[ HOME ]
場合分け

[ BACK ] 場合分け [ NEXT ]

場合分けの式を書く方法です。

なお、「\right.」(最後にピリオドがあるのに注意!)の部分を「\right\}」にすれば括弧で閉じることができます。

また、使用例の2つ目、3つ目のように値と条件を分けて書くような場合、 「\begin{array}{l}」を「\begin{array}{ll}」(2つめの括弧内のlを2つ)にします。

雛型

\begin{eqnarray}
\left\{
\begin{array}{l}
\end{array}
\right.
\end{eqnarray}

使用例

case_1 \begin{eqnarray}
\left\{
\begin{array}{l}
ax^{i_1}y^{j_1} *> bx^{i_2}y^{j_2}\\
(i_1 > i_2 \; または \;i_1=i_2 かつ j_1 > j_2 のとき)
\end{array}
\right.
\end{eqnarray}
case_2 \begin{eqnarray}
c_{k,l}=\left\{ \begin{array}{ll}
1 & (l=k) \\
\alpha & (|l-k|=1) \\
0 & (上記以外) \\
\end{array} \right.
\end{eqnarray}
case_3 \begin{eqnarray}
D(x,A^k)={\rm min} \left\{
\begin{array}{ll}
f_i(x^k)-f_i(x),&i=1,\cdots ,p\\
-g_j(x),&j=1,\cdots ,m
\end{array}
\right\}
\end{eqnarray}

[ HOME ]

[ BACK ] 場合分け [ NEXT ]