祇園祭 北観音山  作事方「六角会」  2005年 

* 日程 *
     2005. 7.12 (月) 【参】  山建て  *御山胴組立  *午後三時 「御松建」
7.13 (火) 【参】  山建て  *午後三時より「曳き初め」(参加自由)  *祇園囃子鳴り初め
7.14 (水) 【参】 宵山(宵々々山)
7.15 (木) 宵山(宵宵山)
7.16 (金) 【参】 宵山  *午後十時より「日和神楽(ひよりかぐら)」
7.17 (土) 【参】 巡行  *午前九時半出発 午後二時半帰着(柳の枝取り)
7.18 (日) 【参】 蔵仕舞
                                  【参】参加日
今年の巡行順
【さきの巡行】
1  長刀鉾 なぎなたぼこ   くじ取らず
2  蟷螂山 とうろうやま 山一番
3  孟宗山 もうそうやま
4  山伏山 やまぶしやま
5  函谷鉾 かんこぼこ くじ取らず
6  占出山 うらでやま
7  綾傘鉾 あやかさぼこ
8  伯牙山 はくがやま
9  鶏鉾 にわとりぼこ 鉾一番
10  保昌山 ほしょうやま
11  木賊山 とくさやま
12  油天神山 あぶらてんじんやま
13  菊水鉾 きくすいぼこ
14  郭巨山 かっきょやま
15  四条傘鉾 しじょうかさぼこ
16  霰天神山 あられてんじんやま
17  月鉾 つきぼこ
18  白楽天山 はくらくてんやま
19  芦刈山 あしかりやま
20  太子山 たいしやま
21  放下鉾 ほうかぼこ くじ取らず
22  岩戸山 いわとやま くじ取らず
23  船鉾 ふなぼこ くじ取らず
【あとの巡行】
24  北観音山 きたかんのんやま くじ取らず
25  橋弁慶山 はしべんけいやま くじ取らず
26  浄妙山 じょうみょうやま
27  鈴鹿山 すずかやま
28  八幡山 はちまんやま
29  鯉山 こいやま 
30  役行者山 えんのぎょうじゃやま
31  黒主山 くろぬしやま
32  南観音山 みなみかんのんやま くじ取らず
                                                                  
【北観音山 吉符入り前日 七月九日】

梅雨入りしたはずなのにいつまでも雨がないと思っていたら、7月に入ったとたん関西方面は雨・雨・雨の
日が続くようになりました。今年の山建て初日直前の土曜日。オヤブンから声が掛かり、これまた小雨の
降るなかを京都六角まで。まず最初に、蔵の前のスペースにテントを張ります。明日、七月十日は
北観音山の「吉符入り(きっぷいり)」にあたり、八坂神社から神職が来られ、関係者一同、祭の無事を
祈り、お祓いを受けられるのだとか。「吉符入り」は七月一日〜五日だと思っていましたので(各種の
「祇園祭スケジュール」にもそう書かれています)、少し不思議に思い伺ってみたところ、「先の祭」の
山鉾は七月一日から順次吉符入りを行うのだけれども、北観音山など「後の祭」の山はだいたい
七月十日からの吉符入りになるのだそうです。

 *先の祭・・ 八坂神社→四条寺町御旅所まで、御神輿に移されたスサノヲノミコト以下三柱が
   お移りになります(神幸祭)。その先払いとしての山鉾巡行が十七日に行われました。
 *後の祭・・ 四条寺町御旅所→八坂神社にお還りになる神霊(還幸祭)の先払いとして、二十四日に
   山の巡行が行われました。昭和40年までは巡行は2回に分かれていたのです。

