[ HOME ]
部・章・節・小節・小々節

[ BACK ] 部・章・節・小節・小々節 [ NEXT ]

部、章、節、小節、小々節の書き方です。

ただし、章(\chapter)については、

\documentclass[]{jreport}
または、
\documentclass[]{jbook}

というように、jreport.styか、jbook.styを使っているときしか使えません。

また、jreport.sty、jbook.styを使用する場合、部(\part)を使うと、強制的に部の名前だけのページになり、節(\section)の数字が1.1からスタート、小節(\subsection)の数字が1.1.1からスタートし、小々節(\subsubsection)は数字がつかなくなります。

雛型

\part{名前}
\chapter{名前}
\section{名前}
小節 \subsection{名前}
小々節 \subsubsection{名前}

使用例 その1 (jreport.sty、jbook.styを使用しない場合)

bu-jarticle \part{はじめに}

まず、このホームページについて説明します。

\section{このホームページについて}

このページでは\LaTeX のコマンドシート、ならびにちょっとしたテクニック(?)について説明しています。

\subsection{特徴}

ただ紹介するのではなくて、ブラウザ上からコピーして、Mule、秀丸エディタ、メモ帳などのエディタにペースト(貼り付け)できます。

\subsubsection{その他}

実際によくつかうものを掲載しています。

使用例 その2 (jreport.sty、jbook.styを使用する場合)

bu-jreport1 bu-jreport2
\part{はじめに}

\chapter{はじめに}

まず、このホームページについて説明します。

\section{このホームページについて}

このページでは\LaTeX のコマンドシート、ならびにちょっとしたテクニック(?)について説明しています。

\subsection{特徴}

ただ紹介するのではなくて、ブラウザ上からコピーして、Mule、秀丸エディタ、メモ帳などのエディタにペースト(貼り付け)できます。

\subsubsection{その他}

実際によくつかうものを掲載しています。

Tips

章番号等をつけたくない場合は

\part*{名前}

というように「*」をつけます。

\part*{名前}
\chapter*{名前}
\section*{名前}
\subsection*{名前}
\subsubsection*{名前}

- 使用例 -

bu-bango-nashi \part*{はじめに}

まず、このホームページについて説明します。

\section*{このホームページについて}

このページでは\LaTeX のコマンドシート、ならびにちょっとしたテクニック(?)について説明しています。

\subsection*{特徴}

ただ紹介するのではなくて、ブラウザ上からコピーして、Mule、秀丸エディタ、メモ帳などのエディタにペースト(貼り付け)できます。

\subsubsection*{その他}

実際によくつかうものを掲載しています。

[ HOME ]

[ BACK ] 部・章・節・小節・小々節 [ NEXT ]