S エピソードガイド 第6シーズン


6-1(#122) ベガスの夜が明けて…
The One After Vegas(ベガスその後の話)


(1) ロスとレイチェルは酔った勢いで結婚してしまったことに気づいて愕然。
(2) モニカとチャンドラーは結婚をとりあえずやめるが、「結婚しろ」というお告げのような出来事が次々に起こる。
(3) フィービーとジョーイは車で一緒にNYに帰るが、ジョーイが寝てしまい、フィービーは怒る。

6-2(#123) 愛に目覚めるとき!?
The One Where Ross Hugs Rachel(ロスがレイチェルをハグした話)


(1) ロスはバツ3になるのが嫌で婚姻無効申請をしていないが、レイチェルには申請したと嘘をつく。フィービーは、それはロスがレイチェルを愛しているからだと言うが…
(2) モニカはチャンドラーと同棲するためにレイチェルに部屋を出ていってほしいのだが、なかなか言い出せない。

6-3(#124) ルームメイト獲得大作戦!
The One With Ross’s Denial(ロスの否認の話)


(1) レイチェルの部屋探しは難航し、ロスは彼のアパートに一緒に住まないかと言い出す。フィービーは呆れる。
(2) モニカとチャンドラーはレイチェルが出ていった後の部屋をどう使うかでケンカになる。
(3) ジョーイは女性のルームメイト募集の広告を出す。

6-4(#125) ジョーイ、迫真の名演技!
The One Where Joey Loses His Insurance (ジョーイの保険が切れた話)


(1) ジョーイの健康保険が失効してしまうが、折り悪くヘルニアになる。
(2) ロスは大学の臨時講師の仕事をするが、緊張のあまり…
(3) フィービーは信用している予言者に「今週中に死ぬ」と予言される。
(4) レイチェルとモニカはレイチェルの引越しにあたってキャンドルスタンドをどちらが取るかでもめる。

6-5(#126) 炸裂!3つ子ちゃんパワー
The One With Joey’s Porsche (ジョーイのポルシェの話)


(1) レイチェルにロスが婚姻無効申請をしていないことがばれ、二人は申請に行くが…
(2) ジョーイはセントラルパークでポルシェの鍵を見つけ、ナンパするために持ち主のフリをする。
(3) フィービーは弟夫婦の三つ子を子守りすることになり、モニカとチャンドラーが手伝う。

6-6(#127) 最後の夜は荒れ模様
The One With The Last Night (最後の夜の話)


(1) レイチェルの引越しの荷造りをモニカとフィービーが手伝うが、モニカとレイチェルがケンカを始める。
(2) チャンドラーは自分が出ていった後ジョーイが独りで家賃等を払えるか心配。ギャンブルでわざと負けて、ジョーイに金を渡そうとする。

6-7(#128) 同居人はスーパーモデル?
The One Where Phoebe Runs (フィービーが走る話)


(1) レイチェルはフィービーと同居を始め、一緒にジョギングするが、フィービーの走り方がヘンなので一緒に走るのを嫌がる。
(2) ジョーイの新しいルームメイトはセクシーな女性。ジョーイは気になってしょうがないが、皆にルームメイトには手を出すなと忠告される。
(3) チャンドラーはモニカのために部屋を徹底的に掃除するが、家具を元の位置に戻せなくなってしまう。

6-8(#129) キスの相手はラルフ・ローレン!?
The One With Ross's Teeth (ロスの歯の話)


(1) ジョーイはルームメイトのジャニーンの影響で女性っぽくなる。
(2) フィービーはレイチェルのオフィス(ラルフ・ローレン社)でコピー機を借りるが、そこで社長のラルフ・ローレンと遭遇。彼とキスをしてしまった…?
(3) ロスはモニカの紹介でデート。そのために歯を漂白するが、やりすぎてしまう。

6-9(#130) チャンドラーは嫌われ者?
The One Where Ross Got High (ロスがハイになった話)


(1) モニカの両親が感謝祭のディナーに来る。モニカはチャンドラーとつきあっていることを両親に言っていない。それは両親が彼を嫌っているせいなのだが、その理由は…
(2) レイチェルはデザートに英国式ケーキを作るが、大失敗。
(3) ジョーイとロスはモニカに招待されているが、抜け出してジャニーンと女友達のパーティへ行きたくて仕方ない。

