ご参考:映画「マスター・アンド・コマンダー」の宣伝に関する英文手紙一例



昨年暮れから「マスター・アンド・コマンダー」の映画本編とかけはなれた宣伝について指摘してきました。

以下は、管理人が1月中旬に20世紀FOX社(トム・ロスマン会長)とピーター・ウィアー監督に送った手紙と同文です。ご参考までにご覧下さい。



Dear Mr. Rothman (Mr.Weir),
ロスマン様(ウィアー様)

I am a big fan of your film, "Master and Commander: The Far Side of the World" who lives in Japan.
私は日本に住んでいるあなたの映画「マスター・アンド・コマンダー」の大ファンです。

I am a fan of Patrick O’Brian’s “Aubrey-Maturin” series who have read all the books twice.
私はパトリック・オブライアンの「オーブリー−マチュリン」シリーズのファンであり、全巻を2回読みました。

In Last November, I went to London just to see the film.
去年の11月、私はこの映画を観るだけのためにロンドンまで行きました。

I saw the film three times, and I think it is absolutely beautiful.
この映画を3回観ましたが、とても素晴らしいと思います。

But I'm afraid that the distributor of the film in Japan (Buena Vista International Japan) is doing a terrible job promoting this film.
しかし、残念なことに、日本におけるこの映画の配給会社(ブエナ・ビスタ・インターナショナル・ジャパン)によるこの映画の宣伝はひどいものです。

I could not believe my eyes when I saw the Japanese trailer for the first time.
日本の予告編を初めて見た時、目を疑いました。

They had turned the trailer into a twisted, terrible one with subtitles and a creepily sentimental narration of a boy's voice.
彼らは予告編に気持ちが悪いほど感傷的な少年の声のナレーションを加え、捻じ曲がった、ひどいものに変えてしまっています。

This trailer even made me sick.
この予告編を見た時、気分が悪くなりました。

You can see the trailer here:
ここでその予告編を見ることができます。

www.movies.co.jp/masterandcommander/index.html

Translation of the trailer
<予告編の英訳>

Catch line:
”You taught us to be warriors for our loved ones.”
(Apparently, "you" means Jack, and "we" means the midshipmen.)

Subtitle:
”In 1806, as the war between France and England aggravated, many men were being killed in action.
SO IN ORDER TO REINFORCE THE DIMINISHED FORCES,
ENGLAND CHOSE TO SEND YOUNG BOYS TO THE BATTLEFIELD.”
(This is the main copy of this promotion and used in every advert material.)

Narration (melancholy boy's voice):
”We did not know how to fight yet. We did not want to die.
But we respected and trusted him (Jack). So we decided to follow him.
Why are we fighting? Will we be able to go home alive?
For our friends, for our family, we will follow him.”

------------------------------------
There was a whole two pages advert of the movie in major Japanese newspapers on January 5th.
1月5日の日本の主要新聞各紙に、この映画の全2ページの広告が掲載されました。

The catch copy is same as the subtitle of the trailer:
キャッチ・コピーは予告編の字幕と同じです。

"As the war aggravated, with many men being killed in action, England chose to send young boys to the battlefield in order to reinforce the diminished forces."
「戦争が激化し、多くの兵士の命が犠牲になった。その兵力を補うために英国軍が送り込んだのは、まだ幼い少年たちであった」

And the main feature of this ad is "Blakney's letter" to his mother.
この広告の主要な部分は、「ブレークニーの母親への手紙」です。

You can see the ad (and translation of the letter) here:
この広告(と手紙の翻訳)はここで見ることができます。

www.murphsplace.com/crowe/japan-ad.html

(As you see, they used Sophie’s picture and indicating that she is Blakney’s mother.)
(ご覧の通り、ソフィーの肖像画がブレークニーの母親だというように使われています。)

-----------------------------------
And in the fliers, this film is introduced as, in short,
そして、チラシでのこの映画の紹介は、要約すると、

