まさお家 2006年のベランダ


2006.3.11 植替の第二弾 用土は先日と同じ。ただし、燻炭がなくなったので、某○○バシ
カメラで貰った雑木(と思われる)炭を、袋の中で砕いて混ぜ込むことに。

・丁字草 新芽が僅かに伸び始めましたが、3本出た芽が、どれも鉢の隅っこ
 から出て来ました。そこで、取り出した根っこを真っ二つに切り分けて、芽が
 鉢の中央部分に来るように向きあわせにして強引に植替。恨まないでね、
 お願いだから(^^;

・赤目虎杖 毎年、水が不足して葉っぱを落としては、また復活することを
 繰り返してきた丈夫な草ですが、鉢から出してみると根っこがほとんど
 見あたりません。まだ根が伸び始めていないのでしょうか。それとも、もっと
 細かい根が伸びているのでしょうか?う〜ん、わからん・・・。
 取り敢えず土を1/3まで落として、新しい土で植替ることにします。

・鯛釣草 土から掘り出すとまだ完全に寝ていたらしく、奇っ怪な形の「芋」が
 ごろんと出て来ました。古い根っこを落としているうちに上下左右がわからなく
 なってしまいそうでしたが、こういうのは手間がかからずラクチンと言えば
 ラクチンです。本当は消毒してから植え付けたりするんでしょうけどね・・・。


12日も作業の続きをする予定でしたが、余りの寒さに中止。あと10鉢は処理
する予定だったのですが。これではどうなることやら(^^;

2006.2.25 昨年、ほとんどすることのなかった鉢の植替えを、今シーズンの出だしに
順次していこうと思っています。根詰まり(根っこの育ちすぎ)による、
発育不全とか花芽の減少とかがかなり現れています。また、鉢の置き場所も
去年でだいぶ目処がつきましたので、それにあわせて動かしていこうかと。

(本日の植替) 用土は「赤玉土6+アメンダー(完熟腐葉土)3+薫炭1」ブレンド

キイジョウロウホトトギス 一鉢は全部土を入れ換えて植え替え。今一鉢は
 すでにかなり芽が伸びていたので、表土を覆っていた苔を全部むしり取って、
 アメンダーでマルチング。どちらの成績がいいのかは(あるいはどちらも悪い
 のか)は、年末までにはわかるはずです。

クリスマスローズ 花は咲いたのですが、花茎が伸びず地べたで咲いて
 しまいました。これも根が詰まっている証拠ということなので、一回り大きな
 鉢に植替え。あと、腰水になるように受け皿を使っていましたが、これも
 やめて、水遣り回数を増やすことにします。

ススキ(鷹羽と武蔵野) 逆さにして振り回しても抜けないほど、これも根が
 伸びきっていましたので、無理矢理引っ張り出して、根を半分ほどに整理
 して、大きい鉢に植替え。

二輪草 福寿草の咲く頃、新芽を出すはずなのにおかしぃなぁ〜、と思って
 良く見てみたら、なんとすでに苔の下から数本の新芽が。あわてて苔を
 全部引っぱがしました。苔の下では、すでにモヤシ状態の芽がわんさか
 伸びていました。アブナかった・・(^^;  最初、掘りだしたときには「黄色」
 だった新芽は、数時間後には「緑色」に変わっていました。

一人静 これも苔を全部剥がして、一回り大きな鉢に植替え。


ほかに、五月梅(梅花卯木)と枇杷の木も植替え。この手法はかなり有効な
やり方なのですが、数年後には鉢を置く場所がなくなるという危険性も孕んで
います・・・・  まぁ、それはその時考えることにしますか(^^;

 
 



[ベランダtopに戻る][topページに戻る