TOP画像ヒストリー その4
ツーショットシリーズ2



長い間放りっぱなしだった「TOP画像ヒストリー」、忘れた頃に更新です。(他にも途中で放りっぱなしのページはいくつかあるんですが…それも忘れた頃に更新するかも。私って気が長いんだか短いんだか。つき合って見てくださっている方々ありがとう。)既に掲載した順番はわからなくなってしまったのですが、「ツーショットシリーズ」の続きです。

16.姪御さんと

まずは「アカデミー賞特集」ということで。今年(2003年)のオスカーはラッセルの顔を見られそうもなくて寂しいわ。

まずこれは、2000年「インサイダー」でノミネートされた時のアカデミー賞授賞式のレッドカーペット。ラッセルにとっては初のオスカーナイト、彼がエスコートして来たのは姪でした。たまたま誰とも付き合っていない時期だったのか、公式の場には連れて来にくい彼女だったのか…一時ゲイ疑惑があったのはひょっとしてこのせいか?自分の子供がいない人は姪や甥を溺愛する傾向があると何かで読んだけど、私にも思い当たるフシが…

二人とも緊張してますね。背後にいる怪しい二人はセキュリティの人ですね、たぶん。
この子も大きくなっただろうなあ


「シンデレラ・マン」でもよろしく

17.ロン・ハワードと

2002年のアカデミー賞授賞式。ラッセル自身はこの年、「ビューティフル・マインド」で主演男優賞にノミネートされていました。デンゼル・ワシントンに敗れて二年連続受賞はなりませんでしたが、初ノミネートで監督賞を受賞したハワード監督に祝福のハグを。

ハワード監督とは次回作「シンデレラ・マン」でまたコンビを組むそうで、嬉しいわ。

髪を伸ばしているのは「Master And Commander:The Far Side Of The World」の撮影の準備かと思われます。まだ金髪には染めていないけど。



18.ウーピー・ゴールドバーグと

で、上と同じ2002年のアカデミー賞授賞式冒頭。司会のウーピー・ゴールドバーグ、この年の作品賞候補のひとつだった「ムーラン・ルージュ」のニコール・キッドマンの扮装で天井から派手に登場したと思ったら…おいこら、どさくさにまぎれてなんちゅう事をしとるねん!

TV中継を見ていた時は、ほとんど真似事のような軽いキスかと思われたんですが、この写真を見るとかなり本格的な…ウーピーの気取った指先に注目です。

ラッセルは嫌がっているようには見えないですねー。というか実は私も嫌がってないんだけど。嫌ならTOP画像になんかしませんよ。
役得!


鬼の角〜

19.ジェイミー・ベルと

これは2001年のゴールデン・グローブかBATFA(英国アカデミー賞)。うーん、どっちだったか…とにかく、ラッセルは「グラディエーター」で、ジェイミーは「リトル・ダンサー」でノミネートされていて、授賞式会場で仲良しになったようです。ほんとうに子供好きですよねラッセル。自分の子供も早く出来るといいね(<お、私にしては珍しい発言)

ラッセルの手が昔懐かしいイタズラをしているように見えるのは…気のせいよね。




20.ホアキン・フェニックスと

「グラディエーター」のプレミアにて、プレスが詰め掛けている中で「二人の世界」を作っているラッセルとホアキン(笑)。見上げるホアキンの目つきと、さりげなくお腹に触れた左手がいやらしい(<邪推。)

ラッセルとホアキンは、「グラ」の撮影風景なんかを見ても仲が良さそうですね。撮影当初、すごい俳優に囲まれて緊張していたホアキンを、ラッセルとリチャード・ハリスが酒を飲ませまくってリラックスさせてあげたという微笑ましい(?)エピソードも残っています。

ところで、ホアキン君はこの写真といい、助演男優賞にノミネートされた時のオスカーナイトといい、いつも寝坊してそのへんにある服を大あわてで着こんで来たようにしか見えないのはなぜでしょうね。(逆にラッセルはいろいろ気合を入れすぎて失敗しているように見える…いやいや止めておこうファッションの話は)
兄貴…

背中美人

21.ジェニファー・コネリーと

「ビューティフル・マインド」のプレミアにて、後ろ向きなのでわかりにくいけど、共演者のジェニファー・コネリーと。

それにしても綺麗な背中だなあ。私は後姿の美しい女性に憧れがあって、街でも見つけるとつい目で追ってしまうのですが(誤解されるって)。「ビューティフル・マインド」の中のパーティ・シーンでも、イブニングドレスのジェニファーの背中が素敵でした。ラッセルもあのシーンのクラシカルなタキシードが似合っていました。(どうしてオフスクリーンの授賞式やプレミアでああいう格好をしてくれないのかなあ…)

ジェニファーはこの映画でアカデミー助演女優賞を受賞しましたが、授賞式のジェニファーはなんだか冴えない感じで、スピーチもありきたりで印象に残りませんでした。よっぽど緊張しているのかしら、と思ったのですが、後で噂を聞くとこの時彼氏と別れたばかりだったのですね。でもその後、この映画で共演したポール・ベタニーと(と言っても共演シーンはなかったはずなのに、いつのまに…)恋に落ちてめでたく結婚、もうすぐ子供も生まれるとかで、「ビューティフル・マインド」は彼女にとってキャリア上も私生活上も幸運の映画になりましたね。

しかし、こうしてみるとなかなかお似合いの二人(ラッセルとジェニファー)。プロモーション中はこの二人の恋の噂も立ったりしたけど、カモフラージュだったのかしら…


22.アル・パチーノと

「インサイダー」のプレミアにて、共演者のアル・パチーノと。二人とも横顔とヒゲがめちゃシブです。アル・パチーノ好きなんですよね「ゴッドファーザー」の頃から。

ラリー・キングのインタビューでラッセルがアルと自分との演技スタイルの違いについて語っていて、なかなか興味深いです。アルって本来は舞台の人なんだろうなあ。

…ということで、ツーショットシリーズはこれでおしまい(何年かかってるんだか)。全体に男とのツーショットが多かったのは、やはり私の趣味かと…

…と言いつつ、こういう↓おまけをつけてしまう。
横顔で勝負!


あなたのヒゲって柔らかくて素敵。でもたまにはシャツを着替えてね

おまけ。

今となっては懐かしいパパラッチショット、スターバッグスでとろけるメグ・ライアンと、この頃いつどこで目撃されても必ずこのシャツを着ていたラッセル。もちろんTOP画像にはしなかったけど、何を考えてこんな画像をわざわざ保存してたんだろうね私は。

HOME