金砂郷町山田川の銀花石

金砂郷町山田川の「銀花石」

1.初めに

仕事や何かでお知り合いになった方とお互いの趣味の話をする事がある。
「私の趣味は石集めです。」と言うと、ほとんどの方が「石は川に探しに
行くのですか?」とか「あれは、形や色など面白いのでしょうね」と相づちを
打って下さる。
この様に、石と言えば世間一般では、まず「水石」が思い付くようです。
会社の友人に「愛石家」がおり、金砂郷町山田川の銀花石の情報が載った雑誌を
2冊貸してくれた。読んでみると、寮からも近く、「銀花石」のほかに
「メノウ」や「珪化木」なども採集できるとあり、訪れてみた。
同じく本を読んだと言う、栃木県から来た「愛石家」と一緒の採集となった。
(2000年7月採集)

2.産地

久慈川の支流の1つである金砂郷町を流れる山田川の「常井橋」から上流の
「岩手橋」の間、特に中間にある木製の橋より下流が良いとある。
山田川(木製橋の上流側から)

3.採集方法

河原には、最大人頭大の石があり、これらの中からそれらしい石を探します。
2人共、銀花石とはいかなる物かが分からずに探しているので、心もとない
限りでした。
銀花石は青森県特産との記述が有る所から、津軽錦石と呼ばれるメノウの一種の
ようです。津軽錦石は、何年か前に、出張で青森に行った際、弘前駅の構内で
大きな塊を見たことがある。休日に出張先の会社の人に連れて行ってもらった
今別町袰月海岸の錦石をイメージして探す事にした。
採集風景

4.産出鉱物

(1) 銀花石(硫化メノウ)【Agate;SiO2】
メノウの中に硫化鉱物を包有するものらしいのですが、それらしいものは
採集できませんでした。
メノウそのものは、透明なものから黄赤色まで各種沢山あります。
インクルージョンとして、真っ白い「山皮」(?)が、花のように
メノウの中に散っているものもある。
(2) 珪化木【Petrified Wood;SiO2】
木目が見える珪化木がありますが、数はメノウの1/20以下の頻度です。
1つしか見つかりませんでしたので、断言はできませんが、ここの珪化木は、
比重が小さく、珪化の度合いが少ないように感じました。

珪化木

(3) その他の鉱物・岩石
石灰岩や大理石(晶質石灰岩)など大きな物が沢山あります。

5.おわりに

久慈川の支流には、山田川や玉川などメノウや珪化木などが採れる産地があります。
これらが何処から来たのか、大きなロマンです。