Emily Dickinson (1830-1886) American poet

A wounded deer leaps highest,   傷を負った鹿は一番高く跳ぶと
I've heard the hunter tell;       狩人が言うのを聞いたことがある
'Tis but the ecstasy of death,    でもそれは死の狂喜にしかすぎない
And then the brake is still.      やがて茂みは静かになる

The smitten rock that gushes,   砕かれた岩は、ほとばしる
The trampled steel that springs:  踏まれた鋼は 跳ね返す
A cheek is always redder       頬は肺病が苦痛を与える時
Just where the hectic stings!    よりいっそう紅くなる

Mirth is the mail of anguish,    快活さは苦悩の鎖かたびらである
In which it caution arm,       中で苦悩は注意深く守っている
Lest anybody spy the blood     誰かが血を嗅ぎつけて
And "You're hurt" exclaim!      
「あなたは傷ついている」と叫ばないように