[ HOME ]
入力通り出力する

[ BACK ] 入力通り出力する [ NEXT ]

特殊文字がたくさんでてくるような場合、入力通りに表示させる ことができます。

\verbと\verb*は文書中に普通に使うことができます。
\begin{verbatim}〜\end{verbatim}と\begin{verbatim*}〜\end{verbatim*} は上下に空行が1つできます。

また、*がついているものは空白に印が付きます。

雛型

\verb|| \verb*|| \begin{verbatim}

\end{verbatim}

\begin{verbatim*}

\end{verbatim*}

使用例

sonomama1 \verb|$ \ % # { } _|
sonomama2 \verb*|$ \ % # { } _|
sonomama3 \begin{verbatim}
$ \ % # { } _
\end{verbatim}
sonomama4 \begin{verbatim*}
$ \ % # { } _
\end{verbatim*}

[ HOME ]

[ BACK ] 入力通り出力する [ NEXT ]