WELCOME LILLAN AXE's ROOM

 

LILLIAN AXEはギターのスティーブ・ブレイズ(g)を中心に1983年に結成されたらしい。RATTのオープニングアクトに起用されたのをきっかけに契約デビューとなった。バンドの要はやはりメインソングライターでありリードギタリストであるスティーブの楽曲センスである。ヴォーカルのロン・テイラーも表現力豊かなのだが,楽曲レベルの高さはやはりスティーブのセンスの良さが光っている。 2ndアルバムあたりから兆候はあったが,3rdの楽曲は特に素晴らしい。ブリティッシュロックの方法論に近いのかも知れない。独特のメロディセンスや楽曲構成が絶妙であり,最大の聴き所である。4thで少し陰鬱なイメージになったが,楽曲の根底に流れるメロディセンスはやはり素晴らしいものがある。結局アメリカにはこの音楽性を受け入れる土台が無く,レーベルの倒産もあり正式なアナウンスも無く解散したようだ。

メンバー3人のインタビューへ 


 

Album

1st LILLIAN AXE 1988 MCA RECORDS

LP:P-13668(WARNER PIONEER-JAPAN)

CD:32XD-1061(WARNER PIONEER-JAPAN)

MT:PKG-3377(WARNER PIONEER-JAPAN)

MT:MCAC-42146(MCA-U.S.A.)

LP:MCA-42146(MCA-U.S.A.)

Produced by ROBBIN CROSBY

1

DREAM OF A LIFETIME

2

INSIDE OUT

3

VISION IN THE NIGHT

4

PICTURE PERFECT

5

THE MORE THAT YOU GET

6

MISERY LOVES COMPANY

7

NOBODY KNOWS

8

HARD LUCK

9

WAITING IN THE DARK

10

LAUGHING IN YOUR FACE

Members

Stevie Blaze : Lead Guitar

Ron Taylor : Lead Vocals

Jon Ster : Rhythm Guitar and Keyboards

Rob Stratton : Bass

Danny King : Drums

非常にポップな楽曲とスティーヴの叙情センスのある楽曲が,うまく配置された作品である。ロンの歌唱も若々しく躍動感が非常に強く感じられるが,スティーヴのソロワークはやはり 光っている。3.や4.などのソロプレイは非常にセンス溢れているし,6.はバンドのお気に入りのようだ。7.は優しさ溢れるバラードナンバーで,ロンの歌唱も良い。9.は,このアルバムの一番の聴き所だろう。暗く落ち込むような不思議なメロディを主体に構成 されているが,中間部のソロプレイの素晴らしさはコンパクトだが名演奏だ。 


 

2nd LOVE+WAR 1989 MCA RECORDS

CD:22P2-2971(WANER PIONEER JAPAN)

LP:MCA-6301(MCA-U.S.A.)

Produced and Engineered by TONY PLATT

1

ALL'S FAIR IN LOVE AND WAR

2

SHE LIKES IT ON TOP

3

DIANA

4

DOWN ON YOU

5

THE WORLD STOPPED TURNING

6

GHOST OF WINTER

7

MY NUMBER

8

SHOW A LITTLE LOVE

9

FOOL'S PARADISE

10

LETTERS IN THE RAIN

 

Members

Stevie Blaze : Lead and Rhythm Guitar

Ron Taylor : Lead Vocals

Jon Ster : Rhythm Guitar and Keyboards

Rob Stratton : Bass

Danny King : Drums

メジャーレーベル最後の作品で,楽曲も練られたモノが多くなった印象がある。 少しロンのヴォーカルに,リヴァーヴが掛かりすぎていて残念。スティーヴのソロプレイは,光っている。特に1.や9.などのプレイは秀逸。6.はこのアルバム最大の聴き所。不思議なメロディ展開を持った曲であるが素晴らしい出来。 7.は,NWOBHMのGIRLのカバーである。全体的にオーバープロデュース気味なのが,残念である。このアルバムだけが現在廃盤のようで,入手は困難のようである。 


 

3rd POETIC JUSTICE 1992 GRAND SLAMM 

CD:VICP-5148(ビクター)

CD:X2-13129(GRAND SLAMM)

Produced by LEIF MASES

1

POETIC JUSTICE

2

INNOCENCE

3

TRUE BELIEVER

4

BODY DOUBLE

5

SEE YOU SOMEDAY

6

LIVING IN THE GREY

7

DIGITAL DREAMS

8

DYIN' TO LIVE (SHADES OF BLUE)

9

MERCY

10

THE PROMISED LAND

11

NO MATTER WHAT

12

SHE'S MY SALVATION

13

A MOMENT OF REFLECTION

 