“A drama about the young boys who struggles to learn how to fight against the enemy, even though they miss home and parents so much.”
「家族と両親を恋しく思いながらも、敵と戦うことを学ぼうと苦闘する幼い少年たちのドラマ」というものです。

I cannot believe that the film they are promoting is the same one as I saw in London.
この宣伝の対象が私がロンドンで観たのと同じ映画であるとは信じられません。

It is terrible enough that they made Jack a sub-character, ignored Stephen completely and make the film look like a tragic film about young war victims, but what hurts me most is this historically inaccurate statement they use as the main copy:
彼らがジャックを脇役のように扱い、スティーブンを完全に無視し、これが幼い戦争の犠牲者についての悲劇であるかのように見せているだけでもひどいことですが、私が一番心を痛めているのは、彼らがメイン・コピーとして使っている歴史的に間違った文章です。

"As the war aggravated, with many men being killed in action, England chose to send young boys to the battlefield in order to reinforce the diminished forces."
「戦争が激化し、多くの兵士の命が犠牲になった。その兵力を補うために英国軍が送り込んだのは、まだ幼い少年たちであった」

This statement is used in all the adverts, so millions of people in Japan now believe that Nelson’s navy did use children for war because of shortage of adult officers.
この文章はすべての宣伝で使われているので、今や日本の何百万と言う人々が、ネルソンの海軍は大人の士官が不足したために子供たちを戦争に利用したと思っています。

Some might feel that the captain is terrible person who leads children to war.
この艦長は子供を戦争に導くひどい人間であると感じる人もいるかもしれません。

This film is such a perfect mirror of the navy of the time.
この映画は、当時の海軍を完璧に再現しています。

I read the book “The Making of Master and Commander”, so I know that you (, Mr. Weir) and the crew made an enormous effort to recreate world of sailing ship so authentically.
私は「The Making of Master and Commander」という本を読みましたので、あなた(とウィアー監督)とスタッフが、帆船の世界を正確に再現しようと大変な努力を払ったことを知っています。

It is unforgivable to use this downright lie to promote this film.
その映画を宣伝するのに、このような明らかな嘘を使うのは許しがたいことです。

Recently, on a website, I read a statement of an “insider” that people who make adverts for films in Japan rarely even bother to SEE the films they are to promote.
最近インターネットで、「業界人」と名乗る人が、「映画の広告を作る人は、その映画をわざわざ観ることなどめったにない」と書いているのを読みました。

I don’t know if it is true or not, but I can easily believe him after I saw this advertisement.
それが本当かどうかはわかりませんが、この広告を見た後では十分に信じられます。

I doubt they even have a slightest respect for the films they have rights to distribute.
自社が配給権を持っている映画に対して、少しも敬意を持っていないように思われます。

I think any film, especially your film, deserves much better than that.
私は映画、特にあなたの映画は、もっとちゃんと扱われるべきだと思います。

I know that you have nothing to do with the marketing in Japan, but I wanted you to know this situation.
あなたが日本でのマーケティングに無関係なのは存じておりますが、この状況をあなたに知ってほしかったのです。

It breaks my heart to see them butchering such a wonderful film by this sloppy job they call “advertisement.”
このようなすばらしい映画が、彼らが「宣伝」と呼ぶ手抜き仕事によってずたずたにされているのは、見るに忍びません。

In closing, I’d like to thank you for making such a wonderful film as one of Patrick O’Brian’s fans, and also as a movie lover.
最後になりましたが、このような素晴らしい映画を製作して下さったことに対し、パトリック・オブライアンのファンとして、また映画ファンとしてお礼申し上げます。

It is the best film I’ve ever seen in a very long time.
こんなに素晴らしい映画を観たのは久しぶりでした。

I can’t even describe how much I enjoyed it.
どんなに楽しかったか、言葉にできないほどです。

I am infinitely obliged to you, sir.
心から感謝いたします。

Yours sincerely, 
敬具

(署名)



戻る