         
 さて、この日に「呼び出し」を頂いたのは、テント張りのためだけではありません。一週間後に迫った
巡行での、「音頭」の練習がその主目的だったのでした。昨年は巡行前夜、日和神楽から帰ってきてから
「明日音頭とりするか?」と言って頂き、それは嬉しいことではありましたが、なにしろ「扇をどう扱っていい
のかすら 判ってない」状態でのぶっつけ本番でしたので、(余りに気の毒ということで)練習時間を
作って貰えたというわけです。巡行出発直前に「蔵」の中で動作を教えて貰いましたが、実はその部分の
記憶が自分の中ではほとんどなくて、傍目にも「右手と右足がいっしょに動いてる」と言われたくらい
緊張していたようですから、コレはさすがにマズイ・・ と思ってくださったのでしょう。
 (しかし、これ(ぶっつけ本番)については、僕自身のメンタリティを考えるに、前から判っていたよりも
直前に言われた方が「まだマシ」な結果になったのではないか、と 思っています。人間、ヤケクソに
なれたほうが かえっていい結果になるような気がします。それよりも、音頭に同乗頂いてドシロウトに
あわせて下さったN村さんに感謝しております(^^;))

 一年前にしたことがあるはずなのに、そこはやはりドシロウト。扇の握りから腕の運びからなにから
なにまで、いちから憶え直しです。それに、今年は「巡行のテーマ」として、「折り目正しいキレイな所作」
をオヤブンは求めているようで、昨年までのような「人が多いから勢いで山を動かす」ようなことはせず、
メリハリの効いた音頭をとるように、という指示が、練習の間もそこここで出ました。
昨年の巡行で、辻廻しはすべて3回づつの引きで廻しきりましたし、辻廻しにかかる時間も、
他の山鉾に比べると北観音山は「ダントツに早い」のだそうですが(山鉾毎の速度を計っているスタッフが
いるのだそうです。元々は山鉾巡行による交通規制の解除時間を調べるために計測し始めたのだとか)、
単に「早い」だけではなく、「段取りよく、早くてキレイな」動きにステップアップしよう(もしくは
「そうしていた以前の状態に戻そう」)という、オヤブンの強い決意のように感じられました。

 ガラスの引き戸一枚向こうでは、今年から入居された呉服の小売り屋さんが営業しているのにも
頓着せず、本番と同じ大声で「よろしかな〜!」を繰り返すこと数十回。コーチ役(監督はオヤブン)の
T島さんから、「まだ動きが固いわ〜、それにもっと大きくやらんと」と、言われたことがある意味新鮮
でした。どこかで、同じ事を言われていなかったでしょうか?

 ・・目から鱗とは、こういう事を言うのかも知れません。


【山建初日 七月十二日】

 繰り返し書きますが、仕事とかだと絶対に起きれない午前4時。それもセットした目覚まし時計より
早く目が覚めて、準備済みの荷物を手早く車に積んで一路京都へ。ここ数日の天気がどうも思わしく
なかったので、雨の中の山建も覚悟してニッカボッカも一枚新調してきました。路面はまだ濡れていますが
取り敢えず雨はやんでいて、午前中はなんとかこのまま雨は来ないかどぉか・・・といった天気です。
「六角会 十七年予定表」では、七月十二日の集合時間は午前五時五十分。ところが、僕が到着した
時間は五時十分でした。 「これはいくらなんでも一番乗りかな?」と思いつつ車を降りてみると、
おるおる・・・ 既に5台くらい車が来ていて、なんと十番目くらいです。一番を取ろうと思ったら、前の晩から
泊まり込みでもせんとあかんようです(^^;

 予定時間から20分もはやい午前五時半、観音堂の前での安全祈願をおえて、蔵出しが始まりました。
玉(車輪)以外の部品をどんどん運び出し、部分ごとに仕分けして纏めておき、最大のパーツである
「石持」を、新町通の町内南北隅に据え付けて、山のボディにあたる「四本柱」を組み上げます。
普通はここで「足場板」を差し入れて、すぐに繩巻作業にはいるのですが、今年はその前に。10m四方の
でっかい「ブルーシート」で山全体をすっぽり覆いました。その取り付けが終わるか終わらないかのうちに
垂れ込めた雲の間から大粒の雨が落ちてきました。まさしく間一髪。作業開始が早かったご利益は
こんなところにも現れて、以後の縄巻き作業も実に順調に進んだのでした。(雨で藁縄が濡れると
繩巻は出来ませんからね。)

