WELCOME PRAYING MANTIS's ROOM

 

1970年代後半のイギリスでは,New Wave Of British Heavy Metal(以下NWOBHM)というムーブメントにより,多くのバンドがデビューし消えていった。シーンには「IRON MAIDEN」「DEF LEPARD」を残したが,多くのバンドはシングルや1枚のみの作品を残して消えていった。

※N.W.O.B.H.M.については,リンクのページのMr.NAKASHIMAのページを参照とする。手抜きだ・・・(苦笑) だって私より詳しい人いっぱいいるから。

リンクなページへ

そんな中の一つのバンドがPRAYING MANTISだった。ちょうどIRON MAIDENにハマり彼らの音源を買いあさっている頃,「LIVE AT LAST/Praying Mantis&Paul Dianno, Dennis Stratton」というアルバムが発表された。ディアノ目当てで,そのアルバムをCDレンタルした。(学生だったので金が無かった)でも,関係ない曲も入っていてうっとおしいなと思って聴き返すウチに,そのうっとおしい曲がだんだん好きになってしまいました。で,彼らのアルバムを探しに行くと「¥19,800」とか法外な値段が付けられており買えなかったのですが,ちょうど翌年に2ndが出るとのことで,これもレンタルし,それ以来彼らの音にはハマリっぱなしとなってしまいました。

実際1stリリース後,彼らはかなり苦労したようです。メンバーの脱退やバンド名の変更など数多かったようです。Escape〜Limelight(同名異バンドあり)〜Taigon〜Stratusと名前を変えたらしい。彼らの売りは,やはり哀愁漂う透明感あるメロディとハーモニーですね。これに尽きます。トロイ兄弟が中心で,兄のティノがギター&ヴォーカル,弟のクリスがベース&ヴォーカルを担当している。ティノはスパニッシュギターを習っていた為か,そのプレイからは凄まじいほどの哀愁を発散させる。クリスのヴォーカルには透明感があり,曲の雰囲気を最大限に生かしている。1st時には,ハードポップな曲や哀愁のある曲や疾走感のある激しい曲など,典型的なNWOBHMを感じさせる曲調を演奏していた。現ユーライアヒープのバーニー・ショウもバンドにいたこともあり,1992年の来日メンバーには,ドゥギーホワイト(ex.RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW)もいた。現在製作中の5thは難航しており,ボーカルが色々と代わっており,一時期(あの)ジョン・デヴァリルもセッションを行ったらしい。結局トニー・オホーラに決まった(?)らしい。


Album

 

TIME TELLS NO LIES 1981

produced by Tim Friese-Green

Arista

1

Cheated

2

All Day And All Of The Night

3

Running For Tomorrow

4

Rich City Kids

5

Lovers To The Grave

6

Panic In The Streets

7

Beads Of Ebony

8

Flirting With Suicide

9

Children Of The Earth

突如3年ほど前に再発された,幻の名盤。「Panic In The Streets」「Flirting With Suicide」のような疾走感溢れる曲と「Cheated」のようなハードポップ1枚のアルバムに混在している。NWOBHMの要素を全て含んでいる。「Running For Tomorrow」の哀愁もなかなか。中でも,「Lovers To The Grave」「Children Of The Earth」は,超名曲だ。前者はスローからハードへ,後者はハードからスローへの流れが素晴らしい。哀愁漂う曲調を透明感のあるサウンドで表現している。クリスの透明感溢れるヴォーカルも良い。この2曲はHM/HR史上でも超名曲と言えるだろう。「All Day And All Of The Night 」はKINKSのカバー。ドイツ盤には3曲のボーナストラック入りのモノもある。収録曲は,CHEATED singleの曲。

ドイツ盤に収録の3曲(CHEATED single収録)は,現在の日本盤再発CDに収録されています。 


PREDATOR IN DISGUISE 1991

produced by Tino and Dennis

Pony Canyon inc.

