赤谷鉱山の自然砒

1.初めに

福井県にある赤谷鉱山は「金米糖状自然砒」の産地として、鉱物コレクターの間で
有名です。過去に、2回ほど訪れ、その度に5〜7mmのものを数ケ採集した。
今回、5月連休を使っての、家族旅行の一時を使って10mm超のものを初めて
採集できた。
(平成12年5月採集)

2.産地

赤谷鉱山は、福井足羽郡美山町赤谷にあります。道路地図では、北陸道福井ICから
越前大野に向かって走り、途中で右折し、足羽川の上流に向かい「赤谷→」に従って、
右折し、緩やかな上り道を行くと、約1.5kmで左側に広い駐車スペースがあり、 川を挟んだ対岸が黄土色のズリになっている。
このズリの粘土の中から「金米糖状自然砒」が採集できます。
赤谷鉱山のズリ

3.産状と採集方法

変質した流紋岩中に産し、抜け落ちた(流紋岩が風化した?)単晶がズリ粘土
の中から探し出せます。
採集方法は、ズリ粘土を川の中でフルイ掛けして、残った、石の中から、拾い出します。

4.産出鉱物

【自然砒;As】 自然砒は、母岩付きと単晶と採集できます。母岩付きでは、大きなものを採集していません。
単晶では、今回、長径14mmの「ズシリ」と手応えのあるものを筆頭に7mmクラスの
単晶を5ケ採集できました。
赤谷鉱山の自然砒(14mm)

【輝安鉱】 母岩には、輝安鉱脈が走っていたり、空洞には、小さな頭なし単晶もみられます。
赤い「紅安鉱?」らしきものも採集出来、今後の調査が楽しみです。
【硫化鉱物】 母岩には、黄鉄鉱や黄銅鉱などの硫化鉱物もみられます。

5.おわりに

杉の実が落ちていて、形がそっくりで、20mm位有るので、一瞬喜び、すぐにガッカリです。
自然砒は、比重が6近く、「ズシリ」とした手応えなのですぐ分かります。
金米糖をほとんど見かけない昨今、「金米糖状」は、死語になってしまうのでしょうか。