Emily Dickinson (1830-1886) American poet

While I was fearing it, it came,  恐れていたことが訪れたけれども
But came with less of fear,     思っていたほど 心を痛めなかった
Because that fearing it so long  あまりに永く恐れていたので
Had almost made it dear.      
それが大切なことみたいになってしまった
There is a fitting a dismay,     うろたえないように
A fitting a despair.           絶望に対する備えができた

'Tis harder knowing it is due,   いまここに在ることのほうが
Than knowing it is here.      
未来に予定することよりもはるかに気がやすまるもの
The trying on the utmost,     全ての洋服を試し着してみるとか
The morning it is new,        夜が明けたばかりというのは
Is terribler than wearing it     あまりに恐ろしいこと
A whole existance through.    いま着ているままでいいとか
                                      命が終わってしまうことよりも