「インサイダー」のワイガンド博士 「世界禁煙デー」講演レポート

映画「インサイダー」でラッセルが演じた役のモデルであるジェフリー・ワイガンド博士が、WHO世界禁煙デーの記念特別講演のために来日されました。以下は博士の講演に出席されたペコさんのレポートです。(2001年6月)


5月27日(日)に青山学院大学講堂にて第14回WHO世界禁煙デー記念特別講演会が開催され、超待望の「インサイダー」のモデルとなった本物ワイガンド博士を拝見出来ました。(私は「インサイダー」は劇場8回とDVD鑑賞を合わせて13回目になります。今13回目を見ながら書いています。)

自分で手話通訳者を手配したので、世界禁煙デー記念特別講演会が開始される前に会場の担当者と打ち合わせに受付に到達しなければなりませんでした。受付に行ってみたら、受付の後ろには既にワイガンド博士が立っていました。他に講演するドクター.Leanne Rileyという女史と何かと打ち合わせしていたようでした。禁煙のサイトやラッセルファンサイトの中にあった写真や映画パンフの写真よりも髪が完全に真っ白でずいぶんスリムになっていて、映画のラッセル様扮するワイガンド博士のそのものでした!!!つまり本物の方がハンサムなんです!私はミーハーっぽく妹に「あ!仕草が似ている!手の形までそっくりだわ!きゃ〜ラッセル様はちゃんと本物ワイガンド博士をよく観察していたのね。マイケル・マン監督は多くの50代の俳優を置いて当時ではまだ35歳だったラッセル様の内なる激しい気性と容貌のそっくりさを見抜いて選んだのも分かるような気がするわ!」と興奮しながら手話でささやいてました。暑くて上着を脱いでいらして白いワイシャツと黒いネクタイ姿になっていらした瞬間、本当に映画のそのものでした。ラッセル様の観察力や徹底的な研究心の凄さに改めて脱帽してしまいました。

途中から疲れて舞台の階段のところに座って話をなさっていて、スタッフが慌てて椅子を持って勧めたら、首を振って断り、そのままでした。とても気さくな方でした。最初に日本語でしゃべったようですが、手話通訳者の話によりますと、あまり日本語がお上手ではなかったようでした。(それも愛敬だと思って)その後、重要なポイントだけ(ジョークを交えて)たまに日本語の単語をしゃべり、全部英語で講演をなさいました。ワイガンド博士の英語→通訳者日本語だった為に1行くらい単位に通訳なさっているので、ずいぶん時間がかかり、ワイガンド博士のしゃべりたい話がいっぱいあるらしく予定の時間よりも大幅に延長されました。私はたっぷりに話を聞けると思うと嬉しくて大いに歓迎しました。


講演中の博士(ペコさん撮影) 映画「インサイダー」


講演のテーマは「軽いタバコのうそ」で、ライトタイプのタバコは普通のタバコよりも添加物が多く入っていて(なんと100種以上も入っている!アンモニア、殺虫剤、甘味があって防臭剤の作用のあるクマリン≪実は発ガン性がある≫、グリセリン、バクテリア≪信じられない事にばい菌の一つでもある≫が生き続ける為に低温を保つ為に薬剤などが含まれている!!!!)毒性が強くて危険なのに、企業側がそれを隠して嘘をつき続けたんだと真相を明らかにされました。

世界第2位のタバコ大企業であるB&Wタバコ会社に入社までは健康医療関係会社ばかり働いてきたのに、セール中心であるタバコ会社にした理由は、破格的な高給が待遇され(なんと年間に30万ドルもする給料だった)自分の子供はまだ上の娘は2歳、下の娘は2ヶ月の赤ちゃんだったので、ニューヨークに住むよりも、親のいるケンタッキー州に引越した方が子供たちの為にも良かったそうです。解雇されるまで4年3ヶ月も働いたそうです。

カナダのバンクーバーにてタバコ機関の各社の研究集会があって出席してそれをまとまったタバコについての12ページもある資料を作成して報告しようとしたら、上部が禁じられている添加物クマリンが含まれていると、まずいと言って、それを削除して欲しいと勧められました。その時から、ワイガンド博士は疑問を持つようになり、毒性の強いクマリンを除いてはどうかと申し出してみたら、怒りを買ってしまい、破格的な報酬を与えたのも実はクマリンを除かず他を巧く調整できるような研究してもらう為だったんだと言われて衝撃だったそうです。激しい議論した上に当時の上司が社長に就職してその祝いの日に解雇されました。

その後は「インサイダー」に描かれている通りでした。守秘契約を取り交わしたので、時々に外部に話した事を報告してきたけど、ある日電話で娘を殺すという脅迫されてから、報告を取りやめたそうです。FBIに依頼して電話の通話記録を調べてもらったら、相手の電話の場所が2つ分かったそうです。一つはB&Wのビルのすぐ側から、もう一つは病院からでした。映画で描いたよりも真実の方がずっと恐ろしかったようでした。


講演中の博士(ペコさん撮影) 講演中の博士(ペコさん撮影)


講演が終って、受付の時に配布された質問用紙の元で質疑応答が行なわれました。私は聞いてみたいとうずうずしていたので、ボツされてもいいだと思い、さっそく「ミーハーで申し訳ないけど、俳優ラッセル・クロウはヘビースモーカーで有名だそうですが、禁煙のお勧めをなさいましたか?」と書いて投稿しました。(妹は呆れていた)そしたら、なんと一番最初に似たような質問を取り上げていて「ラッセルに何回も禁煙しなさいと言いましたけど、13歳の時から吸い始めたので、止めたくても止められないんだそうです。禁煙したい気持ちだけはあったようでしたが・・・。皆さんにも禁煙の勧めをやりました。実際にタバコを吸うのを止めたのは60ミニッツのテレビプロデューサーだったバーグマン氏です。」とおっしゃいました!

講演報告のページ

映画「インサイダー」日本語オフィシャルページ
PRODUCTION NOTEのところにワイガンド博士、ラッセル、アル・パチーノ、バーグマン氏の4ショット写真があります。



HOME