6-10(#131) 夢のカウントダウン・パーティ
The One With The Routine(ルーティーン(ダンスの振りつけ)の話)


(1) ジョーイはジャニーンのお供でTVの大晦日番組の収録に出ることに。「新年」の瞬間、彼女にキスをしようと…
(2) ロスとモニカはジャニーンの出る番組に子供の頃から憧れていたので、くっついて出ることになり大ハッスル。
(3) レイチェルとフィービーはモニカが隠しているクリスマスプレゼントを見つけようとする。

6-11(#132) 対決!モニカ対ジャニーン
The One With The Apothecary Table(薬剤師のテーブルの話)


(1) ジョーイと新しい彼女のジャニーンと、モニカ&チャンドラーとでダブルデートするが、ジャニーンはモニカとチャンドラーが気に入らない。ジョーイは板挟みになる。
(2) レイチェルは大好きな「ポタリー・バーン」の家具を買うが、大量生産ものが大嫌いなルームメイトのフィービーをごまかすために「フリーマーケットで買ったアンティークだ」と嘘をつく。

6-12(#133) ジョーク泥棒はどっち?
The One With The Joke(ジョークの話)


(1) ロスとチャンドラーは二人とも、「プレイボーイ」に載ったジョークが自分が作ったものだと主張して譲らない。
(2) モニカがフィービーに「恋人にするなら私とレイチェルのどっち?」と聞いたのに、フィービーはうっかり「レイチェル」と答えてしまう。モニカはおさまらない。
(3) ジョーイはいよいよお金がなくなり、「セントラル・パーク」でウェイターのバイトを始める。

6-13(#134) 妹はライバル
The One With Rachel's Sister(レイチェルの妹の話)


(1) レイチェルの妹ジルが、父親に勘当されてレイチェルを頼ってやって来る。
(2) モニカはひどい風邪をひくが、意地を張って病気ではないと言い張る。
(3) ジョーイは「セントラル・パーク」でかわいい女性の客に勝手に無料サービスしてガンターに怒られる。

6-14(#135) 泣けないチャンドラー
The One Where Chandler Can't Cry(チャンドラーが泣けなかった話)


(1) レイチェルは妹のジルがロスとデートするのに耐えられない。
(2) チャンドラーは悲しくても泣けないタチなのをモニカたちにいろいろ言われて気にし始める。
(3) フィービーは双子の姉、アースラが「フィービー・ブッフェ」の名でポルノビデオに出ているのを知って激怒。

6-15(#136) 空想世界でつかまえて Part1
The One That Could Have Been(こうだったかもしれなかった話-1)


6人は、「もしあのときああしていたら、今ごろどうなっていただろう」ということを想像する。それは…
(1) レイチェルはバリーと結婚。今は買い物好きで昼メロに夢中なミーハー専業主婦になっている。
(2) チャンドラーは思いきって会社をやめてギャグライターに。全然売れてなくて貧乏。
(3) ジョーイは「愛の病院日誌」のドクターラモレー役を降ろされずに続けている。今はすっかり人気昼メロ俳優。
(4) ロスは妻のキャロルがレズに目覚めていないのでまだ結婚している。しかし、すっかりセックスレス夫婦になっている。
(5) フィービーはマッサージの客の誘いにのって証券ディーラーになった。今ではバリバリの仕事中毒キャリアウーマン。
(6) モニカはデブのまま、30歳でいまだにバージン。

6-16(#137) 空想世界でつかまえて Part2
The One That Could Have Been(こうだったかもしれなかった話-2)


第15話の続き。
(1) レイチェルは人妻の身でありながら人気俳優のジョーイの部屋に泊まりに行くが、罪悪感から酔いつぶれてしまう。
(2) モニカはバージンを捨てたい。チャンドラーが協力を申し出る。
(3) フィービーは株取引で大損した上心筋梗塞になり、会社をクビになってしまう。
(4) ロスは妻との仲に刺激を与えようと3Pを試みるが、3人目としてスーザンが現れ…

6-17(#138) バレンタインは手作りギフトで
The One With The Unagi(ウナギの話)


