シュテファン寺院Stephansdom
「シュテッフル」の愛称で親しまれ、ウィーンの街のシンボル。
地下には、「カタコンベ」と呼ばれる、スペイン式宮廷儀礼によるハプスブルク家の人々の
臓器≠入れた壺が安置されている場所があります。

      

聖堂の屋根に
色瓦で描かれた紋章

北塔からの眺め
遠くにプラター遊園地の大観覧車

       

巨人の扉口                                 主祭壇

 戻る