祇園祭 北観音山  作事方「六角会」  2008年 

* 日程 *
     2008 7.12 (土) 【参】  山建て  *御山胴組立  *午後三時 「御松建」
7.13 (日) 【参】  山建て  *午後三時より「曳き初め」(参加自由)  *祇園囃子鳴り初め
7.14 (月) 【参】 宵山(宵々々山) *四条傘鉾 鉾立て
7.15 (火) 【参】 宵山(宵々山)
7.16 (水) 【参】 宵山  *午後十時より「日和神楽(ひよりかぐら)」
7.17 (木) 【参】 巡行  *午前九時半出発 午後二時半帰着(柳の枝取り)
7.18 (金) 【参】 蔵仕舞
                                  【参】参加日
今年の巡行順
【さきの巡行】
1  長刀鉾 なぎなたぼこ   くじ取らず
2  孟宗山 もうそうやま 山一番
3  油天神山 あぶらてんじんやま
4  保昌山 ほうしょうやま
5  函谷鉾 かんこぼこ くじ取らず
6  太子山 たいしやま
7  四条傘鉾 しじょうかさぼこ 傘一番
8  占出山 うらでやま
9  鶏鉾 にわとりぼこ 鉾一番
10  白楽天山 はくらくてんやま
11  霰天神山 あられてんじんやま
12  山伏山 やまぶしやま
13  月鉾 つきぼこ
14  芦刈山 あしかりやま
15  綾傘鉾 あやかさほこ
16  蟷螂山 とうろうやま
17  菊水鉾 きくすいぼこ
18  木賊山 とくさやま
19  伯牙山 はくがやま
20  郭巨山 かっきょやま
21  放下鉾 ほうかぼこ くじ取らず
22  岩戸山 いわとやま くじ取らず
23  船鉾 ふなぼこ くじ取らず
【あとの巡行】
24  北観音山 きたかんのんやま くじ取らず
25  橋弁慶山 はしべんけいやま くじ取らず
26  黒主山 くろぬしやま
27  八幡山 はちまんやま
28  鈴鹿山 すずかやま
29  役行者山 えんのぎょうじゃやま
30  鯉山 こいやま
31  浄妙山 じょうみょうやま
32  南観音山 みなみかんのんやま くじ取らず
【6月29日】                                              
 京都祇園祭では32基の山鉾が市内を巡行するわけですが、これらはすべて無動力ですので
(当たり前)、人力でもって担がれたり綱で引っ張ってゆかれたりします。晴れた日の巡行では
フライパンの上で煎られ、雨の巡行では寒さで震えながら綱を引き山を担ぐというたいへんな
役割ですが、この曳き子の多くは、ボランティアで集まった人たちが担当してくれています。
6月29日午後二時半、八坂神社門前の弥栄中学校講堂には、降りしきる雨の中、600人以上の
人たち(ほとんどが男性)が集まりました。山鉾32基のうち、このボランティアにフォローしてもらうのは
実に21基にのぼります。空調のない蒸し暑い講堂で、ボランティア会長や山鉾連合会、
そして八坂神社宮司の挨拶のあと、全体諸注意、一番最後に担当する山鉾ごとに別れての
ミーティングとなります。今年、北観音山が出して貰う人数は35人。本番ではこれにあと数名が
指導役に加わって、曳き子総数は40名ほどになります。

北観音山では、
幡持ち (「北観音山」と書かれた先触れの幡をもって、行列の先頭を歩く):1名、
チリン棒(錫杖を引きずって歩き、金属音をたてることで悪霊を退散させる):2名
大八車 (巡行中に必要ないっさいを積んだ荷車):2名 (交代制)
この5名が抜け、残りの35名ほどが山の綱にかかることになります。もちろん全員が
前綱につくとは限りません。四条新町など、傾斜が強くなっている場所では山の後ろにも
綱をたらし、いわばブレーキ役に10名ほどがつく場合もあるのです。
 



                                                      


祭topページに戻る