖閣諸島を自国の領土と認識していたなら,既に設定されているはずである。

今になって,新たに設定する行為こそ,中国の主張していることが間違っていると中国自らが世界に発信していることになる。

 

131125 中国が,本気でやろうとしているとは思わない。根拠は,日米安全保障条約において,アメリカは尖閣諸島も含まれると明言している。日本の自衛隊とアメリカ軍が共同して軍事行動をする限り,今の中国軍に勝てる見込みはない。限定的な地域の場合だが。

それが,全面戦争となると,結果はどうなるかは,中国もわかっているはずだ。どちらの場合でも,中国にとって利益はない。

誰でもわかる単純な理屈が,中国の指導者はわかっているかどうかだ。 

 

131126  一番恐ろしいのは,日本国内だ。経団連の訪中は何だったのだろう。あれほど,中国に媚び諂っての訪問直後のこの問題。こういう親中派の連中が,一番恐ろしい。

今だったら,通常兵器の戦いなら,中国は日米に勝てる見込みは,どう考えてみてもない。アメリカの現職の国務長官と国防長官自ら,尖閣は,日米安全保障条約第5条の適用対象であると明言している。

問題は,日本の国内法の改正だ。相手が撃ってきて,味方が攻撃されない限り,反撃できない状況では,あまりにも自衛隊には不利だ。早急に憲法改正を行うべきだ。

 

131128  アメリカ軍のB52の飛行はすばらしい。日本も見習うべきだ。

そして,中国のやろうとしたことは,一体何だったのか。中国自ら仕掛けておきながら,全く中国の国益にならない政策。それを,実際にやった中国指導部の無能さを,世界中にアピールしていることになる。

これによって,日本にとっては有利な展開だ。日米同盟は,より強いものとなるだろう。日本は,憲法改正がしやすくなるメリットがある。今までは,韓国の中国に媚び諂った姿勢で,東南アジア諸国とアメリカ,日本の関係が良くなかった。しかし,中国の今回の暴挙によって,日米韓と東南アジア諸国が,団結できる可能性が出てきた。

今のうちに,復活できないように,完璧に遂行することが日本の国益になる。

 

131130  11月29日(金)の「言論テレビ」で,櫻井よしことダライ・ラマ法王との単独インタビューが放送された。

この放送を見ると,ダライ・ラマ法王の深い思想が伝わる。すばらしいインタビューである。生の声を重視して,字幕にしたことは最もなことだ。

この放送が,会員だけでなく,全ての国民に公開されることを期待する。

 

131205  南沙諸島の今における問題の原点は,フィリピンのアメリカ軍のクラーク基地の撤退にある。それによって,自分が自分の首を閉める状況の中,中国軍が侵出できる機会を与えたことだ。その歴史と同じようなことが今の中国軍の一方的な防空識別圏の設定における日米中の関係である。韓国については,あまりにも,書くことがバカらしいので書く必要もない。

アメリカは,副大統領を送り込んで問題を解決しようとした。多分,解決できるとアメリカは考えた。だから,日米の共同声明でも,「中国が定めた防空識別圏の即時撤廃」はなかった。アメリカは,経済面に屈した。イギリスも同様だ。だからこそ,日本は憲法を改正するべきである。

現在の憲法では,普通な国家はあたりまえにできる行動が制限されていてできない。これでは,相手の思う壷だ。日本だけが,一方的に不利な状況で敵と交戦することになる。現在の戦いは,ミサイルで決まる。戦闘機でも艦船でも,ミサイルでの先手必勝によって決まる。今の日本の憲法では,相手が攻撃してこない限りは攻撃できない。そんなバカらしい国は,日本だけだ。一番の被害者は,自衛隊と国民だ。

早く,できるだけ早く,憲法を改正しなければならない。

 

131223   オケの練習が終わって,今帰ってきた。今日は(昨日はというのが正しい),ブルックナーの交響曲第8番とショスタコーヴィチの交響曲第10番をやった。

ブルックナーの方は,自分もオケも以前からやっていたので,難しい3楽章を練習した。私のテンポが遅いので,管楽器は難しいが,なんとかいけると感じた。

ショスタコーヴィチの交響曲第10番は,非常に難しい。もう何回もこのオケで振っているが,自分もオケも初めてなので,なかなかうまくいかない。私の大好きな1楽章はうまくできた。今回は。