1

Can't See The Angels

2

She's Hot

3

This Time Girl

4

Time Slipping Away

5

Listen What Your Heart Says

6

Still Want You

7

The Horn

8

Battle Royal

9

Only You

10

BorderLine

1stから10年経ってリリースされた2ndアルバム。このアルバムでは,元IRON MAIDEN, LIONHEARTのデニスストラットンが参加しており,デニスの趣味のアメリカンロック調の曲が何曲かを占めている。ドラムは元WILDFIREのブルース・ビスランド。「Can't See The Angels」「Time Slipping Away」「The Horn」は往年の曲調を誇り,新しい形の「Battle Royal」「BorderLine」もなかなかの出来だ。幻の2ndのマテリアルだった「Time Slipping Away」は,イントロのリフで全てが判る。涙無しには聴けません!!!

当時アナログ盤も発売されていた。(BAD MOON RISINGと一緒に)良く中古で見ます。

 


A CRY FOR THE NEW WORLD 1993

produced by Tino Troy and Gary Flounders

Pony Canyon inc.

1

Rise Up Again

2

A Cry For The New World

3

A Moment In Life

4

Letting Go

5

One Chance

6

Dangerous

7

Fight To Be Free

8

Open Your Heart

9

Dream On

10

Journeyman

11

The Final Eclipse

2ndの方向性がバラバラだったため,自分たちの進むべき方向性を見つめ直し制作された3rd。1st時の透明感溢れる曲調に戻っている。ヴォーカルはコリン・ピールに変わっている,が,この参加が最後である。結果全曲素晴らしく,どれが良いとか選ぶことは出来ない。最後の曲は必要だったのだろうか?「Rise Up Again」「A Cry For The New World」「Journeyman」の出来は中でも素晴らしい。

 


TO THE POWER OF TEN 1995

produced by Norman Goodman

Pony Canyon inc.

1

Don't Be Afraid Of The Dark

2

Bring On The Night

3

Ball Of Confusion

4

Welcome To My Hollywood

5

Another Time, Another Place

6

To The Power Of Ten

7

Little Angel

8

Victory

9

Only The Children Cry

10

Night And Day

11

Angry Man

少しまた,色々な曲調の曲が増えてきた4thアルバム。ヴォーカルは元MSG, STATETROOPERのゲイリー・バーデンに変わった。「Don't Be Afraid Of The Dark」「Welcome To My Hollywood」など,彼らに求められている曲調もあれば,「Little Angel」「Victory」のような,新たな魅力を持つ曲もある。「Another Time, Another Place」は素晴らしいメロディを持ったバラード。「Ball Of Confusion」はテンプテーションのカバーで,ちょっと嫌な予感がする。色々な要素を持っており,好き嫌いは分かれるだろう。

 


Live

LIVE AT LAST/Praying Mantis & Paul Dianno, Dennis Stratton 1990

produced by Dennis Stratton and Tino Troy

Japan : Pony Canyon inc.

U.S.A. : Grand Slamm

左が日本盤で,右がアメリカ盤。

1

Panic In The Streets

2

Dangerous Game

3

Children Of The Grave

4

Lovers To The Grave

5

Flirting With Suicide

6

Hot Tonight

7

Running For Tomorrow

8

Wrathchild

9

Mudars In The Rue Morgue

10

Remember Tomorrow

11

Phantom Of The Opera

12

Iron Maiden

13

Cheated

14

Running Free

私のMANTIS初体験のアルバム。1.3.4.5.7.13.がMANTISで,2.6.がLIONHEART。残りがIRON MAIDENである。これはNWOBHM勃発10周年記念ライヴであり,これをきっかけに10年ぶりの2ndリリースにつながった。これをきっかけに,デニス・ストラットンとブルース・ビスランドの加入,10年ぶりの2nd発売につながった。

 

CAPTURED-ALIVE IN TOKYO CITY 1996

Produced by Norman Goodman & Tino Troy

Pony Canyon inc.