Members

Stevie Blaze : Lead Guitar Keyboards

Ron Taylor : Lead Vocals

Jon Ster : Rhythm Guitar and Keyboards

Darrin De Latte : Bass

Gene Barnett : Drums

このアルバムがバンドの最高の作品だと思う。以前から持っていた楽曲構成が演奏力やプロデュースと調和し,素晴らしい作品となっている。捨て曲は一切無く,曲配置も良い。愛すべき楽曲も多く,特に2.3.4.5.6.8.9.10.11.12が良い。(ほとんどだ)僕が好きなのは6.だ。メロディ展開の素晴らしさがたまりません。どの楽曲にも,スティーヴの優しいメロディが詰まっている。5.10.は対照的な好バラードで,11.はBAD FINGERのカバーソング。このアルバムは,某HM専門誌で「63点」というアルバム評を付けられており,非常に残念である。 


 

4th PSYCHOSCHIZOPHRENIA 1993 GLAND SLAMM

CD:VICP-5309(ビクター)

Produced by LEIF MASES

1

CRUCIFIED

2

DEEPFREEZE

3

MOONLIGHT IN YOUR BLOOD

4

STOP THE HATE

5

SIGN OF THE TIMES

6

THE NEEDLE AND YOUR PAIN

7

THOSE WHO PREY

8

VOICES IN MY WALLS

9

NOW YOU KNOW

10

DEEP BLUE SHADOWS

11

THE DAY I MET YOU

12

PSYCHOSCHIZOPHRENIA

13

HERE IS CHRISTMAS (BONUS TRACK FOR JAPAN)

  

Members

Stevie Blaze : Lead and Rhythm Guitar

Ron Taylor : Lead Vocals

Jon Ster : Rhythm Guitar and Keyboards

Rob Stratton : Bass

Tommy Scott : Drums

バンドの最後の作品である。全体的に重苦しいサウンド展開に変わっている。だがメロディラインの良さは変わっておらず,良い楽曲も多い。4.7.9.10.のあたりは,前作までのポップさよりヘヴィな音像が全面に出ている。6.11.は優しいメロディを持ったバラードで,13.はHEARTのカバーソング。


(1987-1989) Out of the darkness - into the light Lillian Axe 1989 MCA RECORDS

CD:X2-13133(MCA-U.S.A.)

1

Show a little love

2

Misery loves company

3

She likes it on top

4

Nobody knows

5

All's fair in love and war

6

Waiting in the dark

7

Dream of a lifetime

8

The world stopped turning

9

Hard luck

10

Ghost of winter

11

My number

Massage to fans:

This album is our way of showing appreciation to our fans who have stuck it our for so long with us. We decided to release some of our favorite cuts from our first two albums to warm you up for our upcoming release, "Poetic Justice" Over the last four years, we have been through many ups and downs, and you guys have stayed loyal through thick and thin. This compilation is not only for our already faithful fans (many who had great difficulty in even finding our previous records), but for the new legions of fans who will soon be recruited. We told you that things could only get better, and we're glad to report that things are going great. Hope you enjoy this album, and see you on tour.

メジャーレーベルよりドロップした彼らが,新たな契約を結ぶまでの間にリリースされたベスト盤(1st-2ndより選曲)である。ちなみに収録曲は,全て既発曲です。


FIELDS OF YESTERDAY 1999 Z RECORDS

P&C Z RECORDS : CAT NO ZR1997013

CANYON INTERNATIONAL : PCCY-01378

1

Death Valley Daze

2

Do It

3

Twilight In Hell

4

For Crying Out Loud

5

The Last Time

6

Calm Before The Storm

7

Pulling The Rats Out

8

When It Rains

9

Daddy Long Legs

10

Blood On The Moon

11

Kill Me Again

12

Become A Monster

13

Throw You Away (Japanese Bonus Track)

14

Thirst (Japanese Bonus Track)

歌詞(訳付き)

突然リリースされた未発表曲集アルバム。


PIECES OF A DREAM 1994 MUSIC FOR NATIONS

CD:CDMFN 165M(made in ENGLAND)

1

Tour De Force / Flesh

2

Drive, She Said / All I'm Lovi' For

3

Rox Diamond / Heart Of Mine

4

FM / Closer To Heaven

5

Lillian Axe / Moonlight In Your Blood

6

Romeo's Daughter / Attracted To The Animal

7

Drive, She Said / Hard To Hold

8

From The Fire / Tears Cried In The Rain

9

FM / Only The Strong Survive

10

Lillian Axe / True Believer

11

Legs Diamond / Be The One

12

Tyketto / Inferit The Wind

英国のレーベル MUSIC FOR NATIONS からのメロディアスハードロックバンドを集めたコンピレーションアルバム。ちなみに LILLIAN AXE の収録曲は2曲で,全て既発曲です。


Singles 

NO MATTER WHAT

GRAND SLAMM

CD:CDKUT156(MUSIC FOR NATIONS)

1

No Matter What

2

True Believer(acoustic)

3

No Matter What(acoustic)

3rdからのシングルカット。True Believerは完全なアコースティックセットで,No Matter Whatはギターのみアコースティックでセミ・アコースティックなアレンジになっている。

HERE IS CHRISTMAS

GRAND SLAMM 1992

CD:CDKUT152(MUSIC FOR NATIONS)