4楽章は,まだ,私の勉強不足もあってうまくいかない。「一番難しい1楽章がうまくできたのなら,4楽章もうまくいけるだろう。」と思う。ただ,4楽章のテンポの設定の自分のぶれが一番の問題。もっと,勉強しなければならない。

 

131230   仲井真知事の決断は,正しい。難しい決断だったが。

市街地にあるアメリカ軍の世界一危険な基地と言われる普天間基地の早期移転に関しては,日本国民,政府も沖縄県民も同じ意見なはず。皆,このような危険な場所からの移転を願っている。本来なら県外が適切だが,日本やアメリカの様々な問題から,辺野古への移設は当然のこと。できるだけ早く,普天間基地の移転は必要。

沖縄県民が希望する県外移転は,現在の所難しい問題がある。まずは,辺野古へ移設した方が,沖縄県民のためでもある。その後,改めて,県外移転を考えるべき。

それを,最初から拒絶した場合,普天間基地はずっと存続する。一番の犠牲者は,普天間基地周辺の沖縄県民。まずは,普天間基地の辺野古への移設を最優先に考えた方が合理的である。

 

140304   クリミア半島での戦争は歴史上数多い。その理由は,クリミアは戦略的に重要な地域だからだ。

プーチンの考えはわかりやすい。クリミアは,ロシア人が多い。そのロシア人保護のための口実の基に軍事介入できる。その理由は,ロシアは,黒海艦隊の基地としての戦略的な重要性とウクライナがEU側にいった時のデメリットだ。

クリミアは,ロシアによって制圧されている。しかし,プーチンのやり方は問題だ。クリミアに,「ロシア人保護のための軍事介入」をするのであれば,国籍をはっきりさせた軍隊を送るべきだ。国籍不明の軍隊を最初に送ったこと,これは今後のクリミア情勢において,ロシア側の不利になる証拠になる。

また,アメリカは,現政権では,ウクライナを救えない。オバマ政権は,内向きであり,アメリカの世論も「戦争反対」だ。経済制裁だけでは意味がない。日本も同様だ。中国,韓国とうまくいかない現状において,プーチン政権下のロシアにおいては良い関係の状況で,日本はどうすべきか。ロシアは,「やる時は徹底的にやる国」。プーチンも同様だと思う。

これから,日本の国益を考えながらやるべきことを日本政府がやるかどうか。日本国民は,よく見ていく必要がある。

 

 

140330 今年度の仕事は,だいたい終わった。後は,教室の後片付け。それよりも,ずっと忙しくて行けなかったオケの練習に行くことができた。

以前からやっているショスタコーヴィチの交響曲10番は,問題の第1,4楽章とも,納得できる演奏ができた。

また,私の好きなワーグナーも用意してくれていた。「ブリュンヒルデの自己犠牲」の場面。ソプラノもオケも良かった。去年,たくさん練習したので,全てうまくできた。

ついでに,「ローエングリン」の第1幕の前奏曲もやった。これも良かった。

久しぶりの指揮だったので,不安だったが,オケもソリストもついてきてくれた。指揮しながら,自然と涙が出て,スコアが見えなくなるほど感動した。

 

140419 クリミアもそうだが,ウクライナ東部の問題についても,ロシア系の武装集団は問題だ。その関与は,ロシアにあることは明白だ。

ロシアはクリミアを手に入れた。しかし,ウクライナ東部に関しては,手を引くべき。そして,この問題は,日本,中国,韓国,ロシアの領土問題に大きな影響を与える。

私の友人には,ウクライナ人もロシア人もいる。しかしながら,オケはうまくいっている。ウクライナ人もロシア人も日本では,協力して芸術を高めている。オケの間での「喧嘩」はない。日本人も含めて皆,協力している。報道を見ていると,非常に残念だ。

 

 

E-Mail : クリック

テキストメールでお願いします!(Please send in the text mail)