大岩千鳥(おおいわちどり)  学名:Amitostigma keiskei Schlecht   ラン科




2002年 栽培記録
(2002.4.20)まさしく「やった〜〜!!!」って感じの、初花です。
さっそく、ご報告しなければ(^^)
(2002.4.12)蕾がだいぶ膨らんできました。ところで、芽の伸び方にだいぶ
ばらつきがあるんですが、今ちっちゃいヤツには花は咲かないんでしょうか・・・?
(2002.4.6)先週より少し背が伸びました。そして、一番大きな芽の真ん中から、
早くも花芽がのぞき始めました(^^)
(2002.3.31)三週間でこれだけの芽が出ました。植え込んだ球根の数からすると
発芽率は40%位でしょうか?それともこれからもっと出てくるのかな・・・?
(2002.3.10)「どこに芽が出てる?」と聞かれてたら、僕も困るような小さな
芽が出ました(^^; 写真中央やや左上あたりなんですが・・・

(2002.1.13撮影)
去年6月の「棚落下事故」のあと、葉っぱが枯れてしまい、「これはあかん」と
思っていました。頂戴した鉢でしたので、全滅しましたと報告するわけにも
いかず、某○急百貨店園芸品売り場で、一球600円(!)の球根を買い込んで、
さぁ植えようかと思い、去年の鉢の土をひっくり返したところ・・・・
 ・・・いや、出てくる出てくる。全部で30球以上の球根を掘り出しました。
予想もしていなかった事態に周章狼狽、あわてて山野草鉢を買いに出掛け、
なんとか植え付けも完了しました。これで花がちゃんと咲けば、去年「嫁にやる
ような心地です」と仰っておられた、大先達に顔向けが出来るというものです。
 



[ベランダtopに戻る][topページに戻る