Picture Of The Month〜今月の一枚






ジャック・オーブリー艦長。(トレーラーより)


「あの窓のそばにいらっしゃる、とてもハンサムな方はどなたですの?」(中略)

…実際、彼はハンサムな男だったが、彼にそれを教えた人は未だかつて一人もいなかったので、自分では気づいていなかった。彼は喜んだ。その言葉を聞いて、素直に喜んだ。自分を美男だと思ってくれる人がいると知って、すっかり嬉しくなった。彼はハンサムだ。つまり、若さの輝きやすらりとした肢体を求めない目には、ハンサムに映るだろう。大きな、肩幅の広い、血色のいい、明るい青い目と黄色い髪の男が好きな人なら、また片耳から頬骨に斬り込み刀の痕が、顎からもう片方の耳へは破片の傷が走っているのを気にしない人なら、美男だと思ったはずだ。 〜第七巻"The Surgeon's Mate"より

HOME