浜横川鉱山のマンガン鉱物

浜横川鉱山のマンガン鉱物

1.初めに

インターネットで私のHPを見た諏訪市の中学校の先生をしている下山氏に
長野県中信地方の鉱物産地を案内していただいた。
マンガン鉱山として名前だけは知っていた「浜横川鉱山」を案内していただきました。
ズリから、「緑マンガン鉱」や「バラ輝石」をはじめとする各種のマンガン鉱物を
採集できました。
下山さんは、「鈴木石(?)」と思われる緑色の結晶鉱物を採集し、いつまで新鮮な
緑色を保っているか、目下観察中です。
(平成12年11月採集)

2.産地

横川ダムから、途中から未舗装の林道を含めて2.1km進むと右手に
広場があります。この奥が沢【出押沢】(水は地下の暗渠を流れているらしく、所どころしか
水は流れていない)になっており、その右岸斜面がズリになっている。

浜横川鉱山のズリ

3.産状と採集方法

「日本鉱産誌」によれば、浜横川鉱山は、古生層中のチャート、粘板岩を母岩と
する鉱床で、1926〜51年の間にMnとMnO2合わせて10万tを採掘し、1951年には
マンガンを9381t採掘したとあり、いかに規模の大きな鉱山だったかが分かる。
炭マン(菱マンガンを鉱山ではこう呼んだ)、バラ輝石やテフロ石などが主な鉱石で、
マンガン品位は30〜41%であった。
出押沢に日向坑、中央坑、大岩坑が集まり、日向坑の富鉱部は、20×10×20mの
規模で、いずれの坑も規模が大きかった。
浜 勝衛氏が横川地区で採掘したので、「浜横川」と呼ばれたようです。

4.産出鉱物

(1)緑マンガン鉱【manganosite:MnO】
塊状で産出する。割った瞬間は、緑色をしているが、空気中で酸化して、瞬く間に黒変して
しまう。
緑色を長持ちさせるには、透明ラッカを塗れば良いといわれますが、遅かれ早かれ黒変は
免れません。
写真で記録するのがベストだと思います。

緑マンガン鉱(割ってすぐ撮影)
(2)バラ輝石【Rhodonite:(Mn,Ca)5Si5O15】
塊状で産出する。マンガンの品位が良くないため、鉱山では放置されたようです。

5.おわりに

浜横川鉱山の手前に、国の天然記念物の「蛇石(じゃせき)」が川の中にあります。
黒っぽい厚さ1m弱の岩に白い石英がほぼ等間隔で数十条貫入したものが、川の流れで侵食され、
固い部分のみが、蛇の胴体のような形で残っています。

蛇石