 今年は恒例の「松選び」では「負けの負け」だったらしいですが、立ち上がった松は、やや細かった
ものの、例年通りの美しい姿を見せてくれました。


【山建二日目 七月十三日】

 この日は宿泊していた新町御池の宿から「出勤」。昨日解散前にかけた雨除けのシートはずしが
既に始まっていました。昨日はボディの下に石持を差し込んで、さらに車軸をつけたところで作業完了
となっていたわけですが、雨除けシートをはずしたあとは本職の大工さんの登場となり、屋根と懸飾品
の取り付けとなります。屋根をつけるための作業用の足場板を上げたところで、しばし大休止。
○海さん差し入れの「京都イチんまい」サンドイッチをパクつきながら、屋根の方を見上げて休憩と
なります。
昨日からの作業の流れを考えると、やはりうまく順序は考えられていて、

「フレーム部分を組み上げて繩巻をしっかりする」
 ↓
「真木(松)を差して引き起こす」(重心が上になる)
 ↓
「(一番重たい)「石持」をフレーム部分に縄でしっかりとめる」(重心を下げる) *ここで宵越し
 ↓
「お囃子台や屋根、胴飾りの取り付け部品を全部つける」(また重心が上に行く)
 ↓
「足回りの補強(石持まわりの樽巻き)をしたあと玉(車輪)を嵌める」(また重心下がる)
 ↓
「胴飾りを全部付けて曳き初めの準備完了=本番の巡行もオッケー」

ということになります。


 山の上半分、囃子台の上はおよそ一時間の大工方の作業で準備が整いました。飾り屋根も
取り付けられて、下から見上げると屋根裏の金色が目にまぶしいほどです。胴掛け(山の周囲に
取り付ける飾りのカーペット(?))をつける部品をぐるりと取り付けて、あとはひたすら繩巻繩巻。
特に、四本柱(四隅の直立した柱)を石持に結わえ付ける部分は頑丈に仕上げます。ほとんど
隙間なく巻かれた藁縄の下に、更にバールを使って無理矢理スペースを作り藁縄を通して樽巻き。
この作業が終わる頃、ちょうど両手の握力がなくなる、と言う感じです。 そうそう、もう一つ。
石持に巻いた飾り縄(伊達巻き、とも言います)に、コレも飾りの「エビ」を付けなければいけません。
左右七個づつ、合計十四のエビが出来上がると、山建の作業も完了となります。

    ・・・なにはともあれ、び、びぃる・・・


 お昼を頂き、会所に戻ったところで午後1時。曳き初め開始まで、まだ2時間ほど時間があります。
昨年は細かな作業が残っていましたが、今年はそれもナシ。そう言えば、昨日も昼過ぎで「松建て」
に必要な準備はほぼ、完了していたような。巡行と同様に、「時間通りに、キッチリやることやって、
あとはびぃる飲んで昼寝する」という、オヤブンの目標はいささかなりとも実現できたのでしょうか?

 午後2時30分、蔵から曳き初め用の縄(本番用より少し細くて短い。それでも一人で持つのは
タイヘンです)を取り出して準備。一年ぶりの「山の上の祇園囃子」と、音頭のかけ声と共に、
山はゆっくりと新町通を進み始めました。

 「本番(?)」では、まず北に向かって六角通まで進む北観音山ですが、曳き初めの時はまず
南へ。「南さん」の会所の手前までゆるゆる下り坂をおりていき、そこで縄をつけ替えて(と同時に、
曳き手のみなさんに「はい、今度はこっちです〜!」と大声上げて移って頂きます(^^;))今度は
三条通までの上り坂。薄曇りで日差しはないとはいえ、方向転換の頃には、みなさん汗だくです。
特に「曳き初め」には、小学生や幼稚園児と、その保護者の方が多いので気を遣います。
みんなが、いい想い出を持って帰ってくれればいいなぁ、と思う余裕が出来た、今日この頃(^^;


【山建三日目(?) 七月十四日】

 北観音山の山建ては、昨日の曳き初めのあと、埒(らち:囲いのことです)を作って終了となった
わけですが、今年はもう一日、四条西洞院にある「四条傘鉾」さんの鉾建のお手伝いに加えて
いただけることになりました。こちらの鉾は、明治維新直前の、いわゆる「蛤御門の変」による大火で
道具類が焼失、その後長く途絶えていたのですが、昭和六十年に鉾の部分を再興、その後
昭和六十三年にお囃子も復活し、現在巡行している山鉾の中で一番「若い」鉾として人気があります。

