雨塚山の紫水晶

1.初めに

宮城県白石市の雨塚山では、透明で自形結晶をした割合大きな紫水晶が産出する。
ここは、日下先生の「鉱物採集フィールドガイド」にも取り上げられ、綺麗な紫水晶と言えば、
ここと決まっています。
雨塚山

2.産地

東北道「国見」インタでおり、小坂峠に向かって登って行く。峠を過ぎ、上戸沢の集落
を抜け、「わらび沢」に向かって山道を走る。道沿いの左側に、黄土色のズリが見える所が
産地です。
ズリの上方には試掘坑もあります。
産地 ズリの上方から見る

川を挟んでズリの反対側にも鉱山跡のようなものがありますが、何も採れないようです。

3.産状と採集方法

紫水晶は珪化した母岩の晶洞部分にあり、多くは分離結晶としてズリの黄土色の粘土の
中に埋もれている。
最近では、分離結晶で良いものがでなくなったせいか、今まで見過ごされていた母岩付きの
採集に熱心な人も多い。
透明で自形結晶をした紫水晶は、ズリをベンチカットで掘り込んで、土砂の中から採集する。
土砂をバケツで運び出し、フルイ掛けすれば、小さな結晶も見逃すことがない。

4.産出鉱物

紫水晶のほかに、氷長石や黄鉄鉱(1mm程度の微細結晶)が採集できます。
紫水晶には、径の太い「太っちょ」と呼ぶものと、ホッソリ長い2つのタイプがあります。
紫水晶 3cm

5.おわりに 

最近、49er(掘ってもないなー)という声を聞きますが、今でもそこそこ採れます。
しかし、確実に良いものは採れなくなっていますので、昔採集した良品を見せられて
その気になってい行くと失望するでしょう。