1

Here Is Christmas

2

Promised Land

3

See You Someday

このシングルは12インチで,CDは3曲入り,アナログは2曲入りで Promised Land が収録されてないようだ。

CRUCIFIED

GRAND SLAMM 1993 PROMO only

DPRO-6715

1

Crucified

プロモーションオンリーで,1曲のみ収録。ジャケも無しで,上は裏ジャケ。

 


Demo & Live

Poetic Justice Demos recorded '89-90

1

Body Double

2

True Believer

3

When It Rains

4

Dyin' To Live

5

Mercy

6

Blood On The Moon

7

Promised Land

8

The Last Goodbye

9

Do It

10

Calm Before The Storm

11

Daddy Long Legs

12

For Crying Out Love

13

Death Valley Daze

14

No Matter What

15

Pullin' The Rats Out

16

Only You

17

The Last Time

彼らが名盤「Poetic Justice」制作時に作っていたと思われる,デモテープだろうか。音質は完パケの二歩手前といったところ。「When It Rain」や「The Last Time」など,正規のアルバムに収録されなかったナンバーにも彼ららしさが溢れている。こうしてみると,Poetic...はアルバム2枚分のマテリアルから選び抜かれた楽曲による,考え抜かれたアルバムだったことに気が付く。


Thirst Demos (Unreleased 5th album) recorded '94 plus interview recorded '92

1

Become A Monster

2

Quarantine

3

The 2nd Of May

4

Thirst

5

Fields Of Yesterday

6

Divine

7

Deep In The Black 

8

Interview with Ron & Steve

幻の5thアルバムのマテリアルで,どちらかというと4thのサウンドのもっと暗いイメージが全体を覆っているように感じる。その中でも,「Field Of Yesterday」は異色の不思議なメロディを持った曲で,名曲「Ghost Of Winter」の雰囲気があるようにも思える。インタビューは,恐らく3rd発表時のプロモーション用FM番組出演時と思われる。(英語なので,意味が判らん・・・)


 

Live at Dallas, Texas on November 12, 1993

1

All's Fair In Love and War

2

Psychoshizophrenia

3

Mercy

4

Deep Freeze

5

The Needle And Your Pain

6

Sign Of The Times

7

Stop The Hate

8

Those Who Prey

9

Moonlight In Your Blood

10

Crucified (Whole Version)

11

True Believer

12

Misery Loves Company

4thアルバム発表後のツアーの録音。やはり4thの楽曲が多いが,演奏はそれほど悪くなく,彼らの演奏技術の非凡さも改めて感じることが出来る。


1992 Milwaukee live

DISC 1

1

Poetic Justice

2

Misery Loves Company

3

Innocence

4

All's Fair In Love and War

5

Body Double

6

Living In The Grey

7

See You Someday

8

My Number

9

Mercy

Disk 2

1

Dying To Live

2

Show A Little Love

3

--acoustic medley--

Ghost of winter 〜 The world stopped turning 〜 Diana

--encore--

4

Nobody Knows

5

No Matter What

3rd発表時のツアーの模様を米国のFM局が放送したときのもの。少しロンの歌唱が不安定な箇所もあるが,全体的には悪くない。聴き所は2DISCの「Acoustic Medley」だろう。こういう素朴なアレンジにも,彼らの才能は発揮される。


Demos / LILLIAN AXE

1

Living In The Grey

2

See You Someday

3

She's My Salvation

4

Body Double

5

Twilight In Hell

6

No Matter What

7

True Believer

8

Kiss It Where It Hurts

9

Dying To Live

10

A Moment Of Reflection

3rd制作時に,デモテープを何社かに送ったものの1つだと思われる。音質はデモだけに良くないが,聴けるレベル。全て正式版とはテイクやミックスは違っている。前述の「Poetic Justice Demo recorded '89-90」とも,テイクが違う。「Twilight In Hell」「Kiss It Where It Hurts」の2曲は未発表曲で,前者は1stの頃に戻ったかのような明るいロックソング。後者も同じような曲調だが,なかなか印象的なサビが心地良い。

ページトップへジャンプ


HARD ROXX   ISSUE No.40 MARCH 1999

イギリスの雑誌で,STEVEのインタビュー及びコンピレーションCD付き。LILLIAN AXEは「FIELDS OF YESTERDAY」より「DEATH VALLEY DAZE」を収録。


FIELDS OF YESTERDAY チラシ

ポニーキャニオンからの発売広告チラシ。


SHOW A LITTLE LIVE 1999 Private

Recorded Live At HIBIYA YAGAI ONGAKU-DO 1999/5/2

1

Misery loves company

2

All's fair in love and war

3

Innocence

4

Those Who Prey

5

Ghost of winter

6

Nobody knows

7

Pulling The Rats Out

8

True Believer

9

Show a little love

10

Body Double (Foundations Forum '91)

早速来日記念ブートCDが出ました(爆) 多くは書きません...


 

Special Thanks A.Hagiwara & T.Ueda !!!

And T-GRURI-Ando !!!

 

インデックスに戻る

 

Hit!Graph