(1) レイチェルとフィービーは護身術を習い始める。自称「カラーテの達人」のロスは二人に、危険に対処するには「ウナーギ」を身につける必要がある、と説くのだが…
(2) ジョーイは多額の褒賞金が出る医療実験に参加するために、オーディションで会った男と一卵性双生児になりすまそうとする。
(3) チャンドラーとモニカはバレンタインに手作りのギフトを交換する約束をする。

6-18(#139) ロスと教え子の禁じられた恋
The One Where Ross Dates A Student(ロスが教え子とデートする話)


(1) ロスは大学で自分の授業を取っている学生、エリザベスにアタックされ、つきあい始める。
(2) チャンドラーはジョーイの頼みで、映画監督になった学生時代の女友達とデートしてジョーイを売りこむ。
(3) フィービーとレイチェルのアパートが火事になる。二人はそれぞれ、モニカとジョーイのところに居候することに。

6-19(#140) やきもち焼きのロス
The One With Joey’s Fridge(ジョーイの冷蔵庫の話)


(1) ジョーイの冷蔵庫が壊れる。ジョーイは新しいのを買うお金を誰かからせしめようと必死。
(2) レイチェルはパーティのために男を紹介してほしいとみんなに頼むが、モニカたちとフィービーがそれぞれ男を見つけてきて対抗して売りこむのでうんざり。
(3) ロスは、エリザベスが春休みにロスを置いてフロリダにバケーションに行くのが心配。

6-20(#141) ジョーイ、再び大ブレイク!の予感
The One With Mac and C.H.E.E.S.E. (マックとC.H.E.E.S.E.の話)


(1) ジョーイはTVシリーズの主役のオーディションを受けることになり、フィービーを相手に稽古に忙しい。しかし、チャンドラーがオーディションの時間の変更をジョーイに伝言し忘れてしまい…

6-21(#142) 彼女のパパはブルース・ウィリス
The One Where Ross Meets Elizabeth’s Dad(ロスがエリザベスのパパと会った話)


(1) ジョーイのTVドラマの撮影が始まるが、ジョーイは相棒のロボットの開発者を怒らせてしまう。
(2) フィービーはチャンドラーとモニカのことを本に書いている。二人は嫌がるのだが…
(3) ロスは恋人のエリザベスのパパ、ポールに会う。ポールはロスのことが気に入らない。

6-22(#143) 秘密の週末旅行
The One Where Paul’s The Man(ポールは色男だった話)


(1) モニカはフィービー、レイチェルと一緒に美術館に。そこで結婚式も出来ると知って、つい申し込んでしまう。
(2) ロスはエリザベスと彼女の別荘に行くが、そこへポールとレイチェルが現れる。
(3) ジョーイの行きつけのクリーニング屋の壁には、有名人顧客の写真が飾ってある。ジョーイは自分の写真を飾ってもらいたいのだが…

6-23(#144) ポールは泣き虫
The One With The Ring(指輪の話)


(1) チャンドラーはモニカにプロポーズすることに決め、フィービーに手伝ってもらって指輪を選びに行く。
(2) ロスとジョーイはチャンドラーに避けられていると勘違いしてちょっと怒っている。
(3) レイチェルは恋人のポールに心を開いて欲しくて子供の頃の話をさせるが、話し出すと止まらなくなってしまい…

6-24(#145) チャンドラーのプロポーズ大作戦 Part1
The One With The Proposal(プロポーズの話-1)


(1) チャンドラーはいよいよモニカにプロポーズしようとディナーに出かけるが、土壇場でリチャードが現れ…
(2) レイチェルはフィービーとジョーイをチャリティーイベントに連れてゆく。ジョーイは勘違いからオークションでヨットを買ってしまう。
(3) ロスはエリザベスとの歳の差を感じはじめる。

6-25(#146) チャンドラーのプロポーズ大作戦 Part2
The One With The Proposal(プロポーズの話-2)


(1) チャンドラーがプロポーズするつもりだということをモニカに隠している間に、リチャードがモニカに「まだ愛している」と告白し…
(2) レイチェルとフィービーは、ジョーイとロスを「40になってもお互い独身だったら結婚する」バックアップにしようと…

ホームページへ