Emily Dickinson (1830-1886) American poet

To fight aloud is very brave,     大声を出して戦うのはとても勇ましい
But gallanter, I know,         でももっと勇ましいのは
Who charge within the bosom,   胸の中に苦痛を収めて
The cavalry of woe.           
突撃する騎兵隊の人だと私にはわかっている

Who win, and nations do not see, 誰が勝とうが、国々は見ていない
Who fall, and none observe,     誰が倒れようが、誰も気づかない
Whose dying eyes no country    その死にゆく瞳を、どの国も
Regards with patriot love.       愛国の情で見守ってなどいない

We trust, in plumed procession,  羽毛飾りを付けた天使たちが
For such the angels go,        彼らのためには行進するだろうことを私は信じている
Rank after rank, with even feet   隊列を組み、足並みさえそろえて
And uniforms of snow.         雪の制服をまとって