DISC 1

1

Victory

2

A Cry For The New World

3

Can't See The Angels

4

Bring On The Night

5

Only The Children Cry

6

To The Power Of Ten

7

The Horn

8

Dream On

9

Welcome To My Hollywood

10

Turn The Tables

11

Children Of The Earth

DISC 2 

1

Angry Man

2

Don't Be Afraid Of The Dark

3

Cheated

4

Letting Go

5

Lovers To The Grave

6

Flirting With Suicide

7

Rise Up Again

8

Armed And Ready

9

Captured City

発売当初は2Disc版だったが限定版,であり現在は1Disc版になっている。っていうか,1Disc版見たこと無いが・・・

内容的にはバンドのベストアルバム的な役割もあり,演奏もまずまずの出来。’95年11月11・12日のクラブチッタ公演の音源。ビデオとLDも発売されていた。


FOREVER IN TIME 1998

Produced by Chris Tsangarides & Praying Mantis

Pony Canyon Inc.

1

Wasted Yaers

2

The Messiah

3

Best Yaers

4

Best Of An Angel

5

Valley Of The Kings

6

Changes

7

Man Behind The Mask

8

Remember My Name

9

The Day The Sun Turned Cold

10

Forever In Time

1998年6月リリースの最新作。新メンバーにトニーオホーラというヴォーカリストを加え,ブルースビスランドも復帰した。トニーのマイルドで伸びやかなヴォーカルスタイルが3rd以降のアルバムスタイルに合っていると思う。哀愁をまとう「Wasyted Time」「Blood Of An Angel」「Man Behind The Mask」,名バラード「Valley Of The Kings」など聴き所は多い。だがそれらの中でも往年のMantis節を発揮する「The Day The Sun Turned Cold」は絶品。このような曲が書ける限り,バンドはあと10年は大丈夫だと思う。

 


NOWHERE TO HIDE 2000

Produced by Steve Mann & Tino Troy

Pony Canyon Inc.

1

Nowhere To Hide

2

Gruel Winter

3

The Clocktower

4

Can't Stop The Fire

5

Future Of The World

6

Whenever I'm Lost

7

You'll Never Know

8

River Of Hope

9

S.O.S.

Naked (only europe bonus track)

前作と同じラインナップで製作された最新作。欧州盤は、1曲多い。


DEMORABILIA 1999

Produced by ???

Pony Canyon Inc.

DISC.1

1

One Of These Days

2

Wasted Love

3

Fantasy

4

Woman Of The Night

5

I Don't Take Prisoners

6

Born Evil

7

The Horn (instrumental)

8

Top Of The Mountain

9

All Over Again

10

Romancer

11

Your Number

12

Give Me A Reason

13

Heartache

DISC.2

1

A Question Of Time (instrumental)

2

I Need Your Loving

3

Battle Royal

4

Time Slipping Away

5

Got To Get

6

Over And Over

7

Never Say No

8

Heart Of The Moment

9

Whose Life Is It Anyway?

10

Enough Is Enough

11

Raining In Kensington

12

Nightmares

13

Give Me A Reason

14

The Story

過去のお蔵入り音源集。ESCAPE名義のものまで網羅。 

 


トロイ兄弟関係作品

THROWING SHAPES / STRATUS 1984

1

Back Street Lovers

2

Gimme Something

3

Even If It Takes

4

Give Me One More Chance

5

Never Say No

6

Run For Your Life

7

Romancer

8

Enough Is Enough

9

So Tired

苦難の時期に名前をSTRATUSに変えてリリースされた,唯一のアルバム。まだCD化はされていない。(CD化情報あり)ボーカルはバーニー・ショウ(現URAIAH HEEP)でドラムはクライヴ・バー(元IRON MAIDEN)。「Gimme Something」「Enough Is Enough」などちょっとポップ目の曲調が多い。(後者はMantis幻の2ndデモにも収録)「Give Me One More Chance」のバラードの間奏のギターソロなど,ティノの叙情性はやはり素晴らしいものを感じさせる。

 


Singles 

THE SOUNDHOUSE TAPES PART 2 1979

Ripper

1

Captured City

2

The Ripper

3

Johnny Cool

これがバンド初の音源。「Captured City」はもう1バージョンある。(MUTHASバージョン)

私は「The Ripper」未聴で(ブギー調らしい),音源としては全て未CD化である。「Johnny Cool」はハードロックンロールといった曲調で,悪くはない。

