早春のベランダ


福寿草(ふくじゅそう) キンポウゲ科 学名:Adonis amurensis   
春2月、枯れ茶けた植木鉢の中に、緑色のビー玉が
半分埋まっているような・・・? そう、福寿草の芽出しです。
黄色い花は正月の飾りでおなじみですが、花後、茎を伸ばし
葉をつけ、その高さは40cmにもなることをご存じでしょうか。
福寿草には多くの品種がありますが、我が家にあるのは「福寿海」 
という、一番ポピュラーな品種のようです。
二輪草(にりんそう) キンポウゲ科 学名:Anemone flaccida
腰高の5号鉢に植えてあります。毎年春に芽吹き、葉は盛大に
茂りますが、花は一つ二つしか咲きません。なかなか気むずかしい 
花です。春の終わりには葉も枯れて、長い休みに入ります。
椿(つばき) ツバキ科 学名:Camellia japonica
我が家にある椿は4品種、いずれも堀先生の庭から、あるものは枝を
差し穂として戴き、またあるものはスコップで根っこから掘りあげられて、 
我が家にやってきました。
椿は品種によって花期が違い、「西王母」は12月始め頃、
「藪椿」は12月終わり頃、「日光」「月光」は3月中頃、花を開きます。



[ベランダtopに戻る][topページに戻る