 朝6時に集合。場所は解っているつもりでしたが、四条通を西に歩いてきて、西洞院の角を右折(北)
してしまい、行けども行けどもそれらしいところが見あたらず、掃除中のタバコ屋のおかぁさんに聞いて
戻る羽目になってしまいました。右折した角から20mくらい先だったのですが・・(^^;

 こちらの鉾の部品は、北観音山のように蔵がその町内にあるのではなく、倉庫からトラックに乗せて
運ばれてきます。台座の部分から懸飾品まで一式で、4トントラック一杯というところでしょうか。
四条傘鉾は「鉾」と名前が付いていますが、実質は「掻き山」ですので、組み立て自体にさほど
手間がかかると言うことはありません。しかし、山建の作業としてなにが一番違うかというと、それは
「山(鉾)の立地条件」と言うことになるでしょうか?北観音山の山建ては、部品を蔵から運び出した
時点で、新町通を通行止めにしないといけなくなります。自動車はもとより、チャリンコも通行人も
新町通の脇を迂回して頂くことが前提ですが、ここは違います。平日朝の通勤ラッシュのバスや
自動車や原付で溢れかえった四条通の一車線をムリヤリ占有して(ココは全部で4車線の道路)
作業をするわけですから、身体すれすれのところをバスやら自動車やら原付やらが通り抜けて
いくわけです。山建てをしていることを解っておられる京都の皆様ゆえ、苦情などはまったくない
わけなのですが、うっかりすると(交通)事故になってしまう。そんな、違う意味で気疲れのする、
山建でした。

 でも、考えてみたら、四条通の山鉾はみんな、こないしてるんですよね。長刀さんも月さんも・・・・

 (その他、防備録として)
・部品のつけ忘れ、つけ間違いに注意。 広げた傘の上に松が立っているワケなのですが、その継ぎ目
部分に擬宝珠のような「宝珠」をセットし忘れたまま、傘を台座に据えてしまいました。傘は骨の
長さが150cmくらいある大きなモノですので、せっかく苦労して据えた傘をいったん台座からはずして、
傘を一旦閉じて、松も引っこ抜いて、宝珠をつけてからやり直しという羽目になりました。また、
御幣も「つけた向きが逆」ということで、これは傘を閉じずになんとか付け替えが出来ましたけれども、
手間がかかってしまいました。自分のところの山だと考えられないことなのですが、こういうところは
きちんと確認しながら作業を進めないとダメですね。

・十二、十三両日は薄曇りで、日焼けの方もさほど気にならなかったのですがこの日は晴天。
最初の2時間くらいで2日分と同じくらい焼けて、あとは日焼け追加のいっぽう。日焼け止めを
しっかりしようと思ったときには既に手遅れでした(^^;


【宵山の間のことなど 七月十四日〜十六日】

 ここ数年、日和神楽のある十六日は会社を休んで京都泊、それ以外は会社を定時に出て八時頃
新町六角着、終電前まで飲んで帰る、というタイムテーブルで過ごしてきました。今年もまた同じ(?)
スケジュールで時間を過ごしましたが、十五日の夜、音頭方の練習がありました。僕は今年二回目、
あと二人の今年初めて音頭方というメンバーと共に、まずは蔵の中で「よろしかな〜!!」の練習です。
声も揃ってないし、「もっと遠い、曳き子の一番先の人めがけて声を出せ!」と、オヤブンには
言われるし。そうこうするうちに、とめてある山の音頭台の上に立って(つまり本番環境ですね)、練習
することになりました。曜日はといいますと、今日(十五日)は金曜日。新町通は今までにないほどの
人・人・人。テンコ盛りの人の川になっています。その、祇園囃子が頭上から降りそそいでくる最中に
突如始まる音頭の声。山の周りの人が一瞬足を止め、みな振り返り、音頭台に注目します。
なんとなく、去年のあの「快感」を思い出した一瞬でした。

(しかし、音頭台での練習開始直前、「雪駄」を忘れてきたことに気づき、まさかスニーカーで上に
上がるわけにもいかず冷や汗をかきました。慌てて貸して貰って事なきを得ましたが(^^;))




                                                   (to be continued)












祭topページに戻る