これは後に作られたジャケットで,オリジナルはジャケットは無かったらしい。

PRAYING MANTIS 1980

Gem

1

Praying Mantis

2

High Roller

これも両方とも,未CD化である。これの頃はまだ,バンドの真価は発揮されていない。両方ブギー調の曲だが,内容はイマサン。

 

 

CHEATED 1980

Arista

1

Cheated

2

Thirty Pieces Of Silver

3

Flirting With Suicide(LIVE)

4

Panic IN The Streets(LIVE)

1stからの第一弾シングルカットの,ダブルシングル構成。「Thirty Pieces Of Silver」は隠れた名曲だ。「Flirting With Suicide(LIVE)」「Panic IN The Streets(LIVE)」は音質も演奏も良く,これら3曲はドイツ盤1st Albumのボーナストラックで,既にCD化済み。聴いてない方は買ってみて下さい。

 

ALL DAY AND ALL OF THE NIGHT 1981

Arista

1

All Day And All Of The Night

2

Beads Of Ebony

1stからの第二弾シングル。全て既発。

TURN THE TABLE 1982

Jet

1

Turn The Table

2

A Questtion Of Time

3

Tell Me The Nightmares Wrong

これは全て未CD化であり,3曲とも素晴らしい曲である。このシングルではヴォーカルはバーニー・ショウに代わっている。「Turn The Table」は泣きのHRの名曲で,「A Questtion Of Time」も泣きのメロディ全開のインスト曲。「Tell Me The Nightmares Wrong」はピアノをフューチュアした,バーニーのヴォーカルが映える美しい主旋律を持った名バラード。

 

ONLY THE CHILDREN CRY 1993

produced by Norman Goodman

Pony Canyon inc.

1

Only The Children The Cry

2

Who's Life Is It Anyway

3

A Moment In Life

4

Turn The Table

3rd発表後にリリースされたミニアルバム。「Only The Children The Cry」は彼ららしい哀愁漂う名曲。この曲は4thでリメイクされているが,ここではヴォーカルがコリン・ピールからマーク・トンプソン・スミスに交代しており,全てマークのヴォーカルバージョンとなっている。(この後脱退)「Who's Life Is It Anyway」は爽やかな曲調の佳曲で,「Turn The Table」は1982年のリメイク。

 

THIS TIME GIRL 1990

produced by Tino and Dennis

Pony Canyon inc.

1

This Time Girl

2

Listen What Your Heart Says

3

Can't See The Angels

4

Borderline

2nd発表時のプロモ盤。

 


コンピレーション 

METAL FOR MUTHAS 1980

EMI

Captured City(Muthas Version)

こっちのほうが「SoundHouseTapes...」よりも音質はクリアになっている。

METAL EXPLOSION

BBC 1980

トリオ 1982

Johnny Cool

日本盤とイギリス盤の2種類出ていて,ジャケットも違う。未CD化。

STEEL CRAZY 1982

Abstract

Running For Tomorrow

NWOBHM系を集めたモノ。未CD化。

THE BIBLE OF HARD ROCK 1990

東芝EMI

Captured City(Muthas Version)

何種類か出ていたコンピレーション企画。

NWOBHM '79 REVISITED 1990

フォノグラム

Captured City(Muthas Version)

METALLICAのラーズ・ウルリッヒが編集した,NWOBHM2枚組のコンピレーション。貴重なシングルなどからも収録されており,HMファンなら必聴である。日本盤CDにのみボーナストラックとして収録。

BEST OF BRITISH 1985

Zebra

King Of The Mountain

1st発表後に改名した頃,ESCAPE名義でデモ曲を提供していた。これもまだ未聴。未CD化。

N.W.O.B.H.M. METAL RARITIES VOLUME 1 1996

British Steel

Praying Mantis

High Roller

N.W.O.B.H.M. の名盤を数多く再発している名門レーベルからのコンピレーション。Mantis は2曲。


 

元のページに戻る

Thank you S. Nakashima !!!